管理人の日記 - 2005年3月の記事 / やり込み in FF

管理人の日記ログ
2005年3月の記事を 更新が古い順に 全て表示しています。
新しい順に表示する

←前の月の記事へ 日記ログの一覧へ サイトのトップへ 次の月の記事へ→

3/1

■日記に新機能

 ちと時間があったので前々から検討していた新機能を日記に導入してみることにしました。
 この改修はそれなりに時間がかかるので今日は2004/11〜2005/2までの間を。今後ちょっとずつ改修していきます。
 いろんな所がクリック出来るようになっていて、便利になっていると思うので是非とも活用してみてください。

■工高生日記(75)

・立命館で 遊っぼう

 織れの兄貴は私立では立命館大学を受けたわけですが、その時こんなことがあったそうです。
 ところで話題は変わりますが、普通の試験では下敷きや筆箱を試験会場に持ち込むことは禁止されています。何故かというとそこに答えを書いてカンニングをする奴が居るからですね。織れの高校でも禁止されています。まあ担当教官の許可があれば持ち込んで良いことになっていますが。
 それで、まあ立命館大学の受験でも下敷きをさりげなく持ち込んでカンニングをする奴がいるかもしれない、ということでその時の試験官がこう言ったんですよ。

 「机の上に下着を出してください」



 !?

登録タグ/ 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

3/6

■げぇむ日誌

 さてさて待ちに待ったロックマンX8&シャドウオブローマの発売日まで後4日。いよいよ秒読み段階って感じですね。
 さてさて、これらのゲームはアメリカの発売のほうが先(X8が12月頭くらい、影ローマが2月頭くらいだったと思ふ)で、特にX8のほうはだいぶ前から精力的に情報を追っていたので結果的にネタバレ厨の被害に遭いかなり知ってしまったわけです(今回のラスボスとか、ルミネの制作者とか、アクセルの制作者とか、新世代レプリロイドの制作者とか)。「ネタバレって書いてるからネタバレしていいっじゃねっかよ〜!にでゃいうがいうぎうあYHRふいあWY8あ」とか言ってる基地外につぐ。お前らマジで消えろ!!
 お前はネタバレを見てそれを大公開して「すごいですね!!!」とか言ってもらいたいんだろうけど、こっちは迷惑なだけなんだよ。大体ネタバレを耐えてるものの苦しみを知らないのか馬鹿共が。マジでこの世から消滅しろ!
 後は・・・メール欄ネタバレ厨とか(リブ2chだと丸見えだし)、堂々と書くやつとか・・・お前ら、全員いったん氏んでこい。
 それからカプコン!3ヶ月も発売を遅らせておいて責任が無いとはいわせねえ。クオリティうpのためかも知れないがそれならアメリカと同時期発売にすりゃいいじゃん。まったくまったくなんでこんなに遅いんだよ。
 ・・・つーわけで今回はかなり損した気分。それでは人気ゲームの日米格差(発売日、残虐表現の規制)とネタバレ厨の消滅を願ってこのへんで。

■工高生日記(76)

・聖剣純美生冬

 へ〜い、ボーイ〜。今日の7時のニュースは見たかね?内容はこう。「解放されたイタリア人の新聞記者が銃撃された事件で、与党側内部からも米軍に対する反発が出ています。一方野党である左翼民主党からはイタリア軍の撤退を求める意見が出ています」・・・。

 「米軍誤射説再来?」と思ってしまうが読むとこはそこではない。ふむ・・・織れは政権準備政党よりずっと相応しい名前だと思うな。終。

登録タグ/ ゲーム一般 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

3/9

■久々にFFの話題

 FF6でサウスフィガロ閉鎖イベントがあるじゃないですか。あの中盤の分岐イベント後で、セリスが仲間になるところです。
 あそこでは帝国軍に閉鎖された町・・・ということで町の主立った通路が帝国軍のアーマーで封鎖されているんですよ。で、そのアーマーに突入すると戦闘になるんですが一撃でかなりのダメージを与えてくる上、こっちは味方がロック一人なのでまあ勝てないんですよ。てなわけでここはロックの盗賊としての能力をうまく活用して突破していくわけです。
 とはいえ、初回プレイでそんなことが最初から分かるわけもなく、大抵の人はアーマーに突撃をしていくと思います。私も例に漏れず、突撃をしていきました。
 ところで、そこで出現する敵は「ヘビーアーマー」という敵です。まあHEAVYなARMORなのですが、私は当時小学校低学年だったので「ヘビー」の意味がわからず
「ベビーアーマー」、すなわち「赤ちゃんのアーマー」かと思いました。
 結局何度も挑戦してみましたが負けまくって
「なんで赤ちゃんなんかに負けるんだよ!!!」と思っていました。
 いやあ、あのころは若かったです。お粗末さまでした。

