管理人の日記ログ

力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月3日(土)
【真実を操る程度の能力】

 さあ、新しい「2010年度」が始まりましたッ!
 そう言えば、まだハッキリとは書いていませんでしたが・・・俺、留年しました\(^o^)/
 必修科目の「ソフトウェアII」の課題提出期限が"2年生とそれ以上で異なる"ということを失念しており、「未提出」にしてしまうという最低最悪のミスをやらかし(あんなこっそりと書かれても分からねぇよ・・・)、必修単位不足で見事に留年が決定した。正確に言えば、学年的には4年生に上がったのだが、卒業論文を書くための研究室配属が行われなかったため、今年度中の卒業は100%不可能。言わば「留年内定」である。なお、不況の時代であるが、この内定は取り消し不可能のようだ('A`)
 ・・・具体的な数字を挙げると、取得単位数は28.5単位。仮に「ソフトウェアII」が取得できていたとしても30単位だったから、卒業に必要な84単位までは遙か遠い。入院(「大学院への入学」)ではなく就職コースを狙っている俺の場合、就職活動も行わなければならないので、どちらにせよ2010年度中の卒業&就職は非現実的だったのだ。
 ――なんて言い訳をしてみても、結局は「去年1年間サボっていたから留年した」ということには、何ら変わりないのだけれどね(´・ω・`)

 そういうわけで、この1年はひたすら単位を取るために努力をしようと思う。
 現実的に2年後の卒業&就職を考えるなら、来年4年生になった時点で
50〜60単位は欲しいところ。となると、一つの学期で15単位を取得すれば良い。テスト10個か・・・。頭の悪さで一足お先な俺には決して簡単な話ではないが、ここまで来たらやるしか無いであろう。要は、全部の科目を必修と思えばOKなのである。
 ・・・( ^o^)
「大学なんてくだらない」と達観してみたところで、「お前のほうがくだらないよ」と言われてしまっては、俺は何も反論する術を持たない。まったく、大学入学時からは考えられない酷い展開だが、とりあえずは前に進めるしかないであろう。一本道の人生なんだよ('A`)

 それから。サークルの合唱は続けていきたいと思っている。
 もう、同輩である4年生の大半は引退し、後輩たちが練習の主体となっているけれど、それでも俺は離れられない。歌うことは楽しいし・・・なんと言っても、「仲間」が居る。およそ人前に出られるような器量ではない俺のことを、「仲間」だと認めてくれる人が居るのだ。だから、俺はそういう仲間と過ごしていきたい。
 それは確かに「甘え」と言うべきものであろう。けれども俺は、甘えられるうちは甘えておきたいのだ。現実が怖いから。未来が不安だから。みんな優しすぎたから。
 ――まったく。後輩からは「これからも僕たちを支えていってくださいね(ピューAAryなどと言われたが、"支えられている"のは、一体どっちだと言うのだ(´・ω・`)

 ということで、また新しい生活が始まる、この一年。
 まだまだ新しい挑戦をしていくつもりなので、この日記上でも、どうかよろしくお願いしますッ!
 ――あと、新年恒例のアンケートも設置しましたので、よろしければご協力お願いします(^q^)
 (投票終了しました。ご協力ありがとうございました)

 そんなこんなで、この1日と2日は、新年恒例の新入生勧誘活動を行ってきた。
 他の大学がどういう感じなのかは知らないが、俺の大学では、新入生が入学関連書類を提出する「諸手続」の帰り道に、何十ものサークルがテントを張って待ち構え肉壁で道を塞ぎ半ば強制的にテントへと連れ込んで勧誘を行うことになる。大学の公式書類には、そんな通過儀礼があるとは露ほども書かれていないため、新入生にとっては迷惑千万な話であろう。俺も3年前はそうだったのだが・・・実際に"迷惑を掛ける側"になってみると、昔のこともいい思い出として許せるようになった。
 ――でも、合唱に興味のある人はともかく、「サッカー部に入りたいんです><」という人に対して「君のロスタイムを俺たちにくれッ!」と言ってみたり、「ラクロスをやろうと思ってます><」という人を「俺たちのサークルにはラクロスは居ないけどタクラスは居るぜッ!」と連れ込んだり、「特にサークルは決めてないです><」と話した人を「じゃあ選択の一つとして合唱を! 選択肢が増えると攻略できるキャラクターも増えるからッ!」と諭してみたり・・・(´・ω・`)
 まったく、我ながらこれは酷いと思ったが・・・大学とはそういう雰囲気の場所であろう。少なくとも、新入生の勧誘・歓迎では、それが許されるということだ。

 俺にとっての「新入生」というのは、いわゆる「後輩」ではない。むしろ、「友人」のほうが近いと言える。
 もう2年も一緒に過ごしてきた1個下の後輩はもちろん、世代が離れている2個下の後輩だって、「アレ」「乙」「世界平和」などの言葉を教えてくれた大切な人たちだ。そんな後輩たちが居なかったとしたら、俺の大学生活は・・・そうだな。俺が2年生だった頃の夏で、とっくに"ゲームオーバー"を迎えていたはずだったからな。
 だから、そんな「仲間」が増える4月というのは、俺にとって非常にウキウキする時期なのだ。ましてや、「合唱」だ。人数が多くなれば、その分だけ楽しくなるに決まっている。欲を言えば、( ^q^)「東方厨が入ると良いなァ・・・」とか( ^q^)「音ゲーファンが来たら嬉しいなァ・・・」とか( ^^o)決闘sデュエリスt (ryなどと思ってしまうが、単純に"友人が増える"というだけで、俺はとても幸せになれるのである。そしてそこから、新たな未来も生まれてくるのであろう。
 ――あと、一応。心配している方も居ると思うが・・・もう俺は、後輩を恋愛対象として見ることは無いであろう。"魅力的な人"が居ないわけでは無い、むしろそういう人だらけなのだが・・・それが、俺には眩しすぎる。とてもじゃないが、これ以上「迷惑」を掛けるわけにはいかないのだ。
 俺には、「恋愛」は早すぎた。だから、次の「恋」は、もう少し"大人"になってからにするよ(´・ω・`)

 さて。
 新入生を勧誘するためには「気合」「根性」といった精神面だけではなく、「ビラ」「パンフレット」といった物理的な準備も数多く必要とされる。そういったアイテムは、勧誘活動の中心となる新2年生がやってくれたので、俺は何もすることが無くて助かった。はたらきものよ|^o^|
 そして、そのような「勧誘アイテム」の一つに、説明を受けた新入生が名前・連絡先などを書く紙があった。この紙の情報を頼りに、我々はメールを送ったりして勧誘活動を行うのである。最近では、個人情報うんぬんで書いてくれない人も多いが・・・我々にとっては、非常に重要な情報となるのである。
 ――そういうわけで、勧誘場所にはその「個人情報を書くための紙」が用意されていたのだが、白紙では新入生が書きづらいだろう・・・ということで、我々が最初から左上に「ダミー」を書いておくことにしたのである。正直言って、あまり良くないことであるが、そういうものということでお許し頂きたい('A`)
 俺は、その「ダミー」として、最初は明らかに偽物と分かるように、既存の団員のパロディ(某スパッツくんなら「巣波 津太郎」など)を書き、その「趣味」欄には「真実」「運命」「奇跡」などという厨二T2用語をたくさん記入していた。だが、そのうちにテンションが上がってきた俺は、若かった頃のことを思い出し、こんな「名前」を書いてみることにしたのだ。このネタが分かる人は非常に少ないだろうが・・・('A`)


名前 屋良 朝誠
科類 理科三類
出身 昭和薬科大附属
連絡先 yarase-tyousei@ドコモ
趣味 束大模試

力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月4日(日)

 「長い文章」は、そこに多くの情報を書くことができるため、人に文意を伝えやすくなると思うかもしれない。だがそれは大きなミステイクであり、実際には長い文章を書けば書くほど、人に伝わる情報は少なくなってしまうのだ。これは矛盾しているようであるが、紛れもない真実である。
 俺は、こんなサイトをやっていることからも分かるように、やたらと「長い文章」を書くのが好きだ。だからこそ、自分へのくさび として打ち付けておかねばならない。自分の感情を思うままに全て書き記したところで、決して気持ちは伝えられないのだと。
 ――そんな「長い文章」が駄目な理由を、いくつかの例を挙げて示してみたいと思う。


 1 Wikipedia編

 ネット上で誰でも自由に編集が可能な、お馴染みのフリー百科事典「Wikipedia」。だがその内容が分かりやすいかというと、決してそうではないのだ。
 例えば、PSPの「遊戯王5D's タッグフォース4」で遊戯王のアニメに興味を持った人に対して、( ^o^)ノ「アニメ5D'sのストーリーを知りたいなら、Wikipediaを読むといいよ!」などと勧める人が居る。しかしこれは最低の方法であり、Wikipediaで中途半端に学ぶくらいなら、何もしないほうがマシだと思うのだ。
 というのも、「遊戯王5D'sの登場人物」ページ。その主人公「不動遊星」の項は、こんな感じになっているのである。

本作の主人公[1]。18歳。シグナーの1人で、竜の尾の痣を持っていたが、現在はドラゴンヘッド(竜の頭の痣)を受け継いだ。マーカーのID番号はG2MA2-88。エースカードは「スターダスト・ドラゴン」。仲間達の集めたジャンクパーツを組み上げ製作した、二輪の赤いハイブリッドタイプのD・ホイールに搭乗する。
サテライトで育ったが生まれはトップス。両親はモーメント技術の基礎を築いた科学者で、17年前のゼロリバースにより死亡。まだ赤ん坊だった遊星は施設に預けられた。彼の名は父親が発見した遊星歯車に似た性質を持つ「遊星粒子」からとっており、他人同士を結び付け、絆を大事にして欲しいという願いが込められていた。
頭脳明晰で手先が器用であり、機械やコンピュータに関する高い技術を持つ。その技術はセキュリティの鑑識より優秀と評されるほどである。ジャンクデッキを使用する。 喧嘩の腕も相当なものであり、身体能力も高い。
普段は冷静沈着で寡黙な青年だが、その胸の奥には熱い心を秘めている。また、この世に存在する全ての人間やカードには価値があり、不要なものなど一切無いという信念を抱いている。 その熱い心は人を惹きつけ、彼の周囲にはいつも絆で結ばれた仲間が存在している。
仲間たちの協力を得てサテライトを脱出、シティで待ち構えていたジャックとの因縁に決着をつけるため、そしてスターダスト奪還のためにライディング・デュエルを行う。デュエルの中でスターダストを奪い返し、ジャックのレッド・デーモンズと熾烈な戦いを繰り広げる内に、伝説の「赤き竜」を呼ぶ者である「シグナー」の一人と判明する。その後セキュリティに逮捕され、左頬にマーカーを刻印されて収容所に送られるが、ゴドウィンが遊星が収容所にいてはシグナーとしての覚醒が望めないと判断し、彼を出所させた。その後、押収されたデッキとD・ホイールを仲間達の協力で取り戻す。
遊星のシグナーとしての覚醒を狙う治安維持局の脅迫により「デュエル・オブ・フォーチュンカップ」へ出場。紹介文は「サテライトの流れ星」。決勝戦、アキとのデュエルの後、シグナーとして完全に覚醒。さらに、最終戦でのジャックとのデュエルで勝利し新たなキングとなる。また、このデュエル中再び「赤き竜」が降臨。星の民と過去のシグナー、そしてサテライトの滅びのビジョンを目撃する。
ゴドウィンからサテライトの真実、そしてダークシグナーの存在と目的を聞き知らされ、サテライトに帰還。旧友のクロウや仲間達と再会を果たす。旧モーメントへ向かうためにB.A.Dエリアの最深部を目指すが、鬼柳との熾烈なライディング・デュエルの末、敗北寸前で遊星のD・ホイールが過酷なデュエルに耐えきれずに故障し転倒、負傷してしまう。一命は取り留めたが、現在の自分では鬼柳に勝てないと痛感してしまう。
過去の因縁を断つべく鬼柳の待つ巨人の制御装置へ向かう。鬼柳との再戦の最中、サティスファクション時代の出来事のことを鬼柳に謝罪する。そしてシグナーの痣の力によってデッキから発現した「救世竜セイヴァー・ドラゴン」により「セイヴァー・スター・ドラゴン」をシンクロ召喚し[2]、鬼柳に勝利する。
鬼柳との決戦後、ルドガーの元に向かい、ゼロ・リバースの発端を自分の両親が起こしたはずなのに、憎まず自分を慕ってくれるジャックやラリー達に対する「心の闇」を打ち明けながらも勝利するが、ルドガーの策で冥界に落とされる。しかし、父親の手助けにより無事に復活し、ゴドウィンとの最終決戦ではジャックとクロウとの共闘で「セイヴァー・スター・ドラゴン」でゴドウィンを倒し、遂にダイダロスブリッジを繋げた。
第3章では1年後のWRGPに出るため、クロウとジャックと共にD・ホイールの新しいエンジンの開発に明け暮れており、副業の修理屋を何でも直すと評判である。大会を目指している最中、相手のシンクロモンスターを吸収(装備)する「機皇帝」が姿を現わす。これに対抗すべく、謎のD・ホイーラーから教わった「アクセルシンクロ」を模索することになった。
1年後にはWRGPが開催されるが、強豪のチーム・ユニコーンを3人抜きしなければならない状況でバトンを渡される。最終的に、融合モンスター「波動竜騎士 ドラゴエクィテス」を融合召喚し、勝利へと繋げた。


 ・・・正直、この文章を読みたいと思う人は居ないであろう。これは「キャラクターの紹介」ではなく、アニメのストーリーを1話から順番に解説しているだけである。抑揚無く出来事が書かれていて読む気がしない上に、凄まじくネタバレが多い。これでは、「誰かに情報を提供するための文章」ではなく、「編集者が自己満足で情報を追加しているだけ」と言われてしまっても、文句は言えないであろう('A`)
 もし、アニメ未視聴者に対して「登場人物を紹介する」という目的を果たすためであったら、「不動遊星:竜の痣を持ち、『シグナー』と呼ばれる決闘者の一人。精霊竜『スターダスト・ドラゴン』を使用する。本作の主人公で、愛称は『蟹』」などと書けば十分のはずだ。長い文章に対して、人は興味を持たないのである。


 2 対人関係編

 200文字までしかメールを書けなかった時代はいつのことやら。現在では、ネットの文章も携帯電話のメールも、"無制限"と言っても良いほど書けるようになった。
 だが。特定の個人に対して、何らかの気持ちを伝えたい時に、容量に甘んじて大量に文字を書いたところで、決して好意は伝わらないのである。
 ・・・例えば俺なんかは、相手の同情を誘おうとして、よく以下のような書き方をしてしまうのだ。もちろん、これは駄目な例だからな('A`)

( ^q^)「やァ・・・こんにちは・・・いや、"GoodNight"かな・・・。
     今日はYOUに、どうしても伝えたいコトノハが有ったんだ・・・。
     こんなにも月が紅い夜・・・今日だけは、僕の無礼を許して欲しい・・・。
     静寂のDarknessをRedMagicが包む今宵のWordLeafは
(※以下ポエムにつき省略)

     (※略・・・「自分の幼少期の説明」を3行)

    
(※略・・・「出会う前の出来事」を5行)

    
(※略・・・「出会って如何に人生が変わったか」を6行)

     つまるところ、僕は・・・君が"ラヴ"なんだ・・・いや・・・"大切"に想っている。
     Fucknessだが、君が居なければ僕は"絶望"なんだよ・・・分かるだろう?
     君の胸の内が知りたいよ・・・そして、新たなる"レジェンド"を共に生きよう・・・。


 と。これはさすがに冗談であるが、基本的に俺の文章というのはこのノリであり、必要以上に自分のことをつらつらと話す傾向があるのだ。
 ・・・が、言うまでも無く、これでは自分の言葉・・・いや、"WordLeaf"に酔っているだけなのが"現実"だ・・・。クッ!悲しいねェ・・・Youに気持ちを伝えたいと思うHEART・・・それ自体が、HEARTを伝えるためのBARRIER・・・まさに"儚きヒトの世"の真実。FutureLOVERSが想いを"疎通"する真実の紅夜に燃え滾る僕のMyHEART(以下ry
 ――メールというのは、「人の心の中」に語りかける好意である。決して、自分の感情を押しつけたりしないように(´・ω・`)


