FFX-2 アビリティ修得禁止クリアプレイ日誌

 

[第6話:「てきのわざ」]

・今日の小ネタ

今回はクリスタルバングル獲得のためにサンドウォームを狩りまくったビーカネル砂漠の話。時々現れる未確認物体が猛スピードで追いかけてきて鬱陶しいですが、これには対策が。

@未確認物体が接近してきた時に、ホバーに近づいて、ピケットのセリフを出す
A未確認物体とユウナの位置が重なるのを待つ
Bピケットのセリフを消し、発掘を再開すると、未確認物体が消えている
終わり。

おおっ!ホンマの小ネタやな!トリビア的な?

「小ネタ」と言って小ネタではないボリュームの回が多かったので、たまにはあっさり終わらせましょう。
ちなみに、同じようでも、
未確認物体接近→モンスターの穴を発掘→エンカウント
とすると、穴のモンスターとのエンカウント後に未確認物体とエンカウントします。これでは消えないということですね。

ついでに小ネタA。前回の話で、調教の漢字を間違えていました。一発変換だと調教が普通なのでご勘弁ください。そういえば黒魔導士も間違えていたかも?FFVとかだと黒魔道士が多いのでややこしい。今後も間違えるかもしれませんがそっとしておいてやってください。


さて、今回は前回の予告通り、

―MISSION 旅行公司の安全を確保せよ!―

低レベル攻略の難所とされるところですが、その要因は以下の3つです。

@:1000ダメージを超える「混沌の炎」や、全体攻撃である「サンダガ」、「アクアブレス」を使いこなすゴーキマイラが強い
A:経験値の入る6連戦なので、経験値0状態のキャラのみでトドメを刺す必要があり、次の戦闘の開幕が苦しい
B:装備変更が不可能な6連戦なので、全てに対応した準備をする必要がある

続いて各戦闘の分析を。

・1,4戦目:バーディゴ+ゴーキマイラ 

ゴーキマイラ Lv31 HP4360
行動 サンダガ→突撃(D113+毒)→アクアブレス→混沌の炎
のローテーション
その他 どの行動から始めるかはランダム

一方のバーディゴは、スロウの眼光を繰り返す。1度だけ経験値0を使用(どちらもD104)。こちらは大したダメージではないので無視できます。
やはりゴーキマイラが厄介。無策ならばサンダガやアクアブレスで一発全滅。これにどう対応するかがカギですね。

・2,5戦目:バービュート×3
 ひたすらに通常攻撃を繰り返す。時々防御力アップをしてくるため、早めに倒した方が良さそう。

・3,6戦目:バービュート+ホワイトプリン
 ホワイトプリンはブリザラを繰り返してくるため、その対策も必要。

全体としては、属性攻撃が厄介という印象でしょうか。それではそれでは装備の説明を。ここで前回の問題

Q.Story Lv5まで後回しにできるナギ平原をわざわざ先に攻略してまで欲しかったものは何か?の答えも明らかに。
ちなみに小ネタではありません。残念!

キャラ名 RP アクセサリ
ユウナ むさぼりし者(シーフ、Dナイト、黒魔導士) しぼりだす…、クリスタルバングル
リュック 四重の力(シーフ、Dナイト、魔銃士、サムライ、戦士) ビスチェ、アダマンタイト
パイン 四重の力(シーフ、Dナイト、魔銃士、サムライ、戦士) ブラックベルト、クリスタルバングル

という訳で正解は、RP「四重の力」ということで、@:RPでした〜!
属性攻撃が厄介だと分かっていれば、自然と導かれる結論ですね。ちなみに、OSロックマイマイにわいろを使えばフォーシールド(4属性無効)が手に入りますが、アビリティ修得禁止の今回は使えません。まぁこちらは4属性吸収とより強力なので良いでしょう。ヨウジンボウには少々手こずりましたが…

とはいえこれだけでは不十分。各戦闘を経験値0状態のキャラのみで終える必要があることには変わりありません。そこをどのように対策していくか?