■工高生日記(77)

・ゲーム販売の規制に強く反対します

 はあ・・・名古屋、神奈川ときて次は大阪ね。カプコンの本社も大阪なんだが、そんなにゲーム会社を弾圧したいのか。
 ちとニュース記事より引用。

 
残虐ゲームソフト、大阪府が規制を検討

 大阪府寝屋川市の教職員殺傷事件で逮捕された少年(17)が暴力シーンのあるテレビゲームに熱中していたとされるのを受け、府は8日、残虐な内容のゲームソフトについて、一定年齢以下の青少年への販売・貸し出しを規制する方向で検討を始めた。
 神奈川県も同様の規制を検討しているが、実現すれば全国初。ただ、ゲーム業界は「表現の自由にかかわる」と反発しており、論議を呼びそうだ。
 (以下略)

 へっ?
「とされるのを受け」?んな適当な理由で制限していいのかよ・・・。まあさしずめ前からゲームを煙たがっていたんだろうが。
 それはそうともしこの制限があっという間に日本中広がれば織れ16歳高校生なんで最高ランクの18+のが出来なくなる。具体的に言うとシャドウオブローマ、バイオハザード4、メタルギアソリッド3等々。
 これらのゲームに残虐な表現が含まれているのは事実であるが、それが犯罪と因果関係があるという証拠は無い。あるのは「ゲームをしていると脳波が低下する!積み木並べゲームでそれを実証した!これがゲーム脳だ!」とかいう基地外研究者の妄言ぐらいじゃないか?
 それにたとえゲームにより暴力的な感性が呼び起こされたとしても常識的な感性があればそれは犯罪に結びつかず、むしろストレス発散になって暴力的な感性が低下するとの発表がある。それは言い過ぎとしても、犯罪に結びつくことなと全体のゲームプレイ者から考えれば塵ほどの数。
 「捕まえた少年が残虐な事件を起こした→少年が残虐ゲームをプレイしていたからだ!」という論理だろうが逆はどうなんだ。メタルギアソリッド3をプレイした90万人のうち何人が傷害事件を起こしたんだよ。

 それにこの規制の問題はゲームが買えなくなるだけではない。詳しくは知らないがゲームは所詮子供が遊ぶもので、主な購入層は小学生〜高校生程度の子供だろう。が12歳以上、15歳以上、18歳以上のいづれかの制限が付けばかなり買えなくなる層が出てくるはず。こうなるとゲーム会社はたまったものじゃないので何とか規制をくぐれるように表現を甘くするゲームが増えてくるだろう。こうして上のニュース記事にも書いてあるように「表現の自由」が侵害されるわけだ。

 CEROが出来たころからこんなことになるだろうとは思っていた。所詮CEROのレーティングなど血が出るか、そうでないかだ。エースコンバット5が全年齢でツキヨニサラバが18歳以上対象になる程度だから。こんなレーティングは参考にならん。
クソゲー認定でもしてくれた方がよっぽど参考になるよ。まったく。

 つーわけで、織れはこの規制に対して強く反対します。みなさんももっと抗議の声をあげてください。糞PTAとか糞市民団体の理不尽な要求を絶対に呑んではいけません。以上です。

登録タグ/ ゲーム一般

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

3/10

■工高生日記(78)

・東奔西走スクールライフDIARY〜折り鶴てのは不死鳥か〜

 さてさて受験シーズンですね。織れのところの三重県でも3/14に県一斉試験があります。今年の津高生候補は454人。定員が400人ですから・・・恐らく上200人くらいはもうとっくに決まってるので下半分の勝負になりそうです。今年もどんな強者が入るか楽しみですね。

 それはともかく、織れも去年は受験生だった。去年の今頃の日記見れば載ってるが・・・うん。去年は3/11だったな。
 で、織れは受験番号9番で、1〜14くらいまでみんな当時の同級生久居中生徒だった。てなわけで受験当日は一緒に行動してたわけよ。
 で、ある教科が終わって廊下にでた。何番の正解はどうだとか、まあ平凡な話題で時を過ごしていると・・・棚の上でなぜか折り鶴を見つけた。
 「へえ、折り鶴か」となんとなく雰囲気に浸っているととある人物がその折り鶴を棚から落とし、こう言った。

 
「あっ、落ちた!鶴が落ちたぜ!!」



 E N D .