 3 東方編

 今さら言うまでも無いことであるが、俺は「東方」が大好きである。
 しかしながら、ネット上には様々な理由により、「『東方』が嫌い」という人が大勢存在する。また、それとは別に、「『東方』って何?」などと思っている人も居るだろう。そういった人たちに、「東方」を紹介するための動画として、よく勧められるものがある。それが「東方って流行ってるけど一体何?って人集合!」(リンク先はニコニコ動画)という動画であり、再生数が45万もある化け物動画だ。この「再生数」っての、言っとくけど1万行けば十分に成功なんだぜ('A`)
 そんな感じで、十分に評価されている動画であるからこそ、こういうことを俺が言っても問題無いと思うのだが・・・俺は、上の動画は全く初心者向けではないと思うのだ。確かに、初歩の初歩から丁寧に解説しようという精神は理解できるが、そのおかげで動画の長さは13分57秒。「『東方』を知らない(興味が無い)という人はもちろん、「『東方』が嫌い」という人が最初から最後まで視聴するとは到底思えないのだ。
 ・・・現に、この日記を見ている"あなた"は、上の動画を見て「東方」を知ってみたいと思っただろうか? つまりは、そういうことなのである。

 ということで、俺が「東方」を人に紹介するときは、そのゲーム的な部分をひたすら説明することにしている。
 ( ^o^)「東方とは正式名称を『東方Project』と呼び、サークル『上海アリス幻楽団』によって作られた云々・・・」などと馬鹿正直に頭から解説したところで、誰も読んではくれないだろう。それよりはいっそ、「ゲーム的な面白さ」の部分をサクっと解説したほうが、少なくとも俺は、「東方」のことを人に伝えられると思っているのだ。

 ◆「東方星蓮船」 2面ボス(LUNATIC)より

 「東方」は、やたらと弾の多いシューティングゲームですが、
 決して理不尽に難しいということは無く、パターン化や練習をすることにより
 一見回避不可能とも思えるような弾幕でも、攻略していくことができます。
 ここでは、その一例を紹介します。

 
ボス通常攻撃1 (0:01〜)
 固定弾幕です。特に難しくは無いでしょう。

 
傘符「パラソルスターメモリーズ」 (0:14〜)
 大量の固定弾を撒きながら、嫌な軌道の傘弾を飛ばしてきます。
 非常に難易度が高いため、ここで「ボム」を使用します。
 ボムを使用することで、相手の弾を消しつつ突破することができます。

 
ボス通常攻撃2 (0:22〜)
 画面最下段だと弾列に潰されるため、画面中央で少しずつ反対方向に避けます。
 かなりの精密操作が要求されるので、ボムがあれば使ってしまって良いでしょう。

 
雨傘「超撥水かさかさお化け」 (0:35〜)
 ランダムで左右から大量の弾が降ってきます。
 ここは気合で避けましょう。

 
化鉄「置き傘特急ナイトカーニバル」 (0:56〜)
 自機狙いの鱗弾+左右からのばらまき弾。
 画面真ん中あたりが比較的避けやすくなっています。
 しかし、かなりの気合が必要とされるため、やはりボムを使って構いません。


 まァ、こういうのを作ると、逆に「こんな操作は僕には絶対無理('A`)などと言われてしまうこともあるのだが・・・。
 こういう動画、まずはクリックしてもらわないと話にならないから、こういう派手なのを見せるしか無いのだ(´・ω・`)


 ということで、「長い文章」を書く・・・もとい、頭から全て丁寧に解説したとしても、それを「相手に理解してもらえるかどうか」は別問題だということが分かった。
 まったく、単位やら給料やらが懸かっているならともかく、これは「趣味」の世界での話。相手に(´・ω・`)「こりゃ面白くないわ」と思われたら、それでオシマイなのだ。
 ――人の心を掴む"表現"。それを我々は、対象物の実体以上に磨き上げていかなければならないのである。

力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月5日(月)

 俺は早起きが「苦手」ではない。目覚まし時計を掛ければ大体は時間通りに起きられるし、その後の体調に支障を来すこともなく、元気に一日を生きていける。睡眠時間が3〜4時間などという習慣を続ける場合でも、昼寝を効果的に取り入れ、容易に耐えることができる。
 ・・・が。俺は、早起きが「苦手」ではないが、しかし「嫌い」なのだ。というのも、眠気を振り払って行動を開始するには、かなりの気合が必要とされる。もし一瞬でも誘惑に負け、( ^o^)「あと10分だけ寝よう」とか(^o^)「サボっちゃってもいっか!」とか(^q^ )「"Sleeping"・・・それはヒトが本質的に求めるTheHOPE・・・。あばよ、"Truthly World"・・・」などと考え、布団に潜ってしまえば最後。大抵は何時間も寝過ごし、早起きの予定が完全に水の泡となってしまうのだ。

 俺が特に何も考えなかった場合、大体寝るのは深夜3時〜4時、起きるのは朝11時〜12時となる。日記の更新時間と、睡眠時間の基準とされる「8時間」を考えて頂ければ、自然に納得して頂ける時間であろう。少々夜型だと思われるかもしれないが・・・世の中の大学生は、大体こんな感じでは無いだろうか?
 ――が。こういった大学生の生活態度をあざわら うかのごとく、工学部の朝は早い。その1限は、一般的に多い「9時」とは違い、何故か8時30分から始まる。我々にとって、8時30分とは「朝」というより「深夜」のほうが近い。そして2限も10時15分から始まり、それが終わるのは11時45分。そして順当に3限も早く始まる・・・と思いきや、何故かそこだけは昼1時からと統一。つまり、1限が早く始まった分だけ無駄に昼休みが30分長くなっているのである。マジで誰得なんだよこの時間割はッ!
 このような謎の日程を採用しているせいで、他の学部生より30分早く起きなければいけないのは言うまでも無いが・・・学習制度的に考えても、工学部以外の授業コマと時間がズレてしまい、他学部科目の履修が難しくなるという問題が発生してしまうのだ。一体誰が何のために、工学部の朝を早くしたのだろう('A`)

 今年から3年生2回目となった俺であるが、時間割表には1限の授業が散乱している。というか月〜金まで全て1限が入っているため、8時半に学校へと着くための時間から逆算し、起床時間は7時。その深夜に起きているだけなら徹夜をすれば余裕なのだが、そのあと学校に行かなければいけないことを考えると、やはり現実的には睡眠を取っておきたい。しかし、日記の更新に掛かる手間を考えると、就寝時間は変えられない。つまり・・・気合で睡眠時間を減らし、早起きするしか無いのだ。
 一応、現段階での1週間のコマ数は17。去年はそれに加えて「実験」が存在したためマジキチ専用日程となっており、実際に俺は総崩れとなってしまったのだが・・・それでも、実験の単位だけは去年に取っていたため、今学期はデスクワークの講義が存在するのみ。だから、そこまで滅茶苦茶な難易度にはなっていない・・・はず。
 ――そのため大切なのは、「授業に出席しつづける」という意欲のみ。まァ、出席しなくても何とかなるものも有るのだが、授業に出ていないと基本的にやる気が無くなってしまうため、意欲を保ち続ける意味でも、授業には出ておきたい。そのために必要なのは、月〜金曜で朝7時に起き続ける「気合」である。
 俺の場合、舐めてるとホントに( ^o^)「3年生が3回目になりました(笑)などということになりかねない。今年はちゃんとやらないと(´・ω・`)

力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月6日(火)
【評論テクニック】

 一人暮らしの大きな敵の一つ「ゴミ出し」「ゴミ」というのはご存じの通り、適当な大きさのゴミ袋にまとめて、指定の曜日の朝に回収所に置いておけば、業者が持っていってくれる物である。例えば俺の地域ならば、火曜日と金曜日が燃えるゴミの日であり、その日の朝8時までに下宿の前に袋を持っていけばOKなのだ。
 ・・・そういうシステムで、言うまでもなく問題となるのは、「回収の曜日」ではなく「朝8時まで」のほうである。ちょうど昨日の日記でも同じことを書いたが、朝8時というのは深夜なので、起きているだけでも難しい。ましてや、そんな時間に「ゴミ出し」という作業を行うことなどは、まさに至難の業なのである。
 ならば、前日の昼あたりから出しておけば良い・・・と思うかも知れないが、透明なゴミ袋を晒しておくと必ずカラスに荒らされるため、最低でもカラスの活動が終わる夜にゴミを出さなければならない。だが夜になると人間もやる気が無くなってしまうため、「ゴミなんて朝に出せばいっか('A`)と油断してしまい、結局は朝にも出さずにゴミ袋を溜め込んでしまうオチとなるのだ。日本人は"溜め込みやすい性格"だと言われるが、そういうのは良くないぜ。○ラ○ラしてくるしな(´・ω・`)

 実家時代のゴミ回収業者はお母さんだったため、非常に柔軟な対応をしてもらうことができた。だが、今度の相手は役人である。ルールを守ってゴミを出さなければ、決して回収をしてもらうことはできない。社会を効率化するためには、そういう決まり事が必要なのだ。
 我々は「入り」にのみ注目しがちであるが、それに匹敵するほど「出」というのも重要である。例えば電流は、「出口」が確保されていなければ、一生流れてくれることはない。それと同じで、「ゴミの回収」が無ければ、即座に社会の物流はストップしてしまうだろう。「ゴミのようだ!」と馬鹿にする人間は、文字通りゴミのようなのである。
 そうやって、ゴミ収集ルールの大切さは分かるのだが・・・やはり現実的には難しい。一応、指定されたゴミの日を守らなくとも、出したゴミはいつかは回収してもらえる。というか極端な話、道端にゴミ袋を放置しておいても、そのうち清掃業者が片付けてくれることであろう。だが、それってどうなのだろうか。少なくとも俺は、自分の出した「ゴミ」が散らかされ、多くの人が不愉快になっているというのに、そんなことはつゆ 知らずと笑っていられる・・・そういう気概は持っていないのだ。
 この年になって俺は初めて、実家の自治体で実施されていた「ゴミ袋に名前を書く」というルールの意味を知ったよ。名前を書かせることで、恋のルール違反(※一発変換)を無くそうという考え方だったんだな。そんなことしなくても、"自主規制"で社会的なルールを守っていくのが一番だと思うけれども(´・ω・`)

( ^o^)「・・・甲という事象が本質的に内包する乙の一部分が持つ"皮肉的要素アイロニー"を相対化して丙の意味空間に観念付けると・・・」

 「評論文」とは、高校の国語の教科書などに掲載されている文章のことであり、意味不明な文字列と捉えられることが多い。
 そもそも、どういう文章が「評論文」と呼ばれるのかというと、何らかの"レビュー"をした文章は、一般には「批評」であって「評論」ではないとされる。だが、「評論文」がそれである一番の理由は、「それが『評論文』と位置付けられていること」なのだ。何とまあ哲学的な一文になってしまったが、要するに「評論」という名前が付いていればそれが「評論文」なのである。Wikipediaで「評論」と引くと、その代わりに「評価」という言葉が出てくる。両者の間に、本質的な違いは存在しないということだ。
 ――だが、我々の間で意味が通じる、いわゆる「評論文」と言えば、やはり国語の教科書などに出てくるイカれた文章という印象が強い。やたらと難しい言葉を使い、わざと回り道するような論述を用いて、およそ一般人が興味の無いような事象を証明してみせる。さすがに冒頭の一文は冗談であるが、それに近いノリの奇文が展開されるのである。それは確かに、「読解力」を養うための教材としては最適だろうが・・・(´・ω・`)

 しかし、意外にも俺は「評論文」が嫌いでは無い。――ただし、ネタとして。
 どういうことかというと、もちろん書いている側としては真剣なのだろうが、どうでも良いことをクソ真面目に書かれると、それが滑稽に思えて笑えるのである。例えば、( ^o^)「僕は物事の意味付けに興味があります」と普通に言えば良いのに、(^q^)「見せて意味の空を・・・意味の眼差しの海に僕の目を」などとひねた書き方をしてみる。それはもはや、( ^^p)「これはNotSAFE・・・他の"三人"の危険がDANGEROUS・・・」などという謎ポエムとレベルが変わっていないのだ。
 ・・・そして、俺は尊敬するのだ。話の内容ではなく、「文章の構造」自体をネタにしてしまう技術。それはまさに文芸家、"文章を書いて飯を食っている人間"の業に相応しい。俺のような素人では、とても到達することのできない、賢者の境地なのだ。――いつか俺も、そんな文章を書いてみたいものである('A`)

 ・・・・・・。
 一応、真面目に「評論文」の擁護をしておくと、それはそもそも「万人に読ませるために書かれた文章では無い」という点が挙げられる。およそ我々が興味の無い、観念的な要素を語るような文章は、そういう思想を好きな人だけが読むために書かれている。つまり、"一般向け"では無いのだ。そう考えると、世間一般で「評論文」が嫌われているのは、「文章を読む」という「個」的な行為を強引に"人物評価"へと結びつけてしまった、受験界の側にむしろ責任が有るとも考えられる。
 また、評論文の「暗号」とさえも表現できるような難解極まりない表現は、文字通り・・・・「暗号」として機能しているのだ。それはどういうことかというと、興味の無い人にはサッパリで、その逆の人だけに文意が伝わるということである。そして我々は一般に、「自分だけが良さを分かっている」というものを好きになりやすい。それはつまり、「評論文」の"複雑な表現"によって、愛好家からの評価が高まり、強いては文章自体の価値が引き上げられることに相当する。それは、上で書いた「笑える」というパターンとは別の、「文章の構造自体が文章の価値を高めている例」だと言えるであろう。
 ――分かりづらいので、例を挙げて考えてみよう。俺の「FF13:クリスタリウムなしクリアープレイ日誌」は、戦術面で未熟であり、文章表現も決して分かりやすいとは言えない。なにより長い。そういうわけで、およそ普通の人・・・「たまにFFシリーズをプレイする」という程度の人が読んでも楽しめるとは(少なくとも筆者側としては)思わない。だが逆に、FFシリーズのコアなファンにはそのゴテゴテした内容が受け、身に余るような高評価を多くの方から頂いているのである。
 もし、あのプレイ日誌が、FF13の宣伝のため強引に見せ付けるような形だったり、公式媒体に取り上げられたりしたら、今とは異なる評価だったはず。「評論文」もそれと同じで、無理に公共の場に引きずり出されているからこそ非難されるのであり、本来の文芸世界では平和な生活を送っているはずなのだ。

 さて。
 上で挙げた事柄から分かるように、「評論文」の難解な構造には、それ自身の独立した価値が存在することが分かった。
 ――ということで今日は、皆さんのよく知っている物語を、"評論的"とでも言うべきスタイルで書き改めてみることにする。
 文章を書く「テクニック」が、文章自体の価値を高めてしまう。そういうことが世の中には存在するのだと、皆さんに理解して頂ければ幸いだ。



  /⌒ ̄ ̄ ̄\ ρ   「う〜、トイレトイレ」
  /川‖‖| ‖|  ゝ  人間がその「生」を受けてから本質的に内包する「便」のため、
 〈巛《〈〈 \巛 |     トイレを求めて躍動する僕は、「予備校」という社会の部分に意味を見出す「男の子」。
  │个 个 ヘ |      ただし、その生的事象が他から独立した意味の空で威光を放っている理由は、
  │┌−   )/      その意識の裏に「男」に対しての覆い隠せぬ走性が内在していることに他ならない。
   ヽヽ 丿//        社会において他者から僕を独立させるのは、「道下正樹」なる"名前"という概念。
    ┼┬┼
 /┴┴┴┴┴ ̄\
 | │       ┤ \
 | │       │\ \
 | │       │ \ \
 | │      /│  │ │
 | │     / │  │ │
┌─ヽ       」   │ │
│ ├┴┴┴┴┤   田田
│ │  ‖   ヽ   / │
├-┤   /   /   LllLノ





            , '´  ̄ ̄ ` 、     前述のような絶対的理由から、予備校から家――"House"であり"Home"とも呼べる
          i r-ー-┬-‐、i     人間の懐郷心を満たす特別な建造物へと至る意味付けられた空間に位置する、
           | |,,_   _,{|      人間が社会的動物として発展しすぎたが故に求めた皮肉的な地――「公園」に建造された
          N| "゚'` {"゚`lリ      後に特別な意味を持つことになる「トイレ」へとやってきたのだ。
             ト.i   ,__''_  !
          /i/ l\ ー .イ|、       それは、ベンチに一人の若い男が座っているという状況である。
    ,.、-  ̄/  | l   ̄ / | |` ┬-、   ウホッ! 好印象男・・・。
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i  ハッ!
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |  上記のような思考の海に沈潜していると、その男は僕の精神を洞察したかの如く、
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/ \ ツナギのホックを「解放」し、自我の「解放」を行ったのである。
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄ /       \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄  } ̄ /     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/         l|       |___|





    〃                 i,        ,. -‐
   r'   ィ=ゝー-、-、、r=‐ヮォ.〈    /   ¬
    !  :l      ,リ|}    |. }   /.  
.   {.   |          ′    | }    l
    レ-、{∠ニ'==ァ   、==ニゞ<    |   
    !∩|.}. '"旬゙`   ./''旬 ` f^|    |   L
   l(( ゙′` ̄'"   f::` ̄  |l.|   |    
.    ヽ.ヽ        {:.    lリ     |
.    }.iーi       ^ r'    ,'    ノ   
     !| ヽ.   ー===-   /    ⌒ヽ
.   /}   \    ー‐   ,イ       l.   
 __/ ‖  .  ヽ、_!__/:::|\       ヽ





 、        ヽ
 |ヽ ト、  ト、 ト、 、.`、
/|l. l. | |l l | | l |l.| |l. l
/' j/ ノ|ル'/レ〃j/l |
-‐7" ヾー---┐|_.j
 ̄   ./゙ニ,ニF、'' l _ヽ
::   ,.,. |ヽ 」9L.` K }.|
    l'  """  l ) /
  h、,.ヘ.      レ'/
          レ′
 r.二二.)     /  
  ≡≡    ,イ
.       / !
\   /  ├、
::::::` ̄´   /  !ハ.


