『モンハンワールド』で最も狩られていないヴォルガノス… / やり込み in FF

管理人の日記

とぉたる  今日:とぉでぃ 昨日:いぇすたぁでぃ
【タグ検索モード】 【管理用モード】

←前の日の記事へ サイトのトップへ


2019年1月12日(土)
『モンハンワールド』で最も狩られていないヴォルガノス…


 
一応VitaTVは持っているのでPSPソフトも録画できます(使用予定なし)


 先日、
『モンスターハンターワールド』の公式ツイッターから、本作の発売1周年を記念したイベント:「アステラ祭」の情報が一部公開された。そのクエスト紹介文によると、この1年間、『ワールド』で最も狩られなかったモンスターは、あのヴォルガノスだということである。
 …やれ、「ヴォルガノス」は、オンライン専用の「モンスターハンターフロンティア」で初登場し、ちょうど時期の近かったPSPの『2ndG』にも出演している。その後、『3rd』には出なかったため、PSハードのモンハンということで考えると、
『ワールド』が久々の復活ということになる。ちなみに、任天堂ハードのモンハンでは、『クロス』と『ダブルクロス』に参戦していたらしい。

 さて。そんなヴォルガノスは、魚竜種に分類されるモンスターであり、
マグマの中を泳ぐというファンタジーらしい能力を持っている。初登場の『フロンティア』では、その凶悪極まりない強さが話題となり、当初は非難されていたものの、やがてその圧倒的な能力がネタ化されていき、「兄貴」という渾名で親しまれるようになった。2ch(当時)では、「下らない質問にヴォルガノス等が答えるスレ」という題名で、何故か筋肉モリモリのAAに改造されたヴォルガノスが皆の質問に答える…という設定の雑談スレが人気を集めていたくらいである。
 ――その後、PSPで人気を集めた『2ndG』では、G級の★2という最上級難易度での中程度の場面
(「ナルガクルガ」「ショウグンキザミ亜種」「ドドブランゴ亜種」あたりと同じ)で登場し、フロンティアからパラメーターとモーションを調整して、独自の良モンスターとして君臨した。フロンティア経験者からは「物足りない」という声もあったようだが、まあオフラインでも倒せるようにする妥当な変更と言えるのではないだろうか。当時はエア判定タックルを連発していたガノトトスとは異なり、各種の当たり判定も常識的な範囲に収まっている。その他の点として、フロンティアから輸入されたヴォルガノスのテーマ曲の「マグマを纏う炎魔」は、『2ndG』では新火山の汎用戦闘BGMとして採用されているが、強敵との戦闘に緊張感をもたらしてくれる良曲となっている。

 と、そこまでは良かったヴォルガノスなのであるが、最新作の『ワールド』では、
強烈なまでの大改悪が為されてしまった。まず、敵に「溶岩を身にまとい、地上に来てしばらく経つと、溶岩が冷え固まって硬化して防御力が上がる」という特性が導入されたのだが、これが少し時間が経つとガチガチになって攻撃が跳ね返されるというものであり、どこを殴っても攻撃が通らないため、戦っていて全く面白さを感じない。この「溶岩で自身を強化する」という能力は、『3rd』などに登場するアグナコトルなども持っているが、ここまで極端にイライラする要素とはなっていなかった。一応、炎属性で溶岩を軟化させるという策もあるようだが、炎自体はヴォルガノスには全く通らないため、対策として成り立っているかは微妙なところである。
 …また、モーション面に関しても、『2ndG』の時に印象的だった「溶岩から顔を出してキョロキョロする」「いきなり大ジャンプをしてボディプレスする通称『ビターン』」、その他にも「怒り状態への移行時にいきなりしばらく停止する」といった、ヴォルガノスをヴォルガノス兄貴たらしめている特徴的な行動パターンが
ほとんど廃止されている。その他、これはあくまで好みの問題なのだが、登場地域の「龍結晶の地」の汎用戦闘曲も、あまりメロディアスではなく、個人的には戦っていて盛り上げてくれるようなものではない。本作の全体的なBGM自体は、この作品の大きな魅力とも言える要素なのだが…。
 ――というわけで。『ワールド』でのヴォルガノスは、
なぜこんな内容でわざわざ復活させたのかという感じの内容となっている。しかも、ストーリー上で戦うことは無く、装備や素材にもこれといって有用なものは存在せず、特殊なクエストで稼ぎに使えることも無いため、もはやネタにもならない純然たるクソモンスターと化してしまった。やれ、公式の集計で「1年で一番狩られなかったモンスター」となったのも、妥当なところであろう。狩る理由が無い。

 そんなヴォルガノスであるが、この2月8日から
(※アステラ祭開始の1月26日からではない)配信されるできるクエスト:「我が名はヴォルガノス」では、落とし物から装飾品を入手できる落とし物から? 撃破報酬ではなく?)という特殊な仕様が導入された歴戦ヴォルガノスが出現するようだ。もっとも、名前が知られていないのではなく、内容が駄目だから狩られていないのであって、題名の着目点が微妙にズレている気がするが、それも含めたネタ…であってほしい。
 ――ちなみに、もうひとつ気になる点としては、受注レベルが「HR50」となっていることである。これは、
歴戦古龍や歴戦王といった最上級のクエストが解禁されるのと同じハンターランクであり、通常の歴戦ヴォルガノスと戦えるようになるHR30とは異なっている。ということで、このヴォルガノスは強化個体となっていることも予想されるのであるが、とはいえ素直に強化をしても戦いが面白くなることは無いであろうから、その辺りをどう料理してくるかということは気になるところである。果たして、人気最下位モンスターの汚名は返上できるのやらだ…。

登録タグ/ ゲーム一般 カプコン

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

←前の日の記事へ 日記ログの一覧へ

2019年1月12日の記事を表示しています。


Twitter:【yarikomiff】

サイトのトップへ


System: Trishula Ver.1.11