FFX-2 アビリティ修得禁止クリアプレイ日誌

 

[第13話:デモ・アンタ・ナカナカ・カテナイ]

今回はラストバトルを解説します。ラスボス→裏ボスという順番も悪くないよね。
ラスボスは尻尾、ターレット、3連戦という順ですがその内3連戦の部分については動画を用意してあります。
日誌中でも動画を参照するので良かったらこちらもご覧下さい。ただし、長い上に画質が良くないことにご注意を。

第1戦:http://www.nicovideo.jp/watch/sm21849010
第2戦:http://www.nicovideo.jp/watch/sm21849030
第3戦:http://www.nicovideo.jp/watch/sm21849035

・今日の小ネタ

「相手の行動準備中にはチェインが続きにくくなる」

例えばラスボス2ndの動画で5:27で撃ったホーリーは7チェインも続いていますが、その後5:47で撃ったホーリーは細切れにしかチェインが続いていません。これは、前者は行動準備前、後者は行動準備中であることを表しています。

かなり細かいテクニックですが、これを活用すると「チェインが続くうちは強気に攻め、続かなくなったらそろそろ攻撃が来ると考えて備える」という戦い方が可能になります。

詠唱のモーション、顔の向き、細かな手足の動き等これまでも敵の攻撃を読む方法は色々と利用してきましたが、第2戦の動画では動作のみでは攻撃を若干読みづらいためこのテクが活用できます。初めは敵が攻撃して来ないのにSPドレスになったり、攻撃前なのに攻めてしまったりという失敗が続きましたが、このテクに気づいてからはだいぶ安定して戦えるようになりました。


それじゃあ実戦の解説に入りましょうか!

VSヴェグナガン(尻尾)
開幕・残りHPが4分の1を切ったタイミングの2回でノリ・メ・タンゲレ(全体に1250の固定ダメージ)を使う以外は単体の割合ダメージしか使ってこないという雑魚。
とっとと尻尾を巻いて逃げやがれ!

尻尾だけにね!

いや〜、寒いのは気候のせいです。台風も過ぎ、秋分も間近ですし、寒くなると体調に注意ですね!

キャラ名 RP アクセサリ
ユウナ 迷わざる者 ダッシューズ
リュック 迷わざる者 ダッシューズ
パイン 至高の光(きぐるみ士) ビスチェ、ラグナロク

装備が手抜きなのは気のせいでもない。ノリ・メ・タンゲレをSPドレスで受け、後はホーリー連打で楽勝。ちなみに至高の光には「修得している白魔法を使用できる」という隠れた効果があるため、ケアルを全体化してかけると回復に重宝します。

VSヴェグナガン&ターレット
なんか魔法とか物理攻撃が飛んでくるっぽい。←ラスボス戦なのに酷い説明だ。

キャラ名 RP アクセサリ
ユウナ 吹きすさぶ風 アダマンタイト、妖精のピアス
リュック 岩のごとく クリスタルバングル、守りの腕輪
パイン 至高の光 ビスチェ、ソウルオブサマサ

ドレスは全員きぐるみ士。アクセサリの意味は、
妖精のピアス:防御力を255にしつつ、バーサクを防ぐ
守りの腕輪:オートプロテス&シェル
まぁ大した意味はない。

戦い方は、RPグルグル→星のカーテン、ツインスターズ、体力の薬で強化を行い、後はパインがホーリー連打。敵の攻撃対策は、
魔法攻撃・・・星のカーテン(リフレク)
物理攻撃・・・ユウナ&パインは防御力255、パインはHPを上げて耐える。

物理攻撃がユウナ・パインに集中すると楽。緑色のターレットはシェルを使うこともあるがそうなるとリセット。撃破までに時間がかかると「ウィータ・ブレウィス」という危ない攻撃が飛んでくるので。

・ラスト3連戦

前座はともかく、いよいよラストですね。ここから先は装備の変更ができなくなります。つまり、
同じ装備でコア、ブルワークR、ブルワークL、頭、リダウトR、リダウトL、シューインの全てに対応する必要がある
ということ。
ここからは油断ができそうにないな。それでは各戦闘を見ていく。

・第1戦

コア Lv43 HP33040
行動 3回溜め→メメント・モリ(全体大ダメージ)
その他 ブルワークが消えている場合、アレイズを使用
ブルワーク Lv39 HP3000
行動 R:ブロテス、シェル、リジェネからランダム
L:デスペル、ブレイク、死の宣告、バイオからランダム
その他 コアに攻撃を仕掛けると○○攻撃感知に行動が変わる

ともかくメメント・モリを防ぐことが第一。ブルワークについてはツインスターズの消費MP0効果を消すデスペル、1人を確実に葬るブレイクを使うLは早く倒したいところ。
行動に穴があるので、そこを突けば勝てそうか?

