管理人の日記 - 2013年4月の記事 / やり込み in FF

管理人の日記ログ
2013年4月の記事を 更新が古い順に 全て表示しています。
新しい順に表示する

←前の月の記事へ 日記ログの一覧へ サイトのトップへ 次の月の記事へ→

 


 ふう、3週間ぶりに更新する時間が出来た・・・。
 ――と、いうわけで。皆さまお久しぶりです。「やり込み in FF」:管理人のつるでございます。
 にわかには信じがたいことですが、俺も無事に社会人として働いているようで、先日は初任給(安い)を貰うなど、何とか活動ができているらしいです。正直、自分は仕事に関して全然まだまだの人間なので、これからも鍛錬を続け、一人前になっていかなければなりません。うむ、頑張らなくては。

 そんなこんなで、今後とも忙しい時期は続くのですが、とりあえず週末くらいには、こうしてパソコンを触る時間も貰えるようになりました。
 まあ、まだまだ本格的な再開には遠いですが、これからはぼちぼち時間を作って、週1回くらいは更新していけるようにしたいと思っています。
 ――そんなこんなで。今後とも、どうぞ当サイトをよろしくお願いします。そしてもちろん、仕事のほうも頑張っていくつもりです。ではまた!!!\(^o^)/

登録タグ/ 明日から本気出す

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

 


 1周間ぶりの更新である。現在の俺は、職場の事情により自分のPCを触れる状況に無いため、当サイトの更新は「インターネットカフェ」を用いて行なっているものである。
 ・・・さて、皆さまは、この「インターネットカフェ」、通称「ネカフェ」について、どれだけの知識をお持ちだろうか。まあ、それについては人それぞれであろうが、「そもそもネカフェ自体に入ったことが無い」という人は割と多いのでは無いだろうか。皆さまには俺と違って帰るべき家があるからな。かくいう俺も、先週の更新日【2013/4/20】がネカフェの初体験であり、それまでは「犯罪専用ネット回線」だの「難民キャンプ」だのと、勝手気ままな印象を持っていたものだった。
 ――が、ネカフェは決して怖い場所ではないのである。もちろん、使い方を誤れば多くの人を傷つける凶器にしかならないが、逆に使い方さえ正しくすれば、自分や仲間の命を守る強力な武器となってくれるのである。というわけで、本日はそんな「ネットカフェ」について、俺なりの視点から軽く書いてみることにしよう。Welcome to Underground...

 まず、「ネットカフェ」とは何かと言うと、文字通りインターネットができる喫茶店である。パソコンの置いてある部屋は鍵のかけられる個室となっており、飲み物は自動販売機から無料(基本料金に込み)でどれだけでも頼むことができる。要するに、パソコンがある部屋が貰える+おまけでドリンク飲み放題という感じだ。まあ飲み物はおまけ程度なのであるが、飲み物が目当てならば普通の喫茶店に行けば良いわけで、ネカフェはあくまでもパソコンが主体ということであろう。
 ・・・そして、会計システムに関しては、基本的には時間制であり、だいたい3時間で1000円というのが相場であるようだ。入る際には入り口近くで受付をして伝票をもらい、帰る際にはそれを返して料金を払う。それだけのことである。難しいことなど、何一つ存在しないのだ。最初は俺も、「身分証の提出を求められるかも...」とか「公安にマークされるかも...」とか「モラル値が低下するかも...」などと心配していたが、実際には伝票を貰い料金を払って帰るだけの、実にシンプルな方式であった。
 ――そんなこんなで。別にネカフェは怖くも何とも無いのである。最初こそ緊張するだろうが、男は度胸と試してみれば、あとはどうということは無い。まあ、「ネットカフェ」というものは何年も前から成立しているビジネスであるため、誰でも使えるのが当たり前である。そして、最後に気になるのが「利用している客層」というものであろうが・・・確かに、飲み物やトイレの際に他の客と顔を合わせることはあるが、お互いに少し申し訳ないような気持ちを持っているため、何かトラブルになるということも無い。よって皆さまに関しては、楽しく使っていれば何ら問題は無いということである。明るく楽しいアットホームな職場です。

 さあ。これでいよいよ、皆さまもネカフェが使えるようになったのである。その基本的な利用法としては「出先で自由にパソコンを使いたい」という場合であるが、その他にも「終電を逃した際の簡易的なホテルにする」「長めに頼んで夜の泊まり場にする」など、応用的な使い方はいくらでも考えることができるだろう。そこから先は皆さまの創意工夫次第、ということである。
 ――そんなわけで、俺はネカフェ2回目にして、既に今後も入り浸ることが確定的になってしまった。よって本日は、そんな俺が「ネカフェ」という文化について、端的な言葉で解説してみることにしようではないか・・・!!


1
初ネカフェ…ども…

俺みたいな休日にネカフェ行く腐れ野郎、他に、いねーかっていますか、はは

今日の職場の会話
パチンコ行きたい とか 風俗楽しみ とか
ま、それが普通ですわな

かたや俺はネカフェの砂漠で日記を書いて、呟くんすわ
it’a true wolrd.狂ってる?それ、誉め言葉ね。

好きな音楽 ジョジョ第2部OP
尊敬する人間 TAG(哲学行為がYES)

なんつってる間に門限っすよ(笑) あ〜あ、研修期間の辛いとこね、これ



2
くぅ〜疲れましたw これに週末です!
実は、試験を受けたら合格したのが始まりでした
本当は自宅警備が良かったのですが←
読者を無駄にするわけには行かないのでネカフェで更新に挑んでみた所存ですw
以下、上司達のみんなへのメッセジをどぞ

係長「みんな、来てくれてありがとう
ちょっと熱血なところも見えちゃったけど・・・気にしないでね!」

課長「いやーありがと!
私の偉さは二十分に伝わったかな?」

部長「入ってくれたのは嬉しいけど使えないわね・・・」

社長「来てくれありがとな!
正直、入社式で言った私の話は長いよ!」

会長「・・・ありがと」ファサ

では、

係長、課長、部長、社長、会長、俺「皆さんありがとうございました!」



係長、課長、部長、社長、会長「って、なんで下っ端が!?
改めまして、ありがとうございました!」

本当の本当に終わり



3
ネカフェをお前ら難しく考えすぎだろ
時間とか飲み物とか、複雑そうにみえるが、実はすごく単純
誰でも知ってるような原則、伝票を貰って金を払って帰る
ホントこれを忠実に守ってればネカフェは便利なばかり
みんな時間を潰したいけど立ち読みでなんとかする!とか
せっかく遠くに来たんだから みんなで観光をする!とか
根拠のない行動してるから損ばっかりしてるんだよ
俺はこの手法を使って社内にて孤立した




登録タグ/ コピペ

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

←前の月の記事へ 日記ログの一覧へ 次の月の記事へ→

2013年4月の記事を 更新が古い順に 全て表示しています。


Twitter:【yarikomiff】

サイトのトップへ


System: Trishula Ver.1.14