管理人の日記 - 2005年4月の記事 / やり込み in FF

管理人の日記ログ
2005年4月の記事を 更新が古い順に 全て表示しています。
新しい順に表示する

←前の月の記事へ 日記ログの一覧へ サイトのトップへ 次の月の記事へ→

2005年4月2日(土)

■今年の企画

 2003年は日記でネタを書いただけ、2004年は更新すらしなかったし最初から企画を立てる気すら無かった・・・というわけで今年の企画2ch風トップ・・・少しは驚いて頂いたでしょうか。
 アクセス解析を見ると「http://www.ream.ais.ne.jp/~yarikomi/」からがULTIMAGARDENを抜き去って一気に増えていたので「ああ!?ここ2chやないか!わてふみまちがえたんかいな。関連リンクからとんでみるかい・・・って同じとこやないか!!どーなってるのこのしまはどなっつ!」てな感じの人が多かったのだと思います。
 ちなみに31まで書いて制作時間約1時間・・・。となると1000まで書くとなると30時間はいるか?来年辺り暇を見つけてやってみようかねえ。

■げぇむ日誌

 最近やったゲームの評価をかるく書いてみます。数値は10段階評価ね。

 エースコンバット5・・・9.0
 前作からさらに進化を遂げたフライトシューティングゲームの大作。今回はミッション、機体、無線などで大幅なボリュームアップが行なわれた。
 良かった点は非常に美しいグラフィックと個性付けされた機体、そして飛ぶたびに新たな発見がある全32ミッションのキャンペーン。この辺りでは前作の良い点を受け継いでさらに進化した感じ。
 悪かった点は無線が長くて何度も繰り返す時にイライラするミッション、具体的に言うと8492や白い鳥IIなどがあること、ヨーでオートパイロットが暴発すること、そして敵が潜る、フリーフライト後にキャンペーンが再開できない等バグがあったこと。非常に作り込んであるのにこのようなバグ、仕様が残っているのは残念。
 だが完成されたゲームの傑作には違いないので是非プレイをお勧めする。

 ロックマンXコマンドミッション・・・6.0
 ロックマンXシリーズの外伝的作品。マリオRPGのようなアクション性を取り込んだ意欲作。
 戦闘システム自体は面白いのだがあまりに多すぎる敵との戦闘、そして多すぎる敵のHPの敵のせい(これ漢字でどうやって書くのですか?)でその利点が殺されている感じがする。
 やり込み要素もあるのだがその戦闘の悪いテンポのせいでほとんどやり込まずに終わってしまった。
 だがなかなか楽しめるゲームなのでやってみるのも悪くないと思う。

 メタルギアソリッド3・・・9.0
 初回プレイでの印象は最悪だったが、何度もプレイしていくうちにこのゲームの良さに気づいた。
 まず良い点はなんと言っても画質!このゲームをやった後だと他のどのゲームをやっても画質が目につく・・・それほど美しいグラフィックである。このグラフィックで繰り広げられるアクションとイベントだけでも値段分の価値はあると思う。
 他はさらに進化した戦闘、移動システム、深いストーリー等々・・・潜入アクションとしての一つの完成形がこのゲームに集まっていると言って良い。
 残念だったのはやはりサバイバルビュアーシステム。このゲームは傑作なだけにこのシステムがなければと思った。服はともかく、食物はL2R2メニューから切り替えて表示することやフォークをもっと早く入手させる、治療はシステム廃止かまたは自然治癒のみにする等という改善方法があったはずだ。
 さらに本作にはクリア後のミニゲーム等おまけ要素があまりない。猿蛇合戦も5ステージしかないし、個人的に楽しめなかった。やはりメタルギアにはVR訓練だろう。
 以上の不満点をもし海外版で改良していただければこのゲームはゲーム史上に残るアクション傑作になると思う。

 シャドウオブローマ・・・8.5
 カプコンの3Dアクション。剣闘と潜入の二つの側面がある。
 体験版をやって「うはwwwwwwwwwwwおもれwwwwwwwwwwwwww」と思ったので買ったのだが、予想通り期待を裏切らない快作だった。
 良い点は大ボリュームの剣闘パート29ミッションにストーリーが付くという構成、後半のボス戦連打は何度やってもハラハラする。
 悪かった点はオクタビアヌスの潜入パート。潜入アクションと聞いていたのでメタルギアのようなものかと思ったら一発喰らったら即死、所定の行動を順番に行なうパズルゲームのようなものだったのでがっかりした。
 このゲームは全然売れていないらしい。決してつまらないゲームでは無いので広告戦略が悪かったのでは無いか。体験版を配る・・・日本橋、秋葉原に剣闘士登場・・・ゲーム雑誌に体験版・・・等々、どれもゲーマー向けばかりだ。
 しかしこのゲームはそれでも「隠れた名作」として語り継がれていくことは間違いないだろう。

 ロックマンX8・・・9.0
 ファミコンから続くカプコンの伝統的なアクション。今回は前作で不評だった3Dを廃止し2Dのアクションに戻った。
 かなり前から情報を調べていた期待作で、不評だったX5〜X7の壁を破り良作となってくれると信じていたが、予想通り期待を裏切らないロックマンXシリーズ最高傑作となってくれた。
 前作までの不満点がほぼすべて改良され、X7で最悪だったロード時間も改善され、さらにダブルヒーローシステム等新システムも軒並みいい動きをしている。ボスの行動パターンも面白く、音楽、画質なども良い感じである。総合的に楽しく遊べるよう作り込まれている。
 不満だったのはボス戦曲が良い曲なのに勝手に曲が単純なのに変わること、ボス呼び声、WARNINGなどの読みが日本語読みでイマイチなことなどがあるが、こんなことは些細なことだ。
 調べてみると傑作と呼ばれるX4の売り上げが20万本、その続編X5も20万本売れたが不評だったのでX6では10万本になり、X7は10万本、X7はカプコンが出す3Dアクションとは思えない出来であった。そしてX8が初週15000本・・・また半減しそうな感じである。
 だがこれを見てXシリーズを打ち切るなどは全くユーザーの心理を考えていない愚行である。この結果を見れば駄作を出すと将来大損をするということが十分わかると思うので、今後はXシリーズのみならず全てのゲームをカプコンには作り込んでほしいものである。

登録タグ/ サイト制作の話 ゲーム一般

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

2005年4月4日(月)

■ロックマン2ch

 過去に落書きとして8ボスを作ったロックマン2ch・・・遂に制作を始めました!
 「ハァ?クリック&クリエイトか何かか?糞ゲーを増やすだけなんだよ社会を汚すなVOKEが!」と思う人もまあいらっしゃるかも知れませんが、クリック&クリエイトではありません。もちろんRPGツクールでもオペレーションフラッシュポイントでもありません。そのソフトの名は「Game Maker」・・・何それって感じですが、海外のゲーム制作ソフトです。ただ英語な上プログラム要素などを含むため内容はかなり高度です。今8時間ぐらいやってやっとキャラが歩き、ジャンプ出来るようになりました。まだまだこれからです。
 ・・・とりあえず、もう少し作成が進んだらとりあえずキャラが動く超初期体験版を出すつもりですのでまあ期待はせずに待って頂ければと思います。



 ここまで出来ました↓(ドットがしょぼいのはバグではありません)
 

■ロックマンゼロ

 昔ロックマンゼロを最悪のクソゲーと罵倒していた時があった。そのときの日記を某所で掘り出され「なんだよwwwww自分が下手くそで死んだだけなのにクソゲーかよwwwwwwwwwwwwwwwwwマイクロワロスwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww」みたいなことを言われていた。確かに織れは初回印象は必ず日記に書くが、その後の印象は日記に書かないことが多い。上のように思われても仕方ない。てなわけでその後の印象というものを書いてみる。評価は前と同じで10段階。では行ってみよう。