ちなみに第1戦のみ経験値が入るが、強制全回復なので、パイン1人にして終えても次の戦闘には3人が復活するため問題ない。

・第2戦

頭 Lv57 HP38420
行動 @最大HPの5分の1のダメージを受ける度に、
ネモ・アンテ・モルテム・ベアトゥス(以下ネモ、全体D2334)
A行動変化カウントが15以上なら、
オーディ・エト・アモー(以下オーディ、ランダムD93×16発&デスペル効果)
Bモルス・ケルタ(全体D373+沈黙、暗闇、毒)という優先度で使用
その他 リダウトを初めて倒すまでは攻撃対象にならず、パッリダ・モルス(D1753)を使用
リダウト Lv40 HP2500
行動 R:ラクリモーサ(D331)→ブライン→フレア→ブレイク
L:ラクリモーサ(MPダメージ)→スロウ→デスペル→グラビデ
のローテーション
その他 片方のリダウトが消えている場合、2回行動後アレイズを使用

ここが最難関。危ない攻撃が多すぎる。
・危険度A
ネモ:よほど固めないと1発で全滅するダメージ
オーディ:大ダメージ、耐えてもデスペル効果でシェルや消費MP0が消される

・危険度B
モルス・ケルタ:普通に耐えられるダメージだが、沈黙でホーリーを妨害されるのが鬱陶しい
パッリダ・モルス:D1753が大きい。準備係数0とバンバン撃ってこられるのがしんどい。
フレア、ブレイク:1人を葬ってくる。リダウトの中でもRは危険

・危険度C
ラクリモーサ(R):ダメージは小さいながらも、復活したてのキャラがやられるおそれも。
スロウ、デスペル:パインに当たると動きが鈍ったり消費MP0が消されたりとリズムが狂う

他(ブライン、ラクリモーサ(L)、グラビデ)は無害。
頭の攻撃が3つとも危険なのですがどうしましょう!?
負けたら第1戦からやり直しの中、いくつかの作戦を試行錯誤しました。

結論はめっちゃ単純な作戦なので動画を見ても苦労は伝わらないでしょうが・・・

・第3戦

シューイン Lv58 HP23850
行動 通常攻撃(D326)→テラー・オブ・ザナルカンド(以下テラー、1人即死)
→通常攻撃→ラン&スラッシュ(D163×6)
→通常攻撃→スピニングカット(D489)
→通常攻撃→フォースレイン(全体D987)
その他 舐めてかかってました。ごめんなさいm(_ _)m

テラー・フォースレイン以外は普通のダメージの単体攻撃なので楽に耐えられそう。テラー・フォースレインだけSP盾で楽勝やろ?と思っていた幼い自分・・・

さて、結論はどうなったか。

キャラ名 RP アクセサリ
ユウナ 守りぬく勇気の光 クリスタルバングル、誓いのヴェール
リュック 守りぬく勇気の光 クリスタルバングル、誓いのヴェール
パイン 至高の光 ビスチェ、白魔法の真髄

結論だけ書くのもどうかと思うので色々と思考過程を。
・ユウナ&リュック
いつもどおり、SP盾&アイテム担当。防御重視の装備にするのは当然として、第2戦(頭)は魔法攻撃、第3戦(シューイン)は物理攻撃と分かれているのでバランスを取って対策する必要があるのがしんどい。
誓いのヴェール(魔法防御+60)を装備している辺りは魔法防御重視と言えるが、どうするべきだったかは未だに結論が出ない。

一時期アダマンタイト+なにごともな〜い(防御・魔法防御+255、ST異常無効、動きがノロノロ)にRP「勇者の騎行」のオートヘイストでなにごともな〜いのスロウをかき消しながら戦うといった作戦も考えましたが、第2戦で素早さを要求されるため、素早さが下がるアダマンタイトは却下。これが使えたらシューインの攻撃には楽々耐えられたのだが・・・

・パイン
ビスチェは固定。残り1枠をソウルオブサマサか白魔法の真髄かで悩む。ソウルオブサマサ(ダメージ約2倍)も白魔法の真髄(詠唱40%カット)も与えるダメージはあまり変わらない。結果として、2戦目でブルワークRを1発で素早く倒せ、詠唱が短いため小回りが利く白魔法の真髄に決定。

それでは、それぞれの戦いの解説を。

・第1戦(動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm21849010)

結論は、「ブルワークを倒しまくってコアにアレイズしか使わせない」という極めて単純な戦い方。

戦ってみて思ったのですが、コアが恐ろしく遅い!
ブルワークにはホーリーを2発撃たないと倒せないのですが、アレイズ→ブルワークにホーリー2発→コアにホーリー2発
まで撃ってようやくアレイズが来るという遅さ。最初はゲームがバグってコアが止まっているのか?と心配になったレベル。
動画を見れば一目瞭然の遅さです。楽勝。

ちなみにコアに魔法攻撃(ホーリー)を使用し続けるとブルワークは魔法攻撃感知(ただのMPダメージ)しか与えてきません。
よって、ツインスターズ等の準備が整ったらユウナ、リュックを戦闘不能にして余計なAPが入らないようにします。ブルワークを1回倒すだけで10APも入るのはこの攻略には迷惑でしかない。

