DQM テリーのワンダーランド LUNATICAS

 



【第二話 / SEGUNDA LUNATICAS】







  〜〜登場人物(擬人化)〜〜
     FFX-2の構図


 長女・ルナ (上側)
  Lunar/月菜
  ホークブリザード


・大胆不敵に、かつガンガン突っ走る性格
・氷属性なのに炎の剣技を操る
・前回も炎を吐いてました
・妹とリボンを交換しました
・人間でいうと身長165cmぐらい
・胸がなかなか成長しない…
・力がないならせめて技で…!

 次女・ユエ (左側)
  Jue/月英
  ひくいどり


・楽天的でお人よしだけど、頑張り屋な性格
・炎属性なのに氷の剣技を操る
・前回も吹雪を吐いてました
・姉とリボンを交換しました
・人間でいうと身長160cmぐらい
・体力がなかなか成長しない…
・とりあえず攻撃します♪

 三女・トモ (右下)
  Tomo/月朋
  サンダーバード


・何者にも流されない、孤高で自由な性格
・雷属性なのに雷の剣技を操る(←?)
・前回も雷落としてました(←?)
・もみあげ伸ばしました
・人間でいうと身長153cmぐらい
・小さなメダルが集まらない…
・でばんまだー(・3・)



●娘たちに質問タイム(トモのせりふはお察しください)

・すきなたべものはなんですか?
  ルナ:肉! やっぱり霜降り肉! 美味ッ! 最近は『火炎斬り』でこんがり焼いて食うのがうまい!!
  ユエ:お肉が大好きです。『マヒャド斬り』で凍らせてから食べます。…あの…ひくいどりだからって、火は食べません…。
  トモ:こくちんのーおーにくー♪ にっくにっくー♪ ざゃぽねーすくー♪

・とくいわざはなんですか?
  ルナ:力はないけど技でカバーするからね、あたしの剣捌きをとくと御覧〔ごろう〕じろや!! オラァ!!
  ユエ:強い風を起こしてお姉ちゃんたちをブレス攻撃から守ったりできます。あと、剣をふりまわすことです。
  トモ:なんかよくわかんないのおよんだり、あたりおまくろにたり、へんなおどりおおどたりできるよ!

・にがてなものはなんですか?
  ルナ:ステータス異常にしてくるやつら。だが気合で乗り切ったる! こんな攻撃に屈したりはしな……ふみゅう…。
  ユエ:眠らせてくる敵が苦手です。ついつい眠っちゃいます…。そうなる前に倒さないと……ふみゅう…。
  トモ:トモさゃんににがてなものなどなあーーー

ルナについてどうおもいますか?
  ルナ:妹たちのために努力は怠らないよ! あたしが引っ張るのさぁ! ……胸はどうでもいい! 誰が男の娘だぶっ殺すぞコノヤロウ!!
  ユエ:私より美人だし、いつも私とトモちゃんを引っ張ってくれる理想のお姉ちゃんです。でもたまに(胸を見るときの)視線が怖い…。
  トモ:ルナねえさゃんのことわだいすきだよ! でもたまにトモさゃんのおむねみてくやがてるけどなんでかな?

ユエについてどうおもいますか?
  ルナ:大事な妹だし、あたしよりかわいい。ユエのためなら何でもできるさぁ! …でもなんでこんなに差が…いや、少ししか変わらねーし!
  ユエ:え、えーと…普通にしてれば普通に勝てます!! なんとかなります! 頑張ります!!
  トモ:ユエねえさゃんのことわだいすきだよ! おむねおまくらにたらふかふかですごくきもさいいよ!!

トモについてどうおもいますか?
  ルナ:世話のかかる子だけどかわいい妹。トモのためなら何でもできるさぁ! でも……あたしより胸あるんじゃね? …っぐ。
  ユエ:たまに私やお姉ちゃんでもできないことを容易くできてしまうことがあるから、本当はすごく賢い娘なんですよ。自慢の妹なんです。
  トモ:トモさゃんわトモさゃんだよ! このちいきょうのあほげをくらえーー!!

・このたびのもくひょうはなんですか?
  ルナ:妹たちの見本になれるような技と力を身につける!! ………あと……胸……。
  ユエ:ルナお姉ちゃんとトモちゃんに迷惑をかけないようにがんばりたいです。
  トモ:うさゅうちいきょうのまものになること! このちいきょうのあh(いかりゃく)

・しれんは?
  ルナ:乗り越えられない人に襲いかかりはしない!
  ユエ:乗り越えられない人に襲いかかりはしない!
  トモ:のりこえられないひとにおそいかかりわない!