 ロックマンゼロ・・・4.0
 初回印象では「最悪のクソゲー」だった。その後の印象は一応最後までクリアしたがあまり面白いと言えるものではなかった。
 ストーリーもなんか印象に残ってないし、ボスの動きもゼロ2、3と比べると全然面白くない。最大の不満点はボス戦の音楽がしょぼいこと。というわけで今でもこのゲームはロックマンシリーズ最悪の駄作として印象に残っている。やはり無理に独自性を付けようとして変なシステムを追加したのが失敗か。
 反してゼロ2、3は良作なのでお勧め。でも初代だけやったらやっぱりゼロ=クソゲーという結論になると思うよ。

 ポケモンシリーズ・・・8.5
 去年の2月くらいに購入。半年間遊ばせて頂いた。
 「ハア?ポケモン?んな小学生がやるみたいなゲームやってんじゃねえよwwwwwwwwwwwwwwww」というのが一般的な解釈だろうが、ゲーム性は今まで通りかなり深いのでやり込めばどこまででもやり込める。
 しかし9月くらいにエメラルドを買ったころにはかなり熱が冷めてしまってバトルフロンティアも要するにポケモン育てて戦うだけだろしかも経験値もらえねーし、みたいな解釈になり止めてしまった。
 だがそれはゲームが悪い訳ではない。というわけでこのゲームはお勧めである。

 メトロイドゼロミッション付属FC版メトロイド・・・5.5
 クリアした。初回の印象は「装備が薄くてすぐ死ぬ!クソゲー!」だったんだがアイスビームを装備して敵を一体ずつ確実に倒してライフを回収していくとライフはあまるようになってきた。むしろ、それこそがゲーム性では無いのかと思う。
 もちろん最近のメトロイドに比べればバランスは悪いが、しかし面白く無いわけではないのでメトロイド好きなら是非やるべき作品だと思う。

 メタルギアソリッド3・・・9.0
 下に書いた通り。何度やってもサバイバルビュアーはイライラする・・・。

 バトルロワイアル2レクイエム(小説)・・・1.5
 「ゴミ」と罵倒したが今でもその印象は変っていない。クズ小説。
 前作の面白さが何なのか全く分かっていない駄作である。こんな続編なら出ない方がよかった。

 逆転裁判シリーズ・・・7.5
 良作。今でも印象は変わっていない。

 ゲームボーイアドバンスSP・・・8.0
 初回は「粗悪商品」と罵ったが、それは初回の印象。使い続ければ使い続けるほど良い点が浮かんできた。
 バックライトが使いやすい(しかもON/OFF出来る)、たたんでコンパクトにすると同時に液晶に傷が付かないようにする、2時間の急速充電でかなり遊べる等々・・・。
 この理念は任天堂DSにも引き継いで頂いたようで本当に嬉しい。罵倒なんてしてすいませんでした。

 マリオアドバンス4・・・5.0
 「面白くない」と言ったが、今でもやっぱり印象は悪い。このシステムを利用すれば追加ステージは簡単に出来るはずなのにいちいちカード。萎える。そういうのは。
 早くゲームボーイアドバンスでの真の意味でのマリオの新作を出して欲しい。ヨッシーの万有引力は・・・あれは・・・真の意味ではないよな。傾きシステム使ってるし。

 マザー1+2のマザー1・・・5.0
 「クソゲー!時代遅れ!」と罵ったが時代が遅れているのは当たり前だろ。昔の標準的スタイルなRPGで、今のような深いゲーム性はないので退屈だった。でも初代ドラクエ・FFを今やったら多分同じ印象を受けると思う。

 FF10-2・・・1.0
 もっとつまらないゲームはやったことがあるが、前作の最高さとその初の続編ということへの期待を裏切られ、がっかりさせられるを通り越して怒りさえ覚えたという意味で、今までやったなかでの最悪のクソゲー。クズ。ゴミ。阿呆。開発者は針千本呑ます。
 あれから一回だけ手を付けてみたが、やはり1時間程度やっただけで飽きてしまった。このソフトがFFブランドに大きな傷を付け、後に出したことを後悔するような作品になることは間違いない。
 FF12では絶対に「汚名挽回」をしないようお願いする。

 FF10・・・10.0
 上と反対にしてFFシリーズ最高傑作。そして織れが今までやったゲームの中でも最高の傑作である。すばらしい画質、ストーリー、戦闘システム、等々・・・今でも決して色あせない魅力を持っている。
 2回目プレイでもイベントがとばせない、作曲家が3人で魅力半減、等の不満点はあるがそんな小さなことは気にならないほどの大傑作。未プレイの人は絶対にやるべき。 

 以上。・・・しかし、やっぱ自分の過去の日記は読めないものだな。余分な2ch表現とか妙に主張したりとか・・・まあいいや。昔の事だ。

 そういやあ今まで説明していませんでした。最近の日記では日付の部分をクリックすることによりその日の日記を先頭に持っていき、またお気に入りに登録するとき等「しおり」をつけることが出来ます。また、下から上に読む時に日を分ける線をクリックすることによりスムーズに読むことが出来ます。今は最近の数ヶ月分だけですが、これからどんどん適用させていますので、過去日記閲覧、晒しの際は是非ともご利用ください。

登録タグ/ ゲーム一般

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

2005年4月8日(金)

■工高生日記(82)

・東奔西走スクールライフDIARY2〜我が新世界の始まりだ〜

 さて今日が始業式。いつも通り前の9組の教室に行き適当に友達と喋って掃除をし(体育館の椅子並べだった)始業式。適当に新任の先生の話を聞いたり校長先生の話を聞いたり図書室の先生の話を聞いたりして終了しクラス発表。織れのクラスは・・・2年6組22番か。ふむ・・・。前の1年9組の時は出席番号が23番だったので「苦しむ兄さん」(9組23番)ってので覚えられたが、今回はどうしようかね。まあ特別考えなくてもいいか・・・。
 6組には旧9組の人達が8人もいるので前みたいに話す人がいなくて困るということはなさそうです。それでは皆さん1年間よろしくお願いします。

 帰り際に、小学校低学年くらいの身長の子供が二人組みで、一人がこんな歌を歌いながら歩いていました。

 も〜いくつ寝ると〜お正月〜
 お正月には〜もち食って〜 喉につまって死んじゃった〜
 早く来い来い霊柩車〜


 む・・・この歌をあの年にして知っている、しかも堂々と歌うとは・・・なかなかの強者なり。
 で、そのままそれとなく聞いていると次にこんな歌を歌っていました。

 も〜いくつ寝ると〜クリスマス〜
 クリスマスには〜もち食って〜 おしっこ飲んで〜腹壊し〜
 死んでしまった霊柩車〜


 ・・・って結局死ぬんかよ!

登録タグ/ 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

2005年4月9日(土)

■エースコンバット5 時・安産愚・魚ー

 シリーズ伝統の機銃クリアー。3はスフィルナ、4はミサイルと挫折し続けているものの今回はどうか。でも先日ファミ通に「機銃クリアー、ノーコンティニュー」ってのがあったらしい。それじゃあただの機銃クリアーじゃ面白くないだろ。・・・というわけで織れは「A-10機銃クリアー」を始めました。使用機体はA-10の改良版じゃないほう、難易度はACE、味方機は全員F-5、指示は特殊兵装無し、援護(つまり初期設定)で。今はクルイーク要塞まで進んだ。ここまで難関だったのは・・・。

 Mission8 希望という名の積荷
 普通通りに進めて一番最初の難関だったのがここ。いつもはレーダーサイト内を抜けたあと速攻で敵を攻めて攻めまくってその後風車を壊して終了となっていて輸送機の護衛は全然考えていなかったのだが、今回A-10でやったら死にまくる。輸送機が落とされまくる。機銃だからすれ違いざまに破壊というのも出来ない。しかも速度が遅いから1500km/hくらいで輸送機に向っていく敵機を追いかけられるはずもない。
 結局成功時は輸送機の真後ろに張り付いて目の前に出た敵のみを撃墜という方法でクリア。この方法、誰でも思いつくと思うが、しかし現実にやってみると果敢に敵機を追いかけてしまい失敗するのがオチ。いや、難しかった。

