「国歌斉唱」から目を逸らす / やり込み in FF

管理人の日記
コロンビアって言ったらあれか、アイマスシリーズのCDを出している会社、あとキャンプ用品

←前の日の記事へ サイトのトップへ 次の日の記事へ→

 
なんか代表選手も高齢化してない?


 私が、サッカー日本代表の試合を見る際、必ず習慣づけていることがある。それは、
「国歌斉唱をしている日本選手の口を見ないこと」だ。
 …さて、ご存じの通り、サッカーの国際試合を行う際は、必ず「国歌斉唱」をするという取り決めがある
(正しくは「国歌演奏」)。両国の選手が並んで歌うといった一般的な形から、歌手や合唱団を呼んだりする無回転球、その他にも演奏のみを流す国歌などもある。普段あまり耳にしない「他国の国歌」が聴けるという国際色豊かな側面から、試合直前にあえて集中する時間を作ることで緊張と期待をピークに持っていけることなど、この「国歌斉唱」は、サッカーの国際試合に無くてはならないものとなっているのだ。
 ――それでも、
私は絶対に、「君が代」が流れる際に、日本代表選手の口を見ないようにしている。これは、最近になって始めたのではなく、かなり前から行っている。外国選手の国歌の時は普通に画面を見るが、「君が代」が始まったら席を立つか目を逸らす。とにかく、関わり合いになりたくないのだ。

 それでは、なぜ私はそんなことを行うのか。その理由は、
「『愛国心』というつまらない議論に選手を巻き込みたくないから」である。
 …というのも。ひと昔前
(今も?)に、「日本の選手は国歌斉唱で『君が代』を歌わない」という議論が流行した。いわく、他国(どの国?)の選手は大声で歌っているのに、日本選手だけは口をつぐんだり、目を閉じたままにしている。これは”愛国心”が無い、反日的だ…という内容である。実際に、日本チームでは国歌について特に統制した行動は取られていないようで、様々な歌い方をしている者が居る。そこから、国歌斉唱の時に選手の口を見て、「この選手は模範的だ」「この選手は反日だ」などと判定するという、不愉快極まりない「踏み絵」が始まったのである。
 ――しかしながら。私はサッカーが見たいのであって、愛国心を叩き棒にした汚い罵り合いに関わりたいわけではない。そのため私は、
「国歌斉唱の時だけ、日本選手から目を離す」という行動を取るようになったのである。これは選手が悪いわけではなく、もちろん「君が代」や日本の国家システム自体に直接の原因が有るわけでもない。100%、つまらない罵倒をしあっている外野に責任がある。本来は純粋にサッカー競技を楽しむべきが、人間はどうしても他者の否定・レッテル・自己肯定といった貧弱な精神構造から逃れられず、このネット上はそういう言説に溢れている。だが、私個人はせめてそんな汚物を現場の選手になすりつけたくないと思う。だからこそ、私は誰に言われるでもなく、国歌の斉唱から目を逸らすようになったのである。

 そんなわけで。
本日21時00分から、いよいよロシアW杯の日本代表の初試合が始まる。1時間半も前から予告番組を行うといういつも以上の大フライングだが、モスクワと6時間の時差(日本が進んでいる)にも関わらず、日本人が視聴をしやすい時間に取ってくれたことは評価するべきだろう。オリンピックに並ぶスポーツの大イベントということで、一般視聴者にとって大きな娯楽になることはもちろん、社会的な影響も大きいはずだ。
 …それでも、私は「君が代」を歌っている日本選手の顔だけは、絶対に見ないことにしている。その理由は、上記の通り、
愛国的だのどうだのといった幼稚な議論にサッカーを巻き込みたくないからだ。サッカーは教育現場ではなく、国家事業とも関係がないのだ。
 ――そもそも、もっと根本的な話を言うと、
代表選手は「日本」という看板を背負って外国チームと戦ってくれる時点で、この上なく愛国的である。そこに、つまらない精神論で水をさしてしまうのは、実にもったいないというものだ。サッカー選手なのだから、もし何か批判するのならば、その競技面での内容に限れば良い。精神性がどうこうといった空中戦は、外野が外野でやってくれ。

登録タグ/ 社会一般

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

←前の日の記事へ 日記ログの一覧へ 次の日の記事へ→

2018年6月19日の記事を表示しています。


Twitter:【yarikomiff】

サイトのトップへ


System: Trishula Ver.1.11