――さて、まずは娘たちを連れてレベル上げから。
平均的な能力値の中で恐ろしくとびぬけているのがユエの攻撃力。力自慢のモーザとグリズリーから生み出しただけのことはある…。もはや暴力です。


 ルナ (1代目)
 ホークブリザード+5

 ユエ (1代目)
 ひくいどり+6

 ― 
 
 
 Lv:12
 HP:149
 MP:89
 攻:94
 守:106
 早:147
 賢:90
甘い息
火炎斬り
真空斬り
マヒャド斬り
メタル斬り
獣斬り
しっぷうづき
甲羅返し
 Lv:12
 HP:130
 MP:91
 攻:218
 守:95
 早:152
 賢:79
ヒャダルコ
キアリー

仁王立ち
みかわし脚
稲妻斬り
追い風
しっぷうづき
枝払い
 Lv:―
 HP:―
 MP:―
 攻:―
 守:―
 早:―
 賢:―










少しだけレベルを上げたら、新しく解放された安らぎの扉へと向かう。

 〜〜 メンバー 〜〜

 ★ルナ(一代目・+5)
 ★ユエ(一代目・+6)
 ・ネソ(キリキリバッタ・♂)
 ・ポーシャ(大にわとり・♂)
 ・ラリッサ(とさか蛇・♂)
 ・????(リップス+1・♀)



∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽



安らぎの扉。安らぎと偽りの言葉を何一つ言えないままに♪
ここからはもうモンスターは戦闘では仲間にはしない。ただし喜びの扉のファンキーバードは例外ね。
ここで出現するモンスターは戸惑いの扉や滅びの町の扉とさほど変わらない。特に苦戦することもなくガンガン突き進んでいく。順調にレベルが上がり、ルナはドラゴンのラオから受け継いだ『火炎斬り』を、そしてユエはモーザのアリエルから受け継いだ『力をためる』と、グリズリーのチタニアから受け継いだ『ヒャド(ヒャダルコ)』から『マヒャド斬り』を思いついた。

前回は氷属性のルナが炎属性のブレスを、炎属性のユエが氷属性のブレスをそれぞれ吐くという、現実であればなんとも平仄ひょうそくの合わない現象があった。
「石が流れて木の葉が沈む」、「牛が嘶き馬が吼える」、「ホークブリザードが火を吐き、ひくいどりが吹雪を吐く」――なんてな(誰がうまいこと言えと)
最初は逆属性のブレスを得意とする特徴を持たせる予定は全くなかったが、特技を取捨する過程で偶然そうなり、ある意味ネタになると思って最後まで残した次第である。
こんなことができてしまうのはほかのゲームにもあるんだろうか…? DQ本編ではまずない。VIIのアンドレアルやVIIIのフェイスボールなど、炎と氷のブレス両方を吐くなどはあるが、そのモンスターが特定の属性を持っていることはない。特定の属性を持っており、かつそれと正反対の属性を使うモンスターは思いつかないな。なんかいる? DQM界ならではというか…この世界では氷炭相容れちゃったりする。
まぁ、FFXは「おぼえる」でイフリートにブリザド系を、シヴァにファイア系を、それぞれ覚えさせることもできるか…。…といっても忘れさせることはできないから、やはり特定の属性を持っていて、かつその逆属性のみを使う、なんてことはモンスターズならではといってもよいだろう。
結果として、作画面でルナとユエのリボンにその特徴を反映させることができたし、娘たちとこのプレイ日誌の面白い特徴となってくれたので、やはり今回もこの逆属性を使いこなすポイントは何としても入れたかった。ふたを開けてみればうまい具合に習得できたし、その習得プロセスをいかに配合に組み込むかを考えるのも楽しかった。
大小あれども、こんな楽しさを味わうことができるのもやりこみの賜物だと思う。ぜひとも皆さんにもこういうのを考えてほしい。そしてその楽しさを味わってほしいものである。

これでまず習得する特技の一つの制限は達成。
そのほかの特技についてはなにかと便利な『大防御』、あとはまぁ使えそうなやつ。ルナは多彩な剣技を習得している。攻撃力が低いのでイマイチ活かしきれないのが残念だが…。なかなか攻撃力が上昇してくれないな…。それを後目に、ユエの攻撃力の上昇っぷりといったら…なんとルナの2.5倍。それやりすぎ。


実はこれから大きくなるんです



ガンガン突き進んで最奥部へ。


 ルナ (1代目)
 ホークブリザード+5

 ユエ (1代目)
 ひくいどり+6

 ― 
 
 
 Lv:16
 HP:181
 MP:98
 攻:105
 守:125
 早:178
 賢:100
甘い息
火炎斬り
真空斬り
マヒャド斬り
メタル斬り
獣斬り
しっぷうづき
大防御
 Lv:16
 HP:147
 MP:117
 攻:249
 守:107
 早:183
 賢:88
キアリー
仁王立ち
稲妻斬り
追い風
しっぷうづき
力をためる
大防御
マヒャド斬り
 Lv:―
 HP:―
 MP:―
 攻:―
 守:―
 早:―
 賢:―