登録タグ/ 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

3/16

■げぇむ日誌

 ロックマンX8&シャドウオブローマ結局両方買いました。結論から言うとどっちも面白いです。趣味に合わせて買いです。
 シャドウオブローマはまだクリアしてないので詳しいレビューは避けますが、X8のほうは5週したのでもう感想を書きます。

 一言で言うと
面白れー!!マジで面白いです。ロックマンXシリーズ最高傑作と言っても良いかも知れません。ロード時間、グラフィック、アクション、今回の新システム等前作までの不満点がほぼ全て改良されています。
 ボスの行動パターンもかなり面白く、やりがいもある傑作です。一度ロックマンXシリーズをやった人はもちろん、やったことが無い人も2Dアクションの魅力を凝縮した本作をやってみるべきです。

 ・・・ではそれぞれの部分の感想を。

・8ボス
□オプティック・サンフラワード(いや、そもそもここは何処?あなたは誰?わたしは?)
 ムービーでこいつの行動パターンは前から知っていて、実際にやってみると予想通り楽しかった。
 ただレーザー攻撃?の下段のやつ(うまく表現できんな・・・)は立ってるだけでかわせるってのはどうかと。やっぱあそこはダッシュ回避だぜ。
□グラビテイト・アントニオン(途中の針ブロック地帯最悪!VAVA来い!)
 X5の紫板攻撃を使うと思っていたのだが予想と違う行動パターン。でも面白い。
 こいつ・・・いまだに何で名前を海外版と同じ「グラビティー・アントニオン」にしなかったかわからん。
□ダークネイド・カマキール(イレギュラー?お前みたいな悪い奴のことだろ?)
 こいつの行動パターンもムービーで知っていて、予想通り楽しかった。
 でもすぐ体力が減り矢を降らせる攻撃がほとんど来ない・・・あれの回避が楽しいんだけどな。
□バンブー・パンデモニウム(喋ってるときの口の動きが怪しい・・・)
 図体がでかいからすぐ体力が減っていくんだよな・・・。
 攻撃はかわしやすいものが多いが、EX技の体当たりはいまだによけられたことが無い・・・。
□ギガボルト・ドクラーゲン(ダイナスティにはカプコンビルはないんだな・・・はっ、X4で潰れたからか?)
 ステージかとにかくウザい。処理落ちしまくりな上ぶつかりまくり。アイテムもとりにくく面白いところが何もない。
 まあボス戦は・・・普通だな。可もなく不可も無し。強くも無く弱くもなし。ゼロがいてトリロビッチ倒してたら楽勝。
□アースロック・トリロビッチ(超えられない壁-クリスタルウォール)
 壁の向こうから罵倒してくるこいつ、実際のボス戦となると大した強さじゃないんで安心。
 ところでやっぱりこいつゴキブリに見えるよな・・・。
□アイスノー・イエティンガー(ステージ最悪・・・)
 個人的には「アイススノー・イエティンガー」のほうが馴染むかな。
 それはそうとこいつで嫌だったのはステージ。アイテムの配置がかなりヤバイので何度もステージをやり直し嫌になった。
□バーン・コケコッカー(こけっ)
 -WARNING! WARNING! ・・・こけっ。こけっ!?英語版では
こんな風ににわとりって感じだったのに!
 なんかこいつの行動パターンはイマイチ楽しめません。その御陰かも。

 今回の不満点はまずなんと言っても
対 象 年 齢 が 低 す ぎ る ! ! ! !
 織れは「タクティカルアトバンテージとか言うくらいならおとなしく戦術的利点って言えよ!!!!」という感じの持論があるがゲームに出る英単語はちゃんと英語読みで読んで欲しいと思う。もっと具体的に言うと「軌道エレベーターの最上階で最高に緊張感が増した時に日本語読みでウォーニン!なんて言われたって萎えるだけなんだよう゛ぉけ!!!!!!」ということ。ゼロの中の人くらい渋ければ問題ないんだが・・3週目からは毎回アクセルの中の人になるので萎え萎え。
 後はこれね。ボス戦中に音楽が変わる。今回ボスの体力が減りEX技を使うようになると音楽が「Battle Heats Up」という8小節をひたすら繰り返す曲に変わる。これが嫌だった。今回はボス戦の曲がかなり良い曲なんで強制的に盛り上げようとして頂いても水を差されたようなもの。特にHARDモードだと約半分で発狂モードに入り曲が変わるので全然楽しめない。これは是非ともON/OFF付けて欲しかった。