 Mission15 凍土からの救難信号
 このミッションは性質上、前半にまっすぐに飛ぶ機会が非常に多い。敵はこっちを付けてきて後ろからミサイルを撃ってくる。味方機は全然撃ってくれないし。E-767が出る辺りなんて敵に囲まれてもう大変。あれ撃墜しないと救難信号を受け取れないのに。
 で、後半はシーゴブリンの護衛となるのだがこれも大変。敵機が前から後ろからどんどん現れ自分が生き残るだけでも大変なのにあろう事かシーゴブリンを撃墜してミッションを失敗にしてくれる。普通にやっていて何度やっても失敗したので自分が盾になりミサイルを引き寄せるというリアルバートレット状態になってクリア。ふう。

 Mission18+ 8492
 ここ。難しい。まだクリアしてないし。
 東に逃げることでもミッションを達成することができるが・・・いや、ここは撃墜してクリアしないと駄目でしょう。
 というわけでやっているのだが難しい。難しすぎる。3時間やってまだクリアできない。A-10だとミサイルありでも苦戦するのにプラス機銃のみはキツイ。15機落とせばクリアになり、いったん10機落としてさあ最後の編隊だ!・・・が出現しないというバグもあったし。
 上手く編隊を組んでいるのを引き寄せて急減速し、前に出させてめった撃ちにすれば楽なんだけどそうは問屋が卸さない。
 あとここはミッション開始までの会話が非常に長くてイライラする・・・。1分はかかるよな。グリム!ナガセ!無駄口叩いてないで8492を叩け!

 これからの難関はMission23 ラーズグリーズの亡霊(空戦で確かめるぞ)、Mission24 白い鳥II(な・に・も・の・が!)辺りになると予想。他は楽そうだね。

■工高生日記(83)

・ブルーアイズアルティメットワロス

 2chの会話を一般の場で使うと敬遠されがちです。というより織れが嫌いです。
 ですが、そういう会話を知っているもの同士で使うとなんとなく親近感がわいてくるのも事実です。・・・というわけで織れがそういう系のものの中今日かなりワロスwwwwwだったのをアレンジして書いてみようかと思います。元ネタはスレッド「妹の部屋からワロスってきこえた」、及びそれを収録した大阪民国24時。さあ、逝こうか・・・。

 「おし、今日も逝こうか」毎日毎日PCの前で怠惰な時間を過ごしてはいるが、今日は少し違う気分で向っている。いいネタが入ったのだ。いつものようにLive2chを立ち上げ、こう書き込んだ。題名は「妹の部屋からワロスってきこえた」。
 「妹の友達が部屋に来ているんだが、ふと部屋の前を通ると『あの制服のスカート短すぎじゃない?』『ワロスw』って聞こえたんだ。どう思う?」しばらくすると返事が返ってきた。「まあ、俺もたまにワロスは使うな」「ワロスじゃなくてバルスって言ったんじゃない?」
 「いやいや、バルスは問題だろw」と返事をして部屋から出てみると妹の部屋の戸が開いている。ここで少し俺は遊んでみたくなった。
 ⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーンの体制をとって部屋の前を横切ってみたのだ。すると部屋の中から笑い声。 今度は声を付けてやってみた。とたんに静かになる部屋。なんなんだこれは。仲間意識を持たれたのか知能指数を疑われたのかどっちなんだ。
 掲示板に相談してみたところ、差し入れを持っていくふりをしてそれとなく探ってみろと言われた。俺もあのワロスがなんなのか知りたい。知らなければ一生後悔するような気がする。そうして、俺は勇気を出してコーヒーとお菓子をもって部屋に入った。

 「遅いな、あいつが戻ってこない」「いったいあの部屋で何があったんだ」俺が自分の部屋に戻ったとき、掲示板ではそんな話題になっていた。どうやらずいぶん深入りしていたらしいな。「帰還したぞ。とりあえずやれることはやってきた」そう書き込み、妹の部屋での自分の行動を綴った。
 俺は皿にお菓子を入れて妹の部屋に入った。そしてそれとなく妹の友達と話を始めてみた。「あのさあ、将来の夢ってある?」
 「はい、将来は会社関連の仕事に就きたいと思っています」その友達は答えた。礼儀正しい子だ。「そうなんだ。夢が広がるねw」「そうですねw」
 しかしここで乱入者に妹が痺れをきらしこう言った。「はいはい、そんな話はもういいよ。出て行ってくれない?」元々この場にいるべきでは無い人間だ。これ以上耐えることの出来なくなった俺は部屋を後にするしかなかった。
 「すまない、お前ら・・・」そう書き込むと、すぐに返事が返ってきた。「うはwwwwwwうぇうぇwwwwwww乙wwwwwww」「ワロスwお前はよくやったw」まあ予想通りの返事だだ。だがこれで終わったわけではない。妹が2chを見ているのか、どうかという自分の疑問は解けていない。どうしてもそのことを知りたい。俺は残ったコーヒー一本を持ってもう一度部屋に入った。
 
 「・・・邪魔してごめんな。それじゃあごゆっくり」「はいはい。もう部屋に戻りーや」どうやら俺は本質を聞くのに失敗したらしい。それとなく探ってはみたが、失敗してしまったようだ。不運だった。最後に俺は部屋に乱入したことを謝り、自分の不甲斐なさを呪いながら⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーンして帰っていった。
 「いやもう、自分を見失うってことがあるもんだな」そう掲示板に書き込んだ。妹の友達に話しかけた上、内心まで聞こうとするなんて20の男がする行為じゃない。そしてもうその友達は帰ろうとしている。
 「メールアドレスを聞いておけ!」そう言われた。「そんなこと出来るわけないじゃないか!」と書いたが、やはり今日の俺は自分を見失っているらしい。もう自分の誇りなどどうでも良くなり、乗りで妹の友達にメールアドレスを聞きに行った。

 「やったぞ!お前らのおかげで・・・玉砕ネタが一つ生まれた。良く聞いておけ。」「俺は部屋に入ったんだ。妹が不快そうな顔をしていたが俺はその友達に言った。『アドレスを教えてくれない?・・・嫌なら良いけどできれば!』返事はこうだった。『あーじゃあ嫌ですw』『そう』・・・以上、終わり」
 「テラハカナスwwwwwwwwwwwwwwwwww」「その後の妹との会話も実況してくれw神よw」こんな会話を掲示板上でかわし、俺の無駄に挑戦的だった時は終わりを告げた。
 「いや、待て。なんか呼ばれた」掲示板上の会話に感情のすべてを移入していた俺は、つい返事をするかわりにそう書き込んでしまったみたいだ。そして妹の部屋に向った。なんだろうか。やはり自分は少々やりすぎてしまったのでなかろうか。咎められても仕方がなかろう。
 「嘘ですよw」「?」どういうことだ?そう思っていたらメールアドレスを教えてくれた。「さっきのは嘘ですよ、ってことか。まあ、断るほうが珍しいしな」と、そうは書き込んだものの今回は自分の吹っ飛んだ行動を少し褒めたくなった。少し大人になった気がする。いや、それは褒めすぎか。

 そして妹の友達は帰る準備を始め、そして玄関で妹と談笑を始めた。まがりなりにも友達と知り合いになった俺も見送りに行くことにした。そうしたら妹がこう聞いてきた。「お兄ちゃん、2ちゃんねる見てるの?」
 「えっ?」どうして俺がそんなことを聞かれているのだろう?「だって、クオリティとか言ってた」「いや、それは普通の言葉だろう」答えた。「そうなの?」「うん」。いや・・・これでは駄目だろう。思い切って言ってみた。
 「ごめん。やっぱり見てるよ」「やっぱし」これは、見透かされていたということか。日頃の習慣は隠せないものだな。もう堂々となった。「俺2ちゃんねらーなんだよwww」「うっわー」多少あきれた様な返事。「で、お前も見ているのか?」妹は答えた。「まあそうだけどね」「VIP板か?」こう聞いてみた。「ほとんど行かないけど、なんとなく知っている」ということはやはり部屋ではワロスと言っていたのか。急に笑いがこみ上げてきた。「うはwwwwwwwwwwwwwwwワロスwwwwwwwwwwwwwwwwww」妹はますますあきれ顔になってこう言った。「だから、そういうのは友達の前でやるなよアホ」ショボーン(´・ω・`)としてひどく落ち込んだ俺を見て、さすがに言い過ぎだと思ったのか妹は、「まあ、今回だけは許すから」と言った。
 やったヽ( ・∀・)ノ!俺は妹が許してくれるのを知って非常に喜んだ。妹はやれやれ、といった表情だった。
 「⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン」「!? ・・・・・・・・・・・・⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン」
 こうして、俺の長い一日は終わった。

