管理人の日記 - 2011年3月の記事 / やり込み in FF

管理人の日記ログ
2011年3月の記事を 更新が古い順に 全て表示しています。
新しい順に表示する

←前の月の記事へ 日記ログの一覧へ サイトのトップへ 次の月の記事へ→

****************************************************************

2011年3月1日(火)

 3月ですねっ!
 ここ数日は真冬が
大反逆という感じで寒い毎日になっておりますが・・・しかし、もう3月ですよ。春ですよーっ!!
 ――まあ、新しい月ということで、見た目の雰囲気は大きく変わりましたが、これからも今まで通りの日記を書き続けていこうと思います。
 というわけで皆さま、3月もよろしくお願いします\(*^o^*)/


登録タグ/ 明日から本気出す

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

2011年3月5日(土)

 
"しんれいびょう"って病気の名前みたいでイマイチ・・・


 皆さまこんばんは! 現在、FF13のプレイ日誌を全力で連載している俺ですが、たまには日記のほうも何か書きたいと思います\(^o^)/
 ・・・先月末に、いよいよ
「東方」シリーズの完全新作が発表された。というのも、2009年に発売された「星蓮船」以来、「東方」にはスピンオフ作品しか発売されておらず、「紅魔郷」「星蓮船」LUNATICを全てクリアしてしまった俺は、少しずつ「東方」から心が離れてしまっていたのである。続編が出なければ話題も無いが、かと言って面クリア型シューティング以外のスピンオフにも手を出そうとは思えない。だからこそ俺は、「東方」シリーズの正統続編を今か今かと心待ちにしていたのだ。
 ――そして、先月末。その完全新作と言えるシリーズ第7作
「東方神霊廟」("しんれいびょう")がついに発表されたのである。キャラクターは従来の霊夢・魔理沙・早苗さんに加えて、「妖々夢」などに登場した妖夢が参戦し、その4人が何やら霊界を舞台とした冒険(?)を繰り広げてくれるそうだ。

 そして、俺が
「東方」シリーズで最も重要視しているのは、言うまでもなくLUNATIC難易度である。その難易度は高いが、決して理不尽なわけではなく、そこには"攻略していく楽しみ"というものが存在する。「東方」など所詮は同人ゲームに過ぎないが、だからこそのシンプルなゲーム性を味わうことができるのだ。
 ・・・さて、「東方」シリーズの公式サイトでは、新作について
「今回は難易度抑えめに、システムも程々の複雑さにしました」と語られている。しかし俺は、そんなことは有り得ないと思うのである。そもそも「東方」のLUNATICは難しいことに存在意義が有るのであり、それが簡単になってしまったら何の意味も無い。パターン化が不十分でもクリアできてしまう「東方」など、何の面白みも無いではないか。少なくとも今の俺は、「星蓮船」より難易度が高くないと満足ができないのである。
 ――まあ、この開発者の人はかなりいい加減な性格であり、前作の「星蓮船」の時も( w∀w)「難易度は勉強しました。うむ、易しげで稼ぎやすい」などと言いつつ、実際にはHARDでも歴代シリーズのLUNATICに匹敵するほどの超難易度となっていた。だからこそ、俺は今回の「神霊廟」にも全く心配を抱いていないのである。どうせまた笑ってしまうような超弾幕が登場して、俺を楽しませてくれるんだろ? 「東方」を名乗るってのは、そういうことだよ。

 そんなこんなで、サークルを引退して誰とも話さない生活にも、徐々に慣れてきたような気がする。
 ・・・これから先はどうなるか分からないけれども、もし俺が「魅力的な人物」ならば、きっと魅力的な人たちにまた出会うことができるだろう。俺の「人と交流する」という意味での大学生活は終わったけれども、まだまだ俺の人生は続いていく。だからこれからも、子供のような気持ちを忘れず、そして前向きに生きていこうではないか。


登録タグ/ 東方シリーズ

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

2011年3月8日(火)
女子本郷生!女子本郷生!女子本郷生!女子本郷生ぇぇええええええええうあああああああああああああん!!!!
あぁああああ…ああ…あっあっー!あぁああああああ!!!女子本郷生ぇええぁわぁああああ!!!留年しました。
あっあああぁあクンカクンカ!クンカクンカ!スーハースーハー!スーハースーハー!いい匂いだなぁ…くんくん!
んはぁっ!ジョシ・ホンゴーセーたんの黒髪をクンカクンカしたいお!クンカクンカ!あぁあ!! クンカクンカ!!
間違えた!モフモフしたいお!モフモフ!モフモフ!黒髪モフモフ!!カリカリモフモフ…きゅんきゅんきゅい!!
期末試験の女子本郷生たんかわいかったよぅ!!あぁぁああ…あっああ!!ふぁぁあああんんっ!! 留年しました。
内定も出来て良かったね女子本郷生たん!かわいい!あっああぁああ! 留年しました。これ以上は留年できません。
4年生にも進学できて嬉し…いやぁあああああああ!!!にゃあああああああああん!!ぎゃああああああああ!!
ぐああああああああああああああああ!!!大学なんて現実じゃない!!!!あ…駒場も本郷も柏もよく考えたら…
女 子 本 郷 生 は 非 実 在 青 少 年 ? にゃああああああああん!!うぁあああああああああ!!
そんなぁああああああ!!いやぁぁぁあああああああああ!!はぁああああああん!!東京二十三区ぅうううう!!
こんちくしょー!やめてやる!!人生なんかやめ…て…え!?見…てる?用務員の女子本郷生ちゃんが僕を見てる?
事務室の女子本郷生ちゃんが僕を見てるぞ!!ローソン東京大学安田講堂店の女子本郷生ちゃんが僕を見てるぞ!!
准教授の女子本郷生ちゃんが僕に話しかけてるぞ!!!よかった…世の中まだまだ捨てたモンじゃないんだねっ!!
いやっほぉおおおおおおお!!!僕には女子本郷生ちゃんがいる!!やったよ神野志!!ひとりでできるもん!!!
あ、購買部の女子本郷生ちゃああああああああああああああん!!いやぁあああああああああああああああ!!!!
あっあんああっああんあ工学部ぅう!!ぶ、文学部ぅ!!法学部ぅうううううう!!!教育学部ぅうううううう!!
ううっうぅうううううう!!俺の想いよ女子本郷生へ届け!!本郷キャンパスの女子本郷生へ届けええええぇぇぇ!
 
なんでこんなに上から目線なの?? あらあらイケメンになっちゃって・・・


 何やら世間では、FFキャラクターが参戦する格闘ゲーム
「ディシディア・ファイナルファンタジー」の続編が発売されたらしく、ネット上の様々な場所で広告を見ることができる。そしてその作品には、俺がお世話になったFF12の「ヴァン」やFF13の「ライトニング」も参戦しているそうだ。
 ――で、その宣伝バナーによると、どうやらFF13のライトニングは
「閃光の異名をとる女戦士」であるそうだ。ふむ・・・俺としては、やはりライトニングは光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女騎士なのであるが、まあぶっちゃけるとFF13本編でのライトニングは光速の異名を持たず重力を自在に操れず別に高貴でもない女主人公なのだから、ある意味で仕方無いのかもしれない。誰だよ、「高貴なる女騎士」(笑)とか言っちゃったヤツ・・・(;^o^)
 そして、もう一方のFF12の主人公「ヴァン」であるが、なんとそこには
「空に自由を描く少年」というコピーが付けられているのである。ビックリした・・・初見では「空を自由に描く少年」だと思ってたから、(;^o^)「※そんな設定はありません」などという釣り記事を書いてしまうところであった。そしてさっき気付いたんだが、この「空に自由を描く少年」っての、ちゃんとFF12の説明書にも書かれてるのな。まったく、早とちりでとんだ恥を掻くところだったぜ・・・。

 やれ、
「ファイナルファンタジーシリーズ」と言うと、それはどうしても"昔のシリーズ"を指すものとなってしまいがちである。
 ・・・しかしながら、少なくとも俺は、
新作であるFF12やFF13も大切にして欲しいと思うのだ。それらも「ファイナルファンタジー」という名を冠した作品であるし・・・むしろ、俺が発売日に購入し、そして俺自身の手で攻略していったそれらの作品こそ、俺にとっての「ファイナルファンタジー」と言えるのだ。
 ――やれ、これから先の「FFシリーズ」はどうなっていくのであろうか。まずは「ファイナルファンタジー13-2」「ヴェルサス」が有るし、その先の「FF15」は完全に未知数である。これからも「世界最高のゲーム」であるファイナルファンタジーが楽しめることをファンの一人として切望しているが・・・果たして。

* * * * *

 なんかFF13プレイ日誌を更新して1週間も遅れてしまいましたが、ついに2011年も3月となりました。来月からは、いよいよ新しい2011年度が始まることになります。
 ・・・そうそう、心配されていた方もいらっしゃると思うのですが、今年の俺は無事に
4年生へと進学できることが確定しました。必修科目のプログラミングで何とか単位を獲得し、その他の授業でもそれなりの単位を取得でき、さらに研究室も決まったため、ついに俺も華の大学4年生(?)へと進むことができたのです。
 ――まあ、読者の皆さんからしてみると、このサイトの管理人は留年してしまわないと面白くないというところでしょうが・・・しかしながら、これ以上俺が大学に居たとしても
冗談じゃないレベルで頭が悪くなるだけなので、ここはさっさと卒業してしまうのみです。もう俺にとって、"大学"とは過去のコンテンツなのです。

 そして大学と言えば、もう一つ、俺が入っていた合唱部のこともあるが・・・現在の俺はそれに参加していないし、きっとこれから機会が有ったとしても、
もう復帰することは無いと言える。俺が大学を留年していた間に、かつて一緒の時間を過ごした同期の友人たちは皆が去ってしまったし、今さら後輩に迷惑を掛けるわけにも行かない。そもそも、今の俺は後輩の名前すら満足に覚えられていないのだ。そんな環境で歌を歌ったとしても、ただ寂しさが押し寄せるだけである。
 ――まあ、これは別に、誰かに責任が有るというわけではない。後輩たちは今でも俺を仲間と認めてくれるし、そのそれぞれが魅力を持った人たちである。しかしながら、これは俺にとっての「けじめ」の問題なのだ。いつまでも甘えているわけにはいかない。いい加減、過去には別れを告げなければならないのである。

 かつて俺は、「大学」というものを恨んでいた。それは
「世界最高水準の学問」といった美辞麗句で俺をだま くらかし、俺を東京で一人にした元凶だと思われたからだ。東京の大学へと通うことによって、俺は愛した故郷を失い、愛してくれた家族を失い、この世界にたった一人で残されてしまった。だからこそ俺は、幼かった頃の俺を甘い言葉で誘惑し、そしてこんな酷い状況へと導いた「大学」というものを、心の底から憎んでいたのだ。
 ・・・だが俺は、大学の4年間を通して様々な人と出会うことができた。その中にはもちろん、「勉強ができるだけのつまらない人間」という憎むべき者も存在したが・・・そんなことは関係無く、夜が明けるまで語り明かせる友人や、良い意味での"敵"と言える仲間、そして心の底から敬愛することのできた人や、こんな俺のことを愛してくれた人などなど・・・様々な人々と巡り会うことができたのだ。そのような過程を経たうえで、俺が「一人」となるのであったら、それは俺の責任と言うべきではないだろうか?
 ――俺は、これまでも様々な環境で、様々な人々と出会うことができた。だからきっと、この先も魅力的な人々に巡り会うことができるのだと思う。だから今は、過去の思い出に囚われてしまうよりも、お世話になった人々に感謝をして、そのうえで新しい世界へと歩んでいくべきではないか。