安らぎの扉のぬし、スライムファングとの戦闘。
おもに『仲間を呼ぶ』で連続してダメージを与えてくる戦法をとってくるが、そのダメージは実戦では15程度のダメージが3回来ただけ。たまに失敗することもある。
こちらの攻撃は、ルナは魔法剣を使用して50程度、そしてフルパワーユエちゃんは通常攻撃で100を超える大ダメージ。全く苦戦することなく撃破。
必ず仲間になるスライムファングだが仲間にはしない。

このままもう一つ開かれた勇気の扉へと向かう。牛乳の飲みすぎは体に良くないのでやめましょう。何事もほどほどに。



∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽




勇気の扉。愛と勇気と誇りをもって戦うよー♪
出現するモンスターに新顔が増え始めてきて、一つ目ピエロ、ビーンファイター、花魔道、人食いサーベル、大みみずなどなど。
とはいえ特に苦戦するモンスターはおらず雑兵ぞうひょうにすぎない。あえて危険性を挙げるなら、花魔道の『ベギラマ』がルナにとってちょっと痛いぐらいだろうか。またしてもガンガン突き進んでいくがアイテム回収は忘れずに。小さなメダルはこの時点で11枚。あと2枚でサンダーバードに届く。
回復アイテムやお肉を拾いながら最奥部へ。お肉は娘たちのおやつです。にっくにっく〜♪ じゃぽね〜すく〜♪


 ルナ (1代目)
 ホークブリザード+5

 ユエ (1代目)
 ひくいどり+6

 ― 
 
 
 Lv:20
 HP:195
 MP:110
 攻:124
 守:142
 早:189
 賢:119
甘い息
火炎斬り
真空斬り
マヒャド斬り
メタル斬り
獣斬り
しっぷうづき
大防御
 Lv:20
 HP:156
 MP:127
 攻:258
 守:128
 早:191
 賢:119
キアリー
仁王立ち
稲妻斬り
強風
しっぷうづき
大防御
マヒャド斬り
ハッスルダンス
 Lv:―
 HP:―
 MP:―
 攻:―
 守:―
 早:―
 賢:―










勇気の扉のぬし、ビックアイ(前にも言ったが、ビッ「グ」アイではない。「ク」)
『氷の息』と『ヒャダルコ』といった氷属性の全体攻撃を中心として攻撃してくる。冷気に完全耐性をもつルナはノーダメージで乗り切ることができるが、逆に冷気を苦手とするユエにはきつい戦いとなる。ただしユエは強力なダメージソースともなり得るので、防御に回るよりも、多少無理をしてでもダメージを与えて早く倒してしまったほうが被害が少ない。攻撃は最大の防御である。受けたダメージはテリーがアモールの水などでフォローしてやればよい。ユエが100以上のダメージをたたき出してくれたおかげで4ターンで撃破。
なお、この戦いの後で性格を確認したらいつの間にかルナは「だいたんふてき」、ユエは「ねっけつかん」に変わっていた。

ここで、サンダーバードの卵を獲得するまであと2枚となった小さなメダルの回収をメインに勇気の扉を回る。少しだけ振り向きたくなるようなときもあるけど♪
そのついでに娘たちもレベルアップしていく。結局4回ほどめぐったところで小さなメダルを2枚回収することができたので先に進めることにする。
この間、詩人と3回遭遇。ルナは攻撃力が、ユエは守備力がそれぞれ20、そして両者ともにMPが40上昇。できることならルナは攻撃力が、ユエはHPが上がってほしいものだが…。


前回描かなかったものに挑戦



伸び悩む能力値がやはり前回と同じ。なんとまぁ見事にこの2人は対蹠的たいせきてきな成長具合を見せるものである。まぁ種族固有の能力値の上がり方もあるし、基本序盤で仲間にできるモンスターだけで配合を組んでいるから、ある程度前回と似通うのはしょうがないか。これも彼女たちの個性ってことで。
レベルも上昇し、ユエは『仁王立ち』と『大防御』で『瞑想』を思いつくことができた。


 ルナ (1代目)
 ホークブリザード+5

 ユエ (1代目)
 ひくいどり+6

 ― 
 
 
 Lv:29
 HP:235
 MP:196
 攻:194
 守:208
 早:241
 賢:168
甘い息
火炎斬り
真空斬り
マヒャド斬り
メタル斬り
獣斬り
しっぷうづき
大防御
 Lv:29
 HP:196
 MP:207
 攻:312
 守:207
 早:243
 賢:186
キアリー
仁王立ち
稲妻斬り
強風
大防御
マヒャド斬り
ハッスルダンス
瞑想
 Lv:―
 HP:―
 MP:―
 攻:―
 守:―
 早:―
 賢:―