 

G  O  O  D  E  N  D

登録タグ/ ゲーム一般 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

2005年4月10日(日)

■字・安賛虞・宇尾ー 続き

 <<ブレイズ、残った敵は後一機よ。早く基地に戻りましょう!>>
 <<あのE-767・・・妙に高いところを飛んでいます。離脱するつもりでしょうか?>>
 <<そうね、早く撃墜しましょう。・・・って、最高速でも追いつけない!高度9800m!機銃じゃ攻撃できないわ!>>
 <<ああ・・・逃げていく・・・。>>

 <<なんだったんでしょう、あの機体は・・・。>>
 <<まさか2chのエースコンバットスレで伝説となっている電子戦記E-767が!?そんなはずは無い、そんなはずは無い!>>

 ・・・というわけでMission18+ 8492を最後の一機まで追いつめたものの、そのE-767が高度9800mをマッハ1.5で西に逃げていき敵を全滅させることが出来ませんでした。なんじゃこりゃ。噂の敵がマップから離脱してクリアできなくなるバグかいな。・・・まあその後30分後にクリア出来たからいいけど。バグはちゃんととってほしいもんだね。一応軽くA-10機銃クリアでの気づいた攻略を書いておくと、
 ・最初の6機が撃ったミサイルを回避した後急減速してそのまままっすぐ進むと次々前に飛び出して来てくれる
 ・その後も基本は編隊を組んでいる敵を減速して前に飛び出させ撃墜する
 ・どうしてもミサイルをかわせない状況もあるので出来るだけ短期戦で
 まあこんなもん。
 Mission19-22はなんの問題も無く進めた。22は敵をほとんど全滅させ200発も機銃を余らせたという快挙(約200発で岩盤崩落)を成し遂げMission23 ラーズグリーズの亡霊。前半は特に問題なく進め(アパッチのミサイル一発命中)後半のオヴニル戦。・・・時間切れ。Oh。NOOooooooo!まあ予想していた事だがここまで当らないとは。ふらふら機動で飛んでいるので機銃が全然当らん。後半戦に残した機銃弾は約650発でそれをほとんど撃ち尽くしたが当ったのは10発にも満たない。15分使って撃墜できたのは1機だけ。ふう・・・。
 しかしふらふら機動というとあのエースコンバット4のふらふら巡航ミサイルを思い出すな・・・機銃クリアーあそこで挫折したんだぞ・・・なんか嫌な予感がしてきたな・・・。

■工高生日記(84)

・東奔西走スクールライフDIARY2〜明後日試験嫌だなあ〜

 津高水槽学部(一発変換)の演奏会に行って来ました。県の文化会館の中ホール。そういやあ先日の津西の吹奏楽部の時は大ホールだったのになんで?地元だからか?

 で、一曲目に「祝典序曲 作品96(ショスタコーヴィチ作曲)」というのがあり、説明には「ショスタコーヴィチはソ連政府・ソ連共産党の強力な指導と干渉のもとで、(略)表面的には従う振りをしながらも反抗を試みながら創作活動を行なってきた作曲家である。祝典序曲は1954年11月6日の『ロシア革命37周年記念日』のために作曲されたもので・・・(以下略)」とあります。
 で、司会者の人はこの曲について「津高創立110年等の記念行事でも演奏される曲です」と言ってました。なるほどね・・・道理で
校舎が火事で全焼したり反抗が流行ってた時期に休みになったりするわけですね。納得納得。

登録タグ/ ゲーム一般 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

2005年4月11日(月)

■工高生日記(84)

・東奔西走スクールライフDIARY2〜明日は試験だ嫌だなあ〜

 携帯電話のインターネット機能でこの日記を見てみると見事表示できた。まあ下の方のマリオアドバンス4の感想の「早く」のところで途切れてたが。・・・で、このサイトを学校の友達に見せて布教活動をしていて、ふと使用料金を見てみると、昨日まで30パケットだったのにあっというまに430パケット。うお!この日記何度か表示するだけで400パケットかよ!・・・というわけで、
このサイトはPCで閲覧することを強くお勧めします。あ、でも携帯電話用ページも作ったのでそっちもよろしくね。

 で、今日は2-6のクラスで所属委員会決めやら自己紹介やらをした。織れは何を紹介すれば良いかな・・・「ゲーマーでぇ、エースコンバット5のA-10機銃クリアーとかやってるのぉ。よろしこねぇ。」ん・・・これは明らかに趣味が偏ってるようで実際そうだけど基本的に駄目だな。「俺はザ・ツルー。貴様にまだ見たことのない本当の愛を教えてやろう。俺の腕の中で・・・。」ん・・・これでは知能指数を疑われるな。「この前、凄い怖いジェットコースター乗ったんですよ(うんうん)。そしたら隣の人がウォー!グァーって凄い恐ろしい顔で叫んでたんですよいやいや(ってどっちやねん!その人の顔が怖かったんかいな!)。」ん・・・誰だよ突っ込み役は。
 ・・・というわけで織れは22番だったので先に言った人の発言を参考にすることに。出てきた話題は部活、趣味、誕生日等々・・・ふむ・・・誕生日ねえ。織れの誕生日は9月5日。・・・あっ、ひらめいた!・・・というわけでこう発表した。
 
「織れの誕生日は9月5日なんですが、これは『苦しむお兄さん』で『お』は『御』と書く、そうやって覚えてください。」

 しかしまあ織れ受験番号が9番とか一年の時のクラスが例の9-23だったりして・・・なんなんだ、織れの人生は苦しみの塊なのか?

登録タグ/ 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

2005年4月13日(水)

■耳・案散具・雨男ー 続き

 A-10機銃クリアー、達成しました。まずは終盤ミッションの感想から。

 Mission23 ラーズグリーズの亡霊 <<火炎瓶を作ったのが関の山>><<大丈夫なの?>><<ま、理論研究はパーフェクトだし>>
 前半はアパッチが撃ちまくってきてかなりうざい。後半戦は長期戦になるので出来るだけここでダメージを受けないようにしたかったのでアパッチに攻撃を受けやり直したことも。他に後ろからも敵機が追いかけてくる。ミサイル撃たれると大きく回らないと回避できない。それに高度差があるから機動が読めないという難点もあるので前半もそれなりに難しかった。
 が後半戦もかなりの難関。敵の攻撃は8492と比べると全然やる気が無いが、なんといっても攻撃が当らない。がむしゃらに撃つとすぐ弾切れ。最初はヘッドオンで攻撃していたが全然当らないので後ろから追いかける戦術に。ぐるぐるぐると回るところで何度か減速するところがあるのでその時に機銃で地道に攻撃。ちなみにクリア時の残弾29発、残り時間は15分中1分12秒。ふう、危なかった。