 そんな感じで、これからもボチボチ生きて逝こうと思う管理人なのでした。
 ――そして今日は、かなり遅くなってしまいましたが「新月のあいさつ」的な感じなので、オチはありませんのです。ごめんなさい><
 FF日誌の読者ではない皆さまも、これからも
「管理人の日記」をよろしくお願いします\(^o^)/


登録タグ/ 光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女騎士 大学 雑多な内容 女子本郷生 ではありません ルイズ

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

2011年3月9日(水)
民主党の支持率が上がる方法考えたwwww
 
きめえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええん


 
どうやら俺は花粉症になってしまったらしい・・・。ここ数日は外に出ると目がショボショボするし、寒くもないのにクシャミが止まらない。その症状は家に帰っても治まらず、湯水のようにティッシュペーパーを消費してしまう。もうこれは、どう考えても花粉症と言わざるを得ないのである。
 ・・・やれ、この22年間、俺は特に酷い花粉症患者というわけではなく、むしろ周りが花粉に苦しんでいる様子を見て( ^o^)
「花粉症の人たちは大変だなあ(笑)と他人事のように感じていた。だから、そのツケが回ってきたのだ。こういうアレルギーって、年を取ると逆に弱くなることもあるらしいし・・・。
 ――まったく。最初の画像は花粉症の菌
っていうか花粉なのだが、見てほしい、この醜悪な外見を。まるで宇宙から地球を侵略しにやってきたウイルスを見ているような気分になってしまう。なんかく○ぁしてるのも有るが、これで萌えるというのは人類には早すぎるぜ・・・(;^o^)

 ちなみに、花粉症の何が困るかって、やはり
体力を消耗するというのが大きいだろう。鼻水から体の中の水分と塩分が出て行ってしまうため、ものすごい勢いでやる気が無くなってしまうのだ。物理的なスタミナも消費されるのだろうが、それよりはやはり精神的な面が大きいと言える。
 まあ俺は、今は春休みで特に何もすることが無いため、やる気が無ければ何もしなければ良いのだが・・・しかしながら、就職活動であちこちを走り回っているような人にとっては、この時期の花粉は
生物兵器にも等しい存在だろう。日本中にスギの樹が植林されているのは、花粉症で日本人のやる気を削いだうえで侵略するための、どこかの国の陰謀ではないのか? ・・・と、そこまで考えて、逆に緑化と称してスギの樹を嫌いな国に大量に植えるというテロ攻撃を考えてしまったり。
 何はともあれ、今回の「花粉症」は、
小二病・厨二病・大二病などという精神的なアレとは違った現実の病気である。――ああもう、花粉の波よ、早く止んでくれ! こんな俺でも、今年の春は自らの悲運に涙が止まらないのだ。ヒーリングβ、ヒーリングβ・・・(;o;)

* * * * *

 最近の民主党は炎上マーケティングでもしているのか? という気分になってしまう。俺は、細かい政策のことは分からないし、そもそも気にもしていない。しかしながら、今の時代にどう考えても売国は流行らないと思うのである。確かに、数々のちょうせん的な行動によって民主党議員の名は広く知れ渡ったが・・・しかし、政治家は選挙で人気を得なければ仕事に就けないため、問題行動で名前を売ってしまっては明らかに終わコンである。
 ・・・別に俺は、政治家が「聖人のように潔癖な存在」である必要は無いと思う。むしろ、一般人に知られてはいけないような汚いことに手を染め、様々な謀略をもって国家を動かしていくのも、政治家の立派な仕事であろう。だから、「失言をした」とか「不祥事を起こした」などというつまらない問題で政治家を辞めさせてしまうようなことは、まったくもって無駄な行為だと思うのである。アレか、
ギャルゲーの登場人物が過去に彼氏持ちだったらディスクを割るとか、そういう感じかっ!!
 ――しかしながら、俺が「政治家は汚れていても構わない」と述べたのは、あくまで"国民や国家を守るため"という目的のうえで、である。逆に、
汚い謀略を巡らせて日本に不利益を与えるというのは、そもそも日本人として有り得ないと思うのだ。それは政治家じゃなくてスパイの仕事だよ・・・。

 
さて、民主党と言えば、過去には領海侵犯で相手がぶつけてきたくせにその犯罪者をかばうという最低最悪の売国奴が居たが、先日には何と外務大臣が在日朝鮮人から献金を受けているという事態が発覚してしまった。ご存じ、外務大臣とは「外務省」の長であり、日本が外国と有利な関係を作り上げられるようにする責任者だ。それが、あろうことか領土問題が存在する敵国の国民から献金を貰ったうえで、しかも領土問題を軽視するような発言を行っていたのだから、まったくもって有り得ない話である。これでは、「売国奴」を超えて「スパイ」などと言われてしまっても、まったく反論ができない。
 ――やれ、俺は経験的に「たくさん名前を知っている内閣はクソ」ということを感じている。何故なら、新聞やテレビが( w∀w)「政治家は凄い!政治家は立派だ!みんな政治家になろうず!!」などという報道を行うはずがない。だから、広く名前が知られている政治家は大体がクソな奴なのだ。でも俺は、民主党政権になってから、その内閣や党の構成員を「よく知っている」んだよなあ。それはつまり・・・そういうことなのである。

 だが、上記のような行為の責任を政権与党だけに負わせようとするのは良くない。「民主党」という政権は国民が選んだものであり、ある意味でそこには国民の"質"が現われているのである。だから、(;・∀・)「民主党から政的いやがらせを受けた!」などと被害者ヅラをしているのは、それこそ無責任な話なのである。もし、民主党に1票を投じて、そしてそのことを反省しているのであれば・・・次からは政治への関心を高め、後悔しないような投票を行ってほしいものだ。
 ――ところで、前回の衆議院選挙が行われたのは2009年8月であり、そして衆議院議員の任期は4年なので、恐らくあと2年ほどは民主党中心の政治が続くと思われる。もちろん民主党が真に国民のことを考えるのであれば今すぐにでも解散総選挙を行うのが一番であるが、しかし民主党としても、国民の支持を得たうえで日本を良い方向へと導く政治を行いたいはずである(と信じたい・・・)。そのためには、やはり「国民の意見」に耳を傾けるのが良いはずだ。
 ・・・というわけで本日は、民主党が満足な政行為を行うための方法を考えてみたのである。そう、"それ"は前の選挙の時に、民主党が最も大きな命題として挙げていたものである。それを実行に移すことができれば、民主党の支持率も回復するのではないだろうか・・・!?



            _____
           / ヽ____//
           /   /   /
          /   /   /
          /   /   /
         /   /   /
         /   /   /
        /   /   /
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄






       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|
       |                    |
       |                    |
       /    ̄ ̄ ̄ ̄      /_____
       /              /ヽ__//
     /   政 権 交 代     /  /   /
     /              /  /   /
    /   ____     /  /   /
   /             /  /   /
 /             /    /   /
  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄/   /   /




登録タグ/ ほのぼの日記 政治

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

2011年3月11日(金)
 
一刻も早くご家族の安全が確認できることを祈っております。


 本日午後2時45分ごろ、東北地方沖の太平洋沿岸にてM8.8の大地震が発生しました。
 東京・巣鴨に住んでいる僕は無事でした。しかしながら、宮城・福島を中心とした東北地方では揺れと津波により大きな被害が出ているそうです。
 被災地ではまだまだ余震が数多く発生しており、また地震発生から9時間が経った11時30分現在になって、北海道の函館に津波が到達しているとのことです。まだまだ安心はできないので、対象地域の方々は各種の地震情報から目を離さず、身の安全を確保するようにしてください。

 東京から、そしてインターネットの世界から。一刻も早く、皆さまのご家族の安全が確認できることを祈っております。

登録タグ/ 東日本大震災

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

2011年3月12日(土)
真・史上最強の聖戦:俺vs放射能
 
分からないから怖いのです。ならば、分かりましょう


 先日に起きた地震の影響で、恐ろしい二次災害が発生しようとしています。福島県の原子力発電設備が被害を受け、
放射性物質が漏れ出しているのです。
 ・・・その事件の影響により、福島県を始めとして、東北・関東の数多くの方々が「放射能」というものに恐れを感じていると思います。しかしながら、
僕は全く放射能が怖くありません。それは、確かに人体を破壊する恐ろしいものですが、適切な知識があれば、その被害を最小限に抑えられるからです。
 ――皆さまが「放射能」を恐れているのは、それは「放射能」というものを知らないから。知らないからこそ、相手を過大評価してしまっているのです。だけど、そんなことは"やり込みプレイ"では有ってはいけません。敵を知り己を知り、そして初めて、相手に勝つことができる作戦を作り上げられるのです。
 さあ、皆さまも「放射線」「放射能」を知りましょう。そして、今回の「放射能」との戦いにも勝って、生き残りましょう。


◆ATTENTION!!◆
当記事は、専門的な知識に裏付けされた情報では有りません!
「放射能に汚染された恐れのある地域から避難する方法」
および「放射線による自身の健康被害」に関しては、
必ず周囲の専門家の指示を仰ぎ、適切な行動を取ってください。


 まず
「放射線」とは何かと言うと、「放射性物質」から放たれる"線"のことであり、その特性を端的に述べると、「光速に近い速さで」「物質を貫通して」「全方位に拡散し」「人体に大きな損傷を与える」という恐ろしいものです。特に、事故などで一度に大量の放射線を浴びてしまった場合は100%の確率で死亡が確定し、少量の場合も長く浴びれば白血病やガンなど甚大な障害を残すことがあります。
 ・・・しかも、放射性物質は風や雨に乗って散らばるうえに、そこから放たれる放射線は色・匂い・熱などの予兆が全く無いため、具体的な被害を計り知ることができません。知らないうちに放射線を受け、何十年かの後に症状が発生する場合もあるのです。
 ――と、それだけ聞くと
何ともまあ恐ろしい物質ですが、もちろん対策はあります。それは、原子力発電の力を使っている人間として、是非とも知っておくべきでしょう。

 さて、放射線によって人体に影響が起こる場合と言うと、大きく分けて以下の2つが挙げられます。

@短期間大量の放射線を浴びた場合」
A長期間少量の放射線を浴び続けた場合」
【Wikipedia】では、@を「確定的影響」、Aを「確率的影響」と表記しています)

 最初に@ですが、これは電力関係者以外は相対することが無く、皆さまにはまず関係の無い話と思われますが・・・念のため述べておくと、人体が放射線によって受けた"ダメージ"を表わす単位として「Sv」("シーベルト": 1000マイクロシーベルト=1ミリシーベルト / 1000ミリシーベルト=1シーベルト)というものが有りますが、一度に8Sv以上の放射線を浴びると人間は確実に死んでしまいます。"死亡率100%"というのは、恐らく「助かった例が無い」ということでしょう。
 具体的に人間の体で何が起こるのかと言うと、放射線は「非常に細い針」が飛んでくるようなものであり、それが大量に人体へと突き刺さることにより、細胞内の「染色体」という物質に傷が付いてしまいます。すると、細胞はそれ以上は増殖することができなくなってしまいます。そして、大量の放射線を浴びて全身でそれが起こると・・・最初の数日は吐き気がする程度ですが、その後は確実に細胞が減って、身体機能が低下していきます。やがて血が腐り、腸がただれ、皮膚が剥がれ、全身から血を噴き、最後には死に至ります。なお、実際の被曝患者の詳しい経過が、1999年に茨城県で起きた【東海村JCO臨界事故の治療記録】(※閲覧注意)として残っています。
 ――ちなみに、@のような状況に万が一遭遇してしまった場合、対処方法としては全速力で発生現場から離れるしか有りません。何故なら、放射線は全方位に拡散するため、距離を取れば浴びる量は激減する(2乗に反比例)からです。なお、上記の東海村臨界事故の"被害者"は「青い光を見た」と証言していましたが、この光を見てしまった場合、簡単に言うと死にます。そのため、目撃したら全力で逃げましょうと言うところですが、放射線は光速に近いスピードで進むため、青い光が見えているということは目に放射線が直撃しているということになります。残念ながら、今の医療ではどうしようもありません・・・。