力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月7日(水)

 (;^o^)「黒板の文字が分裂している・・・」

 「俺はゲーマーだけど目がいいよ!」と言っていたのも、今は昔。東京に来たくらいの頃から、少しずつ視力低下の兆候が現れてきたのだが・・・大学4年生(※広義)となった現在では、もはや最前列近くでないと黒板の文字が読めないほどに目が悪くなってしまった。友人の顔を見分けるのが困難になったり、FF13の小さな文字が目を凝らさなければ読めなかったり・・・と。いよいよ俺も、視力低下による悪影響を受けるようになってきたのだ。
 一般に視力が低下するのは、身体が大きく成長する厨学生時代が最も多いとされる。しかしながら、あくまで低下する時期は人それぞれであるため、俺のように大学生になってから視力が落ちたというパターンも決して変ではない。確かに、「寝る前に電気を消してゴロゴロしながらPSPで遊ぶ」などというおよそ目にとって最低の行為を行っていたのは確かだが、それはとりわけ最近に限った話ではない。視力低下の理由は、やはり「目が悪くなる時期だった」ということが大きいのであろう。

 現段階では、(;^o^)「目が悪くなったな・・・」と思う程度であり、日常生活がそこまで困難になったわけではない。
 しかし、この調子でどんどん視力が低下していくのならば、さすがにどこかで歯止めを掛けなければならないだろう。つまり、メガネ男子になるということである。Oh・・・去年あれほど「メガネっ娘萌えアンプルカッターと言っていた俺だが、まさか自身がメガネを掛ける可能性が出てきた・・・だと・・・?
 世の中では、「LOVEメガネ男子」などという流派が存在するという。ということは、俺もメガネを掛けることで女性から大人気になれるかもしれないのだ。やったぜッ!うふうふふうっふふふふふうふうふふっふふふふふふふっふぁwせdrftgyりあ充lp@;:「
 ――こら、そこ。更にキモオタ化が進行するとか言わない(´・ω・`)

力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月8日(木)
【フロント・ホックの両性差】

 遊戯王カードの基本的な販売単位は、5枚入りの1パック。それが150円であるため、つまるところカード1枚の値段は30円である。
 ・・・ということで、我々のような決闘者デュエリスト 「紙1枚に30円なんて馬鹿みたい」などと、よく世間の冷たい視線に晒されているのだ。確かに、ゲーム用に集めるとなると決して安い趣味とは言えないし、物理的に考えれば、それは紛れもない「ただの紙」である。CD・DVDなどで販売されるソフトウェアも、要はプラスチックに穴を掘って金属メッキをしただけ。だがあれは、他の機器によって再生可能であるため、実質的には「画像」「音声」「情報処理」などの他の価値を持っていると言えるのだ。
 そう言えば俺は去年、友人から( ^o^)ノ「彼女ができたら遊戯王カードをやめないといけないぜ」と忠告されたことがある。それに対して、最初は(^o^;)「・・・・・・何が何だか、わからない・・・」と思っていた俺だったが、要は"遊戯王なんかにお金を使っていると、恋人にガッカリされてしまうぞ"ということである。それだけ「遊戯王カード」という趣味は、世間一般の金銭感覚とはズレているのだ。
 ――ちなみに、その時はL(^o^#)「ふざけるな!彼女が出来ても、俺は決して遊戯王をやめはしないッ!」と返した俺であった。そして、他にも「恋人の如何に関わらず、遊戯王カードによる散財をやめる」という選択肢も、もちろん存在した。だが現実には、「彼女が出来ず遊戯王はやめない」という(ry

 "ただの紙"に30円という値段を付ける「遊戯王カード」というビジネス。それが認められているのは、一体何故なのか? もちろん「売れているから」と言ってしまえば話は早いのだが、売れるものには必ず"理由"が存在する。世間一般で認められる妥当性が無ければ、そんなものは売れるはずが無いのである。
 一つ言えるであろうことは、遊戯王カードは「紙」を売っているのではなく、「ゲーム」を販売しているのだということである。カードゲームの基本ルールから、定期的に改訂される禁止・制限、そしてそれらを用いて楽しむ「対戦」という行為。そういう「遊戯王カード」というゲーム全体に、我々は価値を感じているのである。
 ――そして、このビジネスが偉いのは、それが同時に一定以上の品質を持つコレクターズアイテムとしての価値も有しているところである。もし、ただゲームを遊びたいだけであれば、厚紙を適当なサイズに切って「ひょうけっかいのりゅうとりしゅーら あいては死ぬ」などと書いておけば、もちろん公式大会では使用できないが、十分に「ゲームカード」としての機能は果たせるはずだ。だが、「遊戯王カード」が公式品としてしっかりとしたクオリティを保っているからこそ、我々はそれを安心して買い求めることができるのである。ファンの中には、「買うことも遊戯王カードの楽しみの一つ」とまで発言する者も存在する。イラストもゲーム的意味もよりどりみどりのカードたちがパックの中から出てくるだけで、我々は楽しくなれる。それもまた、遊戯王カードという「紙」の価値を引き上げることに貢献しているのだ。

 逆に考えれば、きちんと環境を整備し、その価値を引き上げる根回しを行っておけば、「ただの紙」に30円もの値段を付けることができるということである。
 安い物を安く売るのは普通であり、高いものを高く売るのもダメ。利益を生み出す設計様式は、「安い物を高く売る」ことなのである。
 ――なるほど。身近にあるから意識していなかったが、凄いんだな、「遊戯王」って。

 皆さんの中には、「男女間の性差」よりも、「個人個人の性格の違い」のほうが重要だと思う方も居るかもしれない。確かに身の回りを見渡してみると、テキパキと事を進める男勝りの女性が居たり、うじうじとしてばかりいる女々しい・・・・男が居たり・・・と。まあ、俺は"さばさばした男"というものを、ほとんど知らないんだけどね(´・ω・`)
 だがそれは、あくまで"個人間"のレベルに過ぎない。対して「男女間の性差」という視点に立つと、男女の性格の違いを「社会全体」という目線から俯瞰することができる。そのため「男女間の性差」という言葉は、主に「国家」「自治体」などの為政者側が用いる用語となっているのだ。
 ・・・逆に、個人間において「性差」と言ってしまうと、その多くは"レッテル貼り"となり、個人個人の性格の自由性・多様性を否定する言葉へと繋がってしまうことには気を付けておきたい。「男」「女」などという使い古された評価基準に合わせる必要はなく、人の生き方はその人自身が決めるものなのだから。

 では、「社会全体」という視線から捉えたとき、いわゆる「男女間の性差」とは、一体どのようなものであろうか。
 まず思い付くのは、我々が幼い頃に聞かされた「男の子はスポーツ、女の子は人形遊び」などという"趣味"における認識である。(;^o^)「人形遊びが好きなのは大きな男のお友達じゃねぇの?」などというどうでも良い疑問は置いておいて、この手の印象は、確かに我々の間に存在する。その起源を考えれば、「男は走り回って狩りをする」「女は子供を産み育てる」という、それぞれの"動物的本能"に根ざしていることは間違い無いであろう。
 ――それは、人間が「生物」の一部である以上、社会規範を形作るための要素として、今後も一定以上の意味を持ち続けるはずだ。しかし、それは所詮旧来の価値観に過ぎないのだ。だから、もしあなたが「性差」というレッテルによって誰かから馬鹿にされるようなことがあれば、それは「自分自身で新しい価値を見出すことができないのか」などと、逆に相手を馬鹿にしてしまって構わないのである。

 しかしながら、「男女間の性差」というものは、我々の間に紛れもなく存在する。
 例えば、男の方が体が大きく、筋肉質な構成になっていることは、確かな事実である。そのため、「瞬発的に大きな力が要求されるような仕事」を行うのは、間違い無く男のほうが向いている。また男には、逆立ちしようが「子供を産む」ことはできない。両性は、生命維持を行う「体」という機能の点で、既に分けられているのである。
 ・・・だが人間は、他の生物には無い「心」という厄介なモノを持ってしまった。だから、我々は揺れているのだ。生命維持を行う「生物」としての本能と、社会を造る「精神体」としての生き方の間で。そしてそれはきっと、「人間」が今後生きていく未来永劫において、その意味を問い続けていかなければならない問題なのであろう。
 ――ちなみに俺自身の場合であるが、やたらとカッコいい言葉を使ったり、世俗からかけ離れた態度を取ったりしてみる点は、割と「精神体」に近いものがあると言えるかもしれない。だがその実体を考えると、結局は世俗の欲求から離れられていない。まだまだ「悟り」の境地に達するには早すぎるということなのだ('A`)

 さて。
 感情的になりやすい「男女間の性差」の問題であるが、それを簡単に理解するには、やはり「笑い話」から入門するのが王道であろう。
 ・・・それに関して、世間でよく使われるものに、「ホック」の話がある。"ホック"と言えばもちろん、いわゆる衣服の「留め金」のことである。「?」のような形をした「フック」も実は同じ単語から来ている言葉だということを考えれば、その「形状」と「役目」は容易に想像して頂けることであろう。
 そして、その話によると「ホック」は、女性に言わせれば「付けるもの」であるが、男性では「外すもの」だという。このような違いが生まれるのはどういうことかと言うと、男女のそれぞれが「ホック」を扱う文化に由来しているんだそうだ。
 ――そう言えば確かに、"男"である俺の一身上の生活で考えると、「ホック」は"外す"ものだという印象が存在する。決して表社会に出ることはないが、しかしながら「ホック」の話は、確かに我々の深層意識に存在している。だからこそ、その話は男女の性差を明確に表わす物として、世間で語り継がれているのであろう。

 ということで本日は、「ホック」という題材を使って、"男女間の性差"という微妙な問題を解説してみることにする。
 我々は確かに、「精神体」としての人間と考えれば、等価値を持った存在である。だがやはり両性の間には、否定できない「性差」が存在する。それはつまり、上記の話で言えば、我々「男」という生物は日常生活において、常にホックを"外す"ことばかりを考えているということである・・・。


問題
次の括弧に当てはまる言葉を書き、文章を完成させなさい。

(             ) ホック (              )



 ◆女性が考える文章
 →(今日はフロント) ホック (のブラを買ってきました)

 ◆男性が考える文章
 →(僕の見ている目の前でツナギの) ホック (をはずしはじめたのだ・・・!)







TheENDォ!






力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月9日(金)
【恋渇】

 この水曜日の放送分からオープニング・エンディングが新しくなった、アニメ「遊戯王5D's」
 ご存じの通り、アニメのOP・EDというものは、要は単なる"スタッフロール"なわけだが、毎週毎週放送の最初と最後に流されるうえ、そこには伝統的に「歌」が付けられることとなっている。そのため、言わばアニメの「顔」を表わすものとして、本編とは一味違う気合の入った映像となっているのだ。
 ――前回の「5D's」のオープニングは「これはどこからどう見てもカードアニメですね^o^2009/7/1という感じになっていたが、果たして今回は・・・?

 まず、いきなり唐突に突然不意打ちで、挿入された牛尾さんによるナレーションから新OPは始まった。

Σ・∀・)『ライディングデュエル』。それは、スピードの世界で進化したデュエル。
      そこに命を懸ける伝説の痣を持つ者たちを、人々は
『ファイブディーズ』と呼んだ」
      
(※呼びません)

っていうかプラシドお前は誰なんだ編
 
どう見てもただの遊戯王編


 (;^o^)「・・・いつもの遊戯王ですね・・・」

 遊戯王と言えば、ご存じ「カードバトルアニメ」であるが、何故か世界の運命がカードで左右されたり、何故か異世界に迷い込んだり、何故か精霊と愛を語り合ってガチホモ展開になったりと、その常識に囚われない展開が魅力的である。「何だ、この痛みは・・・ソリッドビジョンじゃないのか!?」というのも、もはやシリーズ恒例。むしろ俺のようなファンの間では、ダメージが実体化してからが本番と言われるほどなのである。 も は や カ ー ド で は な い ^ q ^
 ――今期の展開は、主人公たちが"WRGP"と言われるライディングデュエルの大会に挑むが、その裏で闇のデュエリストによる陰謀が渦巻き、命懸けの決闘が繰り広げられる・・・という、まさに遊戯王といったシナリオである。もはやただカードで戦うだけでは何も面白くない。やはりデュエルは「決闘」でなければならないのだ。
 そして、二つ目の画像の左に見られるのは、「機皇帝」と呼ばれる巨大ロボット型のモンスターと、それを操る「イリアステル」の三人組。こいつらが、今回のライバルとして立ちはだかるのだ。微妙にデザインが遊戯王っぽくない・・・というかただのジャンプ漫画と化しているが、まァこれもこれで良いだろう。今後に期待である。

 俺が自転車で駒場へと向かう際には必ず新宿を通るのだが、その道にはよく「恋活はメールで♪」などと書かれた宣伝トラックが走っている。やれ、"結婚するための活動"――「婚活」が日本語として定着したと思った矢先に、これだ。一昔前なら、こういうサイトは「出会い系」などと言って非難されたものだったが('A`)
 別に、そうやって無理な恋愛をしなくても、いつかどこかで自然に出会った異性に恋をして、幸せな生活を送っていけば良い・・・などと思っているあなた。甘い、甘すぎる!それはスリッパのスープより甘いんだよッ!! 国立理系は言わば男の園であり、驚くほどに出会いが無い。また仮に部活・サークルなどで女性と知り合ったとしても、せいぜい(;´ー`)「人間的には良い人ね」などと言われてになるのがオチ。最初からそれを目的として本気を出さねば、「恋愛」など絶対に不可能なのである。
 ――まァ、今の社会では「恋愛をしない」「結婚をしない」という生き方も、ライフスタイルの一つとして十分有り得るようになった。"行わない"という選択肢が無ければ、それを真の自由と呼ぶことはできない。その意味では、やっと「自由恋愛」「自由結婚」という時代が訪れたのかもしれない。
 ・・・俺? 俺は、もういいよ。俺が誰かを好きになると、その人に迷惑が掛かるからね(´・ω・`)

 「恋愛ができない」「負け組」という考え方は、21世紀の現在では完全に破綻している。
 ――だが。そもそも自分自身のレッテルのために恋愛をするような人は、少なくとも「恋」を渇望している時点(=別れる直前、などという場合では無いとき)では、まず居ないと言って良いであろう。人は、自らのために「恋」を求めるのだ。その理由は、身も蓋も無い言い方をしてしまえば肉体関係であろうが・・・要は「疲れた時に肩を寄せ合えるような人が居ると良いよね」ということである。確かに、我々は♂男同士♂でも支え合えるし、女性同士の絆というものも存在するだろう。だがやはり、「男女」の精神的な安心感にはかなわない。人はずっとそうやって、有史以前から生きてきたのである。
 もちろん、(;^o^)「俺は恋愛をやめるぞォーッ!俺は人間を超越するッッ!!」などと宣言し、恋愛に頼らないで生きるというパターンも存在するであろう。だがしかし、それは相当な賢者モード悟りの境地に達している。相当な上級者向けであり、まだまだ夢見がちな俺たちには到達できない領域であろう・・・。

 そこで、冒頭の「恋活サイト」が重要となってくるのだ。
 仮に、何かの共同体で恋愛対象と思えるような人に出会ったとしても、相手が「恋愛する気が無い」と考えていたら、その恋は永遠に叶いようが無い。だが、「恋活」の過程で出会った人であれば、それ自体がそもそもの目的であるため、実際の恋愛関係へと繋がる可能性は非常に高いと言える。もちろん、自分が相手のお眼鏡にかなわなければそこまでであるが、その時はサッパリと諦めてしまえば良い。少なくとも、"一般的な共同体"において、普通に「友達」でやってきた相手に恋愛感情を持って失敗して、しばらく・・・・気まずい雰囲気になる・・・と言ったパターンよりは、「恋活サイト」のほうが遙かに気軽なチャレンジができるはずだ。
 世の中には、「そんな下心が見え見えの恋愛なんて、どうせすぐに失敗する」などと、これらの「恋活」を否定的に捉える人も居るであろう。だが、そうでもしなければ「恋」ができない人種も居るのだ。何もしないでブー垂れているよりは、絶対に「恋」を経験しておいたほうが良いはずなのである。