 Mission24 白い鳥II <<まさか、オーシア軍は我々の手の内にあるはずだ。何者が、何者が、な・に・も・の・が!>>
 このミッション初回プレイの1回目はまあ岩盤みたいな体力が高いだけの敵だろと思ってほとんど攻撃せずに搭載機ばかりを攻撃していたら西に逃げられて失敗。が2回目に難無くクリア。
 なんだ、悪鳥よえーじゃん!と思ったがHARDでやったらレーザーでなぎ払われ死亡。何とかクリアするものの次にEXPERTでやったら搭載機の後ろから超加速で接近→ミサイル撃ち逃げの瞬殺パターン&悪鳥レーザーで殺されまくり。次にACEでやったときにはファルケンのレーザーで焼き払ったが。
 ・・・で、この機銃クリアーでもミサイル撃ち逃げ地獄&レーザー地獄で死にまくり、Mission18+ 8492を超える最難関になるだろうと予想していた。予想通り一回目はミサイル撃ち逃げパターンで死亡。というわけで2回目は開始直後後ろに付けると撃ち逃げされるので3・2・1、イグニッション、ファイヤー!が来るまで適当に飛ぶ。でエンジンを攻撃して針路を変えさせる。ん・・・って、たった2回目でここまで進めていいのか?と思っているとミサイルに当たり撃墜される。
 3回目。同じようにして針路を変えさせ今度は分散レーザーではなく体力の低い対空ミサイル発射装置を攻撃。分散レーザー攻撃がやばい・・・!と思っていたが予想より撃ってこなかったのでさっさと対空ミサイルをすべて撃破。レーザー装置も味方がミサイルを撃ってくれたのも助けになりその後すぐに撃破。後はエンジンを破壊し、搭載機の撃ち逃げ体制に注意しつつ補助エンジンを破壊しクリア。以上。
 ・・・うーん。以外と楽だったな。やっぱ今までのプレイで死にまくった経験が生きているか。

 Mission25 ハートブレイク1、Mission26 混迷の海、Mission27 ACES、Mission27+ THE UNSUNG WAR、これらには特に難関は無かった(そういやあ書き忘れていたけど、艦載機ミッションでは自機イントルーダー、味方機トムキャットで行った)。
 ・・・これでA-10機銃クリアーは終了。後半あっけなかったな。悪鳥がもっと強くても良かったんだけどな。感想を述べるとこのプレイを行なってエースコンバット5というタイトルの制作者の作り込みが本当に目にしみた。やはり飛ぶたびに新たな発見があって飽きさせない。でもそこまで作り込んであってどうしてかなりの数のバグを直さなかったのか、それだけが本当に残念。

 さて・・・次は何をやり込もうかな・・・。18禁ゲームでもやり込もうかな?おっと失礼、織れの言う18禁ゲームとはあっち系ゲームの事ではなくCERO18のゲームのこと。少しのジョークと、バイオハザードが犯罪者の家から「見つかったとされるのを受け」ただけで購入を制限しようとする愚か者達に対する大いなる皮肉を含めて。

■工高生日記(85)

・東奔西走スクールライフDIARY2〜玉に傷ってか傷だけだ〜

 数学の試験後に問題用紙をもう一度配って後に提出させるという発想は非常に良いものだと思うのですが、せめて最後の答えの数値ぐらいは書いて頂けないといろいろ方法を試して成功するという勉強方法が出来ないと思うのですが・・・。

 で、上の話題とは全く関係ないのだが、今日の5限目(最後の授業)に変な先生が来た。科目は英語のライティング。新しく津高に来た先生で、着任式で話題となったと言えばわかるはず。
 その授業の進め方はまず教科書の英文の括弧内を埋める問題で、「じゃあこの問題分かる人」と聞く。まあ分かるが、間違えたくないし手をあげて発表するような授業はもう高校ではあまり無い、ということかどうかしないがみんなしばらく黙っていた。すると・・・

 10秒後 「誰かわからないのかな」
 30秒後 「誰か発表してくれないと授業が進まないよ」
 1分後 「何か反応してくれよ・・・静かすぎるよ」
 5分後 「前の学校で30分くらいこうやってずっと黙っていた時があったなあ」
 10分後 「あと20分で授業終了だなあ」

 ・・・でそこまで来たところで一人が発表してしまい沈黙終了。その後も同じ形式で授業が進み上から三つぐらいを繰り返しながら授業終了した。
 その授業後の友達との話では「発表する順番を決めてさっさと進めてしまおう。もし先生に仕組んでるのかっていわれたら生まれ変わったんですって言っといて」「いやいや、65分ずっと黙らせてみようぜ」「あーいう授業だとポンポン発表すると周りの人から睨まれるから発表しずらいんだよな」等々、の話題で持ちきり。ここに新たな英雄が誕生した。

登録タグ/ ゲーム一般 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

2005年4月15日(金)

■工高生日記(86)

・東奔西走スクールライフDIARY2〜名前のネタは無礼だが〜

 最近一日の予習復習がマジでキツイ・・・。数学の問題集4STEPは一授業で約10問分は進む。過去の経験から30問溜めたら死亡なので数学がある日、つまりほぼ毎日やってるわけだが・・・面倒な問題、超難問、計算間違い誘発問題等々ウザい問題のオンパレード。10問2時間、つまり一授業65分ほぼ毎日の復習にその2倍の時間を費やさないといけないということ。キツすぎ。かと思えば
勉強時間ほとんど0で模試校内9位とか取ってる人もいる。マジでリアル織れはなんのために戦っているんだ状態。

 前の日記で書いた英語の「授業が進まないんですけど」の先生、今日はお隣さんの5組(昼休みになると
ポケモンカードから遊戯王カードまでを扱う、そういうクラス)に出没。教科は織れのところと違って英語II。5組の人に聞いたところ、勝手に英文と訳文を読み上げて授業を進めてくれるので、昼の3時という時間も相まって戦死者が続々だったそうだ。
 そういやあこれは書き忘れたことだが、前の織れの授業の時にギャグ飛ばしたが全く反応が返ってこなかったのを受け、「いや。わかりますねえ。
売れない芸人の辛さが。」・・・文字だけでも感情移入度が恐ろしいほどに分かる、そんな台詞だ。

 

 話題を変えるが、今日織れの友達が世界史の授業が終わったあと、なにやら面白いものを見つけたと騒いでいた。
 どれどれ・・・と織れも見てみた。ちなみに山川出版社の世界史Aの109ページ。持ってる人は参照するとよし。

 



 へっ?
「きんたまきん」? 

登録タグ/ 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

2005年4月16日(土)

■OFP

 この前別館「OFPで敵を全滅させるサイト」を閉鎖しました。公開予定だったキャンペーンも公開できずに終わってしまい、誠に申し訳御座いません。やはり高校生になりじっくりとやり込む時間が無くなったのと、OFP自体に正直飽きてしまったのが原因です。最後まで見て頂いた人には万感の思いです。ありがとうございました。

 ・・・で、一通り完成していないコンテンツ、誤字がある部分などを加筆、修正し一応の区切りをつけていて、ふとこんな文面が目に入った。「完全日本語字幕、日本語音声です。音声は中学校の三年三組の力を借りて録音しました」・・・そういやあ友達同士で使われてない教室に入って今でも使っているMP3プレイヤー兼録音機で声を録音してミッションに入れたことがあったな。懐かしい。あいつら、今でも元気にしているのかな・・・。
 しかし当時はその声を聞いて「あー。やっぱり駄目だな。専門の人に声を入れてもらわないと」と思ったような気がする。もうOFP自体やらないかもしれない。友達の声を聞いておいてもいいだろう。
 ・・・でやってびっくり。すげえ、サンダーヘッドもびっくりの美声だ。折角だからここに公開する。是非みなさんにも美声を味わってもらいたい。

 voice01.mp3 M君「爆撃機より全部隊へ、味方が一機落とされた...」
 voice02.mp3 M君「駄目だ、エンジンが作動しない...」
 voice03.mp3 O田君「司令部へ、我々は街を占領した...」
 voice04.mp3 ODA君「そのまま待機せよ...」
 voice05.mp3 O田君「司令部へ、主立った反撃部隊を倒した...」
 voice06.mp3 ODA君「良くやったデルタ。次は増援を待ってさらに敵地に進攻してもらいたい...」
 voice07.mp3 T端君「増援に参りました。これより隊長の指揮下に入らせて頂きます...」
 voice08.mp3 O田君「司令部へ、街を攻略した...」