 さて。
 ここまでの前置きでビビらせてしまった感じですが、ここからが本編のA「長期間に少量の放射線を浴びた場合」です。上で書いた通り、放射線によって受けるダメージは距離の2乗に反比例する(=距離が2倍になると線量は1/4になる)ため、発電所で働いていない人が一度に致死量の放射線を浴びるということはまず有り得ません。
 しかしながら、原子炉の事故によって放射性物質が拡散され、そして長期に渡って微弱な放射線を浴びてしまうと、ガンや白血病のリスクは確実に増してしまいます。
 ――そのため、今回の地震で起こったような「原子力発電所の事故」の場合、「如何にして少量の放射線」を防ぐか、ということが大きなキーとなります。

 ところで、ここで重要なのは、「放射性物質は"塵"になって飛んでくる」ということです。そしてそれが体内に吸収されてしまうと、そこから放射線を放ち続けて臓器を傷付けてしまいます。となると、問題は「放射性物質を含んだ塵をどうやって避けるか」ということに集約できるのです。
 ・・・そのため、既に知っている方も多いでしょうが、以下のような対処方が有効となります。

@'「外気を遮断し、可能な限り部屋に閉じこもる」
A'「水道水は汚染の疑いがあるため飲まない」
B'「外に出る場合は、体の露出をできる限り少なくし、可能ならば帰宅後に体を洗って粉塵を落とす」
C'「避難する際は、必ずマスクか濡れた布で口を覆い、粉塵を吸い込まないようにする」
D'「特に雨が降った場合には、絶対に雨水に触れないようにする」

 とにかく、原発事故では「放射性物質を含んだ粉塵」を吸ったり飲み込んだりしてしまうことが致命的なので、何が何でもそれは避けなければなりません。そのため、まずは外気を遮断し、換気扇なども切り、可能な限り部屋に閉じこもるようにしましょう。完全に放射線を遮断するには厚いコンクリート層が必要ですが、そうでない家屋でも十分に防災効果は有ります。そして放射能は時間と共に少なくなっていく特性を持つため、最低でも1週間程度は隠れておきたいところです。
 また「外に出る場合」も、体の露出を少なくし、そしてマスクや濡れた布を使って、絶対に粉塵を吸い込まないようにしましょう。また、66年前の広島・原爆投下の際には、直後に降った雨によって放射能汚染が拡大したことが知られています。雨が降った場合は、その雨に決して触れてはいけません。
 ――専門的な意見としては、2chまとめブログの一部ですが、【このページ】が参考になると思われます。最初からこれを貼れば良かった・・・。


◆2011年3月13日 追記
少なくとも13日現在において、政府発表以上に健康被害が生じるほどの放射能漏れは確認されておりません。
今後に関しては、必ず専門家や公式の発表を参考にして行動するようにしてください。
この記事内において、放射能に対する不必要な恐怖を煽ってしまったことを、誠にお詫び申し上げます。


 そんな感じで。
 ――「放射線」は、確かに恐ろしい物です。しかし、対処法を押さえれば、その被害を最小限に食い止めることができるのです。
 ここまで読んでくださった皆さまは、もう大丈夫でしょう。あなたは絶対に「放射能」にも勝てます。共に生きていきましょう。


登録タグ/ 東日本大震災 原子力発電所

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

2011年3月13日(日)
計画停電について

 まず、先日の「放射能」に関する記事について、非常に大切なことを追記しておきます。
 現段階では、福島県の第一原発での事故による放射能漏れは即座に健康被害が起こるレベルではありません。政府発表の20km以内に近づかなければ、直接に放射線を浴びることもなく、また放射性物質に触れる可能性も少ないと言えます。政府の発表が正しいとすれば、与えられた対策を行えば健康被害は起こりえません。また、それより遙かに離れた東京においては、少なくとも現段階においては「籠城」などの対策を取る必要性は一切存在しないと言えます。
 先日の日記にて不必要な恐怖を煽ってしまった点を、誠に思慮の足らない発言だったと痛感し、深くお詫びを申し上げます。

* * * * *

 さて、本日は「停電になるかもしれないからみんなで節電をしよう!」という記事を書くつもりでしたが、それに先立って本日午後8時ごろ、政府から「14日(月)から輪番停電を実施する」という発表が為されてしまいました。これからしばらく、東京電力の電気提供エリアでは、断続的な計画停電が続くことになります。
 しかし、恐らく大半の方々は「輪番停電」というものを経験したことが無く、それに関する知識も持ち合わせていないと思われます。しかし僕は、曲がりなりにも大学で電気・電力を専門としている人間であるため、持っている知識を可能な範囲でお伝えしたいと思います。
 ――今回の地震について、「自分が住んでいる地方が被害を受けなかったから関係無い」と思っている方も多いと思われます。しかし、停電の話でも分かるように、これは既に関東・東北だけの話ではなく、国家レベルの問題となっています。国全体の危機なのです。そのため、日本に住んでいる皆さまは、是非とも協力をお願いします。


◆ATTENTION!!◆
当記事もまた、専門的な知識に裏付けされた情報では有りません!
「具体的な電力供給情報」「節電の方法」などに関しては、
必ず周囲の専門家の指示を仰ぎ、適切な行動を取ってください。
また、計画停電が為される具体的なエリアに関しては、
【東京電力のホームページ】など公的な情報源を参考にしてください。
当サイトを含めて、不確実な情報には惑わされないようにお願いします。

停電・節電に関する情報としましては
【こちらのページ】が非常に参考となりますので、必ずご覧ください。


 まず、「輪番停電」(りんばんていでん)という言葉の意味についてです。それは"計画停電"とも呼ばれ、あらかじめ決められた計画に従って停電を行うことにより、全体の電力消費量を節約するシステムです。日本では非常時以外にまず目にすることは有りませんし、実際に戦後は一度も行われてこなかったそうですが、発展途上国などでは、電力の需要に供給が追いつかず、国策として今でも計画停電を実施しているところが有ります。
 ・・・さて、今回の地震では、福島第一原発を始めとして、東北地方の幾つもの発電所が大きな被害を受けてしまいました。そのため、関東で必要とされる発電量をカバーすることができず、ついに日本でも「計画停電」が実施されることになったのです。その詳細は【東京電力のホームページ】などを参考にしていただきたいのですが、どうやら3時間単位で関東の様々な地方が持ち回りながら、計画的な停電を行うようです。

 しかしながら、この対象時間外・対象地域外においても電力を節約することは非常に重要となります。何故ならば、このような計画停電が行われる原因は、そもそも「全体として電気が足りていないから」であり、電力消費量が少なくなれば、その分だけ停電を行う時間・範囲を少なくできるからです。上でも書いたように、今回の事故は日本全体に関係のある問題です。そのため、是非とも皆さまの協力をお願いしたいと思います。
 ちなみに僕に関してですが、僕が住んでいる豊島区は14日は停電の対象範囲外となっているものの、節電のために照明を暗くし、不必要な電気機器のコンセントを抜き、お湯を沸かすための電気ボイラーも電源を切ってしまいました。しばらく風呂には入れませんが、そんなものはどうということも有りません。
 ――ただし、日本では電気の周波数が50Hzの地域と60Hzの地域が存在し、今回の地震で被害を受けた関東・東北地方は50Hzのエリアに所属します。そして60Hzの電気を50Hzに変換する設備の能力には限界があるため、残念ながら西日本の方々に電力を節約していただくことには意味がありません(「西日本」:静岡・山梨・長野・新潟の一部と、それより西の地域。具体的な地図は【こちら】。また、ご家庭のブレイカーにも周波数が書いてあります)。他の形で我々を支援してくださるようお願いします。

 さて、停電中に気を付けなければならない具体的な事としては、「人工呼吸器」などの医療機器を使っており、直接的に停電が命に関わる場合は、必ず専門家へと報告して発電機を借りるようにしてください。そして、それ以外の情報に関しては・・・申し訳無いのですが、今回のような停電は日本でも初めてであり、ほとんど有用な情報ソースが見当たらず、僕から提供できる情報は有りません。ニュースなどの公共情報から目を離さず、そして適切な対応を取るようにしてください。
 また、節電に関しては、不必要な電気機器の使用を控えてくださることが一番ですが、更に具体的な節約方法に関してましては【こちらの案内】が非常に参考となります。電力の消費量を抑えるため、停電区域に限らず東日本全体で電気を節約する必要があります。
 ちなみに、家庭でのエネルギー消費量の割合は暖房が25%・給湯が30%などとなっています(参考:【資源エネルギー庁の資料】。ただし、この値は電気以外にガスなど他のエネルギー源も含んだものとなっています)。そのため、服を着込んで暖房の使用を停止し、また風呂水などの給湯設備の使用を最低限に抑えることで、かなりの電力が節約できます。
 ・・・しかしながら、過剰な節電によって体調を崩したり、復興活動に支障を来してしまっては元も個も無いので、あくまでも「可能な限りでの協力」をお願いします。


 冒頭でも申し上げましたが、今回の「東北関東大震災」は、もはや被災地である関東・東北だけの問題ではありません。これは既に、国家全体の問題となっています。僕はもちろん、読者の皆さんの大半が産まれて初めて体験すると思われる、戦後最大レベルの国難なのです。
 電力に限った話でも、被災地の東北地方には可能な限り素早く電気を提供する必要が有りますし、また関東地方でも千葉・茨城の一部は大きな被害を受けており、更にそれらの地域が停電の範囲に入っていることさえありますが、千葉・茨城の被災地もまた他の地方より優先して電力を受け取る権利があると考えます。「千葉・茨城には電気を提供しろ!」と苦情を言うことは必要ですが、そもそも問題は電気の絶対量が足りないことなのです。ですので、まずは節電を行い、そのうえで優先的な電力の供給を呼びかけなければ意味があません。そのためには、被害の軽微だった地方の人たちが電気を節約するのが一番なのです。
 ――ですので、当サイトを読んでいる方々にも、ぜひ協力をお願いしたい。我々は、同じ国に住み、お互いを理解し合える日本人です。だから、苦しい時には助け合おうではないですか。そして「節電」は、誰にでも実施できる"支援"なのです。共に戦いましょう。そして、いつの日か必ず、「明るい日本」を取り戻しましょう\(^o^)/
 (※3月14日追記:最終段落2行目「節電が具体的にどのような支援となるか」という旨の内容を追加しました)


登録タグ/ 東日本大震災 電力危機

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

2011年3月14日(月)
銭湯開始っ!
 