 さて。
 「恋活」と言えば上記のような、いわゆる「出会い系サイト」を指すが、そう限定しなくとも「恋愛をしようとする活動」全般も、語源的には「恋活」と表現できるであろう。
 ――俺も、何か色々と悟ったようなことを書いてはみたが、本音としてはやはり「恋」がしたい。素敵な恋をして、誰かの支えになりたい。誰かに支えてもらいたい。だから、そんな「恋」が何らかの「活動」によって導くことができるのならば、それはやらなければならないと思っているのだ。
 さァ、家に籠ってばかりいないで、公園にでも出掛けて。始めようではないか、俺たちの「恋活」を・・・。



           / ̄ ̄ ̄ ̄\
         (  人____)
           |ミ/  ー◎-◎-)
         (6     (_ _) )   ・・・。
           | ∴ ノ  3 ノ
          /\   ___ノ
    ,.、-  ̄/  | l    / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/\
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄/      \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄ } ̄/     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/       l|       |___|





           / ̄ ̄ ̄ ̄\
         (  人____)
           |ミ/  ー◎-◎-)
         (6     (_ _) )   ・・・・・・。
           | ∴ ノ  3 ノ
          /\   ___ノ
    ,.、-  ̄/  | l    / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/\
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄/      \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄ } ̄/     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/       l|       |___|





           / ̄ ̄ ̄ ̄\
         (  人____)
           |ミ/  ー◎-◎-)
         (6     (_ _) )   ・・・・・・・・・。
           | ∴ ノ  3 ノ
          /\   ___ノ
    ,.、-  ̄/  | l    / | |` ┬-、
    /  ヽ. /    ト-` 、ノ- |  l  l  ヽ.
  /    ∨     l   |!  |   `> |  i
  /     |`二^>  l.  |  | <__,|  |
_|      |.|-<    \ i / ,イ____!/\
  .|     {.|  ` - 、 ,.---ァ^! |    | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
__{   ___|└―ー/  ̄´ |ヽ |___ノ____________|
  }/ -= ヽ__ - 'ヽ   -‐ ,r'゙   l                  |
__f゙// ̄ ̄     _ -'     |_____ ,. -  ̄ \____|
  | |  -  ̄   /   |     _ | ̄ ̄ ̄ ̄/      \  ̄|
___`\ __ /    _l - ̄  l___ /   , /     ヽi___.|
 ̄ ̄ ̄    |    _ 二 =〒  ̄ } ̄/     l |      ! ̄ ̄|
_______l       -ヾ ̄  l/       l|       |___|









                     、,t-j-;、,
                    ,-┴`‐''┴-、
                  .,-t‐''' "T~` ''<、,      ァ
                     ノ i::. U ......:j |   '´‐'
                    j! .:|:::::::::i:::::::::::::|! ::'!
                    ( .:::{!::::::::|:::::::::::;:|!  }
                   \:::ト;-‐‐t‐i-;ェ、j! ...:'!               ,....___,ノ7
                 __,ノ~:: ̄ノ:::: ̄~ヾ},  .|.             ./::::::ニア´
      __,........------‐‐' ´::::::::::ノ´::::::::::::::::::イ!:::: |           ./'´~_,..ノ~
   ,.r=_'~    ....::::::::::::::::::_;--'´:::::::::::::::::::::::' |ト;t-!          /.---‐‐'~
   /,-‐'''ヽ、.::::::::::::::::::;-ィ=''´   ..::::::::::::::::;;;;:: |くイソ
        ヽ、 /ノ   __,....-ァ--;;、_::::::::: ノ「`Y'|`!       j!、
 、‐、_        Y ∠r--‐''´     |:::;;;;;;;|Tゝ_/;||::::|.|:::!      //ノ
 .`"´                |:::::i;;::| !:::;|;;;;||::::|.|:::|     ノ .ソ
 、........_________,...ァ             |:::::l:;:;| |:::::i;;;l.!:::.!.!;;;!    ./_ノ
  .: .:: .::::::::ノ         _, |;:::j;;;;{ .|::::|;;;'i!::::!.!:::!  /'' ´
 .....::::::::::::::リ‐'  ,;;j       '~ |::::'i;;;1 .|::::i;;;;|、::|.|__!
 :::::::'''"./   .リ'            |;::::|;;;'i .|::::l;;;;!
 ' _,.r-'~                |::::|;;;;| !:::|;;;|
 '´                  |:::i;;;;;| .{::::|;;;|
                    {:::i;;;;;| !:::l;;;;|

                                    ┼ヽ  -|r‐、. レ |
                                    d⌒) ./| _ノ  __ノ
                                   =================

力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月10日(土)

 アンケート、ご協力頂きありがとうございました!

力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月12日(月)
【雨アメフカイ】

 一つ訊かれたことに、(´・∀・)「4月から日記を5日分しか表示しなくなったの何故?」というものがある。
 ・・・その理由は、簡単に言うと「携帯電話で表示できるようにするため」である。というのも、iPhoneだの何だのの次世代携帯電話に限らず、近年ではインターネットのサービスを携帯電話で普通に受け取ることができる。我々の"インターネット"が生活に密着するにまで至ったのは、使用量に比例する料金システムから「定額制」へと切り替えたことが理由である。そして携帯電話も、その後を追って、着実に情報端末としての位置を確立しつつあるのだ。
 このホームページは、ご覧の通りの通り「文章」を表示するサイトである。よって、実は携帯電話でも普通に見ることができるのだ。むしろ、毎日のように少なすぎず多すぎずの分量を更新しているこのページは、ちょっとした時間を潰したい時に携帯電話で見るのにうってつけのサイトかもしれない。ふひひあざーす(^q^)

 多くの携帯電話端末は、ページを読み込める上限が100KBまでとなっている。ところが最近の日記は、一ヶ月で200KB以上に達するため、結果としてひと月の真ん中辺りで容量制限をオーバーしてしまうのである。ちなみに、当サイトで最もサイズの大きいページは2010年1月の日記で、その容量は実に340KB。合計77119文字・・・いったい俺のどこから、そんなクリエイティビティが沸いてくるのだろうか。もう才能枯れたよ('A`)
 ということで、この「管理人の日記」ページは、月の中旬を過ぎると携帯電話で表示することができなくなってしまうのだ。それはさすがに・・・ということで、日記を分割して適時過去ログへと入れていくことにしたのである。アイデア自体は昔からあったけど、何年も続いた日記の制度を変えるのには、ちょっと躊躇したよ(´・ω・`)
 ――そして、このページに表示される量は「5日分」とした。それが多すぎると100KBをオーバーしてしまって本末転倒だが、少なすぎると見逃した時にいちいち過去ログまで行かねばならず、ストレスになってしまう。そのため、掲載量は難しいところであったが・・・とりあえず現段階では「5日分」は妥当な線だと思っている。この日記の更新頻度を考えると、一つの記事の掲載期間は約1週間。また、1日分の日記は大体10KB〜20KBであるため、まあ100KBを超えることも無いだろう。

 このページはそもそもPCブラウザのために作られており、最近ではAA・画像・動画も多く用いるようになってきた。
 それらをちゃんと表示するため、筆者としては是非ともパソコンで見てほしいのだが・・・それを俺が強要しても仕方が無い。もしこのサイトがPC専用になったとしたら、多くの人は(;^o^)「携帯電話で表示できないの? じゃあ見ない」という結論に至ってしまうことだろう。それよりは俺は、多くの人に見てもらいたいんだよ。
 ――ちなみに、冒頭で書いた「次世代携帯電話」のiPhoneは、そのブラウザ機能で300KBまでを読み込めるという。携帯電話の進化が続く中、今後もWEBページの読み込み上限は増加し続けることであろう。ま、俺はMS Pゴシックをサポートしていないブラウザは偽物だと思うんだがね。だってAA表示できないし(´・ω・`)

 今日の東京はである。東京はァー♪ 雨降りィー♪ 何故ェー♪ 儚くゥー過去ォー濡らすゥー♪ (←なつい!)
 普通なら(;・∀・)「月曜日から雨で憂鬱だなァ」となるところだが・・・そこは一般人乙!俺は既にそのような俗物の領域を超越したと言うのにッ! 雨天結構。月曜日から雨だろうが、そんなことは俺には関係無い。だって、どうせ外出しないんだからな。あっhふぁあhふぁhふぁhsふぁsghy;@lpこじふgyftdrせあwq
 ――いや。実は今日は俺の大学の入学式で、元々学校の授業は全部休みになる日だったのだ。別に学校の教室を使って式を行うわけでも無いし、教授が全て参加するわけでもないだろうから、入学式が全学で休日となる理由は、「記念日」的な意味合いが強いのだろう。もちろん、俺たちにとってはメリットしか無い話である(^p^)

 人は、雨が降ると暗い気分になる。それは決して「傘を差す手間が掛かって面倒」という物理的な行為だけではなく、分厚い雲で日光が遮られ、気温も明るさも下がってしまう。つまり雨が降ると、文字通り「暗くなる」のである。そしてそういう環境下では、人の心も暗くなりやすいのだ。
 その証拠に、アニメなどでの「雨」は、ほぼ100%"陰鬱"などの暗いイメージを表わすものとして使われる。そこに更に「ずぶぬれ」「破れたセーラー服」「ボサボサの髪」などが加われば、完璧と言ったところだろうか。・・・うん、俺は一体何を言っているんだろうね(´・ω・`)
 そして俺は自転車をメインで使う人なので、傘を差すにもカッパを着ていくにも、徒歩の時と比べて遙かに手間が掛かる。そのため、自転車で遠出をしなければいけない日に雨が降っていると、非常にく(^o^く)となってしまうのだ。多少の雨なら、ジャンパーをカッパの代わりにして駆け抜けていけば良いんだけど・・・。

 だが、雨が降っても全ての人が憂鬱になるとは限らない。
 例えば俺は、小学校時代は「雨の日」が好きだった。というのも「長ぐつ」を履いて、水たまりをピシャピシャと歩いていくのがとても楽しかったのである。でも、いつの間にか、そんな文化は綺麗サッパリなくなってしまった。一体彼に何が有ったのだろう。「長ぐつ」も、今や昭和生まれの思い出アイテムなんかね(´・ω・`)
 他にも、雨が降ると傘屋が儲かるから傘屋は喜ぶだろうし、上で書いたアニメの場合でも「憂鬱を吹き飛ばせッ!」などと、「雨」がスイカにかける塩的な役割を果たすこともある。全国の農家・両生類・カッパ・雨パなどは、庭をすいすい駆け回って喜ぶことであろう。逆に、某アソパソマソには存在の危機が訪れてしまう('A`)

 さて。
 雨の日の不愉快なイベントと言えば、何と言っても「相合い傘」である。別に「愛々傘」とは書かないのだが、その多くは男女が一つの傘を共有し、和気わき藹々あいあい と帰宅するというものである。まさに「一つ屋根の下」ならぬ、「一つ傘の下」。おのれ、リア充ェ・・・('A`)
 まあそんな感じで、"あい"だらけなのが「相合い傘」なのだが、"あい"が2つ付いているだけあって我々にはマイナス方面の力を発揮してしまうのだ。駒場で仲良く傘を共有しているカップルを見て、逃げるように自転車で走り去る俺。その光景は、まさに「哀々傘」と記すに相応しい。哀々、おさるさんだよ・・・(´・ω・`)
 ――・・・...。いいもん。俺だって、「彼女」居るもん。できるんだもん、「相合い傘」・・・。




哀しい・・・哀しい・・・この世は哀しい・・・




力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月13日(火)

 今日は、この時期恒例の「自己紹介」の紙を作ってました。B5・1枚、形式自由。
 ぱぱっと30分くらいで作れば良いのに、こういうのになると俺は1ドットのレベルにまでこだわっちゃうんだよなァ('A`)
 ――しかし、ぶっちゃけ去年の「エロゲー風」自己紹介は超えられなかったように思う。俺は昔のほうが創造性豊かだったのかな・・・?

力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月15日(木)
【イヌミミモード!】

 最近の携帯機器は、パソコンに繋ぐことができる物が多い。仮に携帯機器で音楽や動画を配信する際に、独自のシステムを使うとなると、その構築には制作者・使用者の両方が苦労させられるだろう。しかしながらパソコンを利用すれば、既存の"インフラ"を有用に使うことができるのである。
 そして。「パソコンに繋げられる」というと、忘れてはならないのが「自作アプリケーション」の存在である。パソコンに多数のフリーソフトがあるように、携帯機器にも多くのプログラマーがアプリケーションを制作している。それを使えば、携帯機器は「ゲーム機」「電話」などという既存の枠を超え、無限の広がりを見せてくれるのである。
 ――幼い頃からずっと、俺は「ノートパソコン」でも「PDA」でもない、全く新しい「パソコンのような携帯機器」が出てきてくれることを望んでいた。そして、「自作アプリ」という形でそれが現実になっている現在は、まさに夢のような時代なのである。

 ・・・の、はずだったのだが。
 自作アプリが動かせる携帯機器と言うと、まず思い付くのが「PSP」「iPhone」である。だが現実には、そのどちらでも自作アプリケーションの使用が禁止されているのだ。自作ソフトを動かすためには、PSPでは"カスタムファームウェア"(「CFW」)と呼ばれる改造OSの導入、iPhoneでも"脱獄"と呼ばれる手順を踏む必要が存在する。どちらの機器でも、初期は自由にパソコンから自作アプリケーションを持ち込めたのだが、すぐにそれを禁止するようなバージョンアップが為されてしまったのだ。
 ――どうしてそんなことが起こったかというと、違法なアプリケーションの制作、有り体に言えば不正コピーが行われるようなってしまったからである。例えばPSPのCFWでは、ゲームディスクのデーターをメモリースティックに保存し、それを読み込んでゲームをプレイする、通称"iso起動"を行うことができる。ディスクメディアはその宿命として読み込みが遅いが、それを"iso"というファイルに保存してから読み込めば、そのロード時間は大きく軽減されるのだ。
 それは元々は、純粋に「ゲームを読み込み無くプレイしたい!」という欲求から作られた物だったのかもしれない。だが、そういうものを得た人間が次に何を行うかは、皆さん理解できるであろう。そう、isoファイルをネット上で不正ダウンロードしてタダでゲームを遊ぶのである。もう何年も前からPCソフトウェアでは問題になっている"不正コピー"であるが、それが家庭用ゲーム機の世界でも、特別な知識無しのソフトウェア上のみで行えるようになってしまったのだ。
 ・・・もちろん、企業としてそのような状況は断じて許すわけにはいかない。かくしてPSPでは、「自作アプリケーション」は禁止されたのである。

 そういう経緯があって、自作ソフトを自由に使えるはずであった「PSP」「iPhone」は、前者は完全に禁止、後者も承認制という至極つまらないものになってしまった。
 ・・・しかし、そういう状況に持ち込んでしまったのは、他でもない我々だ。正確に表現するのならば、ソフトウェア開発者ではなく、利用者のほうに問題があったということである。声高に「ソフトウェア開発者に罪はない!」と擁護するのには、確かに法的には正しいかもしれない。でも、だったら誰に有るのかな、その「罪」ってヤツは。
 「なんぢらの中、罪なき者まづ石をなげうて」――"擁護の石"を投げられるのは、たったの一人。

 「ネコミミ」「イヌミミ」では何が違うのか・・・という話をする前に、「そもそも"ネコミミ"とは何なのか」という解説を行わなければならないだろう。
 「ネコミミ」とは文字通り"猫の耳"であるが、大衆文化サブカルチャーで用いる際には、専ら「猫のような耳を持った少女」のことを指す。猫が可愛いことは、今さら言うまでも無いが、そのモチーフの一つとして、人間にも「ネコミミ」を持ち込むことにしたのだ。実際に使用されるパターンでは、髪飾りであったり、猫が擬人化したものであったり、はたまた「そういう形のアホ毛です^q^などという強引な説明が加えられたりもするが、そのどれもが「ネコミミ」と言って問題無い。
 ――しかしまァ、俺は猫派ではなく犬派だし、「ネコミミ」が出てくる作品にそこまで親しんだことも無いから、よく分からないや・・・と思っていたら、Wikipediaの「猫耳が登場する主な作品」という項に「東方project」と普通に書いてあって吹いた。(;^o^)「そんなヤツ居たっけ?」と思ったが、ああ、あいつか・・・。