 まあそれを含めても今回は良作なんでX7辺りで見限った人にも是非ともやってもらいたいです。細かい不満点ばかりをあげて「やっぱり最近のXシリーズは糞ゲーだな」とかいう基地外はほっときましょう。でわでは。

 シャドウオブローマ・・・全然流行ってないんだな・・・。面白いんだけどな・・・。攻略サイトでも作ろうかな。

登録タグ/ ゲーム一般

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

3/18

■げぇむ日誌

 SHADOW OF ROMAクリアしました。プレイ時間は確か16時間30分くらいだったかな。難易度はNORMAL。これからHARDモードに挑戦してみます。

 一言で言うと
こっちも面白れー!!ジャケット(カバー?箱って言えばいいのか?)に「これはおもしろい!」って書けば良かったんじゃないか。いや、冗談。
 3/10発売のカプコンのゲームは影ローマとX8の二つでどっちも買ったんだがどっちも満足(そしてどっちもあまり売れていないという・・・)。体験版を面白いと思った人なら間違いなく満足できる内容。ボリュームは十分。29くらい闘技+10くらい潜入パート+ストーリーモードで難易度もEASY、NORMAL、HARD、EXTREME(があるらしい)の4種類から選べ問題なし。NORMALで既にかなり難しかったが。
 剣闘士パートでは様々なミッションをアグリッパを操作して戦っていくことになる。内容にはつまらないものもあるが大半は面白く出来ていて得点稼ぎも熱く飽きさせない作り。
 潜入パートは初代皇帝オクタビアヌスを操作して屋敷、老議会などに侵入することとなる。見つかれば反撃手段がほとんどなく攻撃を受ければ一撃死とかなりイライラしたが、滅茶苦茶苦戦という訳でもなくちょっと考えれば出来るレベル。
 で、この二人を操作してシーザー暗殺の真相を調べていくというストーリー。リアル系だが身長2m50cmはある敵が2体でボスとして登場したりラスボスが赤く光ったりしてカプコンらしい遊び要素も。
 織れは「鬼武者」シリーズはやったことないんだが・・・素直に今回は楽しめました。ちょっと値は張るし敷居もやや高いですがやってみるだけの価値はあります。

 不満点はと言うと・・・
イベントシーンの画質かな。手の指がくっついていたりするところもある。滅茶苦茶酷いというわけでは無いがメタルギアソリッド3とか最高品質のゲームをやった後だと不満。エンディングもスカっとしてよかったのだが最後まで画質が気になった。
 意外だったのはアグリッパがパッケージや体験版などの怖そうな印象と全然違ったこと。猫なで声の表情ばかり印象に残ってる。後は「人殺しを見て楽しいか!畜生!!!!」とか叫んだり。まあ剣闘士も普通の人だったってことですね。

 つーわけで織れはすげぇ楽しめました。10段階なら8.5くらいは余裕で点を付けられる良作です。CERO18でも親からの抗議が来ない人は是非ともやってみてください。

■工高生日記(79)

・東奔西走スクールライフDIARY〜マッスル君は人気者〜

 今日は学校に派遣社員というかベネッセからの送り者というかなんというか、まあそういう感じの人が来て体育館で進路関係に関する知識を語ってくれました。なんでも知識は40分経つと20%、1日経つと40%、1ヶ月経つと80%が消えていくとか。もっと忘れていくような気がするけどな・・・。途中で地震が来て「危ない!机の上に隠れろ!」という定石を即座に思い出したりしながら聞いた。
 まあそれで、その話が1時間以上にも及んで暇なわけで、織れは特に理由も無く左方面を見たわけよ。

 
おいおい・・・7組のマッスル先生(学校祭の教員劇でパンツ一丁と映画ターミネーターの曲で現れたりするみんなのヒーロー)が屈伸してるよ・・・。

 やはりたゆまぬ前進が必要、ということなんだろうか。その先生は話が終わった後生徒の前まで歩いて生徒指導の先生にマイクを渡していた。

登録タグ/ ゲーム一般 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

3/21

■工高生日記(80)

・東奔西走スクールライフDIARY〜兵共が夢の後〜

 津高気管支(誤字)「沖」の50号のクラス紹介の1年8組の欄の題名には某ドラマをもじって「冬のコニタン〜冬コニ〜」と書いてある。あれって織れが考えたんだぜ。こんな話があった。

 
ある日の沖委員会でのこと。
 
織れ「あれ?8組の題名欄空いてないか?
 