自衛隊△


 今回の地震では、自衛隊がなんと10万人態勢での復興支援を行うそうだ。日本における自衛官の総人数は20万人強なので、今回の10万人とはその半数にも匹敵する量である。災害規模を考えれば納得であるが・・・この混乱に乗じて、他国が軍事行動を起こしたりしないかという心配も、無いこともないと言えるのだ。
 ・・・まあ、さすがに大丈夫・・・だよね? 確かに、日本の近くには極悪性・国家規模で世界最狂を誇る二国が存在するけど、さすがに今の日本に軍事攻撃を行うというのは、同じ人間として有り得ない・・・よな?? 少なくとも、こういう状況下においては、諸国民の公正と信義を信頼したいものである。

 ところで、皆さまの中には(;・∀・)「どうして軍隊が被災地の復興支援をするの?」と思っている方も多いだろう。確かに、軍隊の仕事と言えば「戦争」「戦争の予防」であり、決して災害対策が専門というわけではない。それならば、警察・消防・ボランティアといった非軍事勢力に復興支援を任せた方が良いと思うかもしれない。
 ・・・しかしながら、軍隊が最も優れた点としては、あらゆる場面で組織として活躍できるということがある。例えば「警察・消防」は道路などのインフラが寸断されていると能力を十分に発揮できないし、「ボランティア」に関しては、自らの就寝場所や食事を確保できない場合、お荷物になってしまうことすら存在する。それに対して「軍隊」ならば、安全と食事を自分たちの手で確保でき、独立した指示系統を用いて「輸送」「補給」「情報提供」「医療」などの効率的な支援を行うことができる。つまり、少なくとも現段階の日本において、自衛隊以上に被災地の復興支援に向いている大規模な組織というものは存在しないのである。
 ――ちなみに、海外でも軍隊が災害・戦争後の復興支援を行う場合があるが、これは上記の自己完結性に加えて、更に「治安維持」を行うことができるという点が大きい。海外では補給トラックが民兵に襲撃されて物資が略奪されるなどということがザラなので、自らの安全を確保できる軍隊にしか支援活動が行えないのである。まあ日本は、海外に比べて遙かに治安が良く、また補給物資の信頼性も極めて高いため、他国ほどに犯罪行為を心配する必要は無いのだが・・・。

 そういうことを考えると、我々が被災地に対して支援しようと思っても、決して生半可な気持ちでボランティアなどに行ってはいけないと断言できる。継続した補給が行えなければ安定した支援は難しいし、下手に突入して災害にでも巻き込まれてしまえば、その時は完全な"邪魔者"となってしまうのだ。
 また、「支援物資の提供」もよく考えた方が良い。例えば、「食料」や「衣服」でもタイミングと量が適当でなければ意味が無いし、そもそも個人レベルでは提供できる総量もたかが知れており、逆に仕分ける手間が増えるばかりとなってしまう。そしてこういう混乱に乗じて「我々の気持ちを伝えるために"折り鶴"を送ろう!」などという団体も現われるが・・・仮に、自分が今回の地震の被災者だとして、少なくとも現段階で"折り鶴"が送られてきたらどのように感じるだろうか・・・?
 ・・・というわけで、我々が個人単位で行える支援としては、やはり「募金」が一番なのである。お金ならば1円単位から無駄なく活用できるし、専門家の見地から被災地で本当に必要とされているものを購入・提供することができる。もし「自己満足」ではなく、被災者のことを本当に考えるのであれば、「募金」が最良の支援となるのだ。

 そういうわけで俺は、しばらく1日100円を寄付することにしたのである。俺は資金力に余裕のある大学生というわけでは無いため、一度に大きな額を寄付することは難しい。しかし、1日100円程度ならば少し節約をすれば簡単に捻出できるし、額が少ないだけに、継続して行うことも不可能ではないだろう。
 ・・・だから皆さまにも、もし被災地への支援に賛同していただけるのであれば、1円でも良いので「募金」を行って欲しいと思うのだ。一人では小さな額であったとしても、大勢が賛同して募金を行えば、その支援金額は掛け算的に増していく。そしてそれが、被災地の復興へと役立ってくれるのである。
 ――ただし、こんな状況であっても、支援をかた ってお金を騙し取るひとでなしが居るため、募金の際には必ず信頼できる団体を選びたいものである。真っ当な活動をしている皆さまには申し訳無いのだが・・・駅前などで個人が行っている募金は信用することが難しいため、まずはコンビニの募金箱へと足を運んでみよう。


 さてさて。
 ここ数日は、3月11日に発生した「東北関東大震災」について可能な範囲での情報を提供してきましたが、当ページは災害情報サイトではないため、そろそろ平常通りの「FFプレイ日誌」「管理人の日記」の更新へと戻ろうと思います。ただしそれは、あくまでも被災地への援助が必要無くなったという意味ではなく、節電や募金による復興支援はこれから先も重要となることでしょう。僕も、「節電」と「1日100円の募金」を、できる限り続けていこうと思っています。
 また、やり込みプレイ日誌を書くために、PS3を起動することもあるでしょうが・・・その際には電力使用のピークである夜6時〜9時を避けると共に、さらにどの地域でも停電が起こっていない時間に限ってゲーム機を使用するということにしたいと思います。
 ――では、これからも「やり込みinFF」と、管理人の僕こと「つる」をよろしくお願いします\(^o^)/

* * * * *

ネタかと思ったらマジで有った


 さて、昨日の日記も書いた通り、俺は節電へと協力するために給湯器の電源を落としてしまった。それはつまり、俺は風呂に入ることができないということを意味している。まあ自宅の治安維持活動には何の問題も無いと言うところであるが、さすがの俺もまだまだ本業の警備員並のレベルには達することができていない。・・・マジレスをすると、1〜2日くらいなら風呂抜きでも何とかなるが、それ以上となると全身が痒くなって仕方が無いのだ。
 ・・・ということで俺は、「銭湯」を使うことにしたのである。どうせお湯が沸いているのならば入らなければ損ということもあるし、そもそも銭湯は大規模なシステムで運用しているため、単体の家で風呂を沸かすよりもエネルギー消費を抑えることができるのだ。まあ「銭湯代をケチってそのお金を募金に回す」という手も無いことはないが・・・その辺は難しいところであるし、今回は不問ということにしよう。とりあえず今は節電だ。そしてそれには銭湯だ!

 そんなわけで、俺は「銭湯開始」などと言い残して、身近な巣鴨の銭湯へと足を踏み入れたのである。巣鴨と言えば"GちゃんBARちゃんの原宿"として知られており、銭湯に突入をするとおGちゃんとおBARちゃんに囲まれるのではないかと思っていたが、よく考えるとBARちゃんに囲まれるのは無いよな・・・。
 まず服を脱ぎます。そしておもむろに体重を量ってみたら68kgと、180cmの身長にしてはまあ標準と言える重さであった。その後、ついに浴望に溢れた身を風呂場へと晒すと・・・なんとそこには、父親と一緒に来ていた全裸の幼女が居たのである。が、それはさすがに犯罪なので、即座に俺は目を逸らした。
 ――ちなみに、俺が行った銭湯は庶民向けの店であったため、それほど多数の設備が有ると言うわけではなかったが、それでも水風呂やジャグジー風呂を楽しむことができた。いつも"ぬるま湯"のシャワーばかりを浴びている俺にとっては、まったく胸が熱くなる話だったのだ(*^o^)

 というわけでこれからは、資金面が少々痛いため毎日というわけにはいきませんが、数日に1回くらいのペースで銭湯行為を続けて行こうと思う俺なのでした。
 ――では本日は、お風呂ネタということで、ネットで見付けた温泉に関するエピソードを掲載して、日記を締めたいと思います。


温泉だけに"天然"ってか




登録タグ/ 東日本大震災 自衛隊 ほのぼの日記 Yahoo!知恵袋

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

2011年3月15日(火)・臨時更新
 
冗談じゃなくてマジでやばい


 本日の朝に起きて、福島第一原発で400ミリシーベルトの放射線量が確認されたと聞いたときには、僕は自分の耳を疑ってしまいました。
 ・・・というのも、今までは「マイクロ」の単位で1000だの2000だのと話していましたが、そんなものはミリの単位に直せば12に過ぎず、短期間で直接的に人体へと影響を及ぼすレベルではありませんでした。ところが400ミリシーベルトと言うと、今までの数百倍であり、短時間でも人体へと悪影響を及ぼす可能性が出てきています。
 ――そういうわけで、15日12時現在で避難が指示されている20km範囲の方々は、必ず退避を行ってください。また、20〜30km範囲内に住んでいる人は、屋内に退避して放射性物質を避けてください。それ以上の範囲に関しましても、専門家によって退避・避難が指示された場合は、必ずその指示に従うようにしてください。

 ところで、この「シーベルト」という単位に関して若干の誤解をされている方が多いと思うので、その点について僕から補足をしておきます。まず、この「シーベルト」とは、3日前の日記でも書いた通り"人体が放射線によって受けるダメージ"を表わす単位なのですが、実はこれ「時間あたりの放射線量」(特に指定が無ければ1時間ぶん)を表わす場合と「受けた放射線の総量」を表わす場合があります。「キロメートル」が、"速度"と"移動距離"の両方を表わす場合があるのと同じです。
 ・・・そして、その「時間あたりの放射線量」(Sv/h)を掛け合わせると「受けた放射線の総量」(Sv)となるのです。そして、それに対して人間が受ける健康被害としては、主に以下のような指針が知られています。

放射線総量
単位:ミリシーベルト(mSv)
説明 対処法

1

一般的な日本人が
「1年間で」受ける量
どうでもいいです

10

-

今の東京の1μSv/h前後が
「1年間続けば」この辺になります
50 原子力・放射線の関係者が
「1年間で」受けて良い量
今の東海村の5.77μSv/hが
「1年間続けば」この辺になります

↑ここまでのデーターは「1年間」の値です
↓ここからのデーターは「短期間」の値です

100

原子力・放射線の関係者が
「1回の緊急作業で」受けて良い量
ヤバい!
500
↑イマココ!
白血球・リンパ球などの減少 病院に行ってください

1000

悪心・嘔吐など急性放射線障害 「ただちに」病院に行ってください

5000

50%の人が死亡  

8000

100%の人が死亡  

(単位換算:「1時間あたりの値」を「1年間の総量」に直す場合は、その数字に8760を掛けてください。
また、「1000μSv=1mSv」「1000mSv=1Sv」となります。
なお、簡単に計算する場合は、「1時間あたりのμSv」に10を掛けると「1年間あたりのmSv」に変換できます)

◆16日深夜 追記◆
現在での関東地方の放射線量は、いずれの地域でも上に書いた値より下がっているそうです。

 ・・・というわけで。今の1時間あたり400ミリシーベルトという値は冗談じゃなく危険なのです。ついに「短期間では人体に影響を及ぼさない」とは断言できないレベルとなってしまいました。発電所の作業員も多くが退避し、冷却作業に従事する50人のみが残っているそうですが、もはや彼らの安全を祈るしか有りません。
 ――しかし、ここで僕が強調したいのは、放射性物質と放射線量は中心地から距離が離れるにつれ激減するため、少なくとも12時現在においては政府発表の通りに30km以上離れていれば即座に健康被害を及ぼすレベルではないということです。こういう時はパニックを起こしてしまうのが何よりも危険です。専門家の指示に従い、落ち着いて退避・避難を行い、そして安全を確保しましょう。僕は、そのことを重ね重ね申し上げておきたいと思います。

登録タグ/ 東日本大震災 原子力発電所 防災

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

2011年3月16日(水)
どういうわけかスクエニ版の遊戯王が制作されることになった
 
いい最終回だった


 しばらく堅苦しい話が続いたので、ここらでちょっと息抜きをして、僕の好きなアニメ「遊戯王5D's」の話でもしてみたいと思います。
 ・・・アニメ「5D's」では、先週3月9日の放送分をもって、ついに2年近くに及んだ「WRGP編」(65話-151話)が終了した。やれ、最初のオープニングで(;^o^)「ドーマ編・・・?」などと思わせた「イリアステルの三皇帝」が、まさか"あんなこと"や"こんなこと"になってしまうとは・・・。また、一時期は本気で忘れかけていた「謎のD・ホイーラー」の正体が、まさかアイツだったとは・・・いやー、俺ぜんっぜん気付かなかったわー。ぜんっぜん分かんなかったなー(;^o^)

 ところで、今回のWRGP編のラスボス「Z-ONE」戦では、ついに遊戯王で「生命の樹」をモチーフとしたモンスターが登場してしまったのだ。やれ、アニメで「生命の樹」と言うと、どうしても新世紀エ○○○○○○○を連想してしまうが、それが遊戯王の地にもやってきたということである。
 ・・・「生命の樹セフィロト」とは、聖書の中において楽園エデンに登場する聖樹であり、世界の真実を表わす10の光球セフィラによって構成されている。そしてそれらの要素には、それぞれ「守護天使」と言われる天使が付随しているのだ。そして更に、「生命の樹」には隠された11番目のセフィラも存在するという。
 ――とまあ、何とも恐ろしいまでの厨二病である。しかし、日本のアニメ・ゲームなどでは、このような設定が太古の昔から親しまれてきたのだ。つまるところを言うと、確かに聖書は厨二病であるが、そもそも日本人は全員厨二病ということに他ならないのである。

