.                                                                                                                                                                                                                .
【コピペ】5体に分裂して襲いかかってきた / やり込みinFF

トップページ > 管理人の日記 > 2015年4月21日の記事

管理人の日記
一方、ディオを探すジョジョとスピードワゴンの前に 新生ダイアーが現れ5体に分裂し

←前の日の記事へ 次の日の記事へ→

 
3体に分裂し、カメラに襲いかかってきた


 ゲームだけでなく、週間放送のアニメにも「ネタバレ」と呼ばれるものが存在する。普通に考えれば、放送時間が決まっているアニメにネタバレも何も無いのであるが、ここでいう「ネタバレ」とは、公式の次回予告以外の情報源から、次の話の内容を入手することを指している。
 …例えば、「アニメ雑誌」には今後放送される内容が数週先まで掲載されていることもあるし、「週刊少年ジャンプ」にも次の週の放送内容が宣伝されており、例えば遊戯王アークファイブは日曜日放送なので、通常ジャンプは月曜発売であるが、日曜より前に入手すればネタバレ情報になる。その他、「デジタル放送の番組表」では一週間前から放送内容と制作スタッフ等の基本情報が掲載されており、これも一種のネタバレ情報に当たると言えるのだ。
 ――やれ。この手の情報については、「一刻も早く次の展開を知りたい人」「まっさらな状態で放送を見たい人」で好みが大きく分かれるため、一般にネタバレ情報については「バレスレ」という専用の場所で話し合い、それ以外の場所に持ち出すのは御法度とされている。もちろん皆さまについても絶対に行ってはならない。そもそも、本当にその作品が好きなのであれば、同じファンの大きな楽しみを奪ってしまうことなど考えもしないはずだ。
 が、である。このように速報性を重視し、情報を持ってくる個人を「フラゲ師」などと呼んで崇め称えすぎてしまうと、どうしても偽物の情報、いわゆる「嘘バレ」を持ってくる人間が出てきてしまう。その多くは口先だけの取るに足らない物なのであるが、たまにそれっぽい偽物の画像を作ったりして、本物だと勘違いされてしまうものも存在する。その中には、もちろん悪意を持ったものも存在するが、多くは皆を驚かせてやろうという茶目っ気に富んだものである。そういうわけで、関連スレではネタバレ公開が近い時期になると、「嘘バレ」もある種の名物ネタとして親しまれているのだ。

 では、そんな「嘘バレ」の例を一つご覧いただこう。今回扱うのは、あの「遊戯王5D's」での嘘バレ、通称「5体分裂」である。
 …時は2010年末、二部構成で展開された物語もクライマックスを迎え、いよいよ敵幹部と決着を付ける時が来た。アニメの展開は視聴者の想像を遙かに超えており、次にどうなるかということを誰もが期待し、新しい情報を渇望していた。そんな中でもたらされた「嘘バレ」が、以下のものだったのである。

第140話 封じられた未来! 魂縛の門プラトン (12/22)
ブラック・フェザー・ドラゴンを奪われライフを0にされてしまったクロウは、
アキと同じくシグナーの痣を奪われ、霧となって消えてしまった。一方、
龍亞を探す遊星と龍可の前に 新生アポリアが現れ5体に分裂し、遊星に襲いかかってきた 。

脚本/吉田伸 演出・絵コンテ/セトウケンジ 作画監督/小島知加


 …。どう考えても有り得ない展開なのであるが、その直前にも「三人組の冷静なリーダー格と思われたお爺ちゃんがいきなり走り出してバイクと合体した」「未来の世界がカードを使った戦争で滅んだ(当時の推定)などと、視聴者の予想を遙かに越えた超展開が行われており、この「主要キャラが敗北して消滅」「復活した敵幹部が5体に分裂」などという理解不能の展開も、それほど違和感なく受け入れられたのだという。当時は画像もあったのだとか。
 ――ちなみに、現実の140話は、「魂縛門!封じられた未来!」と題し、シャトルさんこと「シェリー」vs「クロウ&アキ」のデュエル・後編が展開されていた。微妙に5対分裂と現実で内容が被っているのがニクい。嘘を信じ込ませるには正しい情報の中に少しずつ滑りこませると良い…勉強ニナリマース!!

 というわけで。
 …この「5体分裂」は、今や遊戯王バレスレの名物ネタとなっており、新たな情報が来そうな時期になると、毎回このネタの改変が投稿されている。とにかくもう5体分裂という突拍子のなさ、ネタと分かりつつもどこか遊戯王ではあり得そうな勢いが、多くの人に親しまれている理由となっているのだ。
 ――そんなこんなで、本日は「コピペ」タグのネタということで、この「5体分裂」の改変を行ってみることにしよう。ポイントは、「@メインキャラクターを自然な勢いで消滅させること」「A何かを上手に5体分裂させること」である。では、さっそく行ってみようではないか!!


第140話 封じられた閃光! 混沌の門ヴァルハラ (12/17)
ブリュンヒルデを奪われHPを0にされてしまったサッズは、
スノウと同じくルシの痣を奪われ、アフロとなって消えてしまった。一方、
セラを探すライトニングとノエルの前に 新生カイアスが現れ5体に分裂し、ライトニングに襲いかかってきた 。

脚本/ユール 演出・絵コンテ/レインズ 作画監督/ブーニベルゼ


第140話 封じられた笑顔! スマイルの門ワールド (4/26)
EMヘルプリンセスを奪われライフを0にされてしまった遊矢は、
ユートと同じくドラゴンのカードを奪われ、光となって消えてしまった。一方、
北斗を探す真澄と刃の前に 新生沢渡が現れ5体に分裂し、遊星に襲いかかってきた 。

脚本/吉田伸 演出・絵コンテ/川口敬一郎 作画監督/井上善勝


第140話 封じられた学力! 円周の率パイ (3/05)
ゆとり教育に入り円周率を3にされてしまった算数は、
週休二日と同じく学力低下の痣を押され、黒歴史となって消えてしまった。一方、
試験を受ける小学生と高校生の前に 新生円周率が現れ5桁に分裂し、受験生に襲いかかってきた 。

脚本/文部科学省 演出・絵コンテ/河合塾 作画監督/法文1号館


第140話 封じられた商標! 誰得のPhone VAIO (4/1)
シェアを奪われ黒字を0にされてしまったVAIOは、
Walkmanと同じくソニーの痣を奪われ、分社となって消えてしまった。一方、
ゲーム市場を探すソニーとセガの前に 新生任天堂が現れスマホに分裂し、ソニーに襲いかかってきた 。

脚本/アップル 演出・絵コンテ/マイクロソフト 作画監督/ワンダースワン




(2015年4月21日) 458 PV

登録タグ/ コピペ
この記事のURL 日記ログへ移動する / 編集

←前の日の記事へ 次の日の記事へ→

2015年4月21日の記事を表示しています。

日記のメインページへ
トップへ


System: Trishula Ver.1.27