ドット絵だと某ツンツン頭が持ってるみたいな大剣に見える


 そういうわけで、冒頭の疑問に戻ろう。「ネコミミ」「イヌミミ」の間には、一体どのような違いが存在するというのか?
 まずそれは、形状の違いが挙げられるだろう。猫の耳と言うと、常にピンと立てられている。だが逆に、犬は種類にもよるが、普段は垂れているものが多い。そして猫の耳は毛が薄いが、反面で犬はモフモフしている。だから「ネコミミ」「イヌミミ」を区別する際には、耳の形毛の量に注意すれば良いのである。
 ・・・しかし、そういった外見上の僅かな違いよりも、実際には「猫」「犬」という、元々の動物に依るキャラクター性の違いが大きいかもしれない。猫と言えば、専ら愛玩動物としての印象が強い一方で、「化け猫」「猫又」のように、"魔術で人心を操る妖怪"といった妖絶な要素も併せ持っている。そして犬も、愛らしい部分を持っているところまでは同じだが、こちらは「忠犬ハチ公」「名犬ラッシー」などで知られるように、"人間に忠誠を誓っている動物"という印象が強い。
 ――そういうわけで、要は印象の話なのである。例えば、イヌミミキャラクターが「ご主人様、今日は朝まで可愛がって欲しいんだワン♪」と言ったら異質に感じるし、ネコミミの美少女が「透吉様。隣国GOREAに攻め込む準備が完了したでござるよ」などと言ってしまっては、いわゆる「猫」の印象と激しく乖離してしまうのだ。

 さて。
 「ネコミミ」は現環境において、かなりの市民権を獲得していると言える。だがそれに比べると「イヌミミ」は、どうしてもニッチなジャンルになってしまうのだ。
 ・・・これは、「犬」が好きな俺にとっては、大変悲しい状況である。「俺だけがイヌミミを好きでいる!」などという反骨精神も悪くないだろうが、それよりはむしろ(;^o^)「イヌミミの萌えさについて語り合う相手がいないェ・・・」というふうに、その状態を寂しいと思ってしまうのである。
 ――「イヌミミ」に萌えること。それはまず、元々の「犬」自体を可愛いと思うことからスタートするはずだ。
 ということで今日は俺も原点に立ち返り、ネット上でよく紹介される「犬の萌え動画」を視聴してみることにしたのである・・・。


(YouTube 「Terumi Sings for the First Time」より)

(;^o^)「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
これは
おっさんの萌え動画だろ・・・・・・」

力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月16日(金)
【RG→D<→&0Q】

 現在地道に攻略中の「東方永夜抄」には、他シリーズには無い「使い魔」というシステムが存在する。「使い魔」とは、中型以上の敵が連れている雑魚のことであり、こちらを弾を撃って攻撃してくる。「使い魔」には、ダメージを与えて倒すことも可能だが、本体を倒せば「使い魔」はまとめて消滅する。そしてもちろん、本体だけを直接攻撃するほうが時間的には速くなるが、そうすると「使い魔」による攻撃で難易度が上がってしまう・・・。
 ――そういうわけで、実際のゲーム中では、「本体に集中攻撃を与えて倒す」「使い魔を破壊して弱体化させながらゆっくり倒す」の絶妙なバランスが重要となるのだ。これは大変面白いシステムである。単調になりがちな弾幕シューティングであるが、こういうところでプレイスタイルが異なってくるんだからなッ(`・ω・´)
 では、実際にご覧頂こう。「使い魔を破壊するパターン」と、「本体に集中攻撃を加えるパターン」の動画である。



「使い魔を破壊するパターン」
(東方永夜抄/LUNATIC - 3面ボス通常攻撃1/通しプレイより)



「本体に集中攻撃を加えるパターン」
(左同、ただしプラクティスモードより)


 基本的に、高速移動時のショットは使い魔にも命中するが、低速移動時は本体のみに当たる。よって、使い魔を撃破したい時には高速モード本体のみを攻撃したい時は低速モードを用いることになるのだ。この動画で使っているペアだと、赤色の霊夢が"高速"、バ・・・白色の紫(分かりづらい・・・)が"低速"に相当する。
 ――前者に「通しプレイより」、そして後者に「プラクティスモードより」と書かれている時点で、その信頼度の差が見て取れるだろうが・・・この弾幕は、使い魔を破壊したほうが圧倒的に楽となるのだ。ボスは6つの使い魔を自機の周りに召喚するが、そのうち正面の2つを高速移動のショットで素早く撃破し、低速移動モードに移る。その後は、大量の弾が交差する正面から距離を置きながら、ボス本体にダメージを与えていけばOKなのである。
 逆に、使い魔の破壊を行わなかった右側は悲惨なことになっている。一応、動画を撮るために頑張って避けてはみたが・・・その苦労の程は察してほしいものだ。弾数が凄まじい、っていうか潰されるので安定化は困難。π/7radくらいの生理的に受け付けない角度から飛んでくる大量の弾を、その当たり判定スレスレで避けなければいけないため、もはや気合避けと言うよりも気持ち避けと表現したほうが正確である。(;^o^)「なんとなく当たらないかな〜」などと妄想しながら、猛スピードで弾の壁へと突っ込んで逝くのだ。OH!なんと素敵なシューティングLIFE!・・・まったく、頭がイカれてくるよ('A`)

 ということで、自機の性能やプレイスタイルによって様々なパターンを作り上げる必要がある、この永夜抄の「使い魔」システム。
 前述の通り、これは弾幕シューティングとして非常に面白いシステムなのだが・・・問題があるとすれば、ペア機体でないとシステムが成立しなくなってしまうことであろう。というのも「永夜抄」では人間&妖怪のペアだけではなく、単体でもゲームをプレイすることができる。そして、単体機体でも「高速or低速モードしか使えません><ということは無いのだが、使えるショットは1種類。つまり、機体によって「使い魔を倒す」「本体だけを狙う」か、そのどちらかしか選べなくなってしまうのである。
 ――俺のような無謀なやり込みプレイヤーにとっては、バランスの取れたペア機体ではなく、難易度の高い単体機体からが本番。もちろん、「本体を集中攻撃できず時間が掛かる」「使い魔が倒せず高密度で乙」というバランスの悪さも手を焼く要素の一つだろうが・・・どうせなら、システムを活かした難しさを体感したかった(´・ω・`)

 (^q^)
  _∧_____________________________________
/春。それは別れと出会いの季節。
| 暖かくなり、
『ねぇ、今あなたは何を考えているの?』と訊くと
| 
『世界平和とか』などと答えてしまう頭の中が乙な人々が大勢現れてくる時期です。
| そして。『人々の出会い』があるということは、そこに新たな
『恋』が生まれることでもあります。
| かく言う僕自身も、一足先に新しい『出会い』を体験することができました。
\――そういうわけで今回は、僕の
「恋愛」について、お話ししたいと思います。
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


 ・・・なんて文章を某所で書いてから、既に一ヶ月。未だに俺は、満足な「出会い」ができていない。新しい春になって始まったことは、単なる大学の授業。しかも去年の科目。サークルに来た新入生も、2年生・3年生が取っていってしまう。まァ、ここで4年生が出しゃばるってのも乙なんだけどね・・・(´・ω・`)
 読者の皆さんの中には、(;・∀・)「え。前に秋葉原で買ってきた中古の彼女とイヤ-ンウフ-ンバカ-ンすれば良くね?」などと思う方もいるかも知れない。だが、落ち着いて考えてみてほしい。あれはただのデジタル少女だ。0と1のくせにバカにしやがってよぉぉぉ!!何がラブプラスだよ!FF13しろオラァァァ!!!!11113333
 ――しっかしまァ、( ^o^)「ラブプラスよりFF13のほうが面白かった」などと言っている時点で、何か大切な部分を俺は間違えている気がする・・・。いいよ、俺は、前に秋葉原で買ってきた新品の光速の異名を持ち重力を自在に操る高貴なる女騎士とバルトアンデルスッ!!やってるから。ラブプラスェ・・・。



ここでバルトアンデルス先生からの応援メッセージ
(※管理人注:本当は「皇帝たらん」だと思います)


 いつものことだが、日記がゲシュタルト崩壊して何を書いているのか分からなくなってきたので、原点に帰ることにしよう。
 「春」。それは別れと出会いの季節。否が応でも新しい環境に直面し、誰しもが不安を覚える。だからこそ、人は人にすがる。そして新たな「恋」が生まれるのだ。
 ――で、当たって砕けるわけである。もはやこれは一種の様式美と言って良い。当たったら、必ず砕けなければいけないのである。「当たってコラえて」なんてものは、国民の誰も望んではいないということなのだ。「若いうちの苦労は買ってでもしろ」って、ぶっちゃけコレのことだろ(´・ω・`)

 しかし、そういう「当たって砕ける」という状況が永遠に続くことが、決して正しいわけではない。回り道をした我々も、いつかはゴールしたほうが良いに決まっている。
 ・・・ということで、今日のテーマは「断られない告白の方法」である。何か年2回くらい必ずこのネタをやってる気もするが、まァ「恋愛」「勉強」は我々の永遠のテーマ。だから、少々ネタが被るのも仕方無い。むしろ、それだけ考えても、まだまだ到達できない深い世界なのだと考えなければならない。
 では!行ってみよう、2010年版「断られない告白の方法」である。今年はこれで逝くぜッ・・・!


\今回ハ メールニ シテミヨウ!/
    (^^q)つ 

◇題名:今すぐキーボードのボタンを見て!
------------------------------------
 RG




    -数分後-
         .______
        
  ゔ〜ゔ〜 
    
゙    ゔ〜ゔ〜 ./
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



◇題名:Re:
------------------------------------
 D<


力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月17日(土)

 恒例の飲み会後反省会ですごめんなさい><

新入生の皆さん、いっぱい来てくれてありがとう!
  これから皆さんがキャンバスに描く、自由気ままなストーリー。
  傍から見ている側としては、ただただ幸せになってほしいなあと思います。
  ――俺の、最後の後輩として。

寂しい現実を認めるのが怖い。
  一人になって、「自分の気持ち」と向き合うのが恐ろしい。
  だから俺は、大騒ぎなんかして、それを誤魔化そうとしている。
  ・・・いつも、帰ってから後悔してる。
  何で、みんなに迷惑を掛けちゃうんだろうって。

とうの昔に終わりを告げた、悲しみの物語。
  それを断ち切るには、新たなシナリオで塗りつぶすしかない。
  ――たとえ、最後に待ち受けるのが"確実な悲劇"だったとしても。

力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月18日(日)
好食の幻想郷
ドナルドマジック

 俺はFF13のやり込みプレイにおいて、前作「FF12:低レベル+入店禁止クリアー」で用いた動画配信の形式を行わなかった。
 その理由の一つには、動画を作るのは非常に手間が掛かる(10分の動画でも編集に2〜3時間程度)ということもあったのだが、それよりも大きいのは、動画という方式に限界を感じたということである。少なくとも個人的には、ゲームの「やり込みプレイ」を伝えるには、動画より文章の方が適任だと思った。
 ・・・確かに、「動画」という表現形式は、連続的な絵と音声によって情報を伝達することができるため、適切に用いれば凄まじい効果を生み出すことができる。だが、逆にどうしても映像ばかりが目立ってしまい、その裏にある要素が疎かにされやすいのである。そして「RPGのやり込みプレイ」で重要なのは、まさにその「裏にある要素」。実際の撃破時の動画なんかは、せいぜい嘘を付いていないことの証明くらいにしかならないのである。
 ――要は、俺が「動画」を作っても、やり込みの面白さを伝えることはできないと思い、これからは「文章」に専念していこうと決めたわけである。

 しかし。「『動画』でやり込みプレイの面白さを伝えることができない」とは、一体どういうことなのだろうか?
 ・・・それを理解して頂くためには、俺が作った動画とプレイ日誌を見比べてもらえば手っ取り早い。だが、「FFのやり込み攻略」という話題では一般性に欠けるところがあるため、今回は別の例を用いて、上記のことを解説してみることにする。もちろん"例"であるため、実際に動画サイトへと投稿した場合の反応とは異なるだろう。だがそれによって、一時期は今後のインターネット文化の基準になるとさえ言われた「動画」が持つ、本質的な限界を顕在化して理解して頂ければ、幸いである。
 ――昔。入学試験に「問:円周率が3.05より大きいことを証明せよ」という問題を出した頭のイカれた大学があった。受験問題としては規格外の物であり、パターン化による攻略に頼っていた受験生は確実に引っかかったはずである。とはいえ、「直径と円周の比」という円周率の定義を知った上で、いくつかの数学的テクニックを用いれば、解くことは決して不可能ではない。「円周率」という概念の原点に立ち返る、ある意味で数学らしい問題と言えるかもしれない。

 そして俺が、この円周率の問題を解く「攻略動画」を作ったとしよう。制作者として伝えたいのは、「まず円周率の定義を思い出す」「いくつかの数学的テクニックを使用する」、他にも「複雑怪奇な問題でも、知恵と工夫次第で何とかなる」ということである。それを伝えられるように、それなりの編集を加えたとする。
 だが「動画」の場合では、どうしても絵や音声が前に出てきてしまい、その裏にある思考的な要素は伝わりづらくなる。結果、出てくるのは次のようなコメントなのだ。

1 自分に理解できないことをインチキと決め込む

こんな問題解けるわけねえよチートだろ
・はいはい解答丸写し乙

2 基本的な部分が違う

・円周率って2.71なんとかだっけ?wwww
・これ小学校の試験だっけ。難しいなあ

3 情報量0のコメントを行う

ここで時報とか死ねよマジで
・wwwwwwww

4 荒れる

・円周率って3でしょ?何言ってるの?
↑円周率とか100桁覚えて当たり前だろゆとり乙
・↑ネタにマジレスとか・・・なんという情弱
はいはいぼくちゃんはにこにこしないでしゅくだいやってね^^

5 知能障害を起こす

マッ○チキンうめえええええええええええええええええええええ
アルキメデスは俺の嫁!!!!3141

6 たまにまともなコメントもある

・解き方自体はシンプル。浅くて深い問題だなw
・受験問題としては乙だけど、数学の原点を問うという意味で画期的


 俺も、コメント数が1000を超えるような動画を幾つか抱えているからこそ分かるのだが、いわゆる「流行っている動画」といっても、制作者の意図が正確に伝わっているものはごく僅か。そのほとんどは荒れているか、よく分からない書き込みがなされている。コメント数が多い動画ほど、その傾向がある。
 俺としては、別に自分の動画を流行らせたいわけではなく、やり込みプレイの「面白さ」「奥深さ」を伝えるのが一番だと思っている。そのための手段が「動画」のはずなのに、「動画」を流行らせること自体が目的になっては本末転倒。だから俺は、伝えたいことを全て書ける「文章」の形で、自分の使命を果たしていこうと思ったのだ。

 まァ、直接的な理由は、他の人が作ったやり込み動画を、決して頭から視聴しようとせず、飛ばし飛ばし見ている自分に気付いたからなのだが。
 ――何よりも自分自身が、「やり込み攻略に動画の形式は不要」と分かっていたのだ。「文章」には文章の良いところがあるのだから、それを脱するのであれば、少なくとも「文章」という形式を極めてからでなければ意味が無い。「今の時代に合っていない」? 上等だ。老害のしぶとさを見せてやるよ。

 学校に逝くと、家でゴロゴロしているよりも遙かにおなかが減る。
 と言うと、(;・∀・)「当たり前じゃね?"勉強"してるんだから」と思われるかもしれないが、俺の場合は家でゴロゴロするか学校でゴロゴロするかの違いだけである。駒場キャンパスのことを「ベッドタウン」(=寝る場所)と表現する人は多いが、本郷もそれと大差無いということだ('A`)
 ――が。それでもやはり、家よりは学校の方が空腹になるスピードは速い。そして、授業を終えて家に帰ってくると思うのである。(;^o^)「食べたい・・・何でも良いからいっぱい食べたい!」と。「お金が掛かる」「太る」? ・・・知るかよ!"腹"ってのは減るものなんだよッッ!!