 さて、遊戯王5D'sでの「生命の樹」は、そのセフィラを守る10体の天使が「時械神」というモンスターとなって登場した。「時械神」はその全てがLv10のモンスターであり、あらゆる戦闘・効果による破壊とダメージを無効にし、さらに「フィールド上のカードを全てデッキに戻す」などの非常に強力なコントロール能力を発揮する。現に、実際のカードゲームにてカード化されたのは、最弱とされる「時械神メタイオン」と、効果を大幅に変更しての「究極時械神セフィロン」だけであったのだ。
 ・・・また、その外見は、羽と輪っかの付いた"いわゆる天使"というイメージではなく、むき出しの鎧に人間の顔が映し出されるという、なんともまがまがしい姿をしている。「悪魔」「巨人」「龍」などとスタンダートタイプな魔物を数多く輩出してきた遊戯王にとっては、かなり異色のボスモンスターだと言えよう。
 ――そして俺が何よりも驚いたのは、「ワシの時械神は10まで有るぞ」(大意)という言葉を最初に聞いた時には( ^o^)「またまた〜。レベル10のモンスターを10体も召喚できるわけ無いっしょ?」などと思っていたのに、ホントに10体が出てきてしまったことである。さすが遊戯王は予想を裏切ってくれるぜ・・・。
















顔アップじゃないのは空気読んだ
「時械神ザフィオン」
理解ビナー・至高の母
★10・水属性・天使族 ATK/0 DEF/0

このカードが戦闘を行った場合、
 相手フィールド上の魔法・罠カードを
 全てデッキに戻しシャッフルする。
このカードがフィールド上から離れた時、
  このカードのコントローラーは
  手札が5枚になるようカードをドローする。



きめええええええええええええええええええええええええん
「時械神メタイオン」
王冠ケテル・王の横顔
★10・炎属性・天使族 ATK/0 DEF/0

このカードが戦闘を行った場合、
  バトルフェイズ終了時に相手フィールド上の
  モンスターを全て手札に戻し、
  戻した数*300ポイントのダメージを与える。















「5D's」屈指の名シーンです
「時械神ラツィオン」
知恵コクマー・至高の父
★10・炎属性・天使族 ATK/0 DEF/0

このカードが戦闘を行った場合、
 相手フィールド上のモンスターと墓地のカードを
  全てデッキに戻しシャッフルする。
相手がドローフェイズにカードをドローした場合、
  1000ポイントのダメージを与える。



メタイオン「」
「時械神カミオン」
峻厳ゲブラー・天空の医者
★10・地属性・天使族 ATK/0 DEF/0


このカードが戦闘を行った場合、
  相手フィールド上のモンスターを
  全てデッキに戻し、
  戻した枚数*500ポイントのダメージを与える。




トェェェェェェェェェェェェェェェェェェイ
「時械神ラフィオン」
栄光ホド・霊
★10・水属性・天使族 ATK/0 DEF/0

このカードが戦闘を行った場合、
  戦闘を行った相手モンスターを手札に戻し
  その攻撃力分のダメージを与える。















これもギリギリでOCG化できるか?
「時械神ミチオン」
ティファレト・調和
★10・水属性・天使族 ATK/0 DEF/0

このカードが戦闘を行った場合、
  相手のライフポイントを半分にする。








あの「○ーノカッター」で倒せるやつか!!
「時械神ガブリオン」
基礎イェソド・星気
★10・水属性・天使族 ATK/0 DEF/0

このカードが戦闘を行った場合、
  相手フィールド上のカードを
  全てデッキに戻しシャッフルする。







当デュエルは誰でもウェルカム(JPGry
「時械神サンダイオン」
王国マルクト・世界
★10・光属性・天使族 ATK/4000 DEF/4000

このカードが戦闘を行った場合、
  相手プレイヤーに
  4000ポイントのダメージを与える。



こいつに5枚ドローを分けてやれよJH・・・
「時械神サディオン」
慈悲ケセド ・王座に座す者
★10・風属性・天使族 ATK/0 DEF/0


このカードが戦闘を行った時、
  自分のライフポイントが4000未満の場合
  ライフポイントを4000にする。




 ̄\/(゚∀゚)\/ ̄
「時械神ハイロン」
勝利ネツァク・愛
★10・水属性・天使族 ATK/0 DEF/0

このカードが戦闘を行った場合、
  自分と相手のライフポイントの差のぶんだけ
  相手プレイヤーにダメージを与える。


 ところで、元ネタになった「生命の樹」には、上記の10要素の他にも、知識ダアトをつかさどる隠されたセフィラが存在するという。さらに、その11番目の「ダアト」には守護天使が付いていないため、他のセフィラと比べてかなり異質な存在であると言える。
 ・・・というわけで、「ダアト」をどのように解釈するかということは、その設定を利用するアニメ・ゲームの制作者それぞれに任されているのである。例えば遊戯王では、他の10体の時械神を全て召喚した後にだけ特殊召喚できる「究極時械神セフィロン」というものが、11番目の"ダアト"を担当していたのだ。
 ――では、他の解釈から「ダアト」を担当する時械神を作ってみると、果たしてどうなるのだろうか? そういうわけで今回は、みんな大好き・国内RPG最大手のスクウェア・エニックス的な考え方で、11体目の「時械神」を作ってみたのである・・・!


20xx年 どういうわけかスクエニ版の時械神が開発される事になった


A「えーと。いまさら説明するまでもないと思いますが、時械神の簡単なストーリーをお話します。
 えー、『時械神』は"生命の樹"に宿る10体の天使をモチーフとした・・・」
野村「うーん。Aちゃんさあ。時械神じゃ余りに平凡じゃない?」
A「はい?」
野村「ジ・ゴッドネス・オヴ・タイムキープァーでどう?」
鳥山「ですね」
野村「それと生命の樹だけど、僕の解釈だとあれは"樹"じゃないんだよね」
A「は?」
野村「あれは『セフィロト』なんだよね。塩酸・シメジ・ヒラメ・出目金」
鳥山「『田代』ね」
野村「それと僕の解釈では、あれは天使じゃなくて『罪の子供ら』って呼びたいな。それとね……」


1時間後

A「・・・『ゴッドネス・オヴ・タイムキープァー スクエニン』 ★1・鳥獣チョコポ・一部上場 KAKAK/\500 (94%OFF)
  このカードは通常召喚・特殊召喚できない。
  1ターンに1度、相手プレイヤーのサイフポイントに\8190(税込)のダメージを与えることができる・・・・・・」




登録タグ/ 遊戯王5D's 塩酸 シメジ ヒラメ デメキン 田代

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

2011年3月17日(木)
 
「戦争論3」にも関連した話がありましたね


 現在のテレビでは、昼夜を問わず地震に関する報道が為されているが、それについてネットでは「報道各社のマナーが欠けている」との批判が大きい。例えば、津波に飲まれて孤立している人々を写すカメラに対して「どうして救助を行わないんだ」と批判したり、救難物資を求めている人々の映像を見て「撮影をしている労力があったら物資を届けろ」と非難する等々。そこでは報道機関を表わすマスコミという言葉をもじって、"マスゴミ"なる蔑称まで使われている始末だ。
 ・・・しかしながら俺は、報道各社には「本質」を伝える義務があると思うのだ。もちろんこれは場合に依るであろうし、被災者を"見せ物"にして視聴率を取ろうとする番組があるのであれば、当然それは批判されて然るべきである。しかし俺は、「撮影するのなら救援しろ」という批判は、まったくもって筋違いだと考えるのだ。
 ――ただし、これはあくまで俺の視点からの解釈であり、"絶対的に正しい意見"というわけでは決して無い。そして、今回の震災に限ってみても、マスコミ各社の報道姿勢というものは本当にバラバラである。そのため、何を批判して何を批判しないかという判断は、最終的には読者の皆さまの手にお任せしたいと思う。

 さて、上で「報道各社には本質を伝える義務がある」と書いたが、それは一体どういう意味であろうか。ここで、上に掲載した最初の画像を見ていただきたい。
 ・・・飢餓によって骨と皮だけになった子供。その後ろで、ハゲワシが今か今かと待ち構えている。この写真は1993年の「ニューヨーク・タイムズ」に掲載され、1994年のピュリッツァー賞(米国で報道分野に与えられる最も権威ある賞)を受賞した。写真の舞台となったのはアフリカのスーダンであり、カメラマンはこの写真を撮影した後にハゲワシを追い払ったが、その後に写真の"少女"が助かったかどうかは不明であるという。これは私見であるが、恐らくもう生きてはいないだろう・・・(より詳しい話は【こちら】をどうぞ)
 ――そしてこの写真を撮ったカメラマンには、果たして数多くの批判が寄せられたのである。「どうして少女を助けなかったのだ」「報道よりも大切なことがあるのではないか」と。そしてカメラマンは、それらのバッシングに耐えられず、ついには自殺するまでに至ってしまったということだ。

 それらの「報道よりも目の前の人命を助けるべきだ」という意見は、ある面では正しいかもしれない。しかし、それは果たして"本質的な解決"になるのだろうか?
 ・・・というのも、例えば上記の写真を撮影せずに、「カメラマンが飢餓の少女を助けた」としよう。それはそれで良い事である。しかしながら、アフリカの各地にはこのような貧困で死んでいく子供たちが数多く存在する。その中で、目先の命だけを助けるのは、本当に正しい姿勢だと言えるのだろうか? 少なくとも、"報道陣"として??
 ――上記の、目を逸らしたくなるような写真には、決して見逃してはいけない真実が写されている。それは、「この写真のようにアフリカでは飢餓で死んでいく子供が数多く存在する」ということである。だから、もしその"本質"を見抜くことができる人間ならば、このような惨状を目の当たりにして、そしてどうすればアフリカの貧困問題を解決できるかと考えなければならない。逆に、「目の前の命を助けろ」などと批判するだけの人間は、まったく上っ面だけの、文字通りの"偽善者"なのである。

 同じような話は、日本でも存在する。例えば、2009年9月23日に放映された「ニュースJAPAN」(フジテレビ)では、「捨て犬の殺処分」に関するドキュメントが放映された。【その映像】(※視聴注意)の中には、金属製の容器の中に大量の犬が詰め込まれ、けたたましい鳴き声を上げながら絶命していく様子が克明に写されていたのである。
 ・・・これを見て、「どうして殺処分される犬を助けなかったのか」「犬の命を"報道の見せ物"にするのか」などという批判は、もちろん有り得るだろう。だが、そもそも年間31万頭もの犬・猫が殺処分されてしまう理由は、我々人間が無責任な飼い方をしてしまったからではないのか? そのような本質を抜きにして、ただ目先の殺処分だけを非難することが、本当に許されるのだろうか??