 うむ。まず思ったけど強すぎる面々だ。多分厨学生時代の3年3組は織れの人生で最強のクラスとなるだろう。特にODA君の声は渋すぎ。あの声で「な・に・も・の・が!」って言って欲しいな。

■工高生日記(87)

・東奔西走スクールライフDIARY2〜やだやだやだやだやだやだよ〜

 あー。携帯電話専用サイト試しにカウンターをつけてみたが・・・すげえ。重複カウントを許さない設定にしたとはいえ、一日6ヒットはこのサイト始まって以来最低の数字じゃないか。パケット通信料が馬鹿高になった織れの経験から学んで作ったんだが・・・必要なかったのかねえ。いろいろと主に無駄な知識に関して役に立つ日記なのでみなさんどんどんこのサイトのことを携帯電話で布教してください。お願いします。

 唐突だが織れの厨学生時代の津高に対しての印象はちょっと前に軽く話題になった米軍の基地外将軍風に言うと「実は津高生を撃つのは楽しいものだ。どうせやつらは勉強ばかりしていて人間性を失っている。だから撃つのはとても楽しい」って感じだった。実際に入ってみると3年3組の面々に劣らない強すぎる人物ばかりだったのだが・・・まあ、そういう良くない印象があったのは県有数の進学校ということと、兄貴からこんな話を聞いていたからということもある。

 兄貴は高校生時代には山岳部みたいなのに入っていて、ある日活動で山に登ったが、そこに兄貴の高校とは別に津高生の連中がいたという。
 で、山をせっせと黙って登り始めた。織れにも経験がある。最初はぺちゃくちゃ喋っていたがそのうち一心不乱に登るようになる。言葉を持たない山と会話するという意味があるのかもしれない。山とはそういうものだ。・・・が、その津高生が突然話し出した。
 「加法定理求めよっかー♪」「うーん♪」
 ・・・で軽く不快感を覚えつつもさらに登り続けた。するとまた連中が話し出した。
 「よーし、次は生物の問題出しあおっかー♪」「うーん♪」

 完。

登録タグ/ OFP 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

2005年4月18日(月)

■FF8

 トップページから来ないでこのページだけを何らかの方法で見ているという人もかなりいると思いますので・・・FF8の新・ジャンクションなし+インビジブルムーンなしクリアープレイ日誌(ああなが)を更新しました。今回はDISC2終盤〜DISC3前半までです。
 ・・・で、やっぱり大して難関でもないボス戦の戦闘経過をいちいち書いて文量を増やそうとしているように見えますか。まあそうでもしないと全4話くらいで終わってしまうので仕方ない、ということで・・・。意見いつでも日記掲示板で受け付けているので書き込みを待っています。ではでは。

■工高生日記(88)

・東奔西走スクールライフDIARY2〜以下か未満か重要だ〜

 あー。今週は面談週間なんでいつもは65分の授業が50分となる。ふ・・・15分なんて・・・と思うが実際は全然違う。帰る時間も1時間違ってくるし、授業が終わるのが早く爽快感すら感じる。これなら7限あっても青春真っ盛り。

 さて、今日はやだやだ〜状態だった春休みの宿題テストのいくつかが帰ってきた。数学はまあ織れの今までから見ればやや低い数値、国語は壮大な爆死。ふ・・・某ゲーム、っつーかメタルギアソリッド3に例えて言うとこうなるか・・・

 私はザ・ツルー。
 私はかつて津高の試験を受けた。
 そこで見たものはなんだったと思う・・・。

 
赤 点 だ ! !
 お前にもあの真紅の恐怖を感じさせてやろう!

 ・・・うは。はっひらめいた。どうせなら原作通り5人書いてしまおう。・・・というわけで戦場の兵士の感情(痛み、恐れ、怒り、悲しみ)ならぬ試験前のの高校生の感情(難問、赤点、失点、嫉妬、眠気)を元に作った。
 以下、メタルギアソリッド3公式サイトTGS2004トレイラのボス紹介の部分(2:10くらいから)を背景に流しながら見てくれると楽しめるかも。

 「この先には我が息子たちと難問が待ち構えている さぁ、こいっ!」

 THE FOURSTEP
 「ようやく捕らえたぞ 俺はザ・フォーステップ
  お前にこの世で最高の難問を味あわせてやろう いくぞっ!」

 THE REDPOINT
 「赤点だ! 私はザ・レッドポイント
  怒りの赤点で平均点を下げてやろう! 追試を受けることへの憤怒だ!」

 THE MISTAKE
 「俺はザ・ミステイク 貴様にまだ見たことのない本当の失点を見せてやろう
  試験本番の中で・・・」

 THE ENVY
 「悲しい・・・ 悲しい・・・ この世は悲しい・・・
  俺はジ・エンビー お前が上げた平均点の下の生徒達の悲しみを知るがいい」

 THE SLEEPY
 「高校生よ!聞こえるか
  ワシはザ・スリーピー 貴様に本当の睡眠不足を見せてやろう」

 「これで5人そろったわね 今度は地獄の底まで一緒」

 今回織れの元にはザ・フォーステップ、ミステイク、スリーピーあたりが降臨した。もう食いたくないな。

登録タグ/ FFシリーズ 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

2005年4月19日(火)

■工高生日記(89)

・東奔西走スクールライフDIARY2〜ヒットチャートは順位表〜

 あー。今日はヤバイくらい眠かった。5限目のライティングの授業寝ちゃったよ。すいません。でも先生のギャグがつまらないからじゃないよ。特に「PとS・・・追伸ですか。・・・・・・反応がありませんねえはうはwwwwwwwwwwうぇうぇwwwwwwwwwwwサーマムマグナムボーナムワロスwwwwwwwでした。

 で、今日はひょんとしたことからゴミ箱談義になった(織れが一方的に話しただけ)。そういやあゴミ箱、学校と言えば2つ、こんな話がある。

 その1:中学校編
 ある日ガラッと戸を開けて教室に入ると誰かにぶつかった感触。「あっゴメン!」と120度ターンして謝るとそれはゴミ箱。
 終。

 その2:小学校編
 ある日の放課後、謎の格闘技(相手を転かせば勝ち、というやつ)遊びをしていた時、織れは調子に乗って明らかに体重が1.5倍くらいある奴に挑戦する。相手もこっちをそれなりの実力者と思ったのかいきなり本気を出して突撃してきた。大した実力も無い上、いきなり来るとは思わなかったので織れはほとんど無抵抗で吹っ飛ばされる。・・・が立ち上がると全然痛くない。後ろを見てみるとゴミ箱が倒れて衝撃を吸収していてくれた。
 終。

 それはそうと今年のクラスTシャツ案が自分の中で大体決まってきました。去年は(x-1)(x-9)=0 x=1,9 1年9組という20秒で考えたしょぼいやつで採用された、ということで今回も採用を狙っていきます。「40人目の生徒はあなただ。個性溢れる39人のキャラクター」「日光を浴びることによりビタミンDを回復できるリアルなシステム」「あなたの行動によりジャンルは学習サポート、恋愛アドベンチャー、潜入アクションと無限に成長・進化していく」・・・こんな感じのノリで。よろしくね。

登録タグ/ 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

2005年4月22日(金)

■ロックマンゼロ4

 昨日の昼過ぎに買ってきて昨日の夜にクリアしました。とりあえず結論から言うと「今回は・・・微妙?」

 容量が8MBから二倍の16MBに上がって傑作と言ってもいい前作ゼロ3より楽しませてくれるのか、と思ったが予想に反してごちゃごちゃと要素を入れすぎて失敗した感じ。ゼロシリーズは作を重ねる毎に着実に進化しているが(ゼロ1は駄目過ぎたが)、今回は方向を少し誤ったかな。
 グラフィック、音質などは前作から着実に進化しているが他のアクション要素は劣化しているものも多い。ディスク関連が無くなったので探索要素が少なくなったこと(セラルミンチタンだっけ?あれは手に入ってもあまり嬉しくないな)、3で少しはマシになった針トラップが再び多くなったこと(ラグナロクステージは発狂するかと思った)、ボスの行動パターンがごちゃごちゃしていて回避しづらいこと(3は単純だが面白かった)、残機制が即死トラップ等と相まってこれまで以上にイライラさせること(ステージが終わっても回復しないなど今まで通りうざい。その点X8は改良されてたな)等々・・・。X4→X5ほどの間違った進化では無いが、△な進化。
 まあ不満点ばかり言ったけどこれはあくまで初回の印象だし、決して今回は駄作と言うわけではない。アクションゲームが好きな人はやってもいいと思う。定価分は微妙だが3500円くらいの価値はある。

