崩壊後のゆとり旅プレイ日誌

 




◆アホ会社◆



『では、各々が準備してきた事を一人づつ報告してもらおうか・・・、
まずは、魔法修得班から現在の状況を教えてくれ・・・。』



「はい。
ティナ・ロック・カイエン・エドガー・マッシュ・セリス・ストラゴス・リルム・モグ・ガウ、
以上の10名は率先的に魔法の修得に励み、
主に【ガ系】【リレイズ】を修得済みであります。
その他の人間については、特に目立った変化は無い様です。」



『なるほど、な・・・。
ドリルを発注するの忘れるなよ?
サボテンの果肉が絡まって使い物にならんからな!
・・・・。
おお、そうだ。
クイックの件はどうなった?』



「未だ魔石の発見には至らず、
発見次第、修得を考えていますが、
クイックの使用は、批難が集中するのではないかとの懸念があります。」



『構わん!
責任は儂が持つ!
瓦礫の塔までにクイックを修得させておけ!』



「は、はい・・。」



『次は・・・、
アイテム収集班!!』



「現在までに・・、
【雷神の盾】
【フレイムシールド】
【アイスシールド】
【スリースターズ】
【沙悟浄の槍】
【甲羅の盾】
【さら】
【アーマーガッパ】
【ミラクルシューズ】
を、各4個ずつ回収済みであります。」


「フレイム、アイスの両シールドはコロシアムにて、カッパシリーズにおいては、ストラゴスに怪音波を修得・使用させる事で窃盗に成功してます。」



『おいおい、君!!
窃盗とは何事だ!
口を慎みたまえ!』



「失礼しました。
え〜、
それと他にもコロシアムで、
【ホーリーランス】
【ネコみみフード】
【源氏の兜】
【レッドジャケット】
【スノーマフラー】
【退魔の腕輪】
に狙いをつけ、
対戦では即死が効く相手であればシャドウが、
それ以外ではガウに暴れてもらう等して獲得に成功してます。」



『なるほど・・・。
シャドウであれば、魔法を全く修得していないから魔法が使えず、
素早さも高い事から先手を取りやすく、単純に追加即死に期待しやすい、と・・・・。
考えたな!』



「いえ、偶然です。
さらに、これは魔法修得班との連携からなのですが、【英雄の盾】も入手しております。」



『ンマーーー!!
でかした!!』




『・・・・。』



明けまして、黒紅です(^^)


年末年始は少しばかり忙しい事もあって、
更新が遅れてしまいましたm(__)m



乗っけからアホ会社のアホみたいな会議風景を見て頂いた訳ですが、
おおよそは、そんな感じにアイテムを集めたり、魔法を修得させました。



ミラクルシューズの相手は魔神竜で手強いけど、
ガウが、
【ラグナロク】
【英雄の盾】
【源氏の兜】
【スノーマフラー】
【ブレイブリング】
【エルメスの靴】
を装備していれば多くの攻撃が無害で済み、
心無い天使を受けてHP1になった以降で、通常攻撃がきても大半は回避でき、回避できない場合でも上記の防具で物理防御255になり、そこから後列にする事でダメージ0になる。
あとは、
敵に対してダメージが与えられるモンスターで暴れてもらえば勝利できる。



英雄の盾に関しては、それなりの戦闘回数を要する事もあって、
出現率の低いサボテンダーだけでは、あまりにも効率が悪いため、
最終的には獣ヶ原で戦闘回数を稼いでいったのだ。



それと、
ほぼ同時進行で、別データに平均レベル70のパーティーを作り、
そのデータを使って今後は、ボスの行動やなんかを調べながら攻略していこうと思います!



また、
前回までは仲間との再会を中心として、
崩壊後の世界観を書いてきたが、
総勢14人もの仲間と再会を果たした今、
まだ触れていないイベント等もあるにしろ、
そこまで詳細にシナリオを書く必要もないのかなぁ、なんて思い、
今回からは、ゆとりなボス戦を主軸に書いていこうと考えてますよ!



