【祝?】管理人、ついに自動車免許を取る / やり込み in FF

管理人の日記
内田真礼ちゃんの初ライブチケット、無事に取得に失敗しました…

←前の日の記事へ サイトのトップへ 次の日の記事へ→

 
何とか中まで行ったんですけど、初見でユーザー登録が必要で、その間に完売…


 本日、やっと日本国内で使える普通運転免許(AT)を取得することができましたー…。
 ………。いや、皆さまの言いたいことは分かる。(;・∀・)「27歳にもなって今さら運転免許かよ!?」と。いや、それは確かにその通りであり、一般的には自動車の運転免許は「高校卒業時」、または「大学在学時の休暇」などを用いて取得するのが普通である。それを27になってからというのは、ハッキリ言って非常に遅い。「大学時代に東京住みだったから所要を感じなかった」と言い訳できないことも無いが、それでもその後の人生を考えれば取っておいたほうが明らかに良いし、実際に大学時代の同級生も大半は在学中に取得していたものなのだ。
 ――しかしながら。俺に関しては、この「免許を取らなかった」ということが明らかな失敗であったと既に分かっている。そして、この「失敗」を自分で認めなければ、それは更に大きな失敗に繋がってしまうのだ。失敗を認識しているのなら、それをできる限り早いタイミングで是正しなければならない。だからこそ俺は、この「転職前」というラストチャンスを活かし、自動車免許の取得に挑むことになったのである。

 そんなわけで。俺が選択したのは、年始の期間を使っての「合宿免許」である。これは、全てが滞り無く進めば、14日間で免許を取得する準備が整うというものである。時期的には、ちょうど「クリスタリウムなしクリアー.」の3話・4話を更新していた頃だろうか。ちなみに、“合宿”ではない“通い免許”も考えたのだが、結局のところ2ヶ月くらいは掛かってしまううえに、金銭的にも合宿より高くなるという有り得ない事態が発生していたのであえなく没となってしまった。一体どういう計算をすれば、食と住が提供される合宿免許のほうが安くなるのだろうか…。
 …というわけで、俺は1月中旬に自動車学校へと入り、周りが高校生だらけという圧倒的リア充オーラに苦しめられながらも、免許習得へと挑んでいくことになったのだ。言うまでも無く、俺は実在する車の運転は初めてであり、性格的にも「一つのことに集中すると周りが見えなくなってしまうタイプ」であるため、いろいろと緊張して苦しいことも多かった。というか今でも苦しいので、必要が無ければできる限り車の運転などしたくないものだ。うん、事故を起こして自分が痛いのは至極当然だけど、それで周りを苦しめてしまうってのは、さすがにちょっとね…。
 ――また、合宿免許では車を使用した実技の試験だけでなく、×問題の筆記試験も行わなければならない。これが曲者なのである。やれ、( ・∀・)「ここの管理人なら、“筆記”と名の付くものは楽勝でしょう!」と思われる方も多いかもしれないが、とにかくまあアレはやったことが有る人には分かると思うが、人を苛立たせる天才が作ったとしか思えない大魔球が数多く掲載されており、その対策にはかなり手を焼かされてしまった。特に、あの「イラスト問題」には殺意すら感じてしまう。その才能、もっと何か社会のために活かすと良いのだよ!!

せっかくあの方が、次元の壁を越えて(?)、私たちに会いに来てくれたというのに…


 そんな感じで、免許合宿は無事に全て一発合格で終わったのだが、これで晴れて免許取得…! というわけにはいかない。なんと、自動車学校の課程を満了したのち、さらに地方の免許センターに行って筆記試験を受けなければ、実際の免許証が発行されないのである! そして、例によって免許センターは平日昼しかやっていないという公務員らしい充実したサービス体制を取っているため、免許取得の最後のステップが今日まで掛かってしまったのである。
 …さて、そこで行うのは、まあ要は自動車学校で行った筆記試験と同じである。その出題傾向も同様で、相変わらず人の堪忍袋の緒を的確に撃ち抜いてくる痛快アドベンチャーとなっており、傷付き病んだ俺の心をその根底から朗らかにしてくれた。まあそれはともかくとして、なかなかかなりイラッと来る問題であり、手間暇・料金的にもあまり楽ではなかったため、できればもう二度とこの手の機関にはお世話になりたくないものである…。
 ――そんなわけで。試験終了後の、最後の合格発表の時には地味に緊張したものだったが、なんとか合格することに成功し、無事に免許を取得することができたのだ。もしこれで失敗していたら、また「平日に休みを取る」「その休みを潰して免許センターに出向き美しい日本語の読解に心を尽くす」という過程を辿らなければならなかったため、一回で取得できたことは素直に安心できたものだった。

 そんなこんなで。俺が「免許の取得」というものを考え出したのは、実際に転職が決定した去年夏であったため、時間としては半年近くが掛かってしまった。しかしながら、それでついに自動車免許を獲得する事に成功したのである。ふう…かなり大変だったけど、これでやっと俺も一人前になったぜ…。
 …さて。そんな風に免許を取ると、当然の話として( ・∀・)「で、車は何を買うの?」という展開になると思うが、今のところ車を買う予定は一切無いのである。そもそも、俺が免許を27歳まで取って来なかったのは「根本的に車が必要ない」という生活を送ってきたからであって、それはこれからも急に変わることは無い。この時期に免許を取った理由は、今すぐ車が必要だからではなく、これから転職先で忙しくなるので、そろそろ取っておかないと本気でヤバいと感じたからだ。そのうえ、俺の車に対する認識について言えば、(;^o^)「とりあえずエスクードかGT-ONEに乗っときゃ勝てるんでしょ?」とかマジでそういうレベルであるため、実際に車を買うという行為に達するにはまだまだ程遠いというものなのである。
 ――というわけで。今回は、「27歳になってやっと自動車免許を取る」といういかにも非リアらしい日記を書いてしまったが、別に俺はそれを恥だとは思わない。恥なのは、「これでいい」と満足して未来を考えてこなかった過去の自分のほうである。それを今日やっと克服できたのだから、世間的にはどうあったとしても、俺にとっては誇らしいことなのだ。さあ、着々と転職に向けた準備が進んできた。もう20代も後半になってはしまったが、俺の人生はここからリスタートするのである。まあ、とりあえず車は俺には早いということで、身の丈にあった原付でも買ってしまおうかなあ…。

登録タグ/ 雑多な内容

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

←前の日の記事へ 日記ログの一覧へ 次の日の記事へ→

2016年2月12日の記事を表示しています。


Twitter:【yarikomiff】

サイトのトップへ


System: Trishula Ver.1.11