 そういうわけで、最近は暴飲暴食を極めている俺。「食費を削ってゲーム買う」というゲーマーの理想はどこへやら、である。
 しかしながら正直を言わせてもらうと、退屈な毎日、せめて食事くらいは満足に取らせてくれという感情はある。というのも、月曜日から金曜日まで毎日7時起きで、帰ってくるのは昼過ぎか、酷いときは暗くなってから。だから、食事くらいは自分の欲求を解放する時間でないと、ストレスが溜まって仕方無いのだ。さすがに朝早く起きて学校に逝き、昼はカップ麺、夜はサラダとみそ汁に余ったご飯を足して、それで夜3時まで耐える・・・そんな生活を続けていては、いつか必ず気が狂ってしまう。
 ――寂しい一人暮らし。毎日毎日が同じことの繰り返し。だからそこに一つくらい、絶対に揺るがない、確固たる楽しみがあっても良いではないか。俺に取って「食べる」とはそういうことである。「ゲーム」「日記」も良いけど、それは精神状況に左右されてしまうからね・・・(´・ω・`)

 だから。
 「食べること」は、とても大切なのだ。それは誰も否定できない。食べなくても生きていけるのは二次元の少女だけだということである。
 ――だから俺は、きっと明日も、たくさん食べてしまうのであろう。思えば「食べる」ことは、食欲だけではなく、店に行って物を買うという「物欲」までをも満たしてくれる。その意味で、俺にとって「食べること」は、一つの「生きることの意味」とさえも言えてしまうのである・・・。


     .,..-──- 、
    /.: : : : : : : : : : \
   ,/.: : : : : : : : : : : : : : ヽ
  .!::: : : : :,-…-…-ミ: : : :',
  {::: : : : :i '⌒'  '⌒'i: : : :}
  .{:: : : : : |  ェェ  ェェ |: : : :}
  { : : : : :|   ,.、   |:: : :;!
  ヾ: : :: :i  r‐-ニ-┐| : :ノ   「てりたまバーガー」
    ゞイ ! ヽ 二゙ノ イゞ′   NEWバンズで販売中だぜ
   /   ` ー一'´ 、`\
  / __     /´>  )
  (___)   / (_/
   |       /
   |  /\ \
   | /    )  )
   ∪    (  \
         \_)




─┼─┐─┼─  /  ,.          `゙''‐、_\ | / /  :::。 ::: ,..-──- 、:::::::☆彡::::::
  │  │─┼─/| _,.イ,,.ィ'    ─────‐‐‐  * ―   ::::::::/. : : : : : : : : : \::::::::::::::::::
  │  |  │    |  |  | イン  ,◎-◎、、   // | \   :::/.: : : : : : : : : : : : : : ヽ::。::::::
                   _,.-'-‐‐‐‐-'、_ / ./ |  \  :::,!::: : : :,-…-…-ミ: : : : :',::: :::::
                    (从 从)'' /  /  |     :::::{:: : : : :i '⌒'  '⌒' i: : : : :}::::: ::::
                 _/    )    / ∵|:・.   ::::: {:: : : : | ェェ  ェェ |: : : : :}::::::::::
                 ぅ/ /   //    /∴・|∵’   :: .{ : : : :|   ,.、   |:: : : :;! :::: :::
                ノ  ,/   /'    /.∵.;|∵’:;  : :::ヾ: :: :i r‐-ニ-┐ | : : :ノ ::::: :: :
 _____      ,./ / /    /    / ∵.;|∵’,   :::: ゞイ! ヽ 二゙ノ イゞ‐ : : : :::::::::: ;
(_____二二二二)  ノ ,∠∠_/゙〈ミ    / ∴ |∴    .... /  \` ー一'´丿 \ .......
              ^^^'  ヽ, |  |    /   |         ::.. .      ... . ..::::::..;:.
       あんたはポテト150円を再開しろ!


力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月19日(月)

 (;^o^)「久しぶりに警察のお世話になってしまった・・・」
 本日昼過ぎ。大学の授業を終えた後、久しぶりにゲーセンでも逝くかと思い立ち、帰り道ではなく池袋への道を自転車で走っていた俺。すると急に後ろから自転車に乗った警官が現れ、止まるように指示された。特にやましいことは無いが、何となく不安な気分になった。そりゃ、警察に呼び止められて楽しい奴が居るかよ('A`)
 ・・・そして俺は、こう訊かれたのだ。(w∀w )「さっき交番の前を走って行かれましたが、この自転車、鍵が付いていませんね。どうされたんですか?」 ・・・そう、前に2010年3月20日の「管理人の一言」欄で書いたが、俺の自転車の鍵は付け根の部分が壊れていて、自転車に"くっついていない"のである。だが錠前としての機能自体は生きているため、駐輪時は普通に鍵を掛け、走行時はチェーン式の鍵のように自転車のカゴに入れ、引き続き鍵として利用していたのである。
 ――しかしながら、その光景を外から見ると、やはり自転車に鍵が付いていないように考えられてしまう。それで俺は、警察に呼び止められたのだ。「鍵が壊れている」ということは、盗難車の可能性がある。恐らくは、そういうことであろう。
 いつも通り、防犯登録と照合させるための名前を訊かれた俺。ここで( ^o^)蓬莱山ほうらいさん輝夜てるよです」などと答えてみたい強烈な感情が沸き上がってきたが、面倒になると嫌なので、素直に自分の名前を言っておいた。そして無事に名前と防犯登録内容が一致したため、解放されるに至ったのだ。

 今回の教訓は、「鍵が壊れた自転車で交番の前を走ると、警官に呼び止められてしまう」ということである。
 ――そういうわけで、明日からは交番の後ろを走ろうと決めた俺であった(´・ω・`)

力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月20日(火)
【手抜き】

 最近増えてきて困っている物。それは、調味料の付いていない納豆である。
 先日スーパーに逝くと、3パック入りの納豆が57円という驚異の低価格で売られていた。ご存じ(?)、納豆3パックなら普通は100円程度。80円台でも相当安いほうだ。が、それが57円だったのである。( ・∀・)「日本人が世界に誇る神食を3つ挙げるとすれば?」と訊かれたら(^o^ )「みそ汁、カップラーメン、納豆」と答えてしまう俺のこと。その57円の納豆を、即座にレジへと持って逝ったのだ。
 ――しかし。翌朝ほかほかのご飯と共に納豆のパックを空けてみると、何も入っていなかったのである。もちろん豆は入っている。豆の上の、謎の半透明ビニールも入っている。だが、「タレ」「からし」と言った調味料が入っていなかった。これではただの腐った豆だ。腐ったお豆は腐ったお豆。それでも俺らは幸せではない。タレの袋がベタベタしないように入れられていると思われる半透明ビニールの存在意義に激しい疑問符が付いてしまうことなど、もはやどうでも良くなってしまった。

 そんな「調味料の付いていない納豆」。だが、パックを空けたからには、何とかして食べなければならない。
 まず、「納豆のタレ」という物質は一体何から出来ているのか。醤油とは違うみたいだから・・・ダシ汁? そんな器用な物は家には無いなァ・・・などと思いつつ食料品の棚を調べてみると、存在した調味料は何と「マヨネーズ」「七味唐辛子」「塩」「パルメザンチーズ」「タバスコ」のみ。これでどうしろと言うんだ('A`)
 ・・・仕方無いので、マヨネーズを掛けて豆をグルグルと掻き回してみる。塩分があるだけマシだろうかと思ったが、予想通り疑似物のような微妙な見た目で、味もそれに準ずる形となってしまった。要するに、薄すぎて納豆には全然合わなかったということである(´・ω・`)

 この「調味料の付いていない納豆」、恐らくは経費を削減し、見た目の値段を安くするために作られた物なのであろう。
 しかしながら、これの問題は・・・例えばコンビニの「ドレッシングは別売りです」系のサラダならば、すぐ側に何種類ものドレッシングが売られているし、あらかじめ買っておいたボトル型のドレッシングを使うこともできる。だが恐らく納豆に関しては、「納豆のたれ:かつお味」「納豆のたれ:みそ味」「納豆のたれ:たこやき味」などという需要は皆無であろう。1回の使用量も少なく、とりあえず味付けができればOK。そんな「納豆」の調味料には、やはり"小袋"の形式が合っているのだ。
 ――ということで、この「調味料の付いていない納豆」。恐らくは、すぐに消えて逝ってしまう文化であろう。価格は安いが、あまりにも不便すぎるぜ(´・ω・`)

 「手抜き」。それは我々の日常生活において、極めて重要な位置を占めている。
 確かに理論上では、「手抜き」をしなくても生きていくことはできる。しかし現実的には、やはり「手抜き」が必須であると言わざるを得ない。皆さんも、他人に向かっては(;^o^)『手抜き』をするんじゃないぞ!絶対だからな!」と言いつつも、誰も見ていないところで、こっそりと「手抜き」を行っているはずだ。
 ・・・人間が集中力を保てるのは、最長でも90分程度だと言う。無理してそれ以上に作業を続けたところで、その能率は大きく下がってしまうことであろう。だから仕事が一段落したところで、ふっと一息を付いて、「手抜き」を行う。そうすることで全体の作業効率を上げることができるため、「手抜き」は"正義"と呼んでも良いのである。

 何故我々は、「手抜き」を行わなければいけないのだろうか。
 その理由は、何にでも言えることだが、人間は同じ物がずっと続くと飽きてしまうからである。例えばRPGなら、戦闘シーンがずっと続いても駄目だし、美麗なムービーばかりでもNG。どんなに素敵なフレーズを持った音楽でも、それが何度も繰り返されるようでは、至極つまらない曲と言わざるを得ない。また、どれほど面白い動画でも、一本調子の同じ展開が続くのならば、せいぜい2,3分見たところで満足してしまう。・・・そういうわけで、人の求心力を保つには、適切な「展開」が必要とされるのだ。
 ――だからこそ我々は、疲れたときに気を紛らわす手段として、「手抜き」を用いる。そうすることで、ひたすらに同じことが続く作業の中にも、「展開」を取り入れることができるのである。「手抜き」を行うこと自体で楽になるのはもちろんだが、それがその後の作業への集中力も上げることにも繋がる。つまり「手抜き」による僅かな時間の消費だけで、一石二鳥の効果を得ることができるのである。これほどの効用がある「手抜き」。行わない手は無いというものだ(`・ω・´)

 だが。我々は時として、「生きている中で『手抜き』をする」ではなく、「『手抜き』のために生きる」などというパラドックスを起こしてしまうことがある。
 ・・・これは、ものぐさな人にほど起こりやすい逆転現象であり、まさに本末転倒の事態であると言えよう。本来の我々は、自分に与えられた仕事を行わねば生きて行けないはずであり、その中で初めて「手抜き」をする権利が与えられるのである。だが、「手抜き」が一番の目的となっては、本来の「仕事」が疎かになってしまう。もし、それで一時的に生活が成り立っていたとしても、そのような歪んだ構造は、いつか必ず崩壊の時を迎えてしまうのである。
 ――そういうときは、次のように考えれば良い。「『手抜き』が退屈な仕事の能率を高める」のと同じように、「『退屈な仕事』も手抜きのクオリティを上げる」と。いくら面白いRPGであっても、一日中やり続けては絶対につまらなくなってしまう。ちょうどそれと同じことであり、「手抜き」こそが我が人生という人も、適度に仕事をしておいたほうが、結果としてより良い「手抜き」を堪能できるようになるのである。

 そんな感じで我々に必須の行動である「手抜き」。俺も毎日やっているものだ。
 ・・・と言っても、人によっては「足抜き」「口抜き」「乳抜き」という場合もあるだろうが・・・。

力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月21日(水)

 

前→やべえFF13プレイ日誌書かなきゃ!更新サボろう\(^o^)/
今→やべえ明日の1限出られなくなる!更新サボろう\(^o^)/

 進化? いいえ、退化です(´・ω・`)

力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月22日(木)
【覚醒寄生種ババラント(笑)】

 俺は、「謝りは誤り」だと思っている。
 というのも、悪いことをしてその場で即座に謝るのならばまだしも、時間が経ってから「謝罪」をしたところで、むしろ両者の関係が気まずくなるだけであるからだ。
 ・・・俺は、過去はもちろんであるが、現在会っている中でも、申し訳無いことをしてしまったと思っている人が多数存在する。道理で考えれば、そういう人には謝罪をしなければならない。俺は、「これこれこういうことで、あなたを傷付けてしまってごめんなさい」と、許しを請わなければいけない身分なのだ。
 ――しかし俺は、そういった人たちに対して、何も謝罪の言葉を掛けることができない。謝ったところで、もし相手が覚えていなかったら不愉快なことを思い出させる原因になってしまうし、覚えていたら覚えていたで「いや、もう気にしてないですよ」などという言葉を求める露骨な誘導尋問になってしまうし・・・。
 これは恐らく、自分自身の性格的な問題を正当化しているだけであろう。要は、俺は「申し訳無い」と思っていても、素直に謝ることができない人種なのである。

 しかし、そういう"申し訳無い気持ち"というものは、自然と相手に伝わるものらしくて。
 なんだかよく分からないのだけど、俺が「傷付けてしまった」と思っている人でさえも、今では俺に良くしてくれるのだ。相手の気持ちも考えずにぶつかっていったり、ショックを受けていると知っていて笑い話にしてしまったり、これ以上無いほど醜い嫉妬心を見せ付けたりしたのに、今では普通に俺と仲良くしてくれる。名前を呼べば答えてくれるし、面白いことを言ったらゲラゲラと笑ってくれる。俺を、「仲間」と認めてくれる。
 ・・・そういう人たちを見ると、やはり俺は「謝りは誤り」だったと強く思うのだ。きっとお互いに、過去の辛い経験は覚えている。だってそれは、そんな簡単に忘れられるようなことではないから。けれども、それよりはむしろ、二人の新しい関係に期待していきたい。一度は仲が良かったのだから、お互いに心の擦れ違いがあって疎遠になってしまったとしても、きっとまた一緒に過ごせる。辛いことは忘れて、共に笑って生きていける。"普通に"、仲良くしていける。
 ――まったく。未熟で人を傷付けてばかりの俺だけど、それでも「期待」を寄せてくれる人が居るのだ。だったら、謝罪なんてしている場合じゃない。「もう怒ってないよ」と相手からそれとなく伝えてもらえたのだから、俺は「ありがとう」それとなく・・・・・伝えるだけのことである。「謝罪」なんかよりも、それが一番の償いとなると信じて。ひょっとしたら一方的な感情かもしれないけど、いつかのように仲良く過ごせることを、これ以上無いほどの幸せに思って。

 大体。
 国際関係において、何かにつけて「謝罪」と言っている国と、それに対してペコペコしている国が、真の意味で仲良くなれた歴史があっただろうか?
 ――「誤りは誤り」とは、きっとそういうことなのであろう。

102 名前:名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:09:11 ID:5gajeSieH0

現在判明しているFF13のボス名一覧

・覚醒寄生種ババラント
・火炎獣マグドフレイムス
・覚醒多触類オクタイール
・蘇生古代獣ハーラ・ジガント
・覚醒大氷塊ブリザーニャ
・覚醒甲殻眼シェルドゴーマ
・覚醒炎翼竜ナルドフレア
・僣王ザント


103 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:11:27 ID:df+khras0

>>102
悪い意味で厨二病全開だな


104 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:02 ID:lagea+Ho0

>>102
これはないわ・・・
スクエニには中学生なみの感性を持った人間しかいないのか


105 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:14 ID:aassrSYF0

任○堂の爪の垢を飲ませてやりたい。
宮本さんなら絶対こんな名前にはしないだろう。


107 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:12 ID:sgeasTC0

英語版でも似たようなセンスなんだろうなきっと
国の恥だな・・・


108 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:30 ID:JmVgeasY0

こんなんだからJRPGは馬鹿にされるんだよな
任○堂だけが良心か


109 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:40 ID:t45asefv0

こういうのを恥ずかしいと思わない人間がFFを支えてるんだろうな


110 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:51 ID:2m/sgea70

何回「覚醒」って使えば気が済むんだw
DQNが子供につける名前と同じ種類の馬鹿っぽさ


112 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:13:28 ID:afaePHSz0

>>102ってWiiのゼルダのボス名だぞ


 (;^o^)「これは気まずい・・・」

 よく分からないという方のために、説明しておこう。上の文章は、恐らくは任○堂ファンが集う掲示板から取られた物である。今のゲーム業界では「グラフィックvsゲーム性」という謎の対立構造が生まれているが、その流れで任○堂ゲームのファンは「FF」シリーズをライバル視しているのだ。
 ――そして。掲示板の書き込み日時は去年の12月17日。FF13の発売日である。ちょうど掲示板では、FF13を批判する流れが盛り上がっていたことだろう。そこで「現在判明しているFF13のボス名一覧」という書き込みが為されており、それに対して予想通りに「FF13は厨二」「アホくさい」などという批判が書き込まれている。が、その馬鹿にしていた名前が、実は任○堂の「ゼルダの伝説」に出てくるボスだった・・・というオチである。その後、スレがどのような雰囲気になったかは、想像に難しくない。

 「レッテル」と言うと、どうしても悪いイメージばかりが出てきてしまうが、それは本来的には「商標」「ブランド」と言って、製品のクオリティを外から保証してくれるものである。それに一定の信頼性があるからこそ、我々は「FF」という名前を見て購入を決めるし、初回プレイの印象が乙だったとしても「FFシリーズだからやり込めば面白くなるハズ!」と信じて遊べるのである。――それが果たして毎回その通りになるのは、さすが「FF」シリーズと言ったところか。
 しかし。やはり「レッテル」は、我々の目を曇らせてしまうことがある。上記の例でも、本当は「ゼルダ」シリーズのボスなのに、大嫌いな「FF13」というレッテルが付けられただけで、それを全面的に否定する流れに動いてしまうのである。もし、「覚醒寄生種ババラント(笑)という名称が、最初から任○堂作品に登場するボスとして書き込まれていたら、それは「良い意味で厨二病だな」「変な名前だけど世界観にあってるな」などと、命名を褒めちぎる発言が大多数だったはずである。
 ――前に母親と話したとき、俺が( ^o^)「人間は現状に満足せず、常に自らの生活を改善しようとする意志を持っている。それが人間の良いところであり、悪いところでもある」と言ったら、(^o^*)「へぇ、いい言葉だね!それって小説家か何かが言ったの?」と訊かれてしまった。(;^o^)「いえ、俺の言葉です・・・」と答えると、(^o^;)「あ・・・うん・・・ごめん・・・」と、それはもう気まずい雰囲気になってしまったことがある。要は、"俺"という「レッテル」が、一気に言葉の信頼性を下げてしまったということだ。

