モンハンワールド「喜んでもらえるお知らせ」とは / やり込み in FF

管理人の日記

とぉたる  今日:とぉでぃ 昨日:いぇすたぁでぃ
【タグ検索モード】 【管理用モード】

←前の日の記事へ サイトのトップへ

 
許さないよ


 本日、アメリカの「The Game Award」という有名なゲーム賞で、
「モンスターハンター:ワールド」が2018年のベストRPG賞を受賞したそうだ。「RPG」と聞くと意外に思うだろうが、海外では、この手の成長要素のあるゲームは大半がRPGに分類されるのだという。確かに、「Role Playing Game」という語源に立ち返れば、最初にキャラクターと役割(武器)を決め、それで遊ぶモンハンワールドは、“RPG”と呼ぶに相応しい作品かもしれない。
 ――そして、その受賞場面で、トロフィーを受け取ったカプコンのスタッフが、数日中に
「喜んでもらえるようなお知らせ」が発表できると宣言したのだ。この情報に、界隈は狂喜…しておらず、意外と冷静な見方が多いように思えた。モンハンワールドは、もうすぐ発売1年となるが、いま現在もそれなりのペースでイベント配信が為されている。しかしながら、やはり「無料」かつ「発売後アップデート」ということで、どうしても内容には制約があり、早期からプレイしているユーザーの期待を完全に満たすには至っていないようだ。だからこそ、「喜んでもらえるようなお知らせ」と言われても、「大型アップデートの配信か!?」「“モンハンワールドG”の告知か!?」などと、素直に期待するには至っていないのだろう。

 やれ。近年では、ゲーム機をネットワークに繋ぐことが一般的となり、発売後のアップデートについても、行わないゲームのほうが珍しいという感じになった。しかし、「無料or有料のアップデートで要素を追加する」というゲームで、
それが私の期待に答えてくれた例は、かなり少なかったりするのだ。
 …というのも。例えばPS3世代で述べてみると、やり込み日誌でも扱っている
「ファイナルファンタジー13-2」は、本編が最悪のバッドエンドと言える出来だったため、「有料DLCで広大なヴァルハラを探索し、本編を覆す真のエンディングが見られる」などと多大な期待を寄せていたが、半年掛けた有料DLCでも最後に怪音波が放送されただけで、結局のところ次作の「ライトニングリターンズ」まで完結は持ち越されることになった。また、諸事情によりこれまで触れてこなかったが、「グランツーリスモ5」というゲームは、PSハードの代表的なレースゲーム最新作ということで楽しみにしていたが、アップデート前提の未完成品そのものであり、理解不能の経験値制に多大なストレスを感じて僅か数時間で放り投げ、以降このシリーズは二度とプレイしないと決意した。結局、PS3世代のアップデート&DLCで満足できたのは、【プレイ日誌も連載した「地球防衛軍4」】のミッションパックくらいだろうか。
 ――そして、PS4世代になっても、この傾向は変わっていない。まあ、アップデートロードマップ(笑)とか言っておいて、結局DLCも中止となった某クソゲーは酷すぎる例なので無視するとしても、例えば
「FF12:ザ・ゾディアック・エイジ」は、発売後の生放送で「嬉しいお知らせがあるかも…?」などと煽っておいて、「『空賊の隠れ家』を復活する」という斜め下80度くらいのアップデートをやらかした【PS4版FF12プレイ日誌の25話】を参照)。そのため、「モンスターハンターワールド」のアップデートは、むしろ無料としては非常に頑張っていると思えるくらいなのだ。

 というわけで。私は、有料・無料を問わず、
発売後のアップデートに過大な期待をするのはやめたほうが良いと思うのである。
 …そもそも。最近のゲームの開発には、短くて1年・長くて数年という期間が掛かっている。だから、そのメインコンテンツに匹敵する追加要素を発売後僅かの時間で作れるはずもない。そして、システム面でのアップデートに関しても、「ユーザーの声を反映」というのは、つまるところ
自分の作った物に自身が無いということであり、そういった開発者の作ったゲームは、概して出来がイマイチであることが大半である。
 ――そのため、私にとって
「アップデートで改善!」という言葉は、どうしてもクソゲー購入者のムンクの叫びに思えてしまうのだ。やはり、アップデートが前提の完全オンラインゲームならまだしも、パッケージ作品は、パッケージのみの内容で勝負すべきというものだろう。

 そんなこんなで。私は、今回のモンハンワールドに関する
「喜んでもらえるようなお知らせ」も、やや冷めた目線で見つめているのである。
 …やれ、こういうものは、どうせ期待外れになるのだから、できる限り酷い内容を予想しておいたほうが良いだろう。
恐らく、実際の発表はその更に下を行く。それで逆に、もし本当に喜べるような発表が来たのなら、その時は素直に謝ることにしよう。
 ――というわけで。私も、今回のモンハンの「喜んでもらえるようなお知らせ」の内容を予想してみることにしたのである…!!


1
「モンハンワールド」スタッフの喜びのポーズを
ゲーム内でも取れるようにするジェスチャーの追加




2
実写映画「モンスターハンター」のコラボ装備配信




3
「モンスターハンター ストーリーズ」のPS4リメイク決定






登録タグ/ モンハン ゲーム一般

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

←前の日の記事へ 日記ログの一覧へ

2018年12月7日の記事を表示しています。


Twitter:【yarikomiff】

サイトのトップへ


System: Trishula Ver.1.11