それで、
リレイズやクイックを多用してしまうと、
戦術もクソも無くなってしまいますので、
それらは、どうにもならない場合にのみ適用としていきます。



まずは・・・・。




◆上空1000メートル◆


ファルコン号でロマン飛行を楽しむ一行は、
突如として謎の未確認生物に襲われたのだった・・・。



★ボス・デスゲイズ★


・HP55555
・耐性、氷・毒
・弱点、炎・聖



〜特徴〜


開幕にレベル5デスを使う事が多く、その他にデスやエアロガなどを使う。



そして、なによりも問題なのが、
【数ターン後に逃走】してしまう事だ。



逃走しても、
与えたダメージは累積している為、いつかは倒せるのであるが、
決して狭いとは言えないFF6の上空・・・、
どこに逃げたか分からないデスゲイズを狙って遭遇するなど、とても骨が折れる・・・。



これでは、まるで・・・、某キャットロボがポケットから徐に取り出した、
【宝さがし地図】の様ではないか!



説明しよう!!
【宝さがし地図】とは、
世界中を360枚に分けて書いた地図であり、
特殊な針で宝の場所を正確に突くとブザーがなる、
と言う道具である!


ただし!
宝から1ミリでもズレる事は許されない!
(参考資料ドラ〇もんの〇太の南海〇冒険より)



さて、話は戻り、
そんな道具で、たった一発で宝の場所を突き当てた、男子小学生並みの強運がなければ、
デスゲイズと遭遇できないのだ!



当然、
そんな強運と根気を所持しているはずもない黒紅が出した答えがコレだぁ!!



〜戦術〜


【バニシュデス】



『・・・・。』



「ちょっと、ちょっと、
黒紅さん?」



黒紅
『出たよ。
少し紹介しますと、
彼は黒紅のやり込みを監視している人である。』



監視役
「年明け早々、生のゆとり丸出しで戦うなど、
これでは人に品性を求めるなど絶望的だ・・・
やはり人は、より良く導かれなけねばならぬ。
指導する絶対者が必要だ・・。」



黒紅
『この戦いが終われば人は変わるのでしょうか?』



監視役
『変えるのだよ。
それをやるのは・・、
黒紅、キミかも知れない



黒紅
『私はあなたに賭けたのです。』



監視役
「分かっている・・。
事態はみえてきた、あとは簡単だ。
共に戦おう・・・。」




『・・・・。』



『え?なんの話??』




・・・ゴホンッ・・・



と、言う訳でして、
このデスゲイズに関しては『ゆとり』で倒してしまう事に、ご理解をお願いしますm(__)m



「デ、デスゲイズの口からデロデロになった魔石が!!」


【魔石・バハムート】




では、
ここで、以降のボス戦の順番について考えていこうと思います。



まず、事前にボスの主な行動や何が有効なのかを調べていた所、
各々の特徴や弱点などが見えてきました。



そこで、
なんとなく楽勝できそうな弱い相手から順に挑もうと思います!