・1,4戦目
 勝つだけなら実は楽勝。バーディゴの攻撃や、ゴーキマイラの「突撃」のダメージはゴーキマイラの属性攻撃を吸収することで十分リカバリーできます。後はひたすらにパインで殴ります。攻撃力が貧弱(ブラックベルトの+20だけ)なので時間がかかりますが、カーソル位置「きおく」でコントローラーを輪ゴム等で○ボタンに固定しておけばオート戦闘で撃破できます。

・2,5戦目
 ただの物理攻撃と思うことなかれ。ビスチェ装備のリュック1人に対し、相手は3体となると、リュックが遅すぎるためやや苦しいです。やっぱり1人で戦闘に入るのはしんどいですね。

・3,6戦目
 バービュートが減る上、ホワイトプリンのブリザラを吸収できるため、負ける要素はありません。

単に四重の力を装備するだけでも何とかなりそうですが、2,5戦目を安定して突破するためには、更に作戦を磨く必要がありそうです。そこで、「てきのわざ」を利用します。敵の行動の中にヒントがあるのです!

Q.より安定して突破するために利用した「てきのわざ」とは?

ヒント:第1戦で利用します。

それでは答え合わせ。
ポイントは、各戦闘を経験値0状態のキャラのみで突破する必要があるのであり、1人で突破する必要があるとは限らないことです。いやいや、経験値0状態のキャラ=ビスチェ装備のキャラの1人でしょうと思うかもしれませんが、経験値0というのは状態異常であり、ミネルバビスチェの専売特許ではありません。ということで正解。

バーディゴ「経験値0」

1戦目はこれがパインに来るまでリセットします。1回しか使わないので確実にパインに効かせてもらいます。
これを利用することで、各戦闘を2人生存状態で終えられるようになるうえ、パインにAPが入らなくなるので、戦いの自由度が大幅に上がります。個人的には大発見♪という気分です。

ここまで対策すれば6連戦でやられることはありませんが、更に補足情報を。
攻撃面の話なのですが、2,5戦目のバービュートは防御力アップを連打してくるため、長引くとパインの攻撃ではダメージが通らなくなってきます。そこで、ユウナを復活させてドレインで削ります。もちろん余計なAPが入るので、極力パインで削り、最後のひと押しというところでユウナを使用します。ユウナにRP「むさぼりし者」を装備させたのはこのためです。
とはいえユウナは経験値0状態ではないため、最後の1体を撃破する際にはドレインを使えません。何らかの手段でトドメを刺す必要があるのですが、ここで実戦でも危うくはまりかけたがあります。

Q.次の2つのうち、トドメとして不適切なのはどちらか。
@サムライ「明鏡」
A斬騎王右之翼「猛毒!」

片方は使うと即リセットせざるを得ない位の禁じ手です。

正解。
どちらかの技は使おうとすると経験値0状態が解けてしまいます。と書くと分かりますよね。

正解はAです。パインが斬騎王にドレスアップした瞬間に経験値0状態が解けてジ・エンドです。
まぁ戦闘終了前にパインを戦闘不能にすれば良いのでしょうが、そうすると次以降の戦闘が著しく面倒になります。

これにて終了。戦利品は…

・ドレス「バーサーカー」
 最強「回避カウンター」も、便利アビリティ「オートリジェネ」も使えませんが、HP・すばやさ・攻撃力が高めなのがメリット。
アイテム係に良し、パイン打撃のお供に良しとなかなか使えるドレスです。少なくとも、FFVとは比べ物にならない位便利です。とはいえオールバーサーカー攻略は面白いのですが。ちょうど中学生の頃、やり込みというプレイスタイルの存在を知った時に読んだ攻略なので印象深いものがあります。

後は消化試合と言ったら言葉が悪いですが、ゴリゴリ戦うのみ。

―MISSION 寺院の魔物を退治せよ!―

まずはイフリート戦から。それほど苦労しない敵ばかりなので、敵データの表は省略。
地獄の火炎(笑)はともかくとして、通常攻撃(D275)、メテオストライク(D664)となかなか強力な攻撃を使ってくるので油断できません。

準備として、そろそろパインの打撃の火力を上げたいな〜と思い、再び発掘へ。
砂漠東部でなぜかなかなか掘り出せずに半ギレ状態になりながらも何とかパワーグローブ(攻撃力+40)を入手。もう少し前に手に入れていれば使えたのに…とかは例によって無しで。
特にゴーキマイラ戦は時間がかかったので、これがあれば便利やったかな?とは薄々感じています。とはいえダークナイトにはブラックベルトの防御力+20も役に立ってくれたはず?今後はバーサーカーで殴ることが増えるため、防御力はほぼ無意味になるのでパワーグローブにスイッチするタイミングとしては悪くないかと。