8組の人「ん・・・まあ何か思いつかないしな。
 織れ「まあ今年はやったもので付けるのが妥当だろう。織れのところなんて『9組について本気出して叫んでみた』だぜ。
     まあこれはちょっと古いけど『・・・の中心で・・・を叫ぶ』を使うと絶対被るからな。
     そうだな・・・今年はやったものねえ・・・担任は確かK西先生だったよな・・・『コニタンクエスト8』とかどうだ?

 8組の人「それ元ネタ分からねえって。いや俺は分かるけど。
 織れ「じゃあ『冬のコニタ』で。
 8組の人「ふーん・・・まあそれは面白いかもな。コニタは切れが悪いからコニタンにしよう。しかし本人が許可くれるかどうか・・・。
       まああの先生なら許してくれるだろうが。おし。いってこよう。


 ・・・というわけ。
『コニタンクエスト8』いい名前だと思ったんだがな・・・。

登録タグ/ 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

3/24

■工高生日記(81)

・東奔西走スクールライフDIARY〜さあ打ち上げだ弾けよう〜

 打ち上げとは事業や仕事の終了を祝う宴と辞書にあります。・・・というわけで織れらも1-9の修了を祝う打ち上げを昨日してきました。というわけでその
馬鹿騒ぎっぷりを報告しようかと思います。

 集合は近鉄江戸橋駅前に午後六時。家では出発直前までシャドウオブローマのHARDモード馬鹿(ラスボス)と戦っていたりしたが(終盤のボス連戦よりも大アリーナの闘技ほうが回復アイテムが少なく辛かった・・・)、時間よりも20分前に着く。まあメンバーの中では早いほう。
 で大体全員集まった後は国道沿いにしばらく歩いてガストで夕食。織れはビック!ハンバーグを注文し(でかそうだったので)、まあそれなりに盛り上がった。

 ・・・ここまで読んで
「はあ?何が馬鹿騒ぎだよ糞管理人、人権擁護委員会に訴えんぞコラ」と思った人、いやいや、馬鹿騒ぎはここからなんですよ。

 で、夕食後は都合で帰る数人を除き全員でカラオケへ。織れは今までカラオケに行ったことが無く、また友達が「カラオケは最高と糞の二段階評価だったら糞!」とか言ってたので正直あんまり盛り上がらないかなーとか思っていたがそれも最初の30分ほど。その後は歌ったり聞いたりで大盛り上がり。いやあ、物事はやってみるものだなあ。
 まず7:30〜9:30の時間帯は5〜6人の男女同室だったので標準的な歌を。織れは
時間帯人選などから少ない歌える曲の中から絶妙な曲を選んで歌い「退屈な授業が、俺達のすべて ならばぁ〜〜なんてちっぽけで なんて意味のない なんて無力な 15のよぉ〜るぅ〜〜」など歌う(ちなみにこの曲は中三の時3組のM君が暴走しながら歌ってのを聞いて知ったような)。
 当初の予定では打ち上げは9:30までだったのでここで半分近くの人が帰ったが、まだまだ夜はこれから。
 男女合わせて17人の強豪が残り、夜間サービスタイムシステムを使い部屋にこもる。ここで男女別室になり路線がかなり変わってくる。具体的に言うと
「肉体関係-!!」「あのしょっぱい青春の日々は〜」「100万回のメールよりも〜」などと叫びまくる。そして最高潮に盛り上がったところで10:30を迎え惜しみながら打ち上げは終了したのであった・・・。

 つーわけで1年間過ごした9組の人々とも明日の終業式でお別れです。いやあ、9組の人々にはいつもボケてるような人が全国模試で綺麗な正三角形を見せてくれたり、友達に映画にむちゃ詳しい二人がいていつも話において行かれたり、出席番号の最初のほうが神クラスだったり、とにかく鬼才の持ち主が沢山いて全然飽きませんでした。またどこかで逢いましょう。さようなら。

登録タグ/ 工高生日記

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

←前の月の記事へ 日記ログの一覧へ 次の月の記事へ→

2005年3月の記事を 更新が古い順に 全て表示しています。


Twitter:【yarikomiff】

サイトのトップへ


System: Trishula Ver.1.14