 他、感想等。
 ・今回ボスの声がすげぇ特徴的だった。腹立つやつとか(「うざくなーい?」)何だこの野郎はってやつとか(「状況開始!」「もがけもがけ!」)ボルト・クラーケンとはなんの関係もないなってやつとか(忘っけた)。面白い。冷めるのもあるが。
 ・ストーリーが予想とまったく違った。織れの予想では「エリア・ゼロ=零空間。クラフトはアクセル。アクセルはゼロとエックスの人格プログラムを元にシグマに作られたレプリロイド。バイルはワイリー。人格プログラムをシグマが移植した。ラスボスはアクセル。アクセルを倒すことによりゼロのウイルスは完全に消滅。すべてが0になる」と、こんな感じだったのに。これだけ予想して一つも合ってないってのもまた凄いな。あ、いや・・・解釈を微妙に変えれば一つだけあってるかも?
 ・エンディングを見たあとXシリーズの某シーンを思い浮かべて笑ってしまったのは織れだけではあるまい。
 ・初回プレイでレシピが一個も手に入らなかった。まずトラック列の右端からエリア・ゼロに行けるってのに気づかなかった。「いろいろ人に話しかけて集めよう」とか説明書に書いて欲しかった。

 ・・・というわけで今回もなかなか面白いですが、初心者はゼロ3から入ると良いでしょう。あれはマジで傑作です。今ならちょうどいい価格で売っていると思いますので是非プレイしてみてください。XシリーズならX8がマジでお勧め。

■工高生日記(90)

・東奔西走スクールライフDIARY2〜七五調には気づいてる?〜

 

 あーあ。3990円もするイヤホン自転車で巻き込んでぶっ壊しちまった。
 起こったのは今日の2:30頃、駅前から少し離れた銀行のそば。MP3プレイヤーの電池が切れてしまったので首にかけていた。まあいつもの事だったが、今日は走っていると何かMP3プレイヤーを入れたポケットから妙なひっかかり感。まあ無視して走っているとさらにぐいぐいと引っ張る、これはおかしい、ということで停止して後ろを向くと・・・ふむ・・・ポケットから謎の黒い線が自転車の後輪の中心に向って伸びているな・・・じゃない。イヤホンが自転車の後輪のグルグル回るところ(なんて表現すればいいんだか)に引っかかっていた。
 ちょっとさわってみるがとれない。やべえ。このイヤホン影ローマ、エースコンバット5サントラと一緒に買ってきたわけだからまだ1ヶ月くらいしか使ってないのに。無惨にも黒いカバーが破れ3色の線がはみ出していた。これはもう駄目かも知れんね。
 その場にいた人々にも手伝って頂き(その場にいた、というだけなのに手伝って頂き誠にありがとうございます。あなた方の協力が無ければこうして家までイヤホンを持ち帰ることすら出来なかったでしょう。感謝の言葉に尽きません)小さいドライバーでゴミを取り除きひっかかったのと逆の方向に回して何とか外すことに成功。とりあえずイヤホンも持ち帰った。
 しかしその姿はひどいものだった。あちこちがすり切れて線が見え隠れし、一番ひどいところは上写真のように破れて中身が飛び出していた。ふう・・・もうこれは駄目だな。あきらめるしか無いだろう。保証もこれでは利くはずもない。はあ・・・前から思ってたんだけどね、イヤホンをダラダラたらしていて何かに引っかけると危ないってこと。まさかこんな形で現れるとは思わなかった。3990円払って人生のお勉強をした、ってことか。はあ・・・。



 で、家帰って確かめてみたら余裕で動いたんでビニールテープでグルグル巻きにして使ってます。完。

登録タグ/ ゲーム一般 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

2005年4月24日(日)

■FF8

 あー機動兵器8型BIS強かった。・・・というわけでFF8やり込み日誌更新。書きたいことを徒然なるままに書いたので読みにくいかも知れませんが、苦戦の様子が少しでも伝わればと思います。
 しかし最近めっきりFF8、9のやり込みをする人が少なくなって・・・ULTIMAGARDENも寂れたもんだね・・・。昔のFF9〜FF10の時は憧れの存在だったのに今ではさっぱり投稿が無くなってしまった。やはり主力だった人が次々やり込みを止めた、またはサイト管理から離れてしまった、ってのがあるか。理念は素晴らしいサイトだったのにな。
 そしてこのサイトのリンク集もどんどん減っていく・・・ネットの情報は2年で半分が見れなくなるというから、まあ減っていくのは仕方ない、か。
 このサイトももう今年で始めて5年。長くサイトやってるといろいろあるもんだ。「こち亀」もこんな気分だったのかな。

登録タグ/ FFシリーズ

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

2005年4月25日(月)

■工高生日記(91)

・東奔西走スクールライフDIARY2〜バナナはおやつに入れますか〜

 えーっと、携帯電話用ページを閉鎖します。自分で見ていてどれだけパケット通信料がかかるかを実感しました。個人的にもそうお金を払ってわざわざこのサイトを見て頂くというのはあまり・・・なので。やはりこのサイトはPCで見てください。

 さて、来る4月27日には遠足。去年の遠足では確か名古屋港水族館に行った。行きのバスの中で、その当時はまだ入学したばっかりで友達もいなかったのでとりあえず本を読んでいたら隣のノリのいい奴に
「おいおい、一人で本なんて読んでんじゃねえよ、まあ見せてみろって」って言われたんで見せた。確かその本は「新生・日米総力決戦3〜米本土上陸〜」ってやつで内容は現代から60年前にワープした人達が日本を戦争で勝つように導く・・・というストーリーだったと思う(あんまり面白くなかったな)。で、その著しく趣味の偏った本の内容を一部読み上げられた。その内容は確かこんな感じだったかな。

「・・・アリューシャン列島、アラスカは戦略上重要であり、早急に陸軍を増強、空軍も戦闘機部隊、重爆撃機部隊、輸送機部隊を増強していだたきたい。フェアバンクスからは、一式爆撃機によってシアトル近郊の工場地帯が爆撃出来ますし、開発中の三式爆撃機"富山"が完成し出撃すれば・・・」

 ・・・で、聞いてきたそいつも今ではいい友達。いや、1年9組は本当にいいクラスでした。またどこかで会いましょう。

 今日はもう一つ、例によって英語のライティングの先生がくださったネタ。出典はライティングの問題集の4ページ。

 D.誤りがあれば正しなさい. (冠詞や名詞の数などに注意する)
 1.I have lost my watch. A watch is the one my father game me.

 ふむ・・・とりあえず、
gameってなんだ?

登録タグ/ 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

2005年4月26日(火)

■工高生日記(92)

・東奔西走スクールライフDIARY2〜今日から織れも生徒会〜

 と、言うわけで生徒会役員にならせていただきました。とりあえず初日の仕事はあまりにごちゃごちゃし過ぎている部屋の整理から。倉庫を主にさわったんだが柔道着やら体育館靴やら縄の一塊やら4STEPの全回答集やらがあってでっかい宝島みたいだったな。あ、みなさんこれからよろしくお願いします。そうさ今こそアドベンチャー。

 明日は遠足・・・ということで朝の会で先生からの諸注意があった。当日はかならず校章を付けてくることとか校章を無くした人は当日買わなくてはならないこととか(250円・・・高いな)行き先がスペイン村だということとか弁当は園内で食べてはいけないこととか。

 ん・・・弁当は園内で食べてはいけないって?そうかひどいな・・・と思ったがその後の説明によると近くの広場で食べても良いらしいので一応安心。ふう・・・あ、そうだ。おやつは園内で食べてもいいんかね。気になるな。・・・ということで聞いてみた。
 「まあそこのあたりは社会の常識にあわせて頂ければ結構です」・・・つまり弁当は駄目、おやつはOKということだな。
 ん・・・?じゃあバナナは園内で食べて良いか食べて良くないかどっちなんだ?