 そんな、人に色眼鏡を掛けさせる「レッテル」など、この世に必要無いと皆さんは思うかもしれない。
 しかし。口先だけで「"レッテル"に頼らず、物事の本質を見抜く確かな力を!」などと言うのは簡単だが、無量大数の商品が存在するこの世界で、全ての価値を自分で判断して物を選んでいくなどということは、事実上も理論上も不可能であろう。だから、"名前"だの"マーク"だのの「商標」が必要とされるのだ。
 ――それは皆さんがご存じの通り、価値判断の基準となる便利な物である。だがそこには同時に、価値判断を"歪めて"しまうという、「レッテル」が持つ本質的な問題も内包されているのだ。そのため、我々は決して思考停止してはならない。賢く生きるために、常に物の価値を考えていかなければならないのである。
 ということで。今日は「思考停止の"レッテル"」からくる失敗例を、皆さんにご覧頂こうと思う・・・。


◆1

102 名前:名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:09:11 ID:5gajeSieH0

現在判明している中国軍の戦闘機名一覧

・艦上偵察機「彩雲」
・陸上爆撃機「銀河」
・局地戦闘機「紫電」
・戦闘攻撃機「火龍」
・十七試局地戦闘機「閃電」
・十八試局地戦闘機「震電」
・十八試局地戦闘機「天雷」
・十九試局地戦闘機「轟雷」


103 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:11:27 ID:df+khras0

>>102
悪い意味で厨二病全開だな


104 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:02 ID:lagea+Ho0

>>102
これはないわ・・・
厨国には中学生なみの感性を持った人間しかいないのか


105 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:14 ID:aassrSYF0

日本人の爪の垢を飲ませてやりたい。
旧皇軍なら絶対こんな名前にはしないだろう。


107 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:12 ID:sgeasTC0

英語版でも似たようなセンスなんだろうなきっと
アジアの恥だな・・・


108 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:30 ID:JmVgeasY0

こんなんだから極東アジアは馬鹿にされるんだよな
日本だけが良心か


109 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:40 ID:t45asefv0

こういうのを恥ずかしいと思わない人間が厨国を支えてるんだろうな


110 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:51 ID:2m/sgea70

何回「局地戦闘機」って使えば気が済むんだw
DQNが子供につける名前と同じ種類の馬鹿っぽさ


112 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:13:28 ID:afaePHSz0

>>102って旧日本軍の戦闘機名だぞ



◆2

102 名前:名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:09:11 ID:5gajeSieH0

現在判明している油斗理大学の数学の入試問題一覧

・3人でじゃんけんをしてk回目に勝者が1人に決まる確率を求めよ
・sinθ、cosθの定義を述べよ
・円周率が3.05より大きいことを証明せよ
・正八面体を書け


103 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:11:27 ID:df+khras0

>>102
悪い意味でゆとり全開だな


104 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:02 ID:lagea+Ho0

>>102
これはないわ・・・
Zランク大学には中学生なみの感性を持った教授しかいないのか


105 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:14 ID:aassrSYF0

束大生の爪の垢を飲ませてやりたい。
小宮山さんなら絶対こんな問題にはしないだろう。


107 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:12 ID:sgeasTC0

文系でも似たようなセンスなんだろうなきっと
国の恥だな・・・


108 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:30 ID:JmVgeasY0

こんなんだから大学生は馬鹿にされるんだよな
旧帝大だけが良心か


109 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:40 ID:t45asefv0

こういうのを恥ずかしいと思わない人間が日本を支えてるんだろうな


110 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:51 ID:2m/sgea70

何回命令形を使えば気が済むんだw
DQNが下っ端に使う口調と同じ種類の馬鹿っぽさ


112 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:13:28 ID:afaePHSz0

>>102って束大の過去問だぞ



◆3

102 名前:名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:09:11 ID:5gajeSieH0

現在判明しているマク○ナルドの新メニュー名一覧

・てりやきチキンバーガー
・ロースカツバーガー
・シーザーサラダドッグ
・バーベキューフォカッチャ
・玄米フレークシェイクマンゴー杏仁
・フローズンケーキバーいちごミルク


103 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:11:27 ID:df+khras0

>>102
悪い意味でドナルドマジック全開だな


104 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:02 ID:lagea+Ho0

>>102
これはないわ・・・
マ○クにはトレーニーなみの感性を持ったオペレーターしかいないのか


105 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:14 ID:aassrSYF0

モ○のホットココアを飲ませてやりたい。
○スバーガーなら絶対こんなメニューリストにはしないだろう。


107 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:12 ID:sgeasTC0

フランチャイズでも似たようなスマイルなんだろうなきっと
サンドイッチの恥だな・・・


108 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:30 ID:JmVgeasY0

こんなんだからJBURGERは馬鹿にされるんだよな
モ○だけがサティスファクションか


109 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:40 ID:t45asefv0

こういうのを恥ずかしいと思わないクルーが○ックを支えてるんだろうな


110 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:51 ID:2m/sgea70

何回「ー」って使えば気が済むんだw
DQNがスマイルを注文するのと同じ種類の馬鹿っぽさ


112 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:13:28 ID:afaePHSz0

>>102ってモ○バーガーのメニュー名だぞ

 

◆4

102 名前:名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:09:11 ID:5gajeSieH0

現在判明している遊戯王5D'sのセリフ集

・モンスターとの絆を守るために お前は「心の闇」に身を委ねることなどしない
・俺は常識を超越する
・お前の魂が奪われなくてよかったぜ
・この世界は不平等という運命 「心の闇」に満ちている
・人間こそが「ガーディアン」となり この星を守る使命を帯びたからだ
・俺の戦いはただのデュエルじゃないんだ 「リアルファイト」なんだよ
・喜べ お前の魂が生け贄となり この世界は生まれ変わるんだ


103 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:11:27 ID:df+khras0

>>102
悪い意味で心の闇全開だな


104 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:02 ID:lagea+Ho0

>>102
これはないわ・・・
5D'sスタッフには没落貴族なみの感性を持った人間しかいないのか


105 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:14 ID:aassrSYF0

初代遊戯王の爪の垢を飲ませてやりたい。
原作なら絶対こんなストーリーにはしないだろう。


107 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:12 ID:sgeasTC0

4kids版でも似たようなセンスなんだろうなきっと
国の恥だな・・・


108 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:30 ID:JmVgeasY0

こんなんだから遊戯王は馬鹿にされるんだよな
初代デュエルモンスターズだけが良心か


109 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:40 ID:t45asefv0

こういうのを恥ずかしいと思わない人間が5D'sを支えてるんだろうな


110 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:12:51 ID:2m/sgea70

何回「心の闇」って使えば気が済むんだw
DQNのぼくのかんがえたさいきょうのすとーりーと同じ種類の馬鹿っぽさ


112 名前:
名無しさん必死だな :2009/12/17(木) 10:13:28 ID:afaePHSz0

>>102って初代デュエルモンスターズのセリフ集だぞ


力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月23日(金)

 風邪ひいた(´・ω・`)

力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月25日(日)
【新:メガネっ娘萌え】

 遊戯王カードの最新パックDUELIST REVOLUTIONデ ュ エ リ ス ト ・ レ ボ リ ュ ー シ ョ ンで登場した新要素「シンクロ融合」。その名の通り、シンクロモンスターを素材とした融合を行い、更なる強力モンスターを召喚するシステムである。厳密には1月に登場した「ナチュル・エクストリオ」を開祖とし、現在では3体の「シンクロ融合モンスター」が存在している。
 シンクロ召喚だけでも難易度はそこそこなのに、更に「融合」を絡めちゃう男の人って・・・などとプレイする前は思っていたが、これが意外と面白かったのである。(;^o^)「どうせアニメで活躍しただけの使えないモンスターだろ?」という前印象は、大間違いだったということだ。

ホロまじでかっけええええええええ 波動竜騎士はどうりゅうきし ドラゴエクィテス」 ★10・風属性・ドラゴン族/融合 ATK/3200 DEF/2000
ドラゴン族シンクロモンスター+戦士族モンスター
(このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚することができる)
◆1ターンに1度、墓地に存在するドラゴン族のシンクロモンスター1体をゲームから除外し、
  エンドフェイズ時までそのモンスターと同名カードとして扱い、同じ効果を得ることができる。
◆また、このカードがフィールド上に表側攻撃表示で存在する限り、
  相手のカード効果によって発生する自分への効果ダメージは代わりに相手が受ける。
DREV-JP038/Ultra Rare
 
メンスさんマジ乙っす^^^ 「アルティメットサイキッカー」 ★10・サイキック族/融合 ATK/2900 DEF/1700
サイキック族シンクロモンスター+サイキック族モンスター
(このカードは融合召喚でのみエクストラデッキから特殊召喚することができる)
◆このカードはカードの効果では破壊されない。
◆このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、その守備力を攻撃力が超えていれば、
  その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。
◆また、このカードが戦闘によってモンスターを破壊し墓地に送った時、
  破壊したモンスターの攻撃力分だけ自分のライフポイントを回復する。
DREV-JP039/Super Rare
 
◎ 「ミラクルシンクロフュージョン」 通常魔法

◆自分のフィールド上・墓地から、融合モンスターカードによって決められた融合素材モンスターを
  ゲームから除外し、シンクロモンスターを融合素材とするその融合モンスター1体を
  融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
◆また、セットされたこのカードが相手のカードの効果によって破壊され墓地に送られた時、
  自分はデッキからカードを1枚ドローする。

DREV-JP057


 まともに「フィールド上のシンクロモンスター」と「他のモンスター」で融合召喚を行っていくと、手札消費もフィールド上のカード消費も凄まじいものとなってしまうので、基本的には「ミラクルシンクロフュージョン」を使って融合を狙うことになる。E・HERO専用だった「ミラクル・フュージョン」のシンクロ融合版と言えるカードであり、墓地のシンクロモンスター&他のモンスターを使って融合召喚を行うことができる。また、序盤で墓地コストが無い時に使える2つめのドロー効果も、地味に役立ってくれるのだ。
 そして、肝心のシンクロ融合モンスター。まず「波動竜騎士ドラゴエクィテス」は、"墓地のドラゴン族シンクロモンスターの効果をコピーする"という使い所が分からない効果を持っている。コピーしたい筆頭は強力な破壊耐性を持つ「スターダスト・ドラゴン」であるが、そうすると墓地送りになった時点で効果が無効化され帰って来れなくなる。「ブラック・ローズ・ドラゴン」「氷結界の龍トリシューラ」はシンクロ召喚時に発動する効果であるためコピーしても意味が無く、「ブラックフェザー・ドラゴン」では自身の2個目の能力と完全に被ってしまう。っていうか墓地のドラゴン族モンスターは墓地融合で除外されるため、このコピー能力を使うことはまず無いであろう。
 ・・・それでも、「ドラゴン族シンクロモンスター+戦士族モンスター」という緩い縛りで攻撃力3200のモンスターを出せるというのは非常に魅力的。「ジャンク・シンクロン」など戦士族チューナーを用いるデッキであれば、「ミラクルシンクロフュージョン」共々に無理なく投入することが可能だろう。
 また「アルティメットサイキッカー」は、"カード効果で破壊されない"という非常に強力な耐性を持っている。攻撃力も2900と高く、貫通ダメージ&ライフ回復能力も十分に活かすことができる。もちろん「バウンス」「除外」などの天敵は存在するものの、「奈落の落とし穴」「聖なるバリア-ミラーフォース-」などのよく見る除去カードで破壊されないのは大きなメリット。このカードの登場によって、【サイキック族】デッキは大幅に強化されたと言える。

 そしてこれらのカードが強力な理由は、とにかく引けば出せるということにある。「ミラクルシンクロフュージョン」は墓地コストであるため、フィールド・手札のカードを消費する必要は無い。そして「シンクロ召喚」は行うだけで墓地が肥えるため、融合素材も揃えやすい。例えば「アルティメットサイキッカー」ならば、サイキック族デッキで適当にシンクロ召喚を1回行うだけで、墓地にサイキック族モンスター*2が溜まるため、シンクロモンスターが墓地に送られれば融合素材が揃ってしまうのだ。
 ――ということで、意外に強力だった「シンクロ融合」のシステム。これからカードの種類が増えれば、更に面白くなっていくだろうが、果たして・・・?

 4月に入った辺りから、( ^o^)「21歳・ニートです。真剣にメガネを探しています」という感じの俺であったが2010/4/7、本日2010年4月25年、ついにメガネ屋に逝ってしまった。ふゥ、メガネっ娘に萌え始めて早1年・・・そうしたら何故か自分がメガネっ娘になってしまったということである。ミイラ取りがミイラになる(´・ω・`)
 といっても、別にネタのためというわけではなく、この年になって視力低下の影響が顕著になり、最前列でも黒板の字が読めないという大惨事に至ってしまった。そのため、俺には現実的にメガネが必要となったのである。まァ、年を取ったから仕方無いけど、何故このタイミングなのだろうか・・・。

 そんなこんなで、自転車が壊れていたので徒歩でメガネ屋に向かった俺。店に入ると、メガネを掛けた店員さんがやたらとニコニコ迎えてくれた。そこで「初めてのメガネを作りたい」という旨を伝えると、さっそく視力測定からスタート。やたらと高性能な機械を使い、色覚や乱視・近視の検査を受ける俺。いわゆる"ランドルト環"(「c」)は利用せず、「と け く」などの文字を読まされることになった。言うまでも無く、米粒サイズの文字は読めない。良かった、そこで「く う き」とか出てこなくて('A`)
 ――数分後、視力検査の結果が出た。驚くべきことに、視力は両目とも0.3。これは小・中学校などの基準で言えばDであり、立派な近視だと言える。やれ、高校時代は運と気合だけで視力Aをキープしてきた俺であったが、それも限界。もはや自分を偽ることにメリットは無い。とうとう俺も、メガネが必要な人間になったということだ。

 そうして、メガネを作る必要があるということがハッキリ分かったため、次に実際のメガネのデザインを選ぶことになった。重要なのはフレーム、つまり"枠"である。いわゆるガリ勉の牛乳ビン底スタイルから、流行りのちょっとおしゃれな形まで、何でもかんでも選り取りみどり。予算の都合上あまり高価な物は買えないが、それでも多くの種類から選ぶことができた。メガネ屋の店頭にたくさんのメガネが並べてあるのは、別に宣伝のためじゃなかったんだな。
 ――そんなわけで、30分くらい色んなメガネを掛けては鏡を見てみて、店員さんを著しく困らせたりもする俺。もう気分はウッキウキ。メガネを掛けると今まで見えなかった物が見えるようになるが、それと同時に自分を見る周りの環境も変わる。まさに、新しい自分が始まるのである。これを楽しまずに何を楽しむというのか。
 ワクワクしながら、様々なメガネを付け替えては鏡で確かめる俺。正直言って、俺は産まれて初めて自分を可愛いと思ってしまった。えッ、だって、これからの新生活に胸を躍らせながら、身に付けるファッション系のアイテムを選んでいる状況って、凄く魅力的だと思わね? 少なくとも相手が女の子だったら、絶対惚れる。
 ・・・まったく。メガネっ娘に萌えていたら、いつの間にやら自分に萌えてしまったということである。これは俺得以外の誰得なんだよ(´・ω・`)

 そして、メガネのフレームが決まったため、実際の購入手続きに入った。
 俺は、メガネの購入には「医師の診断書」などと面倒な手続きが必要になると思っていたのだが、意外にもそれは書類に住所と簡単な情報を書くだけで済んでしまった。ノリに乗ってサクサクと記入する俺。こういう作業って、気分が良いと凄く楽しいものだからなッ(`・ω・´)
 ――ということで氏名・住所などをサクサクと書いて逝った俺であったが、ある質問項目でつまづ いてしまったのである・・・。


●眼鏡経験: (初) (二回目) (三回目以降)


 (;^o^)「なんだこのエロい質問は・・・」

力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月26日(月)

 着々と進めている「東方永夜抄」LUNATIC攻略。このゲームの自機は人間&妖怪のペアで構成されており、合計で4つのチームが存在する。また、クリア後には人間単体・妖怪単体でも出撃することができるようになるため、自機数は4+(4*2)で12。更に、最終面には6A(永琳)と6B(てるよ)の2つのパターンが存在するため、それも計算に入れると、総ルート数は24となるのだ。他のシリーズは6ルート(「紅魔郷」は4ルート)であるため、それらと比べると圧倒的に多い。
 ・・・ということで、果てなく遠い道に思われた「永夜抄」の全キャラクターLUNATIC攻略であったが、プレイ時間60時間ほどの現在で、24ルートのうち20個を既にクリアしてしまった。「永夜抄」はそこまで難しい作品では無いため、ある程度のパターンを確立したあとは、サクサクとクリアしていくことができたのだ。
 ――が。「永夜抄」LUNATICはここからが本番。というのも、残った2キャラ4ルート、具体的に言うと咲夜さんとアリスの単体の難易度が異常なのである。