メダル王からサンダーバードの卵をもらい、早速孵化させる。
これで娘たちは揃ったわけだが、トモはまだ出さない。しばらくお留守番。こーどくなーはねをさらしてー♪


かーなわぬー ゆめをちらしてー♪



ルナとユエの2人でDクラスに挑戦することに。
まずは1回戦。適当に殴っているだけで撃破。何も書くことがない。何を相手にしていたかすら忘れた。
続いて2回戦。娘たちが苦手とする『つばめ返し』の使い手であるキラースコップが出現する。これを使われたが、なんとミス。恥だわ(それいいすぎ)。適当に殴って撃破。
決勝戦。キラーパンサー2体とさまよう鎧が相手だが、このメンツの攻撃もミスばかり。何も考えずに殴って撃破。Dクラス撃破。
Dクラスをクリアするとマスターミッキーがお見合いに応じてくれる。Dクラス制覇から怒りの扉クリアまでのわずかな間しかお見合いできない。死霊の騎士を出してくれるので、このチャンスは、通常プレイでも逃さないようにしよう。チャンスの神様には前髪しかないのだ。

 【ネソ(キリキリバッタ・♂) + ボーン(死霊の騎士・マスターミッキー) → フォボス(リップス+2・♀)】

また、この時点でまだ孵化させていなかったもう一方のリップスも孵化させる。名前は「ダイモス」(♀)。ま、このネーミングは…知ってる人は知ってますよ。これはかなり有名なのでね。他のモンスター(一部を除く)につけている名前の法則ももう分かりますよね。
リップスたちも今の時点はお留守番。この後は王様からの命令で怒りの扉へと向かうようにいわれる。さっそく向かうことに。

 〜〜 メンバー 〜〜

 ★ルナ(一代目・+5)
 ★ユエ(一代目・+6)
 ・トモ(一代目)
 ・ポーシャ(大にわとり・♂)
 ・ラリッサ(とさか蛇・♂)
 ・ダイモス(リップス+1・♀)
 ・フォボス(リップス+2・♀)


 ●ここまでのプレイ時間:28:28


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽




怒りの扉。怒りの仮面、弱い心守るため♪
大なめくじ、ドラゴスライム、アニマルゾンビ、キャットフライ、メーダ、ポイズンリザードなどのモンスターが出現。はたしてこいつらがあふれ出てきたとて脅威となるであろうか、微妙なメンツである。…まぁ現実世界だったら大なめくじでも最強に怖いけど。
それは置いといて、この中では『毒攻撃』を仕掛けてくるポイズンリザードがやや厳しい相手。倒すこと自体はさほど苦労はしないけど、討ち漏らしたときに1でもダメージを受けるとステータス異常に弱い娘たちはかなり高い確率で毒状態となってしまう。一応毒消し草は用意しておいた。何度か毒状態にもなったが、アイテムを回収しているのも相まって神父も登場してくれて、毒状態であることがそこまで危殆に瀕するほどでもなかった。
また、小さなメダルをなんと2枚もゲット。そんなこんなで最奥部へと到達。


 ルナ (1代目)
 ホークブリザード+5

 ユエ (1代目)
 ひくいどり+6

 ― 
 
 
 Lv:30
 HP:240
 MP:200
 攻:201
 守:214
 早:243
 賢:173
甘い息
火炎斬り
真空斬り
マヒャド斬り
メタル斬り
獣斬り
しっぷうづき
大防御
 Lv:30
 HP:199
 MP:211
 攻:315
 守:213
 早:245
 賢:193
キアリー
仁王立ち
稲妻斬り
強風
大防御
マヒャド斬り
ハッスルダンス
瞑想
 Lv:―
 HP:―
 MP:―
 攻:―
 守:―
 早:―
 賢:―










魔物があふれるというゆゆしき事態を引き起こしている元凶、バトルレックスとの戦闘。
こいつと戦う前に周りの卵を調べて、最低1回はドラゴンキッズと戦わなくてはならない。『受け流し』を使ってくることがあるので、これを使用している時に物理攻撃を逸らされるとやばいが、失敗することもあるし、使ってこないこともある。これさえ使われなければほぼ一撃で倒せる。さほど苦労しなかったので調べられる7つの卵を全部カチ割る。一度だけ『受け流し』成功で、ユエの攻撃が跳ね返ってきたがまぁよい。結構経験値がもらえる(基本値1000。怒りの扉に出現するモンスターは1体につき150程度)のでその見返りによる多少のリスクとあらば。
その後怒り狂うバトルレックスとの戦闘。
『火炎の息』をメインとして攻撃してくるが、炎系の攻撃なのでユエはダメージを受けない。また、ルナも炎系の攻撃に対してはわずかではあるが耐性を持っているため、20程度のダメージで済む。
こちらの攻撃は2人合わせて200を超えるダメージ。おまけにユエが会心の一撃を出してくれて336もの強烈なダメージ。4ターンで快勝。
バトルレックスは必ず仲間になってくれるものの、もう制限で仲間にはしない。

