.                                                                                                                                                                                                                .
ダンガンロンパの七海さんって天使じゃないか? / やり込みinFF

トップページ > 管理人の日記 > 2015年4月7日の記事

管理人の日記
超高校級の天使

←前の日の記事へ 次の日の記事へ→

 
そうです。あのコが僕の畏敬する天使様なのです。


 「ダンガンロンパ」とは、PSPとVitaで発売されている推理ゲームのシリーズである。その登場人物の一人である「七海さん」が、天使なのだ(※右)
 …まず、当サイト的には、「ダンガンロンパ」というゲーム自体のほうから説明する必要があるだろうか。これは、2010年にスパイク・チュンソフト(当時は「スパイク」)から発売された“ハイスピード推理アクション”、有り体に言ってしまえば推理ノベルのゲームである。内容としては、メインとなるのが「裁判」であること、そして調査パートと法廷パートがきっかり分かれていることなど、まあ要するに「逆転裁判」なのであるが、作風が大きく異なり、ハード性能を活かしてムービーやボイス等も効果的に導入されていることから、「逆転裁判」とは異なる層にも受け入れられている作品である。
 ――ちなみに、ユーザビリティ的な面を挙げてみると、PSP・VitaとPSハードを中心に展開されていることが大きなポイントである。作品としては、PSPで『1』『2』が発売されたのちに、その2つをまとめた『1・2 リロード』という作品がVitaで登場している。ということで、いま買うならば『1・2 リロード』の一択であろう。特に、最近新しくVitaを買った人にオススメしたい、あの「ペルソナ4 ザ・ゴールデン」にも匹敵する、PS Vitaの定番タイトルだと言えるのだ。「アニメ版」「絶対絶望少女」? クソじゃああああああああああああああああああああああああああああああああ

 というわけで。一段落まるまるゲームの説明に使ってしまったが、あくまで今回のタイトルは「七海さんかわいい(直訳)である。
 …さて、その“七海さん”こと「七海千秋」は、『ダンガンロンパ2』のほうに登場するキャラクターであり、肩書きは「超高校級のゲーマー」。まずこの時点で来るものがあるのだ。ゲーマー女子ですよゲーマー女子!! 絶滅危惧種どころかそもそもUMAと思われていたゲームガチ勢女子が、こんなところに居たのだ。これはもう、超社会人級のゲーマー(笑)である俺とコラボするしかないな。まあ彼女は非実在青少年なんですがね…。
 ――また、ゲーム内での七海さんの活躍と言えば。初代『ダンガンロンパ』は、一応はダブルヒロイン制だったと思われるのだが、いわゆる「正統派ヒロイン」の枠がポッカリと空いており、「ダンガンロンパ ヒロイン不要説」「スネ夫と出木杉だけが残ったドラえもん」などと散々な言われようであった(女性キャラ自体に人気が無いというわけではないのだが…)。ところが、そのように期待値が下がっていた中での『2』にて七海さんがヒロイン中のヒロイン街道を爆走してくれたため、その評価は一気にストップ高を乗り越えて爆上がりしていったのである。ネタバレになるので詳しくは控えるが、かわいいだけでなくヒーロー的な要素も持っており、主人公の相棒として活躍することもあって、「ダンガンロンパ」シリーズ内はもちろん、それ以外においても近年稀に見る圧倒的ヒロインと言える存在である。そして何よりゲーマーだし、かわいい。これは天の遣いですね……。極端な話、この七海さんのためだけにでも、シリーズをプレイする価値があると言える。あっ、でももちろん『1』からやれよ!! 死ぬぞ!!?!?

 ところで、今回紹介した七海さんの肩書きは「超高校級のゲーマー」であり、俺も自分のことを「やり込みゲーマー」だと自負している。では、この「ゲーマー」とは、果たしてどういった人々を指す言葉なのだろうか?
 …それは恐らく、「ゲームをプレイする人」以外の意味は存在しないのだろう。例えば、ゲームをするために毎日を生きているような人は「生粋のゲーマー」であると言えるが、では週末の空いてる時間に1時間なり2時間なりプレイするだけの人は「劣ったゲーマー」かと言われれば、そんなことは全然無いのである。俺も、今から9年前の受験生時代は、30分なり1時間なりしか時間を作ることができなかったが、その際のFF12のプレイは最高に楽しかったことを覚えている。ゲームを愛してやまない人は、皆が皆「ゲーマー」なのである。
 ――と。そうして玉虫色の表現をしてしまっては、何も面白くない。もっと、普通ではないゲーマーについて触れてみよう。例えば、七海さんの「超高校級のゲーマー」は、古今東西あらゆるゲームに精通する能力として描かれていた。一方、「やり込みゲーマー」の俺は、1つのゲームを徹底的に掘り下げていくスタイルである。と、そのように、個性的な「ゲーマー」を様々に集めれば、ゲーマーがどういう人々かだんだん見えてくるかもしれないのだ。
 というわけで。さっそく俺は、調べごとの基本であるGoogleで、【ゲーマー】と画像検索を行ってみた。そして、そこからかっこいいorかわいい系のゲーマーたちを集めてみたのだ。さあ、これが様々な能力に秀でた、「超高校級」ならぬ「超現実級」のゲーマーたちの姿である!!


1

あーあるある。俺もよくFFやっててこうなるわ



2

世界を熱狂させるためにやり込みinFFに投稿しよう(給料なし)



3

排熱のために女装するDDRerの鑑



4

スローすぎてあくびが出るんじゃ





(2015年4月7日) 418 PV

登録タグ/ ゲーム一般
この記事のURL 日記ログへ移動する / 編集

←前の日の記事へ 次の日の記事へ→

2015年4月7日の記事を表示しています。

日記のメインページへ
トップへ


System: Trishula Ver.1.27