◆宝箱に巣食う魔物たち◆



〜獣ヶ原の洞窟〜


シャドウを仲間に迎える際に一度訪れた場所であるが、
この時、知っていながらもスルーしていた宝箱があったのだ・・・。




★デスペナルティー戦★


・HP8000
・耐性、毒
・弱点、炎・聖


〜特徴〜


デスや死の宣告など、物騒な攻撃を得意としており、その中でも特に驚かせたのは、
【アトミックレイ8連発】である。



こんな冗談とも思える攻撃に驚いたのはサボテンダーの【仕事量10倍】以来である。



『おまけ』には掲載がないし、
デスペナルティーなんて、普通に聖水やフェニックスの尾で一撃な相手ですからね・・・。



〜戦術〜


今回は聖水などでの一発昇天は狙わずに、ダメージを与えて撃破します。



【リルム】
・マジカルブラシ
・フレイムシールド
・ネコみみフード
・ベヒーモスーツ
・スリースターズ
・形見の指輪


【エドガー】
・エンハンスソード
・フォースシールド
・レッドキャップ
・レッドジャケット
・スリースターズ
・セーフティビット


【ガウ】
・バーニングナックル
・英雄の盾
・源氏の兜
・スノーマフラー
・ブレイブリング
・イヤリング


【モグ】
・ホーリーランス
・フレイムシールド
・源氏の兜
・スノーマフラー
・スリースターズ
・死者の指輪



〜解説〜


敵は即死系を得意としている為、
アクセサリで即死を防げる3人に加え、
アンデッドで暴れられるガウのパーティーで挑戦してみる。



事前に、
別データで敵を調べた所、敵にはスロウと混乱が有効である事が分かったが、
混乱させると勝手に自害してしまい、
聖水を禁止した意味が無くなってしまうので、
スロウだけ掛けます。



パーティーにエドガーが居るのはブラストボイスを使わせようと考えた名残であり、ヘイスガを修得しているからで、
モグには魔力補正が付いたホーリーランスを持たせてしまった事で、
ガウには代わりに炎属性かつ攻撃力の高いバーニングナックルを装備させている。

(当然の様にシレッと、
ガウに武器を強制装備させた事が今回を含めて度々あったが、
それは言うまでもなく、
【裏技というバグ】
であり、
本来なら禁止すべき事かも知れないが、
まぁ、暗黙の了解・・みたいな感覚で使ってます・・・。)




さぁ、久しぶりの実戦だ!!



敵にスロウ、味方にヘイスガを掛けたら、
ガウがアンデッドであろうドラゴンフォシルで暴れ、他はファイガで応戦する。ダメージは、
ガウの砂嵐が800弱、
他のファイガが1000弱〜1500弱くらいだ。



ボスとは言えなく、HPも少ない相手であったため、微塵も苦戦する事も、アトミックレイ8連発を見る事もなく、
あっさり撃破してしまった!


【タイガーファング】




続いての宝箱は・・・。




〜UMAの洞窟〜



残り文字数が少なくなってきたので、
この戦闘が今回の最後を飾る・・・。



★トンベリーズ戦★


・HP14001
・耐性、水
・弱点、炎


〜特徴〜


スリーマンセルを組んだトンベリ。



連続して包丁を受ける可能性があるため、
バニシュ状態などで守りを固める様にと『おまけ』にあるが、果たして・・?



〜戦術〜


【エドガー】
・エンハンスソード
・サークレット
・源氏の鎧
・スリースターズ
・イヤリング


【ストラゴス】
・ミスリルロッド
・サークレット
・ベヒーモスーツ
・スリースターズ
・エルメスの靴


【ガウ】
・ラグナロク
・レッドキャップ
・ちからだすき
・ハイパーリスト
・ブレイブリング


【モグ】
・ホーリーランス
・サークレット
・シルクのローブ
・イヤリング
・スリースターズ


若干、弱い装備を身に付けているキャラクターがいるが、
能力値補正を優先しているためです。



〜解説〜


全員がバニシュ状態で戦闘に入ります。



戦闘が開始されたら、セイレーンを召喚してトンベリ達を沈黙させる事で、
恐らくカウンターであろうホーリーを撃たせない作戦である。



ホーリーを使わせないだけならば、
カッパも有効である事を確認してますが、
前進したトンベリが元の位置に戻った時に解除されてしまった為、
セイレーンで黙らせます。


あとは、スロウガとバイオブラストを放って毒スロウ状態にして、
ストラゴスは歩数ダメージ、
ガウはネコキック、
エドガーとモグがファイガで攻撃していく。



ダメージは、
歩数ダメージが3477、ネコキックが約2800、モグのファイガが約2200、
エドガーのファイガが約1300くらいだ。



トンベリ達が包丁を使う間合いに踏み込む前に撃破できてしまった!




まだまだ倒していないボスは数多く居ます。

それらボスの取り調べは続いてますが、
薄っぺらい知識を使って倒せたら良いなぁ。


では、ここまで観て下さった皆様、ありがとうございました!

 

(2019年1月6日)

←前の回を読む 次の回を読む→

 

ひとつ前のページへ トップへ


System: Mahatmya Ver.1.14