この扉をクリアしてタイジュへ戻ると、タイジュが震動して行けるところが増えるようになる。
頂上のモンスター牧場では、東端の亀裂がつながって新たに旅の扉に行けるようになる。最下部では新たな部屋が増えており、そこでイベントをこなせば格闘場にも一つ旅の扉が増える。ここに行く前に、もう一度怒りの扉を回って小さなメダル狙いのアイテム回収。また1枚追加することができた。さらに詩人も登場してくれて、ルナはMPが、ユエはHPがそれぞれ上昇。
この辺で次は幻の扉へ行くことにする。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽




幻の扉。いらなーいなにもー捨ててしまおうー♪
ここは前回のプレイでは、制限のために行かなかった扉である。タイジュの震動によってモンスター牧場東端の亀裂がふさがることにより行けるようになった旅の扉。ちなみに悪魔の騎士とリップスのカップルが巡り合えるようにもなった。おお、ダーリン!! チュパチュパ!!(それやりすぎ)
出現モンスターは人面蝶、フェアリードラゴン、スカルガルー、マッドロン、デスフラッターなどなど。怒りの扉をクリアしたら行けるようになる扉なのでそのタイミングのモンスターレベルである。そこまで苦戦はしないし、もらえる経験値なども同等。アイテム回収をしつつ奥へと進んでいく。小さなメダルゲット。
なお、ここも2ブロックのフロアが出やすい。案の定詩人と遭遇し、ルナは守備力が、ユエはHPが20ずつ上昇。
最終フロアの一つ手前ではタイジュの国と同じ音楽が流れる。最奥部はタイジュのとある一室。
入り口を荒くれが塞いでいる部屋がタイジュの下のほうにあるが、そこの内部へとたどり着くことができる。部屋の奥でたたずんでいる女性と話すことで戦闘に突入するが、いろいろ選択肢があるので遊んでみるのも一興。答えようによってはキレられたりもする。


 ルナ (1代目)
 ホークブリザード+5

 ユエ (1代目)
 ひくいどり+6

 ― 
 
 
 Lv:33
 HP:249
 MP:229
 攻:232
 守:245
 早:259
 賢:186
甘い息
火炎斬り
真空斬り
マヒャド斬り
メタル斬り
獣斬り
しっぷうづき
大防御
 Lv:33
 HP:246
 MP:238
 攻:328
 守:226
 早:258
 賢:213
キアリー
仁王立ち
稲妻斬り
強風
大防御
マヒャド斬り
ハッスルダンス
瞑想
 Lv:―
 HP:―
 MP:―
 攻:―
 守:―
 早:―
 賢:―










女性の正体はマネマネである。


こいつは配合では生み出せない



幻の扉なだけに、入り口をふさいでいる荒くれの愛の幻である。万能の君の幻を僕の中に作ってたー♪
マネマネはその代名詞ともいえる『モシャス』を使ってこちらの仲間に化けてきたり、『まねまね』を使ってこちらが繰り出した攻撃をやり返してきたりする。ただ攻撃力はさほど高くない。実戦では『まねまね』を使って、娘たちが繰り出した通常攻撃をそのまままねてきたが全くダメージを受けず。
特に戦略を講じることもなく攻撃してフツーに撃破。このマネマネは必ず仲間になってくれるが、制限で仲間にはしない。幻をいつも愛している。何もわからずに♪
なお、マネマネは配合では生み出すことのできない特殊なモンスターである。このような特徴を持っているのは他にはスライム、キリキリバッタ、大にわとりの3種類。あとはわたぼう(わたぼうはPS版では一応配合で生み出すことができる…が、【ワルぼう + わたぼう】というコメントに困る方法)

ここの扉をクリアした時点で小さなメダルが18枚たまったので、メダル王からパオームの卵をもらう。
早速孵化させ、レベル上げのために連れ出すことにする。名前は「ガラテア(♀)」

次なる舞台は真実の扉。


 〜〜 メンバー 〜〜

 ★ルナ(一代目・+5)
 ★ユエ(一代目・+6)
 ★ガラテア(パオーム・♀)
 ・トモ(一代目)
 ・ポーシャ(大にわとり・♂)
 ・ラリッサ(とさか蛇・♂)
 ・ダイモス(リップス+1・♀)
 ・フォボス(リップス+2・♀)



∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽




真実の扉。君の瞳に映るどんなモノも見極めてみせるよー真実をー♪
ここも前回のプレイでは制限上行かなかった扉。タイジュの震動によってタイジュの最下部に新たな部屋ができているが、そこにいるマドハンドにジャンケンで勝つことで格闘場の石像が移動し、その下にある旅の扉が姿を現す。
出現するモンスターはメドーサボール、羽スライム、キラースコップ、フーセンドラゴン、かまいたちなどの、かなり新しいメンツが揃っている。モンスターレベルとしては怒りの扉よりも少し上、ちょうど次のCクラスをクリアして開かれる扉のレベルに近い。このレベルからフロアにバリアが出現するようになるのだが、真実の扉もバリアが出現する扉。やはり扉のレベルとしてはちょうど同じぐらいだろう。
アイテム回収をしつつ、パオームのガラテアのレベルを上げていく。攻撃力の上昇が良い。アイテムはここから世界樹の葉が拾えるようにもなる。

最奥部はDQIIIの聖なる泉をモチーフとしたフロアが広がる。
本編では、ストーリー上の必須イベントではないが、この場所で有名なイソップ寓話の一つ「金のオノ、銀のオノ」に準えたイベントを見ることができる。この物語の「正直者は得をする、嘘つきは損をする」という顛末は人口に膾炙かいしゃするところである。
そのイベントでは、先頭のキャラクターが転んで武器を落としてしまうが、泉から女神オルレラが落としたアイテムを拾ってきてくれる。あとはイソップ寓話に似たような展開があるが、当然物語と同じく正直に通したほうが後味も悪くなくいい感じでイベントを終わらせられる。ゲームを一通り楽しむという観点であれば、スタッフも嘘をついた場合の展開をちゃんと用意してくれているわけだから、その用意されたせりふを細大漏らさず堪能する上では嘘をつくのもまぁいいとは思うが。
で、モンスターズのここでのイベントは先頭のモンスターがひょっこり現れたわるぼうに泉に落とされるが、女神(モンスターズでは姿を現さず、声だけで登場)が最初は肉(何でや)を、次は知らないオッサンを、続いて落とされたモンスターを連れてくる。
まぁ正直に答えておいたほうが良いに決まっているだろうね。正直に答えればぬし、ダンジョンえびとの戦闘になる。ちなみに正直に答えなかった場合は怒られて強制的にタイジュへ戻されてしまう。ちなみに自分のモンスターが来た時に「自分のモンスターではない」と答えたときは呆れられて、これまたタイジュへ強制送還させられる(モンスターは帰ってくる)。面倒なのでやはり正直に答えたほうが良い。こんな場所で終わる僕じゃない♪


 ルナ (1代目)
 ホークブリザード+5

 ユエ (1代目)
 ひくいどり+6

 ガラテア 
 パオーム♀
 
 Lv:35
 HP:257
 MP:235
 攻:244
 守:254
 早:259
 賢:197
甘い息
火炎斬り
真空斬り
マヒャド斬り
メタル斬り
獣斬り
しっぷうづき
大防御
 Lv:35
 HP:251
 MP:243
 攻:333
 守:238
 早:261
 賢:232
キアリー
仁王立ち
稲妻斬り
強風
大防御
マヒャド斬り
ハッスルダンス
瞑想
 Lv:21
 HP:126
 MP:93
 攻:180
 守:121
 早:103
 賢:102
捨て身









ぬし、ダンジョンえび
攻撃力、守備力ともにやや高めで、『大防御』も使うために攻めあぐねがちな敵である。このプレイでは関係ないが、『すべてを吸い込む』も使うので、ブレスによる攻撃は避けたほうが良い。
ルナ、ユエともに魔法剣を使って攻め立てる。2人合わせて250程度のダメージ。ついでに連れているパオームのガラテアも覚えている『捨て身』を使ってくれて、追加で100程度のダメージを与えることができた。『大防御』を使われたときは合わせても30程度のダメージしか与えられなかったけど…。
ダンジョンえびはこちらを攻撃する手段には乏しく、30程度のダメージの通常攻撃しか使ってこないので、少しターンはかかったものの苦戦することなく撃破。
ダンジョンえびは必ず仲間になってくれる。そこそこのレアモンスター(立ち位置的にはさそりアーマーと並んで虫系最強の一角)ではあるが、制限では仲間にはしない。

タイジュに戻った後は今育てたガラテアを嫁に出す。パオームを血統に、ドラゴン系を配合するとストロングアニマルを生み出す血統固有配合となる。

 【ガラテア(パオーム・♀) + ラリッサ(とさか蛇・♂) → ナイアド(ストロングアニマル+2・♂)】

一旦娘たちをお留守番させ、生み出したストロングアニマルと、2体のリップスの3体を連れてレベル上げ。
充分育ったら再び娘たちを呼び出して、今度は格闘場でCクラスに挑戦する。