登録タグ/ 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

2005年4月27日(水)

■工高生日記(93)

・東奔西走スクールライフDIARY2〜盗んだバイクが走り出す〜

 今日は待ちに待ってないけど遠足。行き先は志摩スペイン村。いやあ、スペイン村と言われたのでスペイン風の町並みが並んでいるだけみたいな所かと思っていたが・・・実際は絶叫系マシンを主とした遊園地でかなり楽しめた。

 まずは朝はいつもより一本早い電車に乗って久しぶりの混雑を味わいながら学校へ。織れが着いたときにはまだあまり人がいなかったがまあ時間までには大体全員が集まった。これが津高クオリティ。まあそれはともかくバスが動き始めて最初織れは隣の席の人が爆睡体制に入っていたんで黙っていたが通路を挟んで隣の人がUNOやら大富豪やらをやり始めたんで入らせてもらった。2、2、8と最後に残して自爆という初歩的ミスをかましたり、途中でカラオケモードに入りどこから漏れたのやら尾崎豊を歌うように要求されたので「盗んだバイクではっしりだすー♪」とか歌ったりしながら楽しく過ごした。
 で、スペイン村に到着。途中一つ前のバスで本ばかり読んでいた友達に例の「新生・日米総力決戦3〜米本土上陸〜」の話をしたりして人生を説いたりして入場。友達とでっかいジェットコースターに乗るぞーと意気込みながら適当にその辺を散策してメインのジェットコースター「ピレネー」に乗る。・・・・・・。すっげえ圧力と速さで全然しゃべる余裕が無いくらい怖かったんだが通の友達によると空前絶後の無重力感が無いからあまり怖くなかったとか。
 で、他の人達が昼食を食べ始めるタイミングはアトラクションがすくということで早めに食事を取る。そんななかである人が「あー。俺中学校の時はおみやげ買っていったら部活の後輩達から声をそろえて"ありがとうございます"って言われたんだよ。あの時はよかったなー。今は帰宅部員だよ俺」って言っていた。織れは「じゃあ今日は買ってかんの」と聞いた。その人は答えた。「まあ一応買っていく」・・・織れはふと面白いことが思い浮かんだので聞いてみた。「じゃあ誰に買ってくの?まさか十二人の妹たちに?」
 「えっ十二人の妹たち?まさかそれって・・・シスプリ?」・・・・・・って、話が通じたよ!初めてだ十二人の妹たちの意味が分かってくれた人は!これこそ心が通じあった瞬間。・・・一応言っておくと織れは基本的にそういうゲームは好きでは無いのでネタ用として軽く情報を聞いたくらい。たまに出るときメモネタも同じね。
 で、その後は皆の提案によりジェットコースター「ピレネー」に乗りまくる。一回目は怖いだけだったが二回目以降になってくると俄然面白い。すいてたんで何度でも、何度でも、な・ん・ど・で・も!いろんな人を誘って乗りまくった。結局乗った回数は5回。あー。おかげで帰りのバスの中で左、右とバスが曲がるときにジェットコースターに振り回されているような気がしてきてかなり酔った。
 で、パスポートに
 氷の城、ドラゴン城の宝探し、
 
カルメンホールをのぞく)
 と書かれていて上手く指で隠すと某つっかもうぜ!酷似していることが明らかになったりして惜しみながら遠足終了。

 いやあ面白かった。疲れたけど面白かった。去年の水族館よりも俄然楽しめた。またみんなで遊園地に行きましょう。

 そうそう、生徒会室、もとい織れの部室の入って左の暗い部屋を掃除して使える状態にした織れですのでよろしく。こうして織れは新世界の神となる。

登録タグ/ 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

2005年4月28日(木)

■工高生日記(94)

・東奔西走スクールライフDIARY2〜将棋は無くさないでよね〜

 今日は部室で学校祭の副題の整理をやっていました。織れもお勧めのやつとか(「愛・津高博」)なんだこの野郎はって奴とか(「愛ちゃん大好き・津高博」「哀・津高博」)提出する前に見直ししたほうがいいぞってやつとか(「学校然、がんばろう!」)いろいろあってすっげぇファンタジーが味わえました。で、たくさんあったうちからいろいろ話し合って10個ぐらいに絞ったんで近々アンケートで聞くと思います。よろしく。

 ・・・一限目の国語の授業でこんな落書きをふと気づくとノートにしていた(すいませんU田先生)。

 イグニッションファイヤー!
 これは、怒りに燃えているという感じがします。波ダッシュをここで使うと・・・
 イグニッションファイヤ〜!
 燃やされてもいいという感じがしてきますね。


 ・・・ふむ。どうせならいつも通り5ボス分揃えてみようか。ちなみに元ネタはもちろん昨日のトリビアの泉。行くぞ!

 行けー!バレットビー!
 これは口の中から蜂をはき出す命がけの攻撃という感じがします。波ダッシュをここで使うと・・・
 行け〜!バレットビ〜!
 メタルギアごっこをやってペインの真似をしようとして蜂に刺される小学生みたいな感じになりますね。

 今度はグレネードだー!
 これは木の裏に隠れているのに当たる卑怯な攻撃という感じがします。波ダッシュをここで使うと・・・
 今度はグレネ〜ドだ〜!
 メタルギアごっこをやってフィアーの真似をしようとしたがグレネードってなにって感じの小学生みたいな感じになりますね。

 へーびーよー!聞こえているかー!
 これは自らの存在をせめて明かしてから相手を倒すという老兵のこだわりという感じがします。波ダッシュをここで使うと・・・
 へ〜び〜よ〜!聞こえているか〜!
 メタルギアごっこをやってエンドの真似をしようとして自らの存在を明かすなんてスナイパー失格状態になる小学生みたいな感じになりますね。

 スネーク!怒りをー味わえー!
 これは実験台として宇宙に行かされ全身を焼かれた怒りをぶつけている感じがします。波ダッシュをここで使うと・・・
 スネ〜ク!怒りを〜味わえ〜!
 メタルギアごっこをやってフューリーの真似をしていて相手が出てこないので雑草を焼いて怒りをぶつけている小学生みたいな感じになりますね。

 だがーお前は知らなくてはならないー。死者の悲しみをー。
 これだと死者の魂を呼び出す霊媒兵士の感情がよくわかる感じがします。波ダッシュをここで使うと・・・
 だが〜お前は知らなくてはならない〜。死者の悲しみを〜。
 メタルギアごっこをやってソローの真似をしようとしてパーカーをどうやって消せばいいかわからない小学生みたいな感じになりますね。

 ジ・エンド!

登録タグ/ 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

2005年4月30日(土)

■FF8

 I updated New / No junction and without invisible moon clear playdiary. 今回もかなりごちゃごちゃしていますが頑張って書いたので見て頂けると嬉しいです。もうすぐラスボスですのでこれからもご声援お願いします。
 あー。しかしこう毎日書いていてもほとんど反響がありません。・・・やっぱり今頃8なんて流行らないのかなあ・・・と一瞬は思いましたが影ながら見守ってくれている人も沢山いるはずです。・・・というわけでアンケートを設置しました。皆さんがどれぐらいプレイ日誌に期待して、どれくらい日記に期待して、そしてどれくらいこのサイト自身に期待して頂いてるかを一度知りたいです。投票お願いします。

登録タグ/ FFシリーズ

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

←前の月の記事へ 日記ログの一覧へ 次の月の記事へ→

2005年4月の記事を 更新が古い順に 全て表示しています。


Twitter:【yarikomiff】

サイトのトップへ


System: Trishula Ver.1.14