.                                                                                                                                                                                                                .
[雑記]ハード日誌11話 雑魚の殺意がとんでもない / やり込み in FF

管理人の日記
暖かくなると、虫が増えます。

←前の日の記事へ サイトのトップへ 次の日の記事へ→


2020年5月9日(土)
[雑記]ハード日誌11話 雑魚の殺意がとんでもない


 
今作のリミット技は適当に使っても十分に強い


 
12章
 列車はカバ
(一発変換)を抜けると、ようやく目的地の七番街プレート支柱に到着する。この12章では、「クラウド・ティファ・エアリス(最初のバトルのみ)→クラウド1人→途中でティファ加入→最後のボス戦でバレット加入」という感じで戦闘メンバーが変化していく。

 
「未知なる魔物&虚無なる魔物」:この戦いは、使い魔の「未知なる魔物」を倒し、本体の「虚無なる魔物」を弱体化してダメージを与えていく…という流れになるのだが、ハードモードではバースト中の使い魔を倒さないと本体を弱体化できないという変な感じになっており、1回もまともな攻撃チャンスを作れないまま、制限時間の3分(※表示されない)が経ってバトルが終了してしまった。
 ――ちなみに、「未知なる魔物」をヒート状態にする条件は、
魔法で大ダメージを与えるというものであり、MPを節約したいハードモードの制約とは噛み合っていない。もっとも、12章でエアリスが戦うのはここだけであるため、逆に考えると好きなだけ魔法を使って良いことになるのだが…。

 続いて、クラウド1人となり、七番街プレート支柱を登っていくのだが、
ここでは雑魚の殺意がとんでもないことになっているのである。
 …というのも。敵は神羅兵とその兵器のみであり、人は炎を・機械は雷を弱点としているのだが、
敵の数が多いうえに攻撃力が高く、こちらを行動不能にするような技が多い。クラウド1人になって最初の戦いである「上級警備兵×3+マシンガン」のパーティですら、上級警備兵が「ショットガン」でダメージを与えつつこちらを拘束し、マシンガンが高火力の銃撃を加えてくるという感じであり、一筋縄では行かない相手となっている。
 ――そのため、やむを得ずMPを使っていくことにし、「●せんせいこうげき」からの「サンダラ」「ファイラ」を放って、開幕で敵の数を減らしていくことにした。クラウドはエアリスと比べて魔力が低いうえ、雷と炎の両方を使わないといけないバトルも多く、「●MPきゅうしゅう」を使ってもMPが削られていく。ただし、
神羅ボックスも非常に多いため、それを使って回復していけば、MPを満タン近くに保ちながら上へと登っていける。

 そうして、中盤でティファが加入すると、バトルは割と楽になる。フィールド効果に近いヘリコプターの銃撃が
1セットで約4000というふざけたダメージを与えてくることに怯えながらも、引き続き神羅ボックスでMPを補給しながら最上層を目指していく。
 …が、頂上前のラスト2戦は、そこからボス戦までに神羅ボックスが無いうえ、両方とも連戦となって敵の数が多い。特に、後半のほうの
「特殊戦闘員+マシンガン×2+空中兵×2」ボス戦並みの難関であり、高火力のマシンガンは「サンダラ」×2発で瞬殺したが、残った敵も強いうえに倒しづらく、かなり苦戦させられてしまった。MPをケチる必要は全く無かったので、人間タイプの敵も「ファイラ」連打で倒すべきだった…。

 
「レノ+ルード」:この12章のボス戦であるが、2体ともとりあえずバイオが有効である。最初はレノ1人で登場し、行動が素早いうえに威力もなかなかだが、バレットの「とっしん」「アンガーマックス」でひるませたのちに強力な攻撃を浴びせれば、すぐに形態変化まで持っていける。このゲームのバースト状態は、与ダメージが増えるのもあるが、それより敵が一定時間行動不能になるという効果のほうが重要だな。
 …その後、レノの第2段階では、オリジナル版でも印象的な行動だった「ピラミッド」で味方を拘束してくる。
このピラミッドに「みやぶる」を掛け忘れたり、みやぶるマテリアを装備したキャラが拘束されてしまったりで、何度かやり直しました…。戦い方としては同じで、バレットが相手を大きくひるませて、他のキャラクターがATB技を使っていく。ちなみに、こう書くとバレットは相手をひるませているだけみたいに思えるが、普通に与ダメージも大きい。
 ――そうしてレノの第2段階が終わると、まずはルードがヘリコプターから銃撃してくるが、そのダメージは道中で戦ってきたときの
15%ほど(1発180程度→27)と貧弱なうえに、連射数も少なく、全く怖くない。というわけで、しっかり態勢を立て直したのちにヘリコプターを撃墜すると、レノとルードが同時に暴れまわってくれる。1人でも厄介な奴が2人合わさるとどうにもならないので、ここはレノにリミット技の「クライムハザード」を当てたのちに召喚獣も使って瞬殺し、残ったルードもとりあえずバイオの後に適当な攻撃で撃破していった。結局のところ、何が一番難しかったかと言うと、ピラミッドにみやぶるをするのが大変という戦いであった…。

登録タグ/ 明日から本気出す FF7

この記事のURL この月の記事を全て表示する / 編集

←前の日の記事へ 日記ログの一覧へ 次の日の記事へ→

2020年5月9日の記事を表示しています。


Twitter:【yarikomiff】

サイトのトップへ


System: Trishula Ver.1.16