1回戦はガンコ鳥ととげ坊主x2のパーティ。なんかやってくるけど適当に殴って撃破。
2回戦はさまよう鎧とホイミスライムx2。なんかやってくるけど適当に殴って撃破。
決勝戦はマスターテトが率いるストーンスライムとボックススライムx2というメンツ。ややHPが高いうえに『メラミ』で攻撃してきたりもするが、まぁこれも御多分に漏れず適当に殴って撃破。
全然苦戦しなかった。やはり娘たちは強い。これをクリアすると喜びの扉知恵の扉が開かれる。
早いところファンキーバードを仲間にしたいので、さっそく喜びの扉へと向かう。ちなみに力の扉はこの時点では無視。


∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽∽




喜びの扉。止まれないこの世界で胸を張って生きるしかない♪
ここから宝箱を開けたときに出現するミミックの経験値が400程度から1200程度に上昇する(基本値)。かなりいい実入りなので宝箱は開けまくる。
そして娘たちはレベル36あたりから能力値の上昇幅が大きくなり始める。特に大器晩成のルナはここからどんどん攻撃力を上げていく。長女の真骨頂はここから。
この扉は後半から『毒攻撃』を繰り出すバブルスライム『マヒ攻撃』を繰り出すマミーが出現するようになる。ステータス異常には弱い娘たち。この辺りはさっさと切り抜ける。

最奥部でぬし、ファンキーバードとの戦闘。


 ルナ (1代目)
 ホークブリザード+5

 ユエ (1代目)
 ひくいどり+6

 ― 
 
 
 Lv:37
 HP:277
 MP:261
 攻:265
 守:272
 早:265
 賢:217
甘い息
火炎斬り
真空斬り
マヒャド斬り
メタル斬り
獣斬り
しっぷうづき
大防御
 Lv:37
 HP:269
 MP:261
 攻:340
 守:276
 早:267
 賢:250
キアリー
仁王立ち
稲妻斬り
強風
大防御
マヒャド斬り
ハッスルダンス
瞑想
 Lv:―
 HP:―
 MP:―
 攻:―
 守:―
 早:―
 賢:―










ダンスの達人、ファンキーバード『メダパニダンス』『ハッスルダンス』『メガザルダンス』とずらりと揃ったダンスパフォーマーである。お前、踊りうまいな!!
なんといっても『メダパニダンス』でこちらを混乱状態にしてくるのが痛いので速攻で攻める。2人とも魔法剣で攻め立て、合わせて300程度のダメージ。
だが敵の『メダパニダンス』でルナ、ユエ共に狂ってしまった(それやばすぎ)。ユエがルナを殴ってルナの混乱状態は解除されたが、かなり痛い。
この戦闘に限ったことではないが、ステータス異常をもたらす敵との戦いは長引くとどんどんピンチになっていくので早めに終わらせるに限る。ただ、この後はルナ1人で普通に殴って撃破することができた。ユエは狂ったまんまだったけど。


酔っぱらうと脱ぐタイプ



ファンキーバードは必ず仲間にできる。制限でEクラス以降で解放される扉のモンスターは仲間にはしないが、ここのファンキーバードは例外。トモのじいちゃんです。
ちなみに名前だが今回は「カロン」で(DQIVに同名のモンスターがいるが関係ない…ただ元ネタは同じ)。

タイジュに戻ったら配合を行なう。まずは育てていたストロングアニマルリップス達

 【ナイアド(ストロングアニマル+2・♂) + フォボス(リップス+2・♀) → ネレイド(スーパーテンツク+4・♂)】
 【ポーシャ(大にわとり・♂) + ダイモス(リップス+1・♀) → オベロン(ダックカイト+3・♂)】


リップスをどのように配合に組み込むかだが、【ストロングアニマル + リップス】という固有同士の組み合わせでスーパーテンツクを生み出すことができる。さらにそのスーパーテンツクは鳥系(暴れ牛鳥を除く)を血統にすることでホークブリザードを生み出すことができるので問題なし。同じモンスターは仲間にできない制限なのだが、この辺はちゃんと考えてます。ダックカイトまで2体作ることになる…などという遺漏はない。
さらに格闘場の酒場にいるマスターマチコだが、彼女が出してくれるライバーン
前回の日誌でもかなり力を入れて話しているが、このお見合いはよっぽど何か他の目的がない限り、こちらは鳥系(キメラ、モーザ、ヘルコンドル、ひくいどりを除く)を出しておくとよい。
驚異的な伸びを見せるHPの成長具合と、『タッツウ召喚』『黒い霧』といった便利な特技を覚えるロック鳥を生み出すことができる。