 ――というわけで、「報道」という分野には、本質を伝える"権利"があり、そして"義務"が存在するのである。
 だからこそ、もちろんマスコミ各社には倫理観ある報道を求めるのであるが、我々視聴者こそが映像の向こう側にある「本質」を見抜かなければならないのだ。それは時に、批判的な目線となることもあるかもしれない。しかし、そういった行間を読む力を通して初めて、この世界の真実が見えてくるのである。
 我々は、賢くならなければならない。そして"勉強"というものは、いつどのような環境でも行うことができるのだ。


登録タグ/ 社会一般

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

2011年3月18日(金)
I"ce
 
牛乳って大切ですね


 今日は朝からイライラしていた。原発事故の情報開示をしない政府・東京電力に、延々と杓子定規の意見ばかりが続くインターネットのまとめブログ、「リツイート」などといって他人の意見をごり押しされる某WEBサービス等々・・・。他にも、花粉症で鼻水が出て眠ることもできず、スーパーに行ってもロクに食料が売っていない。節電のために暖房と給湯器を切っているため、部屋を暖めることも風呂に入ることもできない。そして待ち望んでいたイベントも、地震と停電の影響で次々と中止になってしまう。
 ――いい加減にしろっ! 東京は被災地じゃないんだろ。それがどうして、ここまで生活が不便になるんだっ!! もはやテレビ・ネットのニュースは不愉快な話を無限に繰り返すだけとなり、街では自分が使う物資さえ満足に購入することができない。そして凍えるような寒さに花粉が舞う。ありとあらゆる行事が中止され、会いたい人に会うこともできなくなってしまった。ふざけるな! 地震ごときに、俺たちの生活を弄ばれてたまるかっ!!

 ・・・と。ここまで考えて、俺はどうして自分がこんなにイライラしているのかと思ってしまったのである。確かに今までの生活でも不愉快に思う事はあったが、ここまで身の回りの全てにストレスを感じるということは無かったはず。それほどまでに不快感を感じているのは、いったい何故なのだろうか?
 もし、何か理由があるとすれば、それはひょっとしたらカルシウム不足かもしれない。というのも、この1週間で物流が混乱し、俺は全く牛乳を買うことができなかった。そして一般に、カルシウムが不足するとイライラしやすくなることが知られている。何とまあ冷静に考えると嘘くさい話であるが、こうなってしまったら藁にもすがりたい思いだ。ということで、朝早くから付近のコンビニを周り、そして何とか牛乳を買ってくることができたのである。
 ――そして、以前までのようにコーヒーカップ1杯ぶんの牛乳を温めた後、インスタントコーヒーの粉を溶き、ゆっくりと飲んでみたのである。・・・何ともまあ、温かさと香りが合わさり、心の底から落ち着くことのできる味であった。なるほど確かに、「牛乳を飲むとイライラが解消される」というのは本当なのかもしれない。

 そんな感じで、これからも節電・節約は続けていこうと思うが、今回の「牛乳」の件を通して、やはり無理は良くないと思った俺なのであった。
 ・・・とりあえず、風呂の給湯は必要に応じて短時間だけ使うということにして、その他の生活に必要なものも少しずつ解禁していくことにしよう。確かに節制は重要であるが、そのことばかりを考えて、自分が情緒不安定になってしまっては何の意味も無い。いつも通りの生活を、早く取り戻さなければ。

* * * * *

※特殊な訓練を受けています


 マ○クでは、「氷抜きで」と言ってドリンクを注文すると、若干だが飲み物の量が増えるという。これは、基本的に飲み物は"高さ"で量を決めているため、氷が無ければその分だけ飲み物の量を増やしてくれるのである。実際にやってみると、確かに少しだけ量が増えた・・・ような気がした。
 ちなみに、似たようなテクニックとしては、ポテトを「塩抜きで」と言って注文すると必ず揚げ立てが食べられるというものもある。その理由は、基本的にポテトは油から上げた時点ですぐに塩を掛けてしまうため、「塩抜き」にするためには揚げるところからやり直さなければならないからである。ただし、これを繁盛時に行うととても嫌な顔をされるという噂があるため、できれば暇そうな時間に頼むようにしよう。そもそも繁盛時は普通に注文しても揚げ立てが出るし・・・。
 ――ちなみに、そんな「氷抜きで」であるが、基本的にはドリンク類は"氷で冷やして飲む"ということが前提とされているため、当然ながら氷を抜いてしまうと風味が落ちてしまう可能性が存在する。また、氷を抜いた場合は最後に残った氷をガリガリ食べるという極めて下品な楽しみ方ができなくなるため、その手の愛好家の方も「氷抜き」はやめておいたほうが良い。正直、アレがドリンクを買ったときの一番の楽しみのような気もするが・・・(;^o^)

 ところで、ドリンクと言えば、アメリカのマ○ドナルドでかつて話題を醸し出したスーパーサイズのドリンクは、"バケツのよう"と呼ばれるほどに量が多いという。そこで、ネットで検索してその容量を調べてみると・・・驚くこと無かれ。なんと1060mlである。またまたご冗談を、どうせまた単位を間違えたんだろ? ・・・と思ったが、いくら何でも1060リットル(約1t)は無いだろう。しかし、1060mlと言えば、日本版Lサイズのたったの2倍である。確かに多いと言えば多いが、○ックの食べ物は猛烈に喉が渇くから、別に1リットルくらい有っても良い気がするけどなあ・・・。
 ――ということで、アメリカ人がデブなのは、別にマッ○の量に問題が有るわけではなさそうだ。あいつらは「※ただちに健康に害の出るレベルでは有りません」とか言って連日連夜スーパーサイズを食ってるからなあ。そりゃ太るって。あと、これは重要なことだから何度でも言っとくけど、ポテトは野菜じゃないからな??

 ちなみに、上でも少しだけ触れたが、日本版○ックのドリンクの量は、Mサイズが約400mLサイズが約500mlと言われている。これはコップ2杯ほどの量であり、人によって違いは有るだろうが普通は足りないと思われる。というわけで、その分を「氷抜き」で補うというのは、実は実戦的なテクニックだったのかもしれない。
 ・・・しかしながら、「氷あり」で頼んでドリンクを飲んだ後に氷をガリガリするというのも、やはりドリンクを注文するうえでの大きな楽しみである。となると、我々はどうやって「ドリンク」を注文すれば良いのだろうか? その点について、本日は「氷好き度レベル」という指標を作り、検証してみることにしたのである・・・!



氷好き度Lv0 (節約したい大学生はこの辺)

   ∩_∩
  / \ /\
 |  (^)=(^) |    人人人人人人人人人人
 |  ●_●  |   < ドリンクはコーラで   >
/ //   ///ヽ  氷抜きでお願いします >
| 〃 ------ ヾ |   YYYYYYYYYYYYYYYY
\__二__ノ




氷好き度Lv1 (リア充はこの辺)


   / ̄ ̄ ヽ,
  /        ',
 .l  {0} /¨`ヽ}0},   < ドリンクはコーラでお願いします♪
 .l     ヽ._.ノ  ',              ※氷は普段通り
 リ    `ー'   ヽ
(            )
 |           |
 |           |




氷好き度Lv16777216 (マニアはこの辺)


     /::::::{            ヽ
    f::::/             丶
   /::/  「レ フ              ヽ
   !<  ノ::::「              j
   }:::::{  |:::::::〉 _     _ 二 __r'´:{
   ヽ:::}  !:::厶-一-、_/::::::r=ラ:::r-、:::_ヽ
   L::ヽ-'::(>:,rzテ:::::「 ̄レir-一、| {::/ }
    }:::くi:::::r-'´ ̄ l::|          レ  /
    {::::::::::::ヽ  r'´<iL_/ニヽ、    }
     ヽ:::::::::::し':::::,. -‐一'  `>>  ,′
     丶::::::r┐::└ '´三テ二 '    j     コーラ 氷のみ
       ヽ::ヽレヘ:::::::::く ̄     く_
          >::丶」:::::::::ト'         `ヽ、
       /::::::r、<l::::::::|     /しi     `ー ─ ‐--  、_
     _,. '´::ト、::l \::::::ヽ  /::∠_              `ヽ、
 _,. '´::::_:/  l::l  >:::::`ー':::::::::::::|                \
 :::/ ̄      l::l  !_,.イ::::::::{  ̄            _
 ´           l::l     |::::::::::l        __ /r-┘
            V       !:::::i::::!   ,. イ /7 「 七 | {
                    |:::::|、」  | レ 〈  .| 「.  \ 二7
                 |::::|   ! .ト、_ゝ └'




登録タグ/ 東日本大震災 牛乳 マ○ドナルド

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

2011年3月19日(土)
リビアやばい
 
プロテスまで覚えるとかサッズ△はやっぱイケメンだわ・・・


 子供の頃、俺は友人たちと( ^o^)「タッチ!バーリア♪」などと言って遊んだ記憶がある。これは一種の"鬼ごっこ"のようなものであり、相手に触って「タッチ」と宣言することで"鬼"が入れ替わるのである。また、"バリア"と宣言している相手に対しては、タッチを行っても無効になるというルールが取り決められている。
 なお、俺の地方では、"バリア"を無効化できる「スーパータッチ」や、"スーパータッチ"を無効化できる「スーパーバリア」、更に"スーパーバリア"を貫通する「ミラクルスーパータッチ」などが存在した。他の形容詞としては、「ハイパー」「ウルトラ」「マスター」等々・・・何だよ、ただの小二病じゃねぇか。
 ――しかし最近になって俺は、近所のスーパーで子供たちが「バーリア♪」「スーパータッチ!」などと遊んでいるのを見て、どうやらこのゲームは世代を問わず日本全国に伝わっている由緒正しき競技だと確信したのである。やれ、「バリア」を貫通する「スーパータッチ」が有るのならば、通常の「タッチ」には何のメリットも無いというところであるが・・・そういう理不尽な経験を通して、子供たちは"均整の取れたルール"というものを学んでいくのだろう。たぶん。

 ちなみに現在の俺であるが・・・これは言わなくてもみんな分かると思うが、別に「バリア」などと宣言しなくても誰も俺には触らない。というか、そもそも身近に人が居ない。まあ、仮に居たとしても、こういう理不尽なクソゲーを今さら遊ぶ理由など何一つ存在しないだろう。
 ――しかしまあ、こういうものを見ていると、世間で「何が面白いのか分からない」などと言われている物が流行する理由も、少しは分かる気がするのだ。子供たちにとって重要なのは、別に"均整の取れたゲーム性"などではない。大切なのは、少しくらい理不尽であったとしても、"仲間と共に盛り上がれること"なのである。

* * * * *

リビア人はイッちゃってるよ、あいつら過去に生きてんな(JPGry


 しばらく地震関連のニュースで忘れ去られていたが、いまリビアがヤバい。やれ、先月には( ^o^)「エジプトの激しい反政府デモで死傷者も出ているんだって」などという日記を書いたもの【2011/2/3】であったが・・・今回のリビアの争乱はそれとは比べてものにならないほどヤバいのだ。
 まず、基本事項を確認しよう。「リビア」とは、地理的にはちょうどエジプトの隣に位置する北アフリカの国であり、"カダフィ大佐"による独裁的な政治が続いている。そして今回デモが起こった理由は、恐らくは先月のエジプトのデモが事実上は成功したという結果を受けて、リビアでも民主的な政権を求める機運が高まったからであろう。
 ――しかし。それに対して"カダフィ大佐"は、デモ隊を激しい武力で弾圧した。いや、「弾圧」という言葉はもはや正確ではなく、正しく言い表すとすればそれは虐殺である。政府側は武装ヘリや戦闘機で機銃掃射を行い、反政府デモ勢力のうち数百人を殺害したという。・・・正直言って、俺は同じ国の人々に対して虐殺を行うなど有り得ないと思うし、何よりも2011年になってこんな国が存在するということ自体が信じられないのである。そりゃあ歴史をひも解けば、「虐殺」などはいつの時代でも有り触れているものだ。しかしながら、インターネットが普及して既存の価値観が変わり果てた現在になって、今なお政府に反対する自国民を数百人単位で殺害するなどということが、本当に有り得るのか? ・・・少なくとも、日本人の俺にとっては、そんなことは想像もできないのだ。