「咲夜さん単体」
(東方永夜抄/LUNATIC - 4面ボス通常攻撃1)



「アリス単体」
(東方永夜抄/LUNATIC - 3面道中前半)


 これらの二つは、人間単体・妖怪単体部門のそれぞれでぶっちぎりの最弱とされる機体である。
 ペアでの出撃時はそれぞれの弱点を相方が補ってくれるのだが・・・単体ではふざけたほどに弱くなってしまう。ということで、順に解説してみることにしよう。

 まず、「咲夜さん単体」。ショットは画面の半分ほどをカバーする拡散タイプであり、ボスにはその一部しか当たらないため、悲しくなるほどに威力が低い。他の機体と比べると敵ライフを削るのに1.5倍程度の時間が掛かってしまうため、その分だけ霊術の難易度が上がってしまう。一応、使い魔を倒しやすいというメリットもあるのだが、逆に考えると使い魔に攻撃が吸収されてしまうため、雑魚敵にさえも大いに苦戦させられてしまうことがあるのだ。PAD長ェ・・・。
 また、大量のナイフを投げるボムも、弾消し範囲が狭いため道中には向かず、ボス戦においても威力がイマイチ。そのため、苦手な霊術を飛ばすにもある程度は避けてボムを使うか、最初から2ボムを放っていく必要があるのだ。また、人間単体の宿命として使い魔にもボムが当たってしまうため、結果として大量の使い魔をばらまくようなボス戦になると悲惨なほどにダメージが少なくなってしまうのである。霊夢通常1とか3〜4ボムだよ(´・ω・`)

 続いて、「アリス単体」。こちらは妖怪単体であるため、使い魔を一切破壊することができない。まずその時点で2面と3面の難易度が大きく上がってしまう。
 ショットは貫通能力を持ったレーザーで、威力はまあまあなのだが、攻撃範囲が非常に狭く、正面以外に対する攻撃力が全く無い。そのため、左右から雑魚敵が登場するような場面になると、あっという間に追い詰められてしまうのである。他の武装だと安定するような2・3・4面の道中も、アリス単体だと非常に辛くなってしまうのだ。
 ・・・そして、ボム。弾消しの範囲が非常に広く、道中で使用する「道ボム」としては高性能なのだが、威力が極小であるため、ボス戦では悲しくなってしまうほどに役立たない。というかもはや弾を消すだけでダメージは与えられないと言った方が正確である。やれ、6面ボスの最終霊術やEXステージではこちらのボムが吸収されてしまうのが常だが、アリス単体は全ての敵でボムが吸収されるやり込みプレイをやっているのと同じことになるのである。

 ということで、LUNATICの完全クリアーまではもう一苦労させてくれそうな「東方永夜抄」
 ――しっかし、これをクリアしたら次は「東方妖々夢」、そして「東方紅魔郷」。それで終わりである。意外と先は短いんだなァ(´・ω・`)

力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月28日(水)
【A・ジョーク】

 一ヶ月ほど前から少しずつ構築を改めていたのだが・・・ついに、サイトのトップページから1クリックで必要なページへと飛べるようになった。
 と、いうのも。このサイトも昔は「FFの部屋」「管理人室」などのカテゴリを作り、そこから"多彩"なコンテンツへとジャンプできるようにしていた。だが現実的には、更新が続いたのは「FFプレイ日誌」「管理人の日記」のみ。だったら無駄な階層構造をやめて、トップページから1クリックにしたほうが便利じゃね・・・?
 ――それが今回、サイトの構築を見直すに至ったきっかけである。前までのコンテンツも消えたというわけではなく、こっそりとリンクを残してあるので、必要ならご利用頂きたい。まあ、それらのコンテンツの地位が下がってしまったと不満を感じる人も居るかもしれないが・・・ほとんどの方は、目当てとしているプレイ日誌や日記を1クリックで参照できるようになって、使いやすくなったと感じてくれるはずだ。もしそうでなければ、俺の管理人としての能力は中々に最低である(´・ω・`)

 「他と比べて非常に利用頻度が高い『FFプレイ日誌』と『管理人の日記』へと、1クリックで簡単に飛べるようにする」
 道理で考えてみれば当たり前の話であるが・・・このサイトが現行のデザインを採用してからは既に長く、その間ずっと「トップページ」「FFの部屋」「FFプレイ日誌」という階層構造で、このサイトは成り立ってきたのである。どんなに古びた歯車でも、一度回り出してしまえばその歪みを正すのは難しい。しかも、それが大規模に回っていればいるほど、である。社会で(;^o^)「これ明らかに変じゃね?」というシステムが放置されているのは、そういう理由があるのだ。
 ・・・まったく、個人サイトでもそうなんだから、それが大規模であればあるほど、「歪み」ってのは正しづらいものなんだね(´・ω・`)

 「大学」とは不思議な空間である。小学校・厨学校・高校のように授業に縛り付けられるわけではなく、ぶっちゃけ遊び人のような生活をすることができる。だが、社会から期待される大学の役割は逆であり、「至高(笑)の学問(笑)環境(笑)で自由自在(笑)な研究世界(笑)を堪能(笑)する(笑)などと、むしろ小・厨・高以上に「学問」への期待を掛けられている場所だったりもする。一体どうして、そのような「意識」と「実体」の乖離が生まれているのだろうか?
 ・・・それは恐らく大学が持つ、いわゆる「自由度」に起因しているところが大きいだろう。大学は今までの学校とは違い、授業を自分で選べる。サークル・部活の種類も多い。年齢も18歳となり、社会的にある程度の責任を持ったと認められる。また、大学から一人暮らしを始める人も居る。「自由」な大学生活、そしてそういった風潮から来る「自由」な研究生活と言えば、外から見ると、ヨダレがダラダラなほどに期待してしまうものであろう(^q^)(^p^)
 ――が。内側から見てしまえば、自分から創造的な学問を行える"大学向け"の人間など、ほんの一握りしか居ない。多くの人はそれから脱落し、「こんなことなら高校時代の勉強のほうがマシだった」と思っているはずだ。あれは確かに上から来る知識をトレースするだけであり、原義的な意味で考えればおよそ「学問」と呼べるものでは無いかもしれない。だが、それだけに目の前にはしっかりと道が指し示されていて、そのルートをなぞることで人並みの知識を得ることができるのだ。
 逆に大学の授業では、自分から学ぼうとしなければ、何物も得ることも無く、まったく無駄な時間を過ごしてしまうことになるのである。・・・え?「だったら学ぼうとしろよ」だって? 誰が好きで勉強なんてするかよ、あんなつまんねえもん(´・ω・`)

 ということで、大学は「勉強をするところ」「遊ぶところ」という双対する二つの性質を持った、まったくもって不思議な空間なのである。
 ただ、やはりと言うか何と言うか、実際に大学に逝っている人たちの話を聞くと、「授業に出るのめんどいなァ('A`)などと思いながら、試験前になったらしぶしぶ勉強をして単位を取る。そういう人がほとんどである(俺は単位を取っていなかったのだが・・・)。だから大学は「相反する二つの要素を持っている」というよりは、むしろ上に書いたように「外からの印象と中での意識が異なっている場所」というのが妥当なところだろう。
 ――まったく。「隣の芝は青い」と言うが、"大学"という名の芝生は、素晴らしいほどに真っ青だ。そして、そこに入った俺の顔も真っ青だ('A`)

 さて。
 そんな「大学」という歪んだ空間であるが、その実体は意外にも知られていない。特に進学前の高校生に至っては極めて顕著であり、(^^q)「大学に入れば彼女が出来るかなうへへへへrなあだg78mcq209,う゛ぃqんqふじこlp;@」などと考えながら、彼らは今日も勉強をしているのである。ま、彼女とか出来ませんので(´・ω・`)
 ・・・辛い受験勉強、そういった妄想でもしなければ耐えられないということもあるのだろうが・・・しかし。現実との間に存在する「歪み」は、更なる歪みを生み、やがては瓦解へと繋がってしまう。だったら、その「歪み」がまだ小さなうちに、それを正しておかなければならないのである。
 ――ということで。今日は、そんな「大学」の真実を、ジョーク形式で解説してみることにしよう。それらのジョークは、一見すると単なる笑い話に思えるかもしれない。だが、それは「大学」という社会が持つ問題点をさりげなく、そして確実に指し示しているのである。そんな"大学的アカデミック"ジョークを、本日は逝ってみることにしよう・・・。


◆1

教授「あなたは毎日授業に出席していて偉いですね」
生徒「いいえ、僕はちっとも偉くありません」
教授「友達はできましたか」
生徒「いいえ、僕に友達は居ません」
教授「でも毎日大学に来ていれば、友達くらい出来るでしょう」
生徒「友達が居ないから、大学に来ているのです」
教授「さっぱり分かりません。どういうことですか」
生徒「友達グループなら、一人が大学に来れば十分ですから」


◆2

教授「ちょっとあなた。最前列で寝るとはどういうことですか」
生徒「申し訳ありません。集中力を欠いていました」
教授「やる気が有るから前に来ているのではないのですか」
生徒「やる気が無いから前に来ているのです」


◆3

ある時、「これで学生を幸せにしてやってください」と、
小学校・中学校・高校・大学が大富豪から寄付金を受け取りました。
各学校は悩んだ上で、次のようにお金を使うことにしました。

小学校は、児童が安心して遊べるように、運動場を整備しました。
中学校は、部活動の予算を増やし、古くなった道具を買い直しました。
高校は、生徒の勉強時間を確保できるよう、掃除を業者に任せることにしました。
大学は、学生全員に単位を与え、お金は貯金に回しました。


◆4

「最終回までありがとうございました。
 この講義の時間をもっと実りあるものにするために、
 何かアイデアがある方は、アンケート用紙に書いてください。
 お金が掛かるものであっても、予算を請求いたします」

教授は、そう言って学生から意見を募りました。
すると、あるアンケート用紙に、次のようなことが書いてありました。

「では、プレミアム会員に登録するための予算をお願いします」


◆5

「大変です。隣の家の息子さんが入院されたそうですよ」
「どこにですか」
「大学院です」

「朗報です。隣の家の息子さんが退院されたそうですよ」
「どこからですか」
「大学院からです」

 

力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月29日(木)

 
ふぅ。

力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

2010年4月30日(金)
【メガネっ娘のkiss】

 ( ^o^)┛「ついに日記の平均アクセス数が400hits/日を超えましたッ!」
 2010年4月のアクセス解析結果によると、月間の日記のアクセス数が12287に達したそうだ。4月は30日までなので、一日辺りの平均アクセス数は410となる。
 ・・・これについては、本当に読者の皆さんにありがとうと言うしかない。もともと「管理人の日記」は、本職である「FFプレイ日誌」を書く合間にちょくちょく更新をしていくという感じだったのだが、徐々に更新回数が増えていき、今では「やり込み in FF」のメインコンテンツの一つとまで言える位置を占めるに至った。
 ――この日記で「毎日更新」を始めたのは、俺が高校2年生だった2006年の1月。その当時のアクセス数が200hits/日ほどだったから・・・4年3ヶ月掛けてやっとアクセス数が2倍になったということである。どうやらムーアの法則は満たされなかったようだ('A`)

 そして今後目指すのは、今まで何度も書いてきた目標ではあるが・・・1日1000人が見る日記である。この先、多くの人が興味を持って読んでくれるような文章を書き続けられるかというと、正直言って自信が無い。というか今でさえも、毎日400人もの人が読んでくれているということが信じられないのだ。こういう日記なんてものは、身内だけでひっそり楽しむもんだよ。どこからどう見ても、俺の頭の悪さが顕在化してるだけだし(´・ω・`)
 ――まァでも、期待されているからには、本気を出して書き続けて逝くのみ。ということで皆様、今後ともよろしくお願いしますッ!(^q^)

 この水曜日に眼鏡屋からメガネを受け取り、順調に"メガネっ娘"としての生活を楽しんでいる俺。今まで見えなかった遠くを凝視してみたり、おもむろにメガネを付けたままFF13をやってみて更に画質が上がることに驚いたり、ラーメンのゆげでレンズを曇らせてみたり、用も無いのにメガネを拭き拭きしてみたり・・・と。
 実際メガネを掛けると、驚くほどに遠くまでが見えるようになる。目の前の50cmくらいまではメガネが有っても無くても変わらないのだが、それ以上の距離になると、裸眼ではボヤボヤになってしまう。もうメガネの有る無しには、PS3における三色端子とHDMIくらいの差が存在するのだ。
 ・・・いつの間にやら自分の視力がそこまで低下してしまったと、悲観的に捉える考え方も有りっちゃあ有りだろうが・・・それよりはむしろ俺は、「メガネを掛けることで、しっかりと遠くまで見えるようになった」と純粋に嬉しく思うことができた。遠くの物がハッキリ見えるってのは、こんなにも幸せなことなんだね(´ー`)

 そしてメガネを掛けることによるメリットは、物理的に遠くが見えるようになることだけではない。それは、我々に「新しい世界」を見せてくれるのである。
 ・・・どういうことかと言うと、メガネを掛けることによって、今までは見えなかった物までがハッキリと見えるようになる。そのことは我々に、確かな「意識の変化」をもたらしてくれるのだ。もっと分かりやすく言うならば、メガネを掛けて細かい物が見えるようになったことで、今まで見落としていた事に気付くことができる。それにより我々は、これまで特に意識をして来なかった身近な世界の魅力を、色々と発見できるということである。
 また、メガネを掛けた際の「外見上の変化」も、非常に効果が大きいと言える。(´・∀・)「先輩は顔がキモいですね☆」としか褒め様が無かった俺の顔でさえも、「外見だけは知的ですよ!」「オタクっぽさがアップしましたね★」「メガネは素敵です♪」などと、様々に褒めるパターンが生まれたのだ。そりゃあ、ちょっとしたアクセサリを付けるだけで人の印象は大きく変わるのに、あんなデカい物を顔の真ん中に付けていたら、今までのイメージとは異なってくるに決まっている。
 ――そんなわけで、我々の生活を一変させてくれるメガネ。前に、とあるメガネっ娘が(*・ω・)「あたしにとっては、メガネが今の恋人なんです」と言ったのを聞いて、俺は(^o^;)「は?そんなこといいから俺と結婚しろよ」などと思ったものだった。が、自分で実際にメガネを掛けてみて分かった。メガネ、それは人生なのである。

Before

        ノ L____
       ⌒ \ / \
      / (○) (○)\
     /    (__人__)   \   何が「メガネは恋人」だお!
     |       |::::::|     |   早く俺と結婚するんだおッ!!
     \       l;;;;;;l    /l!| !
     /     `ー'    \ |i
   /          ヽ !l ヽi
   (   丶- 、       しE |そ  ドンッ!!
    `ー、_ノ       煤@l、E ノ <
               レY^V^ヽl


After

       ____
     /      \
   /  _ノ  ヽ、_  \
  /  o゚⌒   ⌒゚o  \   メガネは人生だったお・・・
  |     (__人__)    |
  \     ` ⌒´     /


 ということで、無事に「メガネっ娘」へとデビューすることができた俺。恒例の「メガネは"外す"ものではなく"脱がす"もの」「メガネを掛けると男の魅力3割増し」「お嫁に逝くならメガネを掛けた男性がいい」などといった哲学も、続々と準備している状況にあるのだ。
 ――が、しかし。ここで一つ、問題が発生したのである。というのも、例えば俺が万が一に恋愛ができたとして、その相手が「メガネっ娘」だったとしよう。すると、俺もメガネっ娘、相手もメガネっ娘という状況になる。そして、だ。キス(笑)の際に角度変化を付けなければ鼻が当たってしまってウザいという話はよく聞くが、メガネっ娘同士だった場合、メガネが当たってしまってキス(笑)ができないのではないだろうか? さすがにπ/2の角度を付けるわけにも逝かないだろうし・・・('A`)
 その疑問の答えを確かめるための方法は、簡単な話である。実際にメガネっ娘にキス(笑)をせがんでみる・・・と確実に犯罪なので、おとなしく鏡に向かってキス(笑)をしてみることにした。こうすることで、擬似的にメガネっ娘同士のカップルのキス(笑)を再現できるはずだ。さあ、鏡の中の自分を見つめて、ゆっくりと顔を近づけて・・・。


         〃⌒ ヽフ
        /   rノ
       Ο Ο_)***


            ┼ヽ  -|r‐、. レ |
            d⌒) ./| _ノ  __ノ
           =================

力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何力拔山兮氣蓋世時不利兮騅不逝騅不逝兮可奈何虞兮虞兮奈若何

ひとつ前のページへ トップへ