 【カロン(ファンキーバード・♂) + ぐーぐー(ライバーン・マスターマチコ) → ホウ(ロック鳥+3・♂)】

ロック鳥の名前は前回と同じく、「ホウ」。「月」の字を二つ並べると、トモの名前の由来である「朋」になるが、それにさらに「鳥」をつけた「鵬」の字からとっている。
前回と同じことを言うが、この字は訓読みでは「おおとり」と読むため、馬をも一呑みにするというアラビアンナイトの伝説の鳥をモデルとした巨大な鳥、ロック鳥にはぴったりの名前である。このあたりは今回のコンセプトよりもやっぱり重要視したかった。
「石」を付ければ元素です(「ホウ素」の「硼」)。「土」をつければ的山です(「堋〔あずち〕」)。「山」をつけたら崩れました(爆)

再び娘たちを一旦お留守番に回し、ネレイド、オベロン、ホウの3体を連れてレベル上げ。
相変わらずとんでもない上昇を誇るホウのHP。ほかの2体も無茶苦茶高いってわけではないけど充分な能力値を持っている。レベルが30を超えたあたりでいよいよ最後の配合。


 ルナ (1代目)
 ホークブリザード+5

 ユエ (1代目)
 ひくいどり+6

 トモ (1代目)
 サンダーバード
 
 Lv:38
 HP:287
 MP:263
 攻:278
 守:281
 早:268
 賢:230
甘い息
火炎斬り
真空斬り
マヒャド斬り
メタル斬り
獣斬り
しっぷうづき
大防御
 Lv38
 HP:278
 MP:270
 攻:343
 守:286
 早:270
 賢:255
キアリー
稲妻斬り
仁王立ち
強風
大防御
マヒャド斬り
ハッスルダンス
瞑想
 Lv:33
 HP:203
 MP:140
 攻:211
 守:175
 早:177
 賢:172
稲妻
稲妻斬り







 ホウ
 ロック鳥+3 ♂

 オベロン
 ダックカイト+3 ♂

 ネレイド
 スーパーテンツク+4 ♂
 Lv:30
 HP:345
 MP:231
 攻:241
 守:224
 早:250
 賢:225
毒攻撃
真空斬り
悪魔斬り
メダパニダンス
ハッスルダンス
サムシン召喚
黒い霧
メガザルダンス
 Lv:34
 HP:216
 MP:212
 攻:274
 守:227
 早:244
 賢:136
スクルト
眠り攻撃
百烈なめ
ぱふぱふ
真空斬り
メダパニ
呪いの言葉
受け流し
 Lv:34
 HP:292
 MP:194
 攻:212
 守:257
 早:181
 賢:139
眠り攻撃
マヒ攻撃
ぱふぱふ
ドラゴン斬り
悪魔斬り
力をためる
ハッスルダンス
死の踊り



 【ルナ(一代目・+5) + ネレイド(スーパーテンツク+4・♂) → ルナ(二代目・+8)
 【ユエ(一代目・+6) + オベロン(ダックカイト+3・♂) → ユエ(二代目・+9)
 【トモ(一代目) + ホウ(ロック鳥+3・♂) → トモ(二代目・+6)



新生ルナティック三姉妹



ようやく娘たちをそろえることができた。タイミング的には喜びの扉でファンキーバードを仲間にしてから、知恵の扉に行く前なので、前回とほぼ同じタイミングである。
ここから先はもう配合はしないし、新たに加える戦力もない。娘たちだけで乗り切ってもらうことにしよう。
なお、娘たちの性格は、ルナ「だいたんふてき」ユエ「おひとよし」トモ「こうかつ」
う〜ん、この…。別に性格は意識していじってないんだが、なんかイメージ通りというか、言い得て妙というか、そんな感じになります。
そんな娘たちの活躍に乞うご期待ください。

行くぜ娘たちッ!!
君と共にギリギリなファイッ!! あからさまにミゼラブルなファイッ!!



 ルナ (2代目)
 ホークブリザード+8

 ユエ (2代目)
 ひくいどり+9

 トモ (2代目)
 サンダーバード+6
 
 Lv:1
 HP:155
 MP:123
 攻:131
 守:144
 早:120
 賢:99
(特技なし)







 Lv:1
 HP:139
 MP:129
 攻:169
 守:138
 早:138
 賢:104
(特技なし)







 Lv:1
 HP:142
 MP:95
 攻:117
 守:102
 早:110
 賢:102

(特技なし)










今回は剣を携えている、という設定



 ●ここまでのプレイ時間:41:03



 

(2019年2月24日)

←前の回を読む 次の回を読む→

 

ひとつ前のページへ トップへ


System: Mahatmya Ver.1.14