 今回のリビアの動乱には世界中の国が強い懸念を示しており、特にフランスなどはいち早く「リビアを空爆する」と表明したという。・・・余談だが、俺はこのニュースを耳にしたとき、本当に羨ましいと思ったものであった。仮に、フランスが実際には空爆を行わないとしても、「空爆をするぞ」と警告を行うだけで、そこには極めて強い抑止力が存在している。逆に、およそ軍事的プレゼンスの無い日本が「空爆するぞ」などと脅したところで、そこにはどれほどの抑止力が存在するだろうか・・・??
 そして、今回のリビアの件では、上で挙げたフランスだけでなく、国連も軍事介入を検討しているという。基本的に国内の問題は国内で解決されるべきであろうから、今回のリビアの動乱に対して国連軍が介入するということは、恐らくはそれほどヤバいということなのだろう。
 ――そりゃあ確かに、自国民を簡単に殺害するような軍隊が身近にあるとすれば、ヨーロッパ・アフリカの各国は一時たりとも安心できないだろうし、「虐殺」などという犯罪行為に対しては、誰かが一定の制裁を下さなければならない。それが今回の「国連による軍事攻撃」なのである。これが世界の選択か・・・(;^o^)

 さて、リビアと言えば、印象的なことの一つに国旗が緑一色ということがある。これは別に目に優しくしたわけではなく、「緑」はイスラム教で貴いとされている色であり、他のアフリカ国家が本来的には敵とされる欧米各国(?)に対して友好的な態度を取ったことに反発して、リビアはこのような国旗に変更したのだそうだ。
 ・・・しかし。少なくとも俺は、「宗教」などという楯を付けたとしても決して虐殺が正当化されるとは思わないのだ。そもそも「信じる者は救われる」という言葉からも分かるように、宗教とは人を幸せにするための物である。もし、それによって多くの人が苦しむようなことがあるのであれば、宗教などは今すぐ止めてしまうべきだろう。
 ――そして、少なくとも俺には、今のリビアが「イスラム教」の理想を体現しているとはまるで思えない。いやむしろ、それは「イスラム」という言葉を利用して、罪なき人々を苦しめているだけのように見える。そんな国家は、もはや時代遅れなのだ。だからこそ、"国連から軍事的制裁を受ける"という非常事態に直面して、今こそリビアは国旗を変更して対応するべきだと考えるのである。さあ、もう"緑の旗"を変更し、世界に対して新しいリビアを宣言しようではないか・・・!








































登録タグ/ 思い出 社会一般

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

2011年3月23日(水)
CR大停電
 
誰が上手いことを言えと・・・


 日本プロ野球の「セ・リーグ」が、「節電のために開催を延期すべきだ」という意見を振り切り、3月29日から試合を開始するという。しかも、4月からは平常通りに東京ドームでの夜間試合(「ナイター」)も行うんだとか。同じく日本プロ野球の「パ・リーグ」が、「4月12日まで開催を延期する」「少なくとも4月一杯は東京電力・東北電力のエリア内でナイターを行わない」という対策を取ったのとは、まったくもって対照的であると言える。
 ・・・なんでも、野球チームのオーナーの言い分によると、セ・リーグの試合を行う理由は「@東京ドームは23区内で計画停電のエリア外だから電気を自由に使って良い」「A何でもかんでも自粛ムードにするのは良くない。野球によって被災者を励ませる」ということらしい。まずは@だがこれは明らかな誤りであり、東京23区は電気が不足する東京電力・東北電力のエリア内だが、政治・経済・交通などの影響力を考えて停電を免除されているだけであり、決して電力不足に関係が無いというわけではない。だから停電の無い23区内でも節電は行わなければならないし、実際に街では支障を来さない範囲での節電が広く受け入れられている。また、Aは難しいところであるが・・・少なくとも「反対意見を無視して強引にセ・リーグを開催する」という姿勢に関しては、被災地や停電エリアの人々は納得できないことだろう。
 ――ところで、問題の解決策は非常に簡単であり、「電力不足に関係の無い西日本で開催する」「関東・東北地方では日中に試合を行う」とすれば良いだけである。もちろんそんなことは、球団側としても百も承知というところだろうが・・・それを実際に行わないのは、やはり利権的な意味が大きいのだろう。人口の多い関東地方のほうが集客が見込めるし、昼よりも夜のほうが観客は多くなる。つまるところ、節電よりも野球業界の売り上げの方が大切だということである。

 やれ、このような「セリーグを強引に開幕をする!」という態度には、多くの人々が不快感を示している。野球ファンでもほぼ全員が現時点での開催に反対し、選手たちが作る「選手会」も正式に開催延期の要望を出したという。それだけならば良くある話かもしれないが、なんと今回は政府さえも開催延期を要請しているという。民間人の経済活動を禁止する法的な根拠は無く、それはあくまでも「お願い」という形なのだが・・・政治にディスられるとは、今回の件はよっぽどのことなのであろう。
 ・・・しかしながら、野球界はそのような各方面からの延期要請も無視したのである。その理由として、運営側は「選手会の見解は正式な要望ではない。文部科学省の文章も非常にあいまいで分かりづらい」という発言を行っていた。
 ――さて。「文章が分かりづらい」などと言われてしまっては、曲がりなりにも"モノ書き"である俺が黙ってはいない。確かに"官僚の書く文章"と言うと、(;^o^)「これわざと読ませないようにしてんのか?」というレベルの文章も多い。「頭の良い人間が書く、一般向けではない文章」と受け取られてしまっても仕方無いかもしれない。
 というわけで俺も、実際に政府が野球界へと提出した「要望書」とやらを読んでみたのである・・・。


社団法人日本野球機構に対する通知について
標記の件について、本日、社団法人日本野球機構に対して添付のとおり文書を発出いたしましたので、御連絡します。
(文部科学省/平成23年3月18日/
【http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/23/03/1303864.htm】より)


東北地方太平洋沖地震に伴う協力のお願い

 平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震の影響により、相当の供給力不足が発生している中、
 予測できない大規模停電を回避するため、計画停電が実施されるとともに、
 国民や産業界等の協力による節電の努力が続いております。
 貴機構におかれては、このような状況を踏まえて、電力の安定供給が確保できるまでの間、
 下記の点について、特段のご理解・ご協力をいただくようお願いいたします。

 1.厳しい電力需給事情を踏まえ、計画停電が行われている東京電力・東北電力管内以外の地域で
   試合を開催するよう、可能な限りの努力をお願いします。
 2.特に、東京電力・東北電力管内の地域では、夜間に試合を開催することは厳に慎むようお願いします。


 


 ・・・いやあ、たまげた。書けるじゃん、簡単な文章っ! 正直言って、これを「文章があいまいで分かりづらい」と思うのであれば、本物のバカと言わざるを得ない。全体として評価するのであれば、文章自体が短く書かれており、大量の読点(「、」)で論理構成が分かりやすくなっており、さらに最後に箇条書きで具体的な内容までまとめてあるのだから、理解できないのであれば小中学校の国語からやり直すべきであろう。それくらい、野球オーナーが言っていることは滅茶苦茶なのだ。
 ――まったく。力のある人間は、当然のようにそれに匹敵するだけの倫理観を持ち、そして非常時には適切な行動を行うことが必要になる。つまるところ、「空気を読む力」を持っていてほしいと思うのだ。だからこそ俺は、国民感情を完全に無視した今回の野球界の決定を、絶対に許せないと思うのである。

* * * * *

● ω ●


 関東・東北では、今なお電力不足が続いている。被災地以外が持ち回りで停電をして電気を節約する「計画停電」も、この冬あたりまでは継続されるようだ。まったく不便な話であるが、東日本の人間は個人・法人を問わず、節電を行わなければならない。今回のような"国の危機"は、国民全員で乗り切らなくてはならないのだ。
 ・・・しかしながら俺は、過剰な自粛ムードは良くないと思うのである。というのも、電力供給が完全に復活するためには数年もの時間が掛かると言われているが、その間にまったく経済活動を行わないというのは不可能である。そんなことをすれば、それだけ復興が遅れ、日本経済全体へと悪影響を与えてしまうことだろう。だからこそ、必要な分はしっかりと使い、そしてもちろん「不必要な電力の使用」を控え、一刻も早く普段の生活を立て直すことが必要なのである。
 ――そんなわけで、俺が住んでいる東京の23区でも、計画停電自体は行われていないものの、節電行為は広く受け入れられているのだ。不必要な街灯は消され、商店のネオンも鳴りを潜め、24時間営業の店も運営時間を短くしてしまった。まったく、夜を征服するような煌々こうこう とした明かりが消えてしまったのは残念であるが、今こそが艱難辛苦の時である。この国難を共に乗り越え、そして日本を立て直そう。真の意味での「明るい日本」を、我々の手に取り戻そうではないか。

 さて、電力不足で「計画停電」が行われるに差し当たって、真っ先に非難の槍玉となったのは「パチンコ屋」「ゲームセンター」などの公楽店である。東日本全域で電力が不足しているというのに、「遊ぶためだけに電気を使用する」などということが許されるはずがない・・・という意見には、確かに一理が有ると言えよう。
 ・・・しかしながら、パチンコ店・ゲームセンターだって、決して無駄に電気を使っているわけではない。彼らもまた「経済活動」を行っているのである。もちろん不必要な電気の使用は控えるべきであるが、だからといって「パチンコ屋」「ゲームセンター」という存在自体は、"気晴らし"のためにも必要だと思うのである。
 ――逆に、今回の停電期間においてパチンコ店・ゲーセンの運営中止を誰かが訴えるとするならば、もちろんその人自身も遊びのために一切の電気を使ってはいけないということになるのだが、そんなことが本当に可能なのだろうか?? ・・・まったく、過剰な節電を行おうとして、その人自身が情緒不安定になってしまっては意味が無いのだ。少なくとも俺にとってゲームは遊びじゃないんだよ・・・!

 そのような状況に差し当たって、「計画停電」の期間中とはいえ、各地の「パチンコ店」も細々と運営を再開したのである。
 ――しかしながら、もちろんパチンコ業界も計画停電の影響を免れ得たわけではない。その大きな特徴である照明も、多くが電源を落とされてしまった。しかし、こういう苦しい状況では、夜闇を屈服させるネオンサインではなく、暗闇の中にひっそりと存在する営業報告の張り紙こそが、最も"人々の心に訴える宣伝"と成り得ると言える。
 ・・・そして。俺の身の周りのパチンコ店でも様々な節電策が講じられているが、調べてみると世間ではもっと抜本的な節電策が講じられているという。では、さっそくその方法をご覧頂こう。皆さまが電気を節約しているのと同じく、パチンコ業界でも様々な手段を用いて「節電」を行っているんだよ・・・!