キャラ名 RP アクセサリ
ユウナ 四重の力(バーサーカー、魔銃士、調教士、サムライ、Dナイト) アダマンタイト、ミスリルバングル
リュック 同上 クリスタルバングル、ビスチェ
パイン 同上 クリスタルバングル、パワーグローブ

光&月のカーテン、リュックに体力の薬+ツインスターズを使用。後はリュックが回復しつつヨウジンボウ戦でも使用した調教士「おうえんギギ」を連打。後はパインでひたすら殴るのみ。

ちなみに、RPは「炎の戦鬼」ではなく「四重の力」にしておくことで、属性吸収だけではなく、「氷属性攻撃」も加わるため、攻撃面でダメージアップにも貢献してくれます。トドメはリュックのサムライ「明鏡」で。

ツインスターズが惜しいので、撃破後リセットし、ブリザガ連打で葬ります。本編ではリュックにのみアイテムを使用させているため、APの調整は不要です。

続いてヴァルファーレ戦。こちらも通常攻撃(D343)、シューティング・レイ(全体にD343)、シューティング・パワー(全体にD537、シェルで軽減不可)と強力な攻撃が揃っています。案外一筋縄では行かなそうです。

キャラ名 RP アクセサリ
ユウナ 迷わざる者(バーサーカー、Dナイト) クリスタルバングル、ミスリルバングル
リュック 吹きすさぶ風(バーサーカーで1周) アダマンタイト、ビスチェ
パイン 力の追及者(バーサーカーで1周) パワーグローブ、クリスタルバングル

光&月のカーテンを切らさないように。リュック:アイテム係、パイン:火力係といういつもの構図。シューティング・パワーは例によってユウナのSPドレスで受け流す方針で。いつも通り「明鏡」でトドメ。

後はStory Lv3終了に向けて最後の準備を。べベルでヌージ達の密会を見てコンプ率上昇。強制戦闘のモルボルはヴァルファーレの攻撃力を下げ、すばやさを下げたようなものなので楽勝です。同じ装備で戦うと楽やな〜と感じました。
そして、雷平原で、10番目の避雷塔の調整を30回以上行っておきます。実戦では途中で寝落ちをしてしまいましたが起きて確認すると30回できていました。意図はバレバレですね。

それでは最後にイクシオン戦。HP、すばやさの高さ、行動変化カウントが溜まった時に使用してくるトールハンマー(全体D1082)の強さから、今までの召喚獣の中で最強かと思っていましたが、そうでもないようです。平常時は、通常攻撃(D214)、サンダラ(吸収可能)、エアロスパーク(残りHPへの割合ダメージ)と比較的穏やかな攻撃しかしてこないため案外楽に戦えます。

キャラ名 RP アクセサリ
ユウナ 雷の魔銃(バーサーカー、魔銃士、Dナイト) クリスタルバングル、ミスリルバングル
リュック 吹きすさぶ風(バーサーカーで1周) アダマンタイト、ビスチェ
パイン 四重の力(バーサーカーで1周) クリスタルバングル、パワーグローブ

パインの四重の力は、イフリート戦と同様、雷属性吸収と水属性攻撃の2度おいしいRPです。トールハンマー対策もいつも通り、ユウナSPドレスで受け流せばOK。

これにて、Story Lv3終了!

続いてStory Lv4。通信スフィアの映像を見て、トーブリを探して、通信スフィアの映像を見て、ザラマンデルを倒して、コンサートを行う。

これにて、長い長い(笑)、Story Lv4終了!

ちなみにザラマンデルは、右之翼「暗闇!」と炎属性吸収を完備しておけばダメージをほとんど受けずに撃破できます。

今回のポイントはやはり、マカラーニャの森6連戦でしたね!という訳で最後に、
バーディゴの経験値0とかけまして、おばあちゃんの手押し車と解く、その心は・・・

どちらも、(あ、目玉/飴玉)が出てきます。

イマイチ?本人が一番良く分かっているつもりです。おばあちゃん=「あめちゃんあげるわ〜。」というイメージがありますが、前に探偵ナイトスクープで実際に手押し車の中にお菓子が入っていることを検証していたので、嘘ではないよう。

次からはいよいよStory Lv5。今回は固定戦闘onlyではないので、時間がかかりそうです。倒せる範囲で努力し、無理そうなら容赦なく特別ルールを導入していく予定なので、どうぞご期待ください。

 

(2013年7月19日)

←前の回を読む 次の回を読む→

 

ひとつ前のページへ トップへ


System: Mahatmya Ver.1.14