・第2戦(動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm21849030)

モルス・ケルタならノーマルドレスでも全員耐えられるけど沈黙を喰らうし、結構な頻度でオーディとかネモとか面倒な攻撃が飛んでくる。う〜ん、こうなったら!ということで、

結論は、「ホーリー×2&フェニ尾→SP盾」というローテーションに嵌めるという単純なもの。
頭の攻撃を全てSPドレスで受け止めるという極端すぎる作戦。

はじめてリダウトを2体とも倒すまではパッリダ・モルスしか使ってこないため、そこで味方を強化しつつ、リダウトを1体ずつ倒していきます。
パインに消費MP0、HP2倍、シェル、リレイズをかけておくと安心。消費MP0以外は保険のようなものです。

後はSP盾のローテーションに嵌めれば大丈夫。注意点としては以下の2点。
1.リダウトRの攻撃を喰らうと少々危険。ホーリー1発で倒せるので、リダウトLのアレイズで復活したらすぐに撃破して、リダウトRは残さない
ちなみにリダウトは2体同時に倒すと頭が「アクタ・エスト・ファーブラ」という攻撃で同時に復活させてくる。
これは面倒なので、倒すのはRだけで十分。

2.頭の攻撃を全てSPドレスで止め、リダウトRを常に消し続ければ、残るはリダウトLの攻撃のみ。
その中でもパインにスロウやデスペルがかかった場合は面倒。スロウはSPドレスになって治療、デスペルはもう一度ツインスターズを使用して消費MP0をかけ直すことで対処。
長期戦のコツはとにかく焦らないように。

ダメージを与える場合には、上の小ネタの知識が生きます。
たまにキャラのボイスが流れ、頭の行動がパスされるターンがある。その場合にはホーリーのチェインがよく続くため、敵はまだ行動準備を開始していないと判断でき、更に追加でホーリーを叩きこめるのでお得。(例:動画の17:25でアーロンのセリフが流れた後のホーリーは7チェイン続いたので、もう1発攻撃できる)

あ、そうそう動画の14:20で恥ずかしい行動をしていますがお気になさらぬよう。

・第3戦(動画:http://www.nicovideo.jp/watch/sm21849035)

第2戦にばかり気をとられて完全にシューイン戦がおろそかになっていました。印象としては、

とにかく素早い!

味方強化の暇はおろか、回復の暇もロクにありません。動画の前半は味方を強化しようとあがいていますが、全く先に進まないため、パインにHP2倍&消費MP0&リレイズをかけて諦めています。
本当にグダグダ感が酷い動画になってしまいましたが、たまにはこういうのもありということにしてください。
後の味方強化はプロテス等時間で失効するものばかりなので、かけたところで無駄だと感じました。9:45でやっとリレイズがかかったので、これより前は愚行の繰り返しとしか言いようがありませんね。

個人的には10:53以降のローテーションはなかなか上手くいったと感じました。まとめると、

ユウナ リュック パイン シューイン
      通常攻撃
    フェニ尾  
SP盾     テラー
      通常攻撃
    フェニ尾  
  メガポーション    
      ラン&スラッシュ
      通常攻撃
    ホーリー  
フェニ尾      
      スピニングカット
    ホーリー  
      通常攻撃
    ホーリー  
SP盾     フォースレイン

どう見ても敵の行動回数が圧倒的に多いですね。流れとしては、

テラー前:落ち着くまではパインも回復に回る
テラー後:落ち着いた頃からパインが攻めに回る
フォースレイン前:SP盾を用意。ここまでにホーリーを3回撃てるのが理想。

パインに攻撃が集まるとユウナ・リュックが戦闘不能になる頻度が減って楽になると思いますが、そう簡単には行かないようです。回復のコツとしては、メガポーション、ラストエリクサー、メガフェニックスといった全体回復アイテムを活用することですね。
攻撃の頻度が高い一方、一撃全滅というおそれも少ないため、パイン1人に追い込まれてもメガフェニックスから立て直せるという可能性も十分にあります。

動画は2戦目のものですが、装備を工夫すればより良く戦えますし、このままでも慣れれば結構な勝率で勝てると思います。

これにてクリア。・・・といっても100%クリアを諦めて分割形式にしてしまっているのでまだ終わったという感想はないのですがまぁ最後に、

ラスボス3連戦とかけまして、出馬した候補者と解く、その心は・・・

どちらも、(シューイン戦/衆院選)はヒヤヒヤします。

久しぶりに満足の行く謎かけの予感。それでは最後にラスボスと位置づけたあの方を倒しにいきましょうか!
HPがバカ高いので、楽しめる範囲で特別ルールを設けつつ戦おうと思います。

 

(2013年9月17日)

←前の回を読む 次の回を読む→

 

ひとつ前のページへ トップへ


System: Mahatmya Ver.1.14