またこういうオチか・・・









ス     マ     ソ







登録タグ/ 東日本大震災 電力危機 野球 作文の話 パチンコ これはひどい

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

2011年3月25日(金)
ひまわりの花
 
コイツは自分のことを犬だと思っていないタイプ


 (;^o^)「春ーっ!早く来てくれーーっ!!」
 ・・・いやあ、3月と言えば季節的には「春」であり、寒い日も有るが少しずつ暖かさが増していく時期のはず。そのはずが、今年は3月も終盤だと言うのに未だに寒いのである。外出時には真冬と全く同じ服装が必要となるし、深夜と朝方の寒さには身が震える。節電さえ必要無ければ、ずっと暖房を付けていたいほどだ。
 そして寒さに加えて、俺も今年は花粉症となってしまったため、とにかく朝方が辛くて辛くて堪らないのである。変な時間に目が覚めてしまい、二度寝をしようにも鼻が詰まって喉が痛く、しかも寒くて眠れない。そしてやっと眠れたと思ったら、余震でたたき起こされる始末である。この東京でも、地震から2週間が経った今でさえ、毎日のように震度3〜4程度の揺れを感じる。もはや、今となっては(;^o^)「またか・・・」という感想しか抱けないのだ。

 というわけで、短かった3月も、ついにラスト1週間へと突入した。このひと月の世間での出来事としては、忘れもしない11日の東北関東大地震。また俺の一身上では、数々のイベントが中止された中で唯一サークルの卒業式だけが行われ、懐かしい人々に会えてとても嬉しかった。また、このサイト的に言えば、上旬はFF13プレイ日誌を精力的に更新し、中旬は地震の影響で社会派を気取ったりしつつ、現在ではやっと普段のネタ日記に戻ることができたように思える。
 ――なあに。地震の影響で、世間では色々と恐ろしいことも起こっているようだが・・・しょせん俺は彼女の居ない理系男子である。これほどまでに無責任な身分が他に有るだろうか? だから、世間の人々が心配する以上に、俺が何かを気負う必要など、まったくもって存在しないのだ。
 さあ、今日も行こう。同じ人生なら、楽しいのと楽しくないのでは、楽しいほうが良いに決まっている。もう何も怖くない。

* * * * *

なんか切ないね・・・


 事実は小説より奇なり。なんと、ヒマワリの花には放射能を浄化する作用があるそうだ。もちろんSF作品のように放射性物質を「無毒化」してくれるわけではないのだが、地面から効率良く放射性物質を吸い上げ、土壌の浄化を助けてくれるらしい。そしてその後は、ヒマワリを"放射性廃棄物"として廃棄してしまえば良いのだ。
 この「ヒマワリによる放射性物質の除去」は、まだ研究段階の技術であるそうだが、一説によると自然では30年が掛かる放射性物質の洗浄をたった20日間で成し遂げたという記録も残っているらしい。やれ、30年と言えば約10000日だから、ヒマワリによる吸収は自然崩壊の500倍の速度ってことになるな。ホントか? ここまで都合の良い話となると、何と言うかヒマワリ業界の陰謀という気もしないでもないぜ・・・(;^o^)
 ・・・ちなみに、ヒマワリが行うのはあくまでも「土壌の浄化」であり、「放射線を吸収する」「放射線障害を治療する」などという作用は一切存在しない。よって、(;・∀・)「ヒマワリが放射能に対して効果があるらしい!」という話を聞いて、俺たち東京人が鉢植えでヒマワリを飼ったとしても全くの無駄である。まあ、そういう場合は、ただのヒマワリちゃんとして花自体を愛でてみよう。きっと可愛いよ。俺たちが起きてる時間には決して首を振ってくれないけどな。

 俺は、今回の東北関東大震災で最も大きな被害を受けたのは、宮城県でも岩手県でもなく福島県だと思うのだ。何故かと言うと、それはもちろん原発事故の影響である。今回の地震と津波によって事故を起こした福島第一原子力発電所からは、大量の放射性物質が流出し、付近の畑は放射能に汚染されてしまった。そして、それは国家の安全基準を遙かに超えていたため、福島を始めとした近隣地方の農家には「出荷停止」などの措置が取られてしまった。
 もちろん、それによって今ある野菜が出荷できないという「短期的影響」も少なくないであろうが・・・最も大きいのは、いわゆる「風評被害」である。今回の原発事故によって、確かに付近には放射性物質が拡散されてしまったが、その影響は永遠に続くわけではない。しかし、( w∀w)「福島県の野菜は放射能に汚染されているんだって」などという噂が事実を超えて広まってしまえば、それこそ福島産の野菜は何十年も敬遠されてしまう恐れすら存在するのだ。ただでさえ福島は地震と津波によって大きな被害を受けているというのに、その上に産業まで回復不能となってしまっては、それこそ復興が遙か先まで遠のいてしまうのだ。
 ――だからこそ、上で挙げた「ヒマワリによる放射能の除去」は、物理的な効果はもちろん、精神的な影響が大きいと思うのである。何十年も作物が採れないとされた不毛の地に、とても綺麗なヒマワリ畑が広がっている。そしてその花畑の中心には、廃墟となった発電所が静かに佇んでいるのだ。これなんてエロゲ??

 さて。
 俺が前々から申し上げているように、放射性廃棄物は「体内に取り込まれてしまうこと」が危険なのであり、廃棄物それ自体から出される放射線が即座に危険というわけではない。よってヒマワリの花が殺人光線を放つなどということは無いのだが・・・しかし、あくまでも確率的な問題であるものの、放射性物質を取り入れたヒマワリが驚くべき進化をする可能性もあると言える。そもそも、自然界に存在する放射線それ自体にも、"生物の進化を促してきた"という側面が存在するのだ。
 もちろん、失敗すると単なる奇形のヒマワリになってしまうのだが・・・もし環境に適応した変化を遂げることができた場合は、そこから新しい生体系が生まれることになる。まあそういう進化は数万年というスパンで起こるものであり、我々が生きている間に見られる可能性は極めて低いだろうが・・・しかし、自然界に「絶対」は有り得ない。そして、放射性物質によって普段より多くの放射線を浴びるヒマワリには、そのような「進化」が起こる可能性も高くなっているのである。
 ――ひょっとすると、ヒマワリが放射性物質を積極的に取り込む本当の理由は、放射線によって自分たちの進化を促すためかもしれない。恐るべしヒマワリ・・・。



                   /| /| /|
  ヒマワリちゃん      ∠|:::::::::::::::フ
   これは肥料だよ・・・  ∠|:::・ω・::::::フ
  ∧,,∧             ム\:::::::::::::フ
 ( ´;ω;)  。・゚・⌒)       し し ソ 
 /   o━ヽニニフ))        §
 しー-J              ヘ§ノ 




                  /| /| /|
                ∠|:::::::::::::::フ
   ごめんね       ∠|:::-ω-:::::フ
  ∧,,∧           ム\:::::::::::::フ
 ( ´;ω;)     バサ    し し ソ 
 /   o━ヽニニフ))       §
 しー-J   彡    ・゚・・。・゚・ヘ§ノ・゚・。・・゚・






  /フフ    /| /|    ム`ヽ
 / ノ)  .∠|::::::::::フ    ) ヽ
゙/ |  ∠|::・ω・:フ ノ⌒(ゝ._,ノ
/ ノ⌒7 ムヽ::::::::フ \ /
丶_ ノ 。   ソ  。|/
  `ヽ `ー-'´_人`ー'ノ
    丶  ̄ _人'彡ノ
    ノ  r'十ヽ/
  /`ヽ_/ 十∨、




登録タグ/ ほのぼの日記 東日本大震災 原子力発電所 福島県 生物学

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

2011年3月27日(日)
 
最大で残り90万までは行けた。後は運と集中力のみ・・・

               _人人人人人人人人人人人人人人人_
              >   もうちょっとだけ待ってね!!  <
               ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
           ,. - .─ ─ ─- 、           ミ''"´`゙゙ミ
          /: : : : : : : : : : : : : : : : :ヽ          ミ ^◇^ミ
         /::/: : :/: :/: : : :: : : : : : : :::',       ,,,,,,,,, ミ,,,,,,,,,,,(彡,,,,,,,,,,,
          | / /,': i : : : /: :/: : : ハ: : ::i      (::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::)
           /: :/: :/: :/: :ハ: : /  ヽ:::::|      ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/
          |: /::/: :/ レk≧ V  ≦ハ |::::|        ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;::::::::/
          レレ /::/  (ヒ_]    ヒ_ン |:::|        /( ●)  (●) \
           レレ.i  "  ,___,  " l::/       / ::::::⌒(__人__)⌒::::: \
            _ヽ    ヽ _ン   /)))_     |      |r┬-|     |
         _ヽ  >,、  ______ , イ((((  /     \       `ー'´     /
          | |\ ヽ;;;;;;;;;;#;;;;;;;;;/) )))/| |     ノ            \
登録タグ/ 明日から本気出す

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

2011年3月28日(月)
 
⌒(ё)⌒

 ふぅ・・・。

登録タグ/ 明日から本気出す ふぅ・・・

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

2011年3月29日(火)
 
推敲してない・動画作ってない・セーブデーター作ってない


 ごめん、もう少しだけFF13プレイ日誌は待ってください><

 しっかしまあ・・・3月も
残り2日になってしまいました。
 明日の30日は日記とプレイ日誌を更新するとして、31日は"あのアレ"を頑張るとして・・・うひゃっ、全然時間が足りねぇっ!!
 なんで今月一ヶ月はずっと休みのようなものだったのに、こんなに最後まで課題を溜め込んでるんだよ俺・・・(;^o^)

登録タグ/ 明日から本気出す

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

2011年3月30日(水)
 
コーヒー吹いたwwww


 
本日3月30日の放送をもって、「遊戯王5D's」の全154話が無事に終了しましたっ!!
 ・・・いやあ、俺は昔から「遊戯王」シリーズが大好きだったけれども、第1話から毎週毎週テレビで見てきたのは、全アニメの中でも「遊戯王5D's」が初めてである。最初は単に「遊戯王シリーズの続編」ということで見始めたものだったが、最終的にはこれまでの作品以上に「5D's」が大好きになってしまった。まったく、遊戯王は世間では"子供向け玩具の宣伝アニメ"として馬鹿にされがちであるが、そうではなく、単純にアニメ作品として見ても楽しめる要素が存在したのだ。
 ――ところで、今回の「5D's」では、バイクに乗ってカードバトルを行う
「ライディングデュエル」がテーマとなっていたが、それについて昔の俺は(;^o^)「なんでバイクに乗ってデュエルするの??」などという至極真っ当な感想を抱いていた。しかし、物語が進んで行くにつれ、少しずつライディングの魅力に気付いていき、今では普通のデュエルは迫力が無くてつまらないと思うまでになってしまった。もし、そうやって予想を裏切ることすら制作者の想定内だったとしたら、まったく大したものである。

 さて、本日の「遊戯王5D's」は諸般の事情により153話・154話のダブル放映となったのだが、その後半部の154話は
演出・内容ともに最高のクオリティであった。
 まず、気になる「作画監督」は、お馴染みの原さんではなく「丸山修二」という人だったのだが・・・これはどうやらキャラクターデザインの人であるらしい。そういう人が直々に出てきたというだけあって、最終回である154話の作画は、安定しつつも素晴らしく見応えのあるものであった。
 また、内容に関して言えば、長かったWRGPでの戦いも終わり、その後にキャラクターがそれぞれの未来へと歩み出すまでの物語が展開されていた。まったく、"ラスボスを倒してからの後日談"という意味ではありがちの終わり方ではあったが・・・やれ、最終回と言うと、「こんな終わり方じゃないほうが良かった」などと賛否両論になることが多いものである。ところが今回の「5D's」は
本当に完璧な締め方であったため、月並みであるが「いい最終回だった」としか表現しようが無いのだ。

 というわけで。
 ・・・この3年間、
「遊戯王5D's」は心の底から楽しみにできるアニメであった。特に去年の末にサークルを引退してからは、毎週水曜日の「5D's」だけが日常の大きな娯楽となっていた。これほどの素晴らしいアニメ作品を作り続けてくれた全ての人々に対して、俺は本当に感謝の気持ちでいっぱいである。
 ――そして、次はいよいよ「遊戯王ゼアル」だっ! なんか子供向けっぽい雰囲気が漂っていたり、ライディングデュエルの代わりに「かっとビング」なる謎の用語が出現したり、あらたな召喚方式の「エクシーズ召喚」なるものが登場するそうだが・・・どうせまた、最初はグチグチと不満を述べることになるだろうが、最終的には思い出に残る作品となってくれるはず。さあ、かっとビングだぜ、俺ーっ!!\(^o^)/


登録タグ/ 遊戯王5D's

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

2011年3月31日(木)

 ここでは3月31日ですが、世間的には4月1日なので、恒例の【特別トップページ】を更新しましたっ!
 ――今年も色々とこだわって作ったので、楽しんでいただけると幸いです\(^o^)/

登録タグ/ 明日から本気出す

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

****************************************************************

←前の月の記事へ 日記ログの一覧へ 次の月の記事へ→

2011年3月の記事を 更新が古い順に 全て表示しています。


Twitter:【yarikomiff】

サイトのトップへ


System